北海道の新しい玄関口・新函館北斗駅から青森へ
夏の函館~青森訪問2017編・第5回


c0081462_21573106.jpg
「北の大地を走る"新幹線リレー号"」


「函館」の市内散策を終え、「市電」に乗って「函館駅前」まで戻ってきました。
このあとは「北海道新幹線」を利用して「青函トンネル」をくぐり、宿泊先のある「青森」へと移動します。
「青函トンネル」を通ったことは何度かありますが、「北海道新幹線」開業後は今回が初。
橋とちがって景色が見えるわけではないので、通っていてもあまり実感がわかないんですけどね。
また「本トンネル」に入る前に小さなトンネルをいくつか通過するので、どこから始まったのかがちょっとわかりづらいことも。
「青函トンネル」に入った!と思ったらすぐに外に出て「あれっ?」って思うことがありました(^^;

ちなみに「函館」から「青森」へと移動した行程は次の通りです。
「新函館北斗駅」でかなり長い待ち時間がありますが、せっかくなので駅構内を少し見ておきたかったので。

函館15:45発 快速はこだてライナー → 新函館北斗16:04着
新函館北斗17:21発 はやぶさ34号 → 新青森18:22着
新青森18:33発 普通 → 青森18:39



表紙の写真は、「函館駅」5番線ホームに停車中の「はこだてライナー」です。
使用されている車両は「733形1000番台」で、3両編成×4本が在籍。
ステンレス車体にラベンダーと「JR北海道」のコーポレートカラーの萌黄(もえぎ)のラインをまとっています。
また「ヘッドマーク」と側面のステッカーは「函館山」「五稜郭」をイメージしたデザインです。
今回利用したのは「快速」なので、途中の停車駅はとなりの「五稜郭駅」のみ。
ですが途中の「大中山駅」(おおなかやま)だったかな?で列車の交換を行うので、所要時間は「普通」と3分しか変わりません(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





海峡をトンネルで越える・・・
# by sampo_katze | 2018-02-17 21:00 | 北海道 | Comments(0)
函館のベイエリア周辺を歩く
夏の函館~青森訪問2017編・第4回


c0081462_21534914.jpg
「街を見続けて90有余年、未だ現役!」


「函館」の市内めぐりの続きです。
今回の遠征は翌日からの「青森」がメインなので、「函館」での滞在時間はわずか半日ほど。
訪ねるのは今回が初めてではないので、メジャーどころはすでに訪問済みではあります。
とはいえ、さすがにちょっと短すぎでしたね(^^;
食べ物にしても「朝市」での海鮮は当然として、ほかにも味わってみたいものがいくつかありましたから。
ま、これらは次の機会のお楽しみということで。


表紙の写真は、「二十間坂通」沿いに立つ1本の電柱です。
「金森レンガ倉庫」の南側、「函館駅」から「函館朝市ひろば」前の道をまっすぐ15分ほど歩いたところにあります。
よく見ると丸ではなく角柱で、材質も当時主流の木製ではなくコンクリート製となっています。
建てられたのは1923年(大正12年)10月なので今年で94歳!
でもまだ現役で使われているとのことです。

「日本最古のコンクリート電柱
 この電柱は、大正12年(1923年)10月、当時の函館水電会社(現北海道電力)が建てたもので、
 現存するコンクリート電柱では日本最古のものである。
 高さ10メートルのこの電柱は、現場打ち工法で、底辺が47センチメートル四方、上辺が19.5メートル四方の
 鉄筋コンクリート造りで角錐形(かくすいけい)という珍しいものである。
 火災が頻繁に発生した当時の函館では、この頃から耐火建築が増えはじめたが、この電柱もそのあらわれである。
 後に、同形の電柱が建物をはさんで建てられたため、「夫婦(めおと)電柱」と呼ばれて市民の話題となった。
 木柱が普通であった当時から今日まで、耐用年数を越えてもなお現役として街の移り変わりを見守っている。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





見どころ満載のベイエリアをちょい歩き・・・
# by sampo_katze | 2018-02-15 22:00 | 北海道 | Comments(0)
函館朝市でランチと伝統的建造物めぐり
夏の函館~青森訪問2017編・第3回


c0081462_21495304.jpg
「こじんまりとしていて目立たない碑」


「摩周丸」を出るとちょうどお昼どき。
朝ごはんは少し遅めでしたが、それほど重くなかったので「朝市」に向かうことにしました。
ただ、どこで食べるかなどはまったく考えておらずその場で探すことに(^^;
いつもなら事前にある程度下調べくらいはしてくるんですが、「スマホ」などでいろいろ調べることができるのでいいかと。
まぁ、自分の感覚でえいやで飛び込んでみてもいいんですけどね。


表紙の写真は、「函館朝市ひろば」の片隅にある「函館朝市発祥の地」の石碑です。
小さくて目立たないので見過ごしてしまいそうですね。
おまけに歴史や概要などの説明もなかったのがちょっと残念かな?(^^;

「函館朝市」は戦後間もない1945年(昭和20年)、近隣の農家が駅前の広場で野菜の立ち売りをしたのがはじまりとされています。
その後は露店~野天市場と営業形態の変更や移転を行い、1956年(同31年)市所有地だったこの場所に移転しました。
1962年(同37年)には「渡島蔬菜農業協同組合ドーム」が完成。
2013年に老朽化により取り壊され、翌2014年4月にその跡地に新たな施設として「函館朝市ひろば」ができました。

函館朝市オフィシャルサイト


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





函館に来たら立ち寄らずにはいられない・・・
# by sampo_katze | 2018-02-13 21:00 | 北海道 | Comments(0)
函館港に浮かぶ近代化産業遺産・摩周丸
夏の函館~青森訪問2017編・第2回


c0081462_21451934.jpg
「青い船体は新幹線が由来だった!?」


「函館駅」構内を一通りめぐったので外に出ます。
夕方には「北海道新幹線」に乗ることからあまり遠出するわけにはいかないので、「朝市」の方へと足を向けます。
この時点で11時なので少し早目の昼ごはんにしてもいいところ。
ですが「函館空港」で遅い朝ごはんを食べてしまったので、さすがに早すぎかと(^^;
そこで港に浮かぶ博物館船の「摩周丸」を訪ねることにしました。

正確には「函館市青函連絡船記念館摩周丸」といいます。
「摩周丸」は1965年(昭和40年)に「津軽丸型」と呼ばれるタイプの第5船として就航。
1988年(同63年)3月13日の運航を最後に退役し、同年に開催された「青函トンネル開通記念博覧会」で展示されました。
その後、改装を受けて1991年(平成3年)から「メモリアルシップ摩周丸」として一般公開。
2002年(同14年)11月に一時展示が休止となりますが、翌年4月から「函館市青函連絡船記念館摩周丸」としてリニューアルオープン。
2009年(同21年)2月に「近代化産業遺産」に、2011年(同23年)7月に「機械遺産44番」に指定されています。


表紙の写真は、「函館朝市」の西側から眺めた「摩周丸」です。
かつては「連絡船待合室」「乗り場」の建物、「函館駅」へと通じる連絡通路や「貨車」などが通る線路がありました。
「メモリアルシップ」として公開されたころは建物がショッピングモール「ピアマーケット」としてオープンしていたそう。
ですが、2002年に「ピアマーケット」が商業施設としての営業を終了。
2013年11月から翌年春にかけて建物の解体が行われて、訪問当時はご覧のように跡形もなくなっていました。
しかたがないとはいえ、なんだかさみしい風景ですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





津軽海峡の船旅に思いをはせて・・・
# by sampo_katze | 2018-02-11 21:00 | 北海道 | Comments(0)
2017年夏の遠征・まずは函館空港から函館駅へ
夏の函館~青森訪問2017編・第1回


c0081462_21333116.jpg
「トーバーレストラクターに牽かれて登場」


7月27日(木)から7月30日(日)に休みがありました。
この時期、学校は「夏休み」がすでに始まっていますが世間一般は「お盆休み」がメイン。
ならばまだそれほど混まないで出かけられるのでは?
そう思って「函館」から「青森」へと遠征することにしました。

きっかけは「青森」「浅虫水族館」を訪ねようと考えたこと。
この前の月に「新潟市水族館 マリンピア日本海」を訪ねたことで、「新幹線で水族館に行こう!」というテーマが頭に浮かびました。
では「上越新幹線」の次は「東北新幹線」だということで見つけたのが「浅虫水族館」だったんです。
さらにせっかく4日間もあるのだからと「函館」まで足を伸ばし、ついでに「北海道新幹線」も乗ってしまおうと。
ただ宿の移動があるとちょっと面倒なので「青森」に宿泊することとし、「飛行機」で「函館」入り。
市内散策後に「北海道新幹線」利用で「青森」へと移動する行程としました。
出だしから「新幹線で~」のレギュレーション?が崩れてしまいましたが(^^;

往路は「羽田空港」07:50発の「JL585便」を利用しました。
これですと「函館空港」に09:10に到着するので、1日を有効に使えます。
ただ朝早いので、前日に空港近くに宿を取って備えました。


表紙の写真は、駐機中の「JL585便」です。
機材は「ボーイング767-300ER」、レジ番号は「JA657J」で2011年10月に就航したもの。
このシリーズは初号機「JA601J」の就航が2002年2月で、ラストナンバー「JA659J」の就航は2011年12月。
ですので、今回搭乗した機材はもっとも新しい部類に入ります。
2017年12月現在で30機が在籍し、うち約半分の16機が国際線に投入されています。
手前にいるのは「トーバーレストラクター」で、「コマツ」「WZ4000」という機種。
調べてみると本物ではなく「トミカ」ばかりが検索結果に出てきました(笑)
こういう特殊車両も「トミカ」で出ているんですね~。

さて「函館」までの上空の様子は安定していて、揺れはほとんどなし。
ですがご覧のように雲がかかっていて、あいにく上空からの眺めは雲ばかり。
せっかく窓側の席をおさえておいたのに残念でした。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





9年ぶりの北海道訪問・・・
# by sampo_katze | 2018-02-09 22:15 | 北海道 | Comments(0)
お燗をゆっくり味わうために
Intermission


c0081462_21090382.jpg
「大きめのぐい呑みもついてます」


寒い日が続いていますが、今年は特に寒いような気がします。
そんなとき、ゆっくり「温泉」にでもつかって温まりたいところ。
でもそうそう出かけるわけにもいきませんね。

「左党」=「呑んべ」の方なら「お燗」という裏技?もあるかと。
ただあまりのんびり飲んでると、せっかく温めた「徳利」が冷めてしまいます。
かといって冷める前に飲んでしまえばいい、なんてことはできません。
やってできないことはないでしょうけど・・・・・。
それはなんだかもったいない(^^;

で、とある「そば屋」で冷めない「徳利」を見つけました。
左の大きな壺?のような器にお湯を注いで、その右にある「徳利」をつけるもの。
「湯煎」(ゆせん)の原理ですね。
こうすることで「徳利」が温められて、中のお酒が冷めにくくなるんです。
ただ、中のお酒が少なくなると「徳利」が浮いてきてしまうこともあります。
ちょっと大きめの「ぐい呑み」もついてますが、飲むときはお気に入りの「猪口」なりを使って
こちらは重しに使うといいかも?
本来の使い方とはちがいますけど・・・・・(汗)


iPhone5S



# by sampo_katze | 2018-02-07 22:00 | 季節ものなど
エキゾチックフィッシュ~北大西洋カリブ海の海水魚
新幹線で水族館に行こう!@マリンピア日本海編・最終回


c0081462_21345177.jpg
「カリブの明るい海を悠然と泳ぐ魚たち」


「暖流の旅」ゾーンの最後は「エキゾチックフィッシュ」のエリアです。
「エキゾチック」とは「異国情緒」といった意味がありますが、ここでは海外の魚たちを紹介しています。
2つの大きな水槽があり、1つは「ユーラシア大陸東部の淡水魚」がテーマ。
ですが、こちらは残念ながらいい写真が撮れずじまい(^^;
そこで2つ目の「北大西洋カリブ海の海水魚」をテーマとした水槽に注目します。

「カリブ海」は「南アメリカ大陸」の北側にあり、西は「メキシコ」「ユカタン半島」「太平洋」と区切られています。
また北と東は「大西洋」と接していて、南東側から「南赤道海流」という暖流が流れ込みます。
ここで「カリブ海流」と名前が変わり、北東側から「メキシコ湾流」となって「メキシコ湾」~「大西洋」へと抜けていきます。

ちなみに「メキシコ湾流」は「黒潮」「南極環流」と並ぶ世界最大級の海流なんだそう。
そしてその流れは「大西洋」を横断して「ヨーロッパ大陸」の西海岸に達します。
この暖流があることで「ヨーロッパ大陸」はかなり高緯度にあるにも関わらず、比較的温暖な気候が保たれているんだそう。
改めて世界地図を見ると、「札幌市」「フランス」「スペイン」との国境と同じくらいの緯度にあります。
「ヨーロッパ」諸国は意外と北の方にあるんですね~。

「エキゾチックフィッシュ
 ある地域や海域に生息している生き物は、長い年月をかけてその自然環境に適応してきました。
 例えば、黒潮が流れる沿岸には暖流の環境に適応した生き物が、日本海固有水には冷たく深い海の環境に
 適した生き物が生息しています。
 ここでは、日本とその周辺以外の環境に目を向け、ユーラシア大陸東部の淡水魚と
 北大西洋カリブ海の海水魚を紹介します。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「マリンピアホール」に面した「カリブ海」の水槽の様子です。
大型ですが、館内でもっとも明るい?と思えるほどの明るさがあります。
またここを泳ぐ魚たちの動きは比較的ゆったりしているので撮影しやすかったですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





陽気な音楽が聞こえてきそう・・・
# by sampo_katze | 2018-02-05 21:00 | 水族館 | Comments(0)
飼育下のノドグロも見られる新潟沿岸+日本海固有水のエリア
新幹線で水族館に行こう!@マリンピア日本海編・第9回


c0081462_21315858.jpg
「高級魚が織りなすレッドカーペット」


「暖流の旅」ゾーンが続きます。
「対馬海流」「日本海」を北上し、ここ「新潟沿岸」へとやってきました。
「日本海」側は沿岸を「暖流」が流れているおかげで、大陸側と比べると平均気温が高いんだそう。
それでも十分寒いですが・・・・・(^^;
また「日本海」側が「豪雪地帯」になっているのも、この「暖流」の影響によるもの。
北西から「季節風」が吹いて「日本海」を通るときに「暖流」から水蒸気をたくわえます。
それが山脈がぶつかることで雲が発達し、さらに上空に強い寒気が入ることで「雪」が降ります。
「暖流」と「雪」は意外と関連性があったんですね。
さて話がそれましたが、「新潟沿岸」の水槽を見ていきます。


表紙の写真は、「新潟沿岸 水深100~200m」の水槽の様子です。
非常にたくさんの赤い魚たちが底の方でかたまっていてなかなか壮観な眺めです。
まるで「レッドカーペット」のようといったら言い過ぎでしょうか。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





暖流の下には冷たい海域も・・・
# by sampo_katze | 2018-02-03 21:00 | 水族館 | Comments(0)
暖流の旅・対馬海峡を越えてのエリア
新幹線で水族館に行こう!@マリンピア日本海編・第8回


c0081462_21274502.jpg
「海底洞窟の中の皇帝魚」


「暖流の旅」エリアはまだ続きます。
「東シナ海」を北上してきた「黒潮」「鹿児島県」南方に浮かぶ「トカラ列島」付近で「太平洋」へと抜けます。
そのとき生じた分流が「対馬海峡」から「日本海」側へと流入し、「対馬海流」となります。
今回は「トカラ列島」付近から「日本海」西部にかけての海域の水槽をご紹介します。
まずは地域は限定されていませんが「海底洞窟」の水槽から。
見られる魚を見ると「トカラ列島」近海などの海域のようですね。

「海底洞窟
 海中には、岩などが浸食されてできた洞窟があります。
 洞窟内には、夜に活動するエビ類やウツボ類などが身をひそめています。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「ベラ科モチノウオ属」の仲間で最大種の「メガネモチノウオ」です。
別名「ナポレオンフィッシュ」とも呼ばれ、南方の海の水槽では比較的よく見られます。
記録では最大全長は2mを超え、体重も200kg近くに達した個体もいたそう。
体色は成長したオスは青みがかった緑色がとても鮮やかで、とても見栄えがします。
また額のコブが年を経るごとに大きくふくらみ、「ナポレオン」がかぶる帽子のようになっていきます。
この子は体は比較的大きいですが、成長したオスでは薄れていく目の後ろにラインがくっきりと入っています。
体色も白っぽいベースに褐色のラインが入っているのでメスのようですね。
でも「モチノウオ属」という分類があったとは知りませんでした。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





いろいろな海域の生きものたち・・・
# by sampo_katze | 2018-02-01 22:00 | 水族館 | Comments(0)
暖流の旅・サンゴ礁の海の水槽
新幹線で水族館に行こう!@マリンピア日本海編・第7回


c0081462_14245194.jpg
「横じまの魚たちが舞い踊る」


「暖流の旅」ゾーンの続きです。
このゾーンには大小さまざまな水槽があり、「対馬海流」のはじまりである「東シナ海」付近の海域から
北上するような流れで進んでいきます。
今回はその中でもっとも大きい「サンゴ礁の海」の水槽の様子を見ていくことにします。
テーマ的には前回とかぶっていますが、魚たちは異なりますので(^^;


表紙の写真は、その「サンゴ礁の海」の水槽の全景です。
これまでより水槽内が明るいので撮影はしやすいですね。
でも種によっては動きが結構速いので気は抜けません。
また全体的に横じま模様の魚が多いように見えます。
とある1種が圧倒的に多いことも要因でしょうが・・・・・。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





華やかな顔ぶれがそろう・・・
# by sampo_katze | 2018-01-30 21:30 | 水族館 | Comments(0)