Various Fishes in Hakkei-jima
八景島シーパラダイス編・第1回。


c0081462_21191456.jpg
「幸せの黄色いおさかな☆」


8月初め「八景島シーパラダイス」の水族館「AQUARESORTS」を訪ねました。
会社の都合で土曜が出勤日で月曜が休みと入れ替わったので、
夏休み期間中といっても少しは空いているだろうという読みもありまして。

ちなみに以前に訪ねたときは機材がD70しかなかったためパス(^^;
メインターゲットはアジサイだったということもあるんですけどね。

でも、今は手元にD700があります。
屋内施設なので暑い中歩き回ってバテてしまう心配もありません(笑)
そして何より新設されたばかりの巨大水槽「群れと輝きの魚たち」が見たい!
「シロイルカ」も久しぶりに見たい!
ということで、朝のラッシュの流れに逆行して八景島へと向かうのでした。


表紙の写真は、一番最初に出迎えてくれる「シーパラ」のキャラクターフィッシュ「キイロハギ」です。
英語では「Yellow tang」、直訳すると「黄色気味」。
「黄色っぽいさかな」ってこと・・・・・?( ̄_ ̄;

全身が鮮やかなレモンイエローが目を引きます。
ちょっと緑かぶりしちゃってますが(^^ゞ


横浜・八景島シーパラダイス公式サイト
キイロハギ@Weblio









c0081462_21192529.jpg
サンゴの陰に隠れているところ。
やや広角の35mmで撮っているんですが、ガラスの屈折で超広角のような雰囲気に(^^;
映りこみをしないようにガラスに密着して撮るとこんなことがたまにあるんです。


c0081462_21193220.jpg
えさのお時間☆
それまでは気の向くままで泳いでいたのに、えさのかごが降ろされると一斉に集まってきます。
その前にスタッフの影が水槽の向こうに見えたときから、すでに動きが「えさだぞ!」って感じになってましたけど(笑)

ちなみに自然界では海藻などの植物質のものを食べているんですが、シーパラではレタスを与えているそうです。
入手しやすいからなんでしょうかね。


c0081462_21521090.jpg
巨大水槽を横目に見ながら3階へ通じるエスカレータを上がります。
出迎えてくれたのは「マダラトビエイ」
正面から見ると、大きな翼を広げて飛んでくる鳥のよう!


c0081462_21471293.jpg
目の前で方向転換。
お鼻(?)のところに照明が映りこんでしまいましたが(--;

この子は下から見ると意外とかわいらしい顔に見えます。
種類によっては、結構グロテスクに見えたりすることもあるんですけどね(^^ゞ


c0081462_21472730.jpg
「ネコザメ」(左)と「トラザメ」のツーショット☆
どちらも真昼の猫のような目をしているのが特徴です。

それにしても「ネコ~」のほうが「トラ~」より大きいのがちょっと不思議ですね。
以前の記事でも書きましたが、英語だとさらにややこしく・・・・・。

ネコザメ  Japanese bullhead shark
トラザメ   Cloudy catshark
イタチザメ  Tigershark



ちなみに「イタチザメ」は、映画「ジョーズ」のモデルとなった「ホホジロザメ」と並ぶ危険なサメです。
ダイビングで「トラザメ」と出会ったとき、直訳して

「さっき、目の前に "Tiger Shark" がいたよ」

なんて言うとパニックを引き起こしてしまうかも!?


ネコザメ
トラザメ
いずれも@Wiki


c0081462_21473412.jpg
これは「コクチフサカサゴ」の体色異常個体です。
この子は一般の方から「めずらしいものが釣れた」ということで、こちらに来たものだそう。
通常は緑っぽい色をしているため、このような白い体色はとても目立ちます。
そのため天敵に襲われやすいのですが、この子は無事にここまで大きくなることができました。
非常にめずらしいケースですね。

ちなみにヒレには毒を持つトゲがあります。
下手にさわって刺されると激しい痛みに見舞われるので、取り扱いには注意が必要!


アルビノ@Wiki


c0081462_21474154.jpg
「ボロカサゴ」
以前、サンシャイン国際水族館で見たことがあるような?と思っていたら・・・・・。
どうやら「ハナオコゼ」ではなく、「ボロカサゴ」が正しいようです(汗)


ボロカサゴ@みんなの動物園図鑑


c0081462_21474782.jpg
カラフルなイソギンチャク。


c0081462_21475288.jpg
「タカアシガニ」がいましたが・・・・・水槽が暗すぎ( ̄Д ̄;

思い切ってISO感度を「25600」に上げました。
それでも開放F4.5でシャッタースピードは1/13・・・・・・orz
明るい単焦点レンズでないと無理、ではなく無謀ですね(大汗)

ちなみにノイズリダクションはオフ!
赤みが強い照明だったので、ちょっとだけホワイトバランスをいじってます。


c0081462_21475955.jpg
「ハニーコンボモレイ」
大型ウツボの一種で体長250cmにもなります。
しかし、資料が少なすぎ・・・・・。


c0081462_2148728.jpg
ガラスの屈折と格闘しながら、顔をアップにしてみました。
上あごに並ぶ歯をどうして撮りたくて、しばらくねばりました(^^ゞ
口の中もまだら模様になっているのがちょっと笑えます。


c0081462_21482633.jpg
おなじみ「カクレクマノミ」
ちょっと水がにごってますが。


c0081462_21483265.jpg
イソギンチャクの間でまどろんで。
もう少しシャープに撮りたかったんですが、ガラスに密着しているとダメみたいでした。


c0081462_21481341.jpg
最後は・・・・・名称不明( ̄Д ̄;
ハゼの仲間?と思うんですが。

砂の中に隠れている何かをえさにしているようで、海底の砂を掃除機のように吸い込んで。


c0081462_21481960.jpg
えらから砂をこし出す!
まるで砂地の掃除屋のようでした(^^)

カクレクマノミと同じ水槽にいたんですが、こちらのほうがなんだかかわいいし動きも面白いしで
結構夢中になって撮ってしまいました。
平日でなかったら「ニモ」目当ての人のジャマになってたかもしれませんが(笑)


2、3、5枚目 D700+AiAF35mmF2D
ほかはすべて D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D


次回は最大の見所、「群れと輝きの魚たち」で迫力のショーを堪能します。
by sampo_katze | 2009-10-08 20:50 | 水族館 | Comments(0)


<< 小径車発注! 地下から復興 >>