Dance of "Beluga"
八景島シーパラダイス編・最終回。


c0081462_2382094.jpg
「White Head」


シーパラのショーのトリは「シロイルカ」です。

振り返ってみると、初めて「シロイルカ」に出会ったのは今年1月のことでした。
意外と最近だったんだな~(^^;

2009年1月23日の記事 「しまねのおじさま」


「シロイルカ」はイルカと名前のつく生物では最大といっていいほど大きいです。
成長するとオスは約5.5m、メスは約4mになり、「ハンドウイルカ」の2~4mと比べても大きいですね。
生息地域が北極~北極圏なので、「ホッキョクグマ」が普通のクマより大きいのと同じ原理なのかも?

泳ぐスピードはかなり遅いため、「ハンドウイルカ」や「カマイルカ」のような派手なパフォーマンスはできません。
でも、頭を自由自在に動かしたり様々な音を出したりすることができるので
ちょっと変わったパフォーマンスを披露してくれるんですね。


表紙の写真は、登場直後の様子です。
水槽の壁から顔を出してごあいさつをしています。
ほかのイルカたちは速く泳ぐように体ができているためか、首をこのように曲げることができません。
見た目には地味ですがこれも「シロイルカ」ならではの「芸」なんですよ。


シロイルカ@Wiki









c0081462_2383260.jpg
えさをもらうところ。
小さいのでちょっとわかりづらいですが「アジ」かな?


c0081462_2383879.jpg
スタッフのお兄さんと手(?)をつないでターン。


c0081462_2384316.jpg
口先に乗せてリフト!
意外と力持ちですね。
結構な高さまで上がってます。


c0081462_2385033.jpg
水面を風車のように回ります。


c0081462_238568.jpg
最後は背中に乗せて客席の前を一巡り。


c0081462_239287.jpg
今回は夏休み特別企画?で帽子をかぶってみました(^^)


c0081462_239825.jpg
頭が丸いので落ちてしまいそうですが(笑)
でもうまくバランスを取ってるでしょ?


c0081462_2391535.jpg
ショーの後、ゆっくり歩いていたらプールではトレーニングが始まりました。
本番中のテンションのうちにもう一度って感じでしょうか。
クールダウンも兼ねているのかもしれませんね。


c0081462_2392180.jpg
通路を挟んでプールの反対側にあるバックヤード。
ショーを終えてリラックスしている姿が見られます。

この子は円を描くようにゆったり泳いでいました。
息継ぎのために顔を出す場所がいつも同じだったので、顔を上げる瞬間をねらって1枚!
日差しが強くて顔の部分に影が出てしまいましたが(^^;


この円周運動、どうやら睡眠をとっているようなんです!
イルカは左右にある脳を交互に眠らせることができる特殊な能力を持っているんだそう。
しかも、Wikiの「イルカ」の記事によると(次の1行のみ引用)

「この回転方向は北半球のイルカは反時計回り、南半球のイルカは時計回りに回ると報告されている。」

この子の頭の向きを見ると・・・・・おぉ、確かに反時計回りになっている!
ただこのときはその事実を知らなかったため、どちらの目が閉じているのかまでは見てませんでした。
どっちにしても、顔を上げるのは息継ぎをするときだけですけどね(^^;

ところで、睡眠中のイルカの回転方向は台風の渦巻きと同じというわけですが、
イルカも同じ原理なの?というとそれはないでしょう。
排水口の水の回転方向が「北半球では~」というのは「ガセ」ですし(笑)

ただ海には海流があり、台風と同じくコリオリの力の影響を受けています。
それがイルカたちの睡眠中の動きにも関係しているのかもしれません。


イルカ
コリオリの力
いずれも@Wiki


c0081462_2392682.jpg
頭の後ろにある鼻(噴気孔)の動き。
これは閉じたところで、顔を水上に出しているときも通常はこれですね。


c0081462_2393230.jpg
開いたところがこれ。
頭側は平ら、背中側にちょっと盛り上がりがありますね。


c0081462_2393830.jpg
水面からちょこっとだけ顔を出してプカプカ。


c0081462_2394430.jpg
最後は「ドルフィンファンタジー」での一コマ。
セピアにしたのは、カラーではうまく表現できなかったからで(苦笑)
円筒の水槽は中のイルカがゆがんで写ったり、ピントが合いにくかったりで結構大変(^^;
なんかいい方法はないですかね~。
ここではお子さんが水槽に手をついていてくれたのでちょっと動きがついてよかったかも?


14枚目 D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D
ほかはすべて D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


次回から新シリーズ、1年越しのリベンジ?で葛西臨海水族園を訪ねます。
by sampo_katze | 2009-10-18 21:00 | 水族館 | Comments(2)
Commented by tamayouchan at 2009-10-19 07:05
猫さんおはようございます。^^
水族館シリーズ、
いろんな出会いがとっても楽しそうです。♪
マクロ系から広角系と
結構レンズもいりますよね。^^
Commented by sampo_katze at 2009-10-20 20:48
たまさん、こんばんは♪

今回は初訪問の水族館だけに、おなじみに魚もいましたが
新たな出会いもあってとても楽しめました☆

イルカやアシカのショーがあるところでは望遠は必須ですね。
全景を撮るには広角が欲しいし、水槽越しにアップ気味に撮るならマクロで。
となると、28-105mmはハーフマクロもできるのでオールマイティなんですよ(^^)
難点があるとすれば絞り開放がやや暗いところですかね。
でも、テレ端でも4.5が確保されてますから十分でしょうか。

あとはAF-Sでないこと・・・・・・これは結構大きいです(^^;
リニュの期待はできそうもないですが、できればやってほしいな~と。
そうすれば最高の水族館レンズになりそうな感じなんですが!


<< 高感度撮影の恩恵? Walrus & Dolphin >>