アクアスタジアム@シーパラでのいろいろなショー
赤い電車に乗って水族館に行こう!八景島シーパラダイス編・最終回


c0081462_21141421.jpg
「オーバーヘッドキック!?」


今回訪ねた「八景島シーパラダイス」の水族館は全部で4つあります。
メインとなるのが「アクアミュージアム」で、公式サイトによれば500種類10万点もの生きものたちがおり
日本最大級の規模を誇っているんだそう。
エリアは大きく12に分けられ、うち6つはテーマ別の展示となっています。
2つ目は「ドルフィンファンタジー」
水槽の天井からは自然の光が差し込んでおり、その中を通る半円柱の通路から眺められるようになっています。
人工の光ではないので、ほんとうに海に潜っているような雰囲気を感じることができますよ。
奥には円柱水槽があり、「マンボウ」などが出迎えてくれます。

3つ目の「ふれあいラグーン」は、その名の通り海の生きものたちに直にふれられる場所。
「イルカ」や「セイウチ」などがいるほか、「東京湾」の砂浜や岩礁を再現したエリアもあり
「アクアミュージアム」で見た生きものたちがどのような生息環境にいるのかを体験することもできます。
そして最後の4つ目が昨年3月に新しくオープンした「うみファーム」
「海育」をコンセプトにしたエリアで、自分で釣ったり手づかみで獲った魚を食べる「食育ゾーン」
さまざまな観察や体験ができる「オーシャンラボ」があります。

ちなみにはじめの2つは行くんですが、あとの2つはこれまで行ったことがありません(^^;
だいたいこの2つでお腹いっぱいになっちゃうからなんですけどね。
さて、最後は「アクアスタジアム」で披露されるショーの様子をご覧ください。


表紙の写真は、「カマイルカ」によるパフォーマンスです。
高くジャンプし、吊り下げられたボールを尾びれを使ってキック(?)するド定番もの。
でも「イルカ」のショーっていざ撮影すると結構難しいんですよね。
これは的があるのであらかじめフォーカスしておいて、タイミングを計るだけなのでまだマシですけど。
普通の飛びものとなると出てくるところがわからないので・・・・・(^^;

カマイルカ@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21144685.jpg
3頭による「テールウォーク」
今まで何気なく見てましたが、よくよく考えると水面上にこれだけ体を出したまま前に進むって・・・・・。
ものすごいバランス感覚と筋力が要りますよね(^^;


c0081462_21145635.jpg
真ん中の1頭がスピード、距離ともに1位となりました。
左の子は一回り小さいので、まだ慣れていないのかも?


c0081462_2115579.jpg
続いては「カリフォルニアアシカ」が登場。
鼻先に器用にボールを載せています。
これくらいはお茶の子さいさい~。


c0081462_2115155.jpg
そこからさらに倒立!
あんなに細いラインの上なのに、すごいバランス感覚ですね~!


c0081462_21152539.jpg
あまりにもいい出来栄えだったからか?
思わず自画自賛の拍手もしてしまいます(笑)
その最中もボールは決して落としません。


c0081462_21153759.jpg
そんなショーの最中も「ジンベエザメ」「七海」(ななみ)はマイペース。
プールの中で悠々と泳いでいるんだそう。

でもこのときはスタッフがまく水に反応して、水面上に大きな口を見せてくれていました。
もしかしてエサとなる「オキアミ」でも入っているのかもしれませんね。
ちなみにここではほかに小魚の「キビナゴ」「イカ」の切り身、
そして栄養バランスのため「サメ」専用の人工飼料や「ビタミン剤」を与えているんだそうです。


c0081462_211549100.jpg
続いては「シロイルカ」が登場。
見た目もかわいいですが、そのきれいな鳴き声から「海のカナリア」という別名もあります。


c0081462_211653.jpg
「シロイルカ」といえばお約束(?)の「バブルリング」
この元祖は「島根県」西部の水族館「アクアス」にいる「アーリャ」が披露したもの。
彼女はパフォーマンス中でなくてもこれを見せてくれるので、自然に覚えて遊んでいたようですね。

島根県立しまね海洋館 アクアス

「アクアス」でみた「シロイルカ」たちのパフォーマンスの様子はこちら
2009年1月23日の記事 しまねのおじさま


c0081462_21162394.jpg
プールの中央で優雅にダンス。


c0081462_21163581.jpg
スタッフを背中に乗せて泳ぐこともできます。


c0081462_21164574.jpg
最後はスタッフのお兄さんとお姉さんのほっぺにチュッ!
「シロイルカ」の首はほかの種と比べて柔軟性があるそうで、このように仕切りのガラスから頭を出すことができるんですよ。


c0081462_21165514.jpg
「モモイロペリカン」も登場。
パタパタと走りながら出てきて、ステージの中央にある止まり木にピョンとばかりに飛び乗ります。
で、ご褒美をもらうとまたパタパタと袖にはけていきます。
・・・・・ただ、それだけ(^^;
でも、このご褒美をねだるポーズがかわいいじゃぁないですか!


c0081462_21171059.jpg
「ハンドウイルカ」が華麗なジャンプから「テールキック」!


c0081462_21171995.jpg
続いて「カマイルカ」が3頭ならんで「ハードル」を飛越!
息もぴったり合ってますね。
このあと、並んだボールに向かって一斉にジャンプするところも披露してくれました。


c0081462_2117295.jpg
そして群れで一斉にジャンプ!


c0081462_21173923.jpg
「カリフォルニアアシカ」はシャボン玉を作ります。


c0081462_21174960.jpg
最後は「カマイルカ」の尻尾でバイバイ!

一部内容を端折ってますが、個々のショーではいろんな種類の生きものたちが登場します。
それぞれが個性を発揮してときにコミカルに、ときにダイナミックに。
この日の夜は、昼とは異なるショーを開催するというアナウンスもされていました。
さすがに夜までいられなかったので見ることはできませんでしたが(^^;
各施設は再入場が可能なので、「アトラクション」を楽しんだりして時間を有効に使うといいかもしれませんね。


1~6枚目 D700+24-120mmF4G/VR
7~18枚目 D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


次回から赤い電車~シリーズの第3弾、しながわ水族館編です。
by sampo_katze | 2014-12-10 21:20 | 水族館 | Comments(0)


<< 老舗駅弁からソロデビュー? ZONE5 美しい「海の花」た... >>