「ほっ」と。キャンペーン
暗黒の海ゾーン・深海ゾーン~大陸棚の生物
アクアワールド茨城県大洗水族館へ行こう!編・第6回


c0081462_11232225.jpg
「暗黒の海へといざなう通路・・・・・」


「暗黒の海ゾーン」のメインエリアとなる「深海ゾーン」へと進みます。
「深海」という定義は様々ありますが、おおむね深度200mを超える海のことを指しています。
意外と深さの値が小さい感じがしますね。
でも200mあたりまでは「プランクトン」「光合成」を行えるということが1つの理由になっているそう。
「ニンゲン」の目が色を感じることができる深さもほぼ同じらしいですね。

また「深海」は「地球」の表面の70%を占める「海」のうち、その面積の約80%を占めています。
つまり「地球」の表面積の約6割が「深海」になっているということなんですね。
それだけ広大にもかかわらず、いまだに謎が多いというのも大きな特徴。
なにしろ強力な「水圧」がまさに大きな壁となって立ちはだかっていますからね。
「地球」に残された最後の秘境といってもいいかもしれません。


表紙の写真は、「深海ゾーン」へとつながる通路の様子です。
薄暗い洞窟のようなつくりになっていて、「深海」という雰囲気はあまり感じられません(^^;
天井がほのかに青くなっているところが海らしい演出と言えるかな?


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン




薄暗いが真っ暗ではない・・・
# by sampo_katze | 2017-02-21 21:00 | 水族館 | Comments(0)
出会いの海の大水槽~暗黒の海ゾーン・クラゲのエリア
アクアワールド茨城県大洗水族館へ行こう!編・第5回


c0081462_11072554.jpg
「イワシからサメまで」


「大洗の生物 海藻の海」のエリアの先にある行き止まりを左に折れて進みます。
すると次のエリア「出会いの海の大水槽」へと出ます。
水槽の右手上層部からスロープを下っていき、その後に正面へと誘導されるようになっていますよ。

またここではパフォーマンスとして「アクアウォッチング」が行われています。
水槽の中にスタッフが潜って生きものたちの紹介をしたり、お客さんの質問に直接答えたりしてくれます。
1日4回行われますが、潜ってくれるスタッフはそれぞれちがうようです。
なので毎回ちがった内容になるようですし、イベントや季節に合わせた特別バージョンが披露されることもあるよう。
お出かけ前や入館前にチェックしておくとよさそうですね。

「出会いの海ゾーン  出会いの海の大水槽
 寒流と暖流が交わる出会いの海には、
 夏には南の海から、冬には北の海からいろいろな生物がやってきます。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「大水槽」の正面からの様子です。
右側から続くスロープの途中から撮っているので、やや高い目線からの眺めになっています。
上の方で大きな輪を描いているのは「マイワシ」かな?
おそらく群れの真ん中をやや大型の魚が通ったため、このような形になったようです。
こういうダイナミックな動きが見られるのは大型魚と同時に見られる大型水槽ならではですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





大きな水槽に圧倒される、が・・・
# by sampo_katze | 2017-02-19 21:00 | 水族館 | Comments(0)
出会いの海ゾーン・海藻の海のエリア
アクアワールド茨城県大洗水族館へ行こう!編・第4回


c0081462_21524770.jpg
「通路で上を見上げてみると・・・・・」


「大洗の生物」エリアからルートは2手に分かれます。
右手の屋外へ進むと「オーシャンエリア」のゾーン。
「カリフォルニアアシカ」「カピバラ」「フンボルトペンギン」、そして「イルカ」たちが見られます。
パフォーマンスが行われる「オーシャンシアター」もこちらのゾーンにあります。

もう1つはまっすぐ進んで右手に広がる「出会いの海ゾーン海藻の海」のエリアです。
このあたりの沖合は暖流の「黒潮」と寒流の「親潮」が出会う場所だそう。
そのため「海藻」の種類も豊富になるんですね。

「出会いの海ゾーン  海藻の海
 茨城の磯では、寒流系と暖流系の海藻が両方見られます。
 中でも大洗は、生育する海藻の種類が最も多い海岸です。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「海藻の海のエリア」の通路の真上に展示されている謎の物体?です。
横に広がる翼のように見えるものが左右に2対あり、先端はややとがっていますね。
「飛行機」のようにも見えなくはないですが、ここは水族館なのでそれはない?
そもそも大きな穴があいていては飛行のジャマになりますよね。
一体これは何なんでしょう??


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





頭上の物体がちょっと気になるエリア・・・
# by sampo_katze | 2017-02-17 23:15 | 水族館 | Comments(0)
出会いの海ゾーン・大洗の生物の水槽
アクアワールド茨城県大洗水族館へ行こう!編・第3回


c0081462_21401352.jpg
「貝を背負って生きていく」


「出会いの海ゾーン」の最初のエリアの続きです。
このエリアには3つの円筒型水槽があり、「大洗の生物の水槽」と名づけられています。
前回も書きましたが、円筒なので外の光の反射や映り込みがあるので撮るのがちょっと大変(^^;
でも観覧エリアが通常より広く感じますし、縦長なのでいろいろなパターンで撮れるのがいいところ。
その間には「大洗の生物コレクション」という小水槽が4つほど並んでいます。


表紙の写真は、「コレクション」水槽の1つにいた「ホンヤドカリ」です。
脚の先端部分に白いワンポイントが入り、触角にも白い斑点が散りばめられています。
もう1種、触角が赤い「ケアシホンヤドカリ」もいるようでしたが見つかりませんでした。

「ホンヤドカリ [ホンヤドカリ科]  学名:Ragurus filholi
 甲長:1cm  分布:北海道~九州、カムチャッカ半島、韓国
 特ちょう:体は緑褐色で、ハサミ脚と歩脚の先端が白い。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





大洗のいろいろな生き物たち・・・
# by sampo_katze | 2017-02-15 22:15 | 水族館 | Comments(0)
レンズのおまけ
Intermisson


c0081462_14452714.jpg
「簡易クリーニングキット」


「望遠ズーム」を買ったらついてきました。
筒状の「ポーチ」に入っているのがうれしいですね。
このサイズだと「ニコワン」のレンズにもちょどいいな~(笑)


Coolpix3100


※次回からアクアワールド編を再開します。


# by sampo_katze | 2017-02-13 22:20 | カメラ・自転車の機材
新しい望遠ズーム!
Intermission


c0081462_14215246.jpg
「テレコンも合わせて更新」


昨年12月の後半にカメラ2台とレンズ7本を買い取りに出しました。
その中には長年愛用してきた望遠ズームが含まれています。
「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)」がそれ。
発売は2003年 3月21日で、当方が購入したのは「D70」デビューから半年後の2005年7月でした。
10年以上も使ってたんだな~(^^;

2009年に後継の「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」が登場しましたが、こちらはスルー。
そして今回、昨年11月に発売となった「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」を購入しました。
合わせて焦点距離を1.4倍に拡大するテレコンバーター「AF-S TELECONVERTER TC-14E」「Ⅱ」から「Ⅲ」へと更新。
新しい機材はやっぱりわくわくしますね。
早く試し撮りしたいな~!


Coolpix3100




# by sampo_katze | 2017-02-11 21:00 | カメラ・自転車の機材
帰りは新シートの777
1コマ写真@タイ出張・その7e


c0081462_23312847.jpg
「"新間隔エコノミー"でラクラク~」


帰りは「バンコク・スワンナプーム空港」発22:05の夜行便で、到着は定刻で翌朝の05:40(飛行時間5時間35分)です。
ただ早朝到着なのと上空の風の影響で定刻より早く着く可能性が高いですね。
ということは機内ではほとんど寝られない心配が・・・・・。

でも帰りの機材は行きと同じ「787-8」ではなく、新シートを搭載した「777-200ER」でした。
行きの1月は「787-8」だったのですが、月が変わって運航機材も変更になったようです。
満席のため3列席の中央しか選べませんでしたが、足元がゆったりとしていて乗り心地は◎!
おかげで睡眠時間は短かったものの、疲れが少なくて済みました。
次は「プレミアムエコノミー」にも乗ってみたいところですね~(^^)


iPhone5S




# by sampo_katze | 2017-02-09 22:20 | 海外
あのフルーツがチップスに
1コマ写真@タイ出張・その6


c0081462_23073952.jpg
「ある意味、圧巻の光景」


現地での最終日。
お客さんから空港へと移動する道すがら、「パーキングエリア」で軽く夕食をとります。
すると同行していた現地の代理店の方がとなりの棚を指さします。
そこに並んでいたのがこのたくさんのパッケージ。
何かと思えば、なんと「ドリアンチップス」

「ドリアン」といえば言わずと知れた「フルーツの王様」と呼ばれるシロモノ。
わたしもずいぶん前に1回だけ、「マレーシア」に出張して食べたことがあります。
そのときは採って間もないからなのかそれほど気にならなかったのですが、やはりネックになるのはそのニオイ。
「匂い」ではなく「臭い」と書くのがふさわしい?(^^;
でもこれはほんとにぜんぜんニオイがしません。
また食べてみると「ナッツ」を食べているような感じでした。

中ほどから上の段は袋詰めなので持ち帰りには不向きそうですが、下の段のは多少ラフに扱っても大丈夫そう。
なのでお土産に買っていこうかな?と心が少し動きました。
ちなみに中段の袋詰めのは200バーツ(約600円)と結構高め。
ん~~・・・・・と、しばらく逡巡した末に今回は買わずに終わりました(^^;
でも次回があったら、買ってみようかな?


iPhone5S



# by sampo_katze | 2017-02-07 21:20 | 海外
夕食に欠かさず・・・・・
1コマ写真@タイ出張・その5


c0081462_22452224.jpg
「やっぱりこれは外せない?」


往復の移動日となった2日間をのぞく4回の夕食に欠かさず登場したのが「トムヤムクン」です。
1回だけ「エビ」の代わりに「鶏肉」が入った「トムヤムガイ」でしたが。
この酸っぱ辛さは病みつきになりますね。

スープをご飯にかけて食べるのもまた(^¬^*
具がほとんどなくなってるのにスープをすくってたら、現地の代理店の方に「もうスープだけしかないよ~」って(笑)
でもおいしいからつい飲みたくなっちゃいます。


iPhone5S


# by sampo_katze | 2017-02-05 21:00 | 海外
目を引いた光景(ちょっとマニアック?)
1コマ写真@タイ出張・その4


c0081462_13595315.jpg

「電線がすごい!」」


帰り道の途中で「ガソリンスタンド」に立ち寄り。
道沿いの電線がすごいことになっているところがあって、往復の道すがら気になっていました。
でも移動中にはなかなかうまく撮れず。
こんな写真でお茶を濁すことになってしまいました(^^;
夕日が当たってオレンジ色に輝いている様子もなかなかきれいだったんですけどね~。


ちなみにここには写ってませんが、こちらでも「ムクドリ」たちが群れを成してとまってました。
群れの大きさ自体はそれほど大きくなく、鳴き声もそれほどやかましい感じではなかったですよ。
種類がちがうのかな?


iPhone5S



# by sampo_katze | 2017-02-03 21:00 | 海外