柑橘の島・生口島
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第3回


c0081462_21382687.jpg
「夕暮れの生口橋」


1日目もいよいよ終盤。
この日の宿のある「生口島」(いくちじま)は目前です。
でも、橋を渡ってから宿まではまだ10kmちょっとあるので油断はできません。
11月中旬ともなると日が沈むのも早いですからね。


表紙の写真は、「因島」と「生口島」を結ぶ「生口橋」です。
2本の主塔から伸びる斜めのワイヤーが独特のシルエットを生み出していますね。
夕暮れの時間でなかなかきれいだったんですが、太陽はちょうど対岸の「牡蠣山」(かきやま)にかかってしまいました。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21391450.jpg
橋の手前にある展望台からの眺め。
対岸には「タンカー」らしき船影とクレーンが見えました。
後で地図を見るとこれは「生口島」ではなく南東に浮かぶ「岩城島」(いわぎじま)のものでした。

この島へは「因島」と「生口島」から出ているフェリーを利用します。
「青いレモンの島」というキャッチフレーズがあるように「レモン」の栽培が盛んだそう。


岩城島@Wiki


c0081462_21393475.jpg
ここでも「魚眼」で橋撮影。


c0081462_21394936.jpg
橋を渡り終えてスロープを下りる途中で。
「因島」側からだと逆光だったので、「生口島」側からも撮ってみました。
もう少し明るいとよかったんですけどね。


c0081462_2140087.jpg
島に入ると北側を半周する「県道81号線」を反時計回りに進みます。
「瀬戸田」(せとだ)の町へ向かう途中で日が沈みました。
すっかり暗くなってしまいましたが、夕焼けはきれいでした☆


c0081462_21401514.jpg
手作りジェラートで人気の「ドルチェ」本店。
サイクリングの立ち寄りポイントとしては最適なところです。
営業時間は17:00まで。
でも、このときすでに17:13。
おぉ~!タッチの差で間に合わなかった・・・・・orz


瀬戸田ドルチェ


c0081462_21403825.jpg
今宵の宿は「瀬戸田」の町の少し先にあるペンション「ジューシーフルーツ」
訪ねてみると、この日予約していた団体さんが天候のため(?)キャンセルとなったそう。
確かに週間天気予報では直前まで雨マークがついてましたからね。
なので、この日はわたしたちのグループ3人だけの貸切となりました。
ここは3階にある食堂です。
建物の外観は翌朝撮ることにしました。

ジューシーフルーツ@西日本の素敵な宿・高枕


c0081462_21405028.jpg
夕食はフランス料理のコースです。
前菜。
エビ、タコ、サザエの海鮮。


c0081462_2141087.jpg
メインは「ビーフシチュー」。
よく煮込まれた肉がほろりと柔らかく、丸くカットされたニンジンは甘くておいしかった☆


c0081462_21411125.jpg
そしてデザート。
なお、スペースの都合で一部端折ってます。


風呂の湯船にはたくさんの「レモン」が浮かべられていました。
さわやかな香りのおかげで疲れが取れる感じがします。

また談話室にはかごに盛られた「みかん」がたくさん。
これが見た目はあまりよくないんですが食べてみると甘~い!
木で完熟するのを待ってから収穫したからなのか、すごくおいしかった☆
これだけでも泊まる価値アリといっても過言ではないかも?(^^)

こうして初日は特にトラブルもなく終了しました。


この日のルート(移動距離:41.6km)
c0081462_21415689.jpg
出発地の「新尾道駅」から海までは下り、「因島水軍城」へのアクセスがやや急な上り坂。
あとは橋へのアプローチ道がゆるやかな上り・下りがある程度で、ほぼ平坦なコースでした。


3枚目 D700+DX10.5mmF2.8G/Fisheye(DXモード)
7~10枚目 D700+AiAF35mmF2D
11枚目 PC画面キャプチャ
ほかはすべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は2日目、多々羅大橋から大三島へと渡ります。
by sampo_katze | 2011-12-13 21:45 | Brompton+しまなみ | Comments(0)


<< 海上の橋で広島県から愛媛県へ 水軍の島・因島 >>