久しぶりの水族館
サンシャイン水族館&国立科学博物館編・第1回


c0081462_21492557.jpg
「海にいる受験の神様」


1月20日(金)。
この日はお休みをもらって「池袋」「サンシャイン水族館」に出かけてきました。
初めは「Brompton」で出かけるつもりで休みにしたんですが、天気はあいにくの雨または雪!
それに気づかなかったのはうかつでした・・・・・。
それならばということで、久しぶりに水族館訪問へ出かけることにしました。

ここは約1年間の休館を経て昨年2011年8月4日にリニューアルオープン。
名称も「国際」がとれて「サンシャイン水族館」と変わりました。
オープンしたら行こうとは思っていたんですが、当然待ちに待ったお客さんたちで大混雑!
これでは出かけてものんびり見学はできないな~と思い、そしていつしか行くのを忘れてしまっていました(^^;

で、振り返れば水族館訪問は2010年9月23日の「しながわ水族館」以来、約1年半ぶり。
「サンシャイン国際水族館」(当時)はさらに前で2009年10月17日以来!
これだけブランクがあるとちょっと心配です(苦笑)


表紙の写真は、館内入口のところに置かれていた「タコ」の置物です。
時期的に受験シーズンということもあってか「合格祈願」にかけた展示がされていました。

「オクトパス(置くとパス)
 タコは、当て字で多幸「たこ(う)」とも表現され、足の本数の「八」は末広がり、吸盤では運を吸い付けるとされ、
 正月や祝いの席で喜ばれ、昔から様々な形で縁起の良いものとして扱われています。
 「タコ」の英名は「Octopus(オクトパス)」。
 願い事を書いて置くとパスする(試験にパスする)合格祈願成就のご利益があるかも!?
 祈願札をタコに一度置いてから札掛けに吊るしましょう。」




blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21495851.jpg
こちらは本物の「タコ」。
「マダコ」かな?


c0081462_2150976.jpg
そのとなりには願い札を掛ける札掛けが。
大きく「満望」と書かれた書も合わせて掛けられています。

「こちらの書には、願い事が満たされるという意味の「満望」の文字が記されています。
 魚の「マンボウ」の当て字を表記したものですが、学業の神様として知られる太宰府天満宮の宮司の方に書いていただいたありがたい書です。
 「満望」の「望」の文字が小さめに書かれているのには、どんな小さな願い事も満たされるという意味が込められています。
 合格祈願に限らず、祈願札に願い事を書いて「満望」の書の下にお掛けください。」



c0081462_21502168.jpg
背びれの旗で受験生のエールを送る魚たち。
これは「ハタタテハゼ」


c0081462_21503158.jpg
そして「ハタタテシノビハゼ」
白い体にオレンジの斑点がかわいらしいですね。


c0081462_21504481.jpg
さて、本展示スペースへ。
少し奥に進むと「ロシアラッコ」の水槽があります。
水面にプカプカ浮いてお昼寝しているのはオスの「ルーチ」(だと思う・^^;)。
野生では潮に流されないようにするため、体にコンブなど巻きつけることもあるんだそうです。


c0081462_21505418.jpg
岩場の上にいるのはメスの「ミール」
鼻先が少し白っぽくなっているのでたぶん・・・・・(^^;
でも正直見分け方はよくわからないですね~。


c0081462_2151568.jpg
ちょっと物足りないので、ここで望遠に交代。
ガラスに張りついて撮ってもいいんですけど、ちょっと気が引けましたので・・・・・。


c0081462_21511886.jpg
岩場の上でこんな風に寝転がっているところを見るのは初めてです。
まぁ「ラッコ」を見る機会はあまりないんですけどね(^^;

水面に浮いているときは仰向けで、岩場に上がったときはうつ伏せ。
これって偶然なんでしょうか?


c0081462_21513888.jpg
しばらくすると「ルーチ」が水中からちょっかいを出してきます。
まだちょっと眠たげな「ミール」はちょっと迷惑そうな感じ?


c0081462_21514825.jpg
でも2匹はやっぱり仲良し。
しばらくしたら水中でじゃれあったり、毛づくろいをしていました。


1~7枚目 D700+24-120mmF4G/VR
8~12枚目 D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


次回は、館内最大水槽のサンシャインラグーンにいるエイを中心に見ていきます。
by sampo_katze | 2012-03-15 21:00 | 水族館 | Comments(0)


<< サンシャインラグーンのエイたち+α のこぎり屋根とレトロなビル >>