群れを成す・身を隠す
連休の谷間に八景島シーパラダイス編・第4回


c0081462_2125816.jpg
「銀鱗のうねり」


日本のことわざに「男は閾を跨げば七人の敵あり」というのがあります。
ここでいう「七人」というのはちょっと少ないように感じますが、「多くの」という意味があるんだそう。
ほんとに「七人」だけだったら「黒澤明」監督の同名映画になっちゃいますね。

話変わって海の中。
ここは「食うか、食われるか」の世界です。
身を守るために群れをつくるもの、体の形状や皮膚の状態を変えるものがいます。
逆に獲物を捕らえるために擬態するものがいます。
ここではそうした魚たちを集めてみました。
少々こじつけてあるのも含まれていますが(^^;


表紙の写真は、大水槽で見られる「マイワシ」の群れです。
初めてここを訪れたときはこれを見るのが目的でした。
大きな魚が近くを通るたびに群れの形が大きく変わり、迫力ある動きを見せてくれました。
ただ今回はタイミングがイマイチだったのか何なのか、あまり迫力はありませんでしたね。
2回目ということで見慣れてしまった、というのはないと思うんですけど(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_2133050.jpg
いきなり名前がわかりません(^^;
この写真ではわかりませんが、体が半透明になっていて骨格や内蔵の様子がうっすらと見えていました。


c0081462_2133987.jpg
こちらは「ミナミハタンポ」
体長は12cm(説明板より)と比較的小さいですが、やや頭でっかちで目もかなり大きいです。


ハタンポ科@Wiki


c0081462_2134876.jpg
丸っこい「飛行船」のような形は「ハリセンボン」です。
イメージではその名の通り、体を膨らませ全体にある「トゲ」を突き立てた姿を想像します。
お土産品なんかでもありますよね。
でも通常はこんな感じにトゲをたたんでいて、体もそれほど大きくなりません。


c0081462_2135735.jpg
この水槽には砂地の上に2匹の魚が隠れています。
左が「オニカサゴ」、右が「オニオコゼ」です。
「オニ~」という名前のばあい、「オニヤンマ」などのように大きいという意味を持つものもありますが、
こちらはそのいかつい見た目がその由来でしょうね。
背びれに毒のある棘を持っていて外敵から身を守ります。
この毒は強力で、刺されると非常に痛いそうです。

「猛毒を持つ魚

 オニオコゼ
 オニオコゼ科 体長23cm 日本各地、東シナ海、南シナ海に生息

 オニカサゴ
 フサカサゴ科 体長27cm 南日本、インド・太平洋に生息

 この水槽にはオニカサゴとオニオコゼが隠れています。
 この2種は、岩に擬態(ぎたい)し、近付いて来た小魚やエビを捕食する習性があります。
 また、背鰭(せびれ)に毒棘(どくとげ)があり、外敵から身を守る術(すべ)を持ち合わせています。」



c0081462_2141176.jpg
砂地に隠れているのは「アンコウ」です。
水槽の中なので姿を確認することができますが、ダイビングなどで海底を観察していたら簡単には見つかりそうもないですね~(^^;

「アンコウ
 アンコウ科 体長100cm 水深500m程の深海に生息
 基本的のオスは小さくメスの方が大きい

 アンコウは、海底の砂地の生息し、砂の中に身を隠すのに適した円盤状の体型をしています。
 頭部には「エスカ」と呼ばれる背鰭(せびれ)が変形した疑似餌(ぎじえ)があり、
 これをルアーのように動かして小魚などを誘き寄せます。
 近づいてきた魚は一瞬で丸呑みにされてしまいます。」



c0081462_2143761.jpg
正面から見ると目の部分だけが黒っぽく浮かび上がっているのがわかります。


c0081462_2144666.jpg
底に白い砂が広がった水槽。
この中にも1匹の魚が隠れていますが、どこにいるのでしょう?
写真が小さくてわかりづらいかもしれませんが(^^;

「隠れて待つライフスタイル
 カエルアンコウやカサゴの仲間は、岩場に身を潜め環礁(かんしょう)に溶け込む習性があります。
 体色は、環境に応じて変化し、じっと動かないことにより岩になりきり、近づく魚を待ち伏せします。」



c0081462_2145717.jpg
これが正解。
中央下、やや左寄りに並んだ小さな岩のそばに隠れています。
これは「サツマカサゴ」です。



c0081462_215697.jpg
同じ水槽にはこのように黒い魚もいました。
こちらも「サツマカサゴ」ですが、色がぜんぜんちがいますね。
生息する周囲の環境に応じて色を変えるのかと思いきや、別段そういう性質(体質?)でもないようですが。
まぁ、これはこれで砂地の上にある小岩に見えなくもないからいいのかな?


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は最終回、お気に入りのハコフグとミノカサゴです。
by sampo_katze | 2012-06-07 21:05 | 水族館 | Comments(0)


<< お気に入り☆ハコフグ&ミノカサゴ 海中をただよう生き物たち >>