モンハンとコラボする温泉
年末温泉旅行 in 渋温泉編・中編。


c0081462_21504422.jpg
「朝の金具屋」


「長野駅」まで新幹線で移動し、そこからは「長野電鉄」に乗り換えて終点の「湯田中駅」に向かいます。
晴れていれば宿まで歩いていってもいいんですが(約20分)、この日は小雪模様だったので送迎をお願いしました。
「長野電鉄」に乗る時刻を知らせておけば、到着にあわせて車を出してくれますので安心(^^)

で、「湯田中」までは前回(2009年)と同様に「特急ゆけむり」を利用したんですが
車内アナウンスで「モンハン特急ゆけむり号」と案内されました。
「モンハン」は知ってるけど、「モンハン特急」って何?

実は昨年12月23日から今年1月10日まで、ゲームソフト「モンスターハンター」と「渋温泉」がコラボイベントを開催されていました。
この一環として「渋温泉」へのアクセス路線である「長野電鉄」の特急もラッピングを施し、名前も「モンハン特急」として運転していたんですね。
結局、乗り換え時間も少ないのでその特急の写真を撮ることはできませんでしたが
こんなイベントがあるなら少し早めに単独行で「長野駅」に行ってればよかったかな?(^^;


表紙の写真は、出発時に撮った朝の「金具屋」の外観です。
各階に赤い布が飾られていて、てっきり年末年始の飾りだと思っていたんですが
よくよく見ると白く描かれているのは「モンハン」のマークでした。
ちょっとややこしいですね(笑)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_2152342.jpg
温泉街にあったイベント案内のポスター。
「渋温泉」がゲーム中に出てくる「ユクモ村」の雰囲気に似ているとのことからこのイベントが企画されたんだとか。


c0081462_21524637.jpg
しばらく歩いていると、「金具屋」のベランダの手すりにモンスター発見!
おぉ、これはリアルに「モンハン」の世界だっ!(違)


c0081462_21525969.jpg
「渋温泉」から車で5分+徒歩5分ほどで猿が温泉に入ることで有名な「地獄谷温泉」があるくらいですから、猿は結構普通に見られます。
宿の注意書きには「窓を開けないで」とありますが、宿の人の話では鍵をかけていないと開けて入ってくるんだそう。
幸いここの猿はニンゲンとうまく共存しているようで、ニュースになるような問題は起きていないようですが。
観光客がえさなんかを与えるから問題になるんですよね(^^;


c0081462_2153101.jpg
イベントにあわせてコラボ店舗も出現。
ここは「アイルー」というキャラクタをモチーフにしたアイスがウリのようです。
それにしてもよくできてるな~。
食べるのがもったいないくらいですね。


c0081462_21531953.jpg
山から流れてくる川。
橋の近くでは湯気が立っていてちょっと幻想的な雰囲気に。
どこかから温泉が流れ込んでいるんでしょうか。


c0081462_21532899.jpg
「渋温泉」と隣り合う「安代温泉」(あんだい)を抜けて温泉街は終了。
ここからさらに20分弱歩くと「湯田中駅」です。
列車の時間まではまだ余裕がありますし、前日に降った雪がうっすらと積もっているのでゆっくり歩きます。

この先は坂がありますが、車通りが少ないので歩いていくにはちょうどいいんですね。
分岐点を左に折れると広い道に出ますが、歩道が狭いので歩きにくいですし。


c0081462_2153385.jpg
坂を上るということは眺めがいい場所があるということでもあるわけで。
雪がやんでくれてよかった(^^)


c0081462_2156458.jpg
何気なく路地も撮ってみたりして。
何しろ今シーズン初の雪ですからね☆


c0081462_21535244.jpg
最後は「湯田中駅」構内にあった顔出しパネルを。

まだこの時点で次の列車まで30分ほどあったので、駅の裏手にある「足湯」で時間つぶし。
これも前回と同じパターンです(^^;
駅には日帰り温泉施設もあるんですが、さすがに30分程度では短すぎますね。

といいつつ、前回は「RunnerK」が入ってましたけどね。
ちなみに今回はこの前日、宿に着いてから2時間足らずの間に9か所すべての外湯を巡ってました。
以後この慌しい外湯めぐりをみんなで「スポーツ温泉」と名づけることに!(笑)


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は後編、2010年の締めくくりに「善光寺」へお参りします。
by sampo_katze | 2011-01-23 22:00 | 温泉 | Comments(0)


<< 温泉のあとは善光寺参り 渋温泉・憧れの宿へ >>