淡水域にすむ生き物たち
サンシャイン水族館&国立科学博物館編・第4回


c0081462_22214380.jpg
「岩にはりつくエイ」


2階に上がると最初にあるのが「川と緑のオアシス」エリアです。
パンフによれば「アクアプランツ」「東南アジアの水辺」「アフリカの川」の3つがあり、
淡水域の生き物が展示されています。

「川と緑のオアシス
 大地を流れる川や水をたたえた湖は植物の緑と共にあります。
 川は植物を育て、植物は川にその土地ならではの要素を与えることで、さまざまなオアシスが生まれました。
 とりわけ熱帯雨林の大河では、雨期にはジャングルが川に飲み込まれ、水中の生き物たちの世界はさらに広がります。」



表紙の写真は、「アロワナ」「サウスアメリカンフレッシュウォータースティングレイ」です。
「エイ」は海水域のみと思っていたのでちょっと意外でした(無知!)
長い名前ですが直訳すれば「南米淡水エイ」ですね(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_22224264.jpg
水底でヒゲを盛んに動かしながら動き回っている「ピメロディアピクタス」
体長10cm程度の小さな「ナマズ」の仲間です。
白い体に黒い斑点がかわいらしいですね。
でも遠目には「エビ」が動いているように見えました(^^;


ピメロドゥス・ピクタス@Weblio辞書


c0081462_22225245.jpg
次の「水から陸へ 両生類の世界」には様々な「カエル」がいます。
この「ど根性ガエル」「ピョン吉」さながらに平たいのは「コモリガエル」
学名は「ピパピパ」というかわいい名前です。

こうして水底にじっとしてえさとなる獲物を待つのがスタイルだそうで、
結構長いこと見てましたがこの体勢からまったく動こうとしませんでした(^^;

和名の「コモリガエル」の由来は、繁殖時にメスの背中にできる組織の中で子を育てることから。
卵から「オタマジャクシ」を経て小さな「カエル」の姿になるまで背負って守るんですね。


ピパピパ@Wiki
ピパピパ@All About


c0081462_2223757.jpg
そろそろ待つのにも飽きてきた頃、息継ぎのために水面に向かって勢いよく泳いでいきます!
あわてて撮ったためにぶれてしまいましたが。
よく見ると動いているのは後脚の水かき部分だけ。
上半身だけ見ると「ウルトラマン」のようです。



このエリアにはほかに色鮮やかな「ドクガエル」たちもいます。
でも冬だからなのか、水槽の内面が曇ってしまっていて撮影はおろか観察もちょっとしづらい状況でした(^^;


c0081462_22233193.jpg
「鎧をまとった生き物 爬虫類の世界」からは「フィリピンホカケトカゲ」を。
しっぽの付け根付近にあるうろこがたてがみのように並んでいることから「ホカケ」(帆かけ)という名前がつきました。
この部分はオスの方が大きく目立つそうです。


ホカケトカゲ属@Wiki
アンボイナホカケトカゲ@All About


c0081462_22234218.jpg
森林の水辺に住むということで、中には小さな滝が作られていました。
その水のきらめきと一緒に。


c0081462_22235978.jpg
魚に戻って「グリーンテラー」
黒っぽい体で一部が青みがかっていますが、その色のかかりがまだらになってますね。
名前にある緑がここにはありませんが照明のためかな?


c0081462_22241035.jpg
こちらは「メチニス」、正確には「レッドフックメチニス」というみたいです。
最初は「ピラニア」かと思ったんですが、よく見れば腹ビレが長く赤いですし口の形もちがいます。
また草食性で性格もおとなしいんだとか。
ただこの2種は「セルラサルムス亜科」という同じ仲間に属しているので、よく似ているのも当然のようです。


メチニス@Wiki
レッドフックメチニス@All About


c0081462_22242138.jpg
「コイ」の仲間なのに「シルバーシャーク」
銀色の体とその形が「サメ」に似ていることからその名がついたんだそう。
でも大きさは30cmくらいまでと小柄です。


c0081462_22243314.jpg
赤と黄色のラインがなかなかかっこいい「レッドライントーピードバルブ」


c0081462_22244891.jpg
ひときわ鮮やかで、メタリックに輝く姿が目を引く「コンゴテトラ」
これは本当にきれいですね☆


熱帯魚カタログ
コンゴテトラ@熱帯魚カタログ



c0081462_2225246.jpg
水面近くを悠然と泳ぐ「アジアアロワナ」
下から見るとちょうど水鏡のようになっていたので対称になるようにタイミングを見計らってパチリ☆


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は水族館の最終回、マンボウと巨大淡水魚たちです。
by sampo_katze | 2012-03-21 21:00 | 水族館 | Comments(12)
Commented by double-dribble at 2012-03-22 12:59
猫ちゃんこんちは。

別名でブログ始めました。

お気に入り登録しちゃいました、事後で申し訳ないですが。
Commented by double-dribble at 2012-03-22 13:05
ああ、あせって送信押しちゃいました。キムタクです。

今後ボチボチやっていきますので、ちと遅いスタートですけどヨロシクです。
Commented by sampo_katze at 2012-03-24 22:00
カメさん、こんばんは♪
返信遅くなってゴメンナサイ!

事後でもオーケーですよ(^^)
ありがとうございます!
Commented by sampo_katze at 2012-03-24 22:01
>あせって送信押しちゃいました

ありがちですね(^^;
でも、名前と内容を見てすぐわかりましたよ~(笑)
こちらこそ、よろしくお願いします!
Commented by ウルトラスイマー at 2012-04-01 19:14 x
超ご無沙汰しています。天文中年さんのところから来ました。
カメさんも元気にしているようですね。また、以前のように交流できると嬉しいですね。
Commented by sampo_katze at 2012-04-04 22:03
ウルパパ、こんばんは☆
こちらこそご無沙汰しております!

しばらくあちらにも顔を出しておられませんでしたが、
お元気そうで何よりです(^^)
今年は相棒を連れてお邪魔しようと思っているので、よろしくお願いします!
Commented by ウルトラスイマー at 2012-04-11 10:33 x
そりゃ楽しみ。相棒って、まさか男じゃないよね。(^-^)
Commented by sampo_katze at 2012-04-11 22:08
ウルパパ
大丈夫、イギリス産まれの"淑女"ですよ。
2輪ですけど(爆)
Commented by ウルトラスイマー at 2012-04-14 15:46 x
猛女じゃないだろうね。(^-^)
外国人なの? やりますな。
Commented by sampo_katze at 2012-04-14 22:35
ウルパパ
え~、ちょいちょいこのブログでも出てるんですけどね。
青い"車体"の・・・・・(^^;
今年はちょっと出番が少ないですが、GWからは本格始動予定。
九州も走りたいところがたくさんありますからね☆
Commented by ウルトラスイマー at 2012-04-30 18:51 x
人間の相棒・・・というか連れ合い・・・というか彼女は・・・?
Commented by sampo_katze at 2012-05-01 20:43
ウルパパ
そこはわたしの不徳の致すところというやつです・・・・・( ̄∇ ̄;


<< マンボウとサンシャイン水族館の... 不思議な体型と繁殖生態 >>