ZONE5 美しい「海の花」たちのエリア
赤い電車に乗って水族館に行こう!八景島シーパラダイス編・第5回


c0081462_2134624.jpg
「3種盛り合わせ?」


3階の最後は「ZONE5 美しい「海の花」たち」のエリアです。
やや小さめの水槽が多く並んでいて、いろいろな生きものたちを見ることができます。

「ZONE5 美しい「海の花」たち   Floral beauties
 サンゴ、イソギンチャク、クラゲたちはまるで海に咲いた花々のようです。
 これらはみんな同じ仲間の動物です。
 サンゴは、その姿が美しいだけでなく、きれいな海にしか生きられないので、
 水のきれいさを知らせてくれる貴重な生き物です。

 They look like flowers blooming, but corals, sea anemones and jellyfish are animals.
 Corals need clean oceans to live in.」



表紙の写真は、このエリアで見られた3種の盛り合わせ(?)です。
展示のテーマが何だったか、見るのを忘れましたが(^^;
左上の赤いのは「サクラダイ」のメス、右上のパイナップルみたいな外観をしているのは「マツカサウオ」
下にいる4本ラインは「オオスジイシモチ」です。

「マツカサウオ」は「ジンベエホール」の一角で開催されていた「特別展 キモカワ!うまっ!」(現在は終了)でも登場。
今回のシリーズの第2回に紹介しています。
「松ぼっくり」のような見た目から名付けられていて、鎧のようなウロコが身を守っているんだそう。
また見た目とはちがいおいしい魚なんだとか。
なかなか食べる機会はありませんけどね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21344259.jpg
「図鑑写真」風に「オオスジイシモチ」をクローズアップ。
って、このブログではその手のシーンばかりなんですけど(^^;

「テンジクダイ」の仲間でこのグループの中では大型種ですが、全長は10cm強と小柄です。
体に4本の縦じまが入っていて、うち3本が「尾びれ」のつけ根まで伸びています。
同じ4本ラインをもつ「ウスジマイシモチ」がいますが、そちらはラインのうち1本が「尾びれ」の先まで伸びるんだそう。
細かいところではありますがはっきりと見分けができるんですね。

オオスジイシモチ@WEB魚図鑑


c0081462_21345241.jpg
表紙と同じ「サクラダイ」ですがこちらはオス。
オレンジ色の体に白い斑紋がちりばめられていてなかなか美しい姿をしています。
「背びれ」の一部や「尾びれ」の先端も長く伸びていてどこか優雅な感じ。

なお名前の通りの「タイ科」ではなく「ハタ科」なので注意。
また「性転換」する魚の1種で、生まれたときはメスですが群れの中の大型の個体がオスへと変換します。
ちなみに「ベラ」の仲間は、メスからオスへと変換するものと生まれつきのオスの2通りがあります。
不思議ですね。

「日本を代表する魚
 サクラダイは、日本近海に生息する我国の固有種です。
 名の由来は、成長すると体に桜の花びらに似た模様が現れることから付けられました。
 国花である「桜」が付くこの魚は、まさに日本を代表する海の花です。」


「ハタのなかまは、生まれつき全てメスで誕生します。
 成長とともに群れの中で大きめなメスがオスへと性転換して、繁殖行動を行います。
 性転換したメスは、体の大きさの他に色彩や模様が美しくなる傾向があります。」


サクラダイ@WEB魚図鑑


c0081462_2135427.jpg
こちらはメス。
白い斑紋はなく「背びれ」の伸び方も短めで、全体に抑え気味といった感じですね。
まぁ、魚ではたいていこのパターンが多いんですが。


c0081462_21351468.jpg
同じオレンジ系の「オキゴンベ」
この仲間は、ここでは片側が上がってますが「胸びれ」で体を支えるような姿をよく見かけます。
以前別な場所にいた別種ですが、その様子が「クラウチングスタート」を連想させたんでしょうね。
連れてこられていた親御さんに「よーいドン、撮って!」とせがんでました。
見事な発想に脱帽。
「いいセンスだ」(cv.戸谷公次さん)。

オキゴンベ@WEB魚図鑑


c0081462_21352430.jpg
初見の「イラ」
「ベラ」の仲間とのことですが、どうりで語感が似ていると思いました(^^;
でも一般的な「ベラ」とはちがって体高は高く、イメージとしては「タイ」のほうが近いですね。
また額の部分が盛り上がり気味で一風変わったシルエットをしています。
これは「京急油壺マリンパーク」で見た「テンス」とそっくり。
地方によっては「テンス」と呼ぶところもあるようですが、確かに区別がつけづらいですね~。

イラ@Wiki


c0081462_21353454.jpg
こちらも初見の「ホウキハタ」
大きめの目とややつき出し気味でぽってりとしたくちびるを見ると、いかにも「ハタ」といった感じがします。
体長は75cmほどになるとのことですが、この子は若魚なのかそれほど大きくはないようでした。

色も見た目もよく似た種として「イヤゴハタ」というのがいます。
区別は目を通るラインが「背びれ」の前縁につながっているかどうか、というのが1つの手がかりになるようですが
成長による個体差もあってなかなか難しいそうです。

ホウキハタ
イヤゴハタ
いずれも@WEB魚図鑑


c0081462_21354573.jpg
初見コンビの「イラ」と「ホウキハタ」のツーショット。


c0081462_21355453.jpg
体の割に大きな目を持つ「タマガシラ」
水深100m前後のやや深い海にすんでいるので大きな目を持っているようです。
やや濃いめの横じまが4本入っているのも特徴とのこと。

タマガシラ@WEB魚図鑑



続いては「擬態」(ぎたい)をする生きものをご紹介。
「かくれんぼ」を得意とするものたちがあつまっています。
ここでは「オニ」になって気分で隠れている子たちを探してみましょう。
事前に隠れているのでルールとしてはちょっとズレてるかもしれませんけど(^^;

「擬態のスペシャリストがすむ岩礁
 擬態・保護色とは、生きものが目立たない色や模様、形で背景にまぎれこむことです。
 このような能力を持つ者にとって岩礁は、姿を隠すのに最適な環境です。
 また、岩礁は多くの魚が集まる良い狩場でもあります。」



c0081462_21362330.jpg
「クモガニ」の仲間の「アケウス」と思われ。
隠れるための装飾をほとんどつけておらず、しかも岩の上に「仁王立ち」をしているので見つかってしまいますね(^^;
足の数も本来なら4対8本あるはずですが、こちら側には2本しかないのも気になりますが・・・・・。

「装飾の好きなカニ デコレータークラブ
 クモガニの仲間は、自分の体にサンゴ・カイメンなどを装飾して周囲の環境に溶け込む習性があります。
 これをカモフラージュ(擬態)と呼びます。
 体の全体に細かな毛があり、その毛に装飾するものを絡みつけ固定します。」



c0081462_21363489.jpg
「擬態のスペシャリスト」の魚グループを代表して「ダルマオコゼ」を。
形は確かに周囲の岩に同化していますが、体のあちこちにやや派手目な赤を差し色に使っているので目立ってますね。
「特別展 キモカワ!うまっ!」では親玉(?)の「オニダルマオコゼ」が展示されていましたが、
こちらは色も地味ですっかり溶け込んでいましたね。
もっとも、色を認識できる生き物がほとんどいないので問題ないんでしょうけど(^^;
なお、ここにはほかに「サツマカサゴ」「コクチフサカサゴ」がいます。

ダルマオコゼ@WEB魚図鑑


c0081462_21364436.jpg
待ち伏せてエサをとるライフスタイルの「カエルアンコウ」
体の色を変えることもできるようで、まるで「忍者」ですね。
そういえばその色を変える速さはどれくらいなんでしょう?

「隠れて待つライフスタイル
 カエルアンコウの仲間は、岩場に身を潜め環境に溶け込む習性があります。
 体色は、環境に応じて変化し、じっと動かないことにより岩になりきり、近づく魚を待ち伏せします。」


カエルアンコウ@Wiki


c0081462_21365420.jpg
頭についた突起を使って釣りをすることも。
ただじっと待つだけでなく、おびき寄せるという手段も用いるんですね。

「カエルアンコウのなかまには、背ビレが変化した竿状の突起が両目の間にあります。
 突起の先には、疑似餌(ルアー)があり竿をフリフリすることで小魚を誘い捕らえます。」



c0081462_2137590.gif
最後は「胸びれ」を使って歩く様子を。
もともと岩場などに同化して身を隠すタイプというのもあるんでしょうが、動きはとってもゆっくりしています。
泳ぐのもあまり得意ではないのかもしれませんね。


次回は最終回、アクアスタジアムのショーの様子です。
by sampo_katze | 2014-12-08 21:00 | 水族館 | Comments(0)


<< アクアスタジアム@シーパラでの... アマモの森にすむ生きものたち >>