お魚満載
新江の島水族館編・第3回。


c0081462_2149198.jpg
「What's this !?」


今回は館内の魚たちをランダムに紹介していきます。
動物園なんかもそうですけど、お気に入りの動物とか魚とかがいると必ず撮りますよね。
わたしのばあい「ハコフグ」系が好きなのですが(^^ゞ
見た目のかわいらしさもありますが、比較的ゆったりとした動きなので狙いやすいというのも理由かも?(笑)
とはいえ、水槽は思ったよりも暗いですからね。
油断するとブレ写真を量産してしまうことに。

あ~、28-105mmがリニューアルしないかなぁ・・・・・って、これは無理か?
理想は現行のVR24-120mmに、望遠域限定ハーフマクロ機能がついてくれたら最高なんですけどね。


表紙の写真、これなんだかわかりますか?
よく見るとすぐわかると思いますよ(^^)
正解は本編の後半で。









c0081462_2252936.jpg
お気に入りの1つの「ウミスズメ」です。
フグの仲間は好きなんですが、このハコフグ系は特にかわいくて好きですね(^^)
「どうぞこちらへ~」って感じのポーズが撮れました☆


ウミスズメ@Yahoo!きっず図鑑
フグWeb -ハコフグとフグと海水魚と second season-



c0081462_21474559.jpg
「キヌバリ」(絹張)というハゼの仲間。
ハゼというと地味な色というイメージがあったんですけどね(^^;

体にある縞模様は太平洋側のは6本、日本海側と宮城県以北のものは7本となぜか異なっているんだそう。
これは6本ありますから太平洋側出身ですね。
ってか、目の前の相模湾から来た子かな?


キヌバリ@Yahoo!きっず図鑑


c0081462_21475323.jpg
「イサキ」
この名前を聞くとおもわず・・・・・ゴクッ(^¬^*
おいしい魚ですからね。

旬は初夏で、この頃のイサキは「麦わらイサキ」と呼ばれるんだそう。
同じ時期のタイも「麦わらタイ」と呼ばれますが、こちらは産卵を終えた頃なのでまずいんだとか。
呼び方は同じでも、中味はまったくちがっているんですね(^^;


イサキ@Wiki



c0081462_2148241.jpg
「カワハギ」
これもまた美味ですよね。
白身もいいですが、肝もまた・・・・・☆

余談ですが、ハワイの州の魚に「タスキモンガラ」がいて
現地では「フムフムヌクヌクアプアア」と呼ぶんだそう。
呪文のようなこの言葉は「豚のように鳴く角ばった魚」という意味。


カワハギ
タスキモンガラ
いずれも@Wiki


c0081462_21481486.jpg
「コンゴウフグ」「ヒフキアイゴ」
黄色が鮮やかなハコフグの仲間の「コンゴウフグ」もお気に入りで、いいタイミング!と思ったんですが
見事にその前を「ヒフキアイゴ」が横切ってくれました(-_-;
でも、どちらも黄色を基調としたきれいな魚なのでこれもまたよし・・・・・かな?



c0081462_21482265.jpg
「冷たい海」ゾーンの「ニジカジカ」(手前)と「オオカミウオ」
「オオカミウオ」については今まで何回か登場しているので省略(^^ゞ
手前の「ニジカジカ」は今回初撮りで、目の色がかなりきれいだったのが印象的でした。
北海道では結構ポピュラーな食材だそうです。


c0081462_21483045.jpg
居酒屋の定番の「ホッケ」です。
開いて焼いたものしか見た記憶がないので、生きている姿を見るのはこれが初めてかも(^^;

味についてはもう説明不要の美味ですよね。
でも、昔は「ネズミサカナ」や「囚人魚」などという別称(蔑称?)があるくらいまずい魚とされていたようです。
今では考えられないことですけどね~。


ホッケ@Wiki


c0081462_21483969.jpg
「トゲカジカ」
別名「ナベコワシ」とも呼ばれる魚で、鍋にするととても美味だそう☆
あまりのおいしさにみんなが鍋を壊しかねないほどの勢いで箸をつつくことがその由来。
ただし、やや臭みがあるそうなので調理前に臭み抜きをお忘れなくだそうです。
旬であれば取り寄せもできるようですよ。


かじか汁@Wiki


c0081462_21492624.jpg
さて、今回の表紙の写真は「ミズダコ」の足についている吸盤です。
吸盤の接触部分が白くて丸い花のように見えたので、どアップにしてみました。

「ミズダコ」は世界最大のタコで、足を広げたときの長さは最大で3mに達することもあるんだとか!
まさに「オオダコ」ですね!
ちなみにここにいるのはさすがにそこまでは大きくないですね(^^;


ミズダコ@Wiki


c0081462_2149726.jpg
眠っているようで、全くと言っていいほど動いてなかったんですが
ロウトを見ていると呼吸しているのがわかります。
これは閉じた状態。


c0081462_21485675.jpg
こちらが開いた状態。
「ぷはぁ~」って感じですかね(^^)

ほかの水族館で見てきたタコは水槽の中で結構活発に動いているのが多く、まったく撮っていなかったんですが
今回はじっくり観察しながら撮ることができました。
やっぱり動き物は苦手です・・・・・(^^ゞ


すべて D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D


次回は、お掃除職人です。
by sampo_katze | 2010-02-08 18:30 | 水族館 | Comments(0)


<< ツチホゼリとソメワケベラ Jellyfish Fantasy >>