サンシャインラグーンのエイたち+α
サンシャイン水族館&国立科学博物館編・第2回


c0081462_21534289.jpg
「優雅に水中飛行」


「サンシャイン水族館」の最大の目玉はやっぱり大型水槽「サンシャインラグーン」でしょうか。
リニューアル前と比べて規模が2倍になったとのことで、奥行きもかなり広がっています。
また水槽の前が広く取られていて、通路と別に鑑賞スペースが設けられていました。
しかも通路は一段高いところにあるため、水槽前が混雑していても中の魚たちを見ることができるのはうれしいところです。
もっともショーのときは通路スペースも人で一杯になることが多いようですが(^^;


表紙の写真は、「マダラトビエイ」です。
英名では「Spotted eagle ray」というそう。
直訳すると「斑点のあるワシのようなエイ」
でもたしかにその雄大な姿は「ワシ」が飛んでいるようにも見えますね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_2154203.jpg
インパクトのある模様は「ヒョウモンオトメエイ」という「アカエイ」の仲間。
海の中にもこんな模様の生き物がいるんですね~!
リニューアル前には見かけなかったので新顔かな?


c0081462_21543043.jpg
でも裏側はシンプルでした(^^)


c0081462_21544738.jpg
ちょっと小型の「ナルトビエイ」
なぜかこの子には「タカサゴ」などの小さい魚が群がって一緒に泳いでいました。


c0081462_21551365.jpg
「マダラトビエイ」に「ナルトビエイ」がボディアタック!?


c0081462_21552469.jpg
海底近くをゆっくりと泳ぐ「シノノメサカタザメ」(東雲坂田鮫)。
名前には「サメ」とありますが「エイ」の仲間です。
一見すると紛らわしいですが、「エラ」のついている場所によって区別されるんだそうですね。

サメ ・・・ エラが体の側面で開く
エイ ・・・ エラが体の下側で開く


c0081462_21553695.jpg
白っぽい体に茶色の斑点が散りばめられた「トラフザメ」(虎斑鮫)。
体長2mくらいはあって、この水槽の中では大きい部類に入りますね。


c0081462_21554952.jpg
あご下に2本の長いひげがあるのは「アカヒメジ」(赤比売知)。
このヒゲはセンサになっていて、砂にもぐっているエサとなる小動物を探すんだそう。
名前にあるほど体は赤くなく、どちらかといえば薄桃色といった感じですね。
でも死ぬと赤くなるのでこの名がついたんだとか。


c0081462_2156476.jpg
これも「アカヒメジ」。
ヒゲも黄色くて目立つ背びれなどもたたまれているので、最初は別の魚かと思ってしまいました(^^;


c0081462_2156191.jpg
ここからは別の水槽、まともに撮れたのをアップします(^^;
これは「ニザダイ」(仁座鯛)。
エラの上部から尾びれにかけて放物線を描く小さな黒点と、尾びれの付け根付近にある大きな黒点が特徴です。
「カワハギ」に近い見た目のためか、西日本では「〇〇ハゲ」という地方名で呼ばれるようです。

ニザダイ@Wiki


c0081462_21563514.jpg
オレンジの斑点と真ん中に1本通った黒い太線が目立つ「キュウセン」(九仙)のメス。
名前の由来は中央の黒線を含めて9本の横線(一部は点線)が見られることから。
成長に伴って一部のメスがオスに転換することもあるんだそう。


キュウセン@Wiki


c0081462_21565572.jpg
最後は「ニセゴイシウツボ」 「トラウツボ」
ちょっとコワモテの魚ですが、よく見るとかわいいので好きなんですが・・・・・。
残念ながら奥でまったりしたまま前の方には来てくれませんでした。
※2015年3月4日修正


1~8枚目 D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ
9~11枚目 D700+24-120mmF4G/VR


次回は、ちょっと変わった形をした魚たち+αです。
by sampo_katze | 2012-03-17 21:00 | 水族館 | Comments(0)


<< 不思議な体型と繁殖生態 久しぶりの水族館 >>