明けて2日目は雪だった渋温泉
年末温泉旅行2014 in 渋温泉編・第4回


c0081462_21234067.jpg
「日の出の温泉街」


2日目の12月29日(月)。
この日は予報通り、朝から雪でした。
1回で青空と雪空の両方を楽しめるとはちょっとラッキー?

さて、この日は10:11発の特急で「長野市内」へと戻ります。
その後はどうするか?は、おいおい考えることにして。
まぁ天気もこんなですし、だいたい同じ展開になっていくんですけどね~(^^;


表紙の写真は、日の出時刻のころの温泉街の様子です。
小雪がちらつく中、「外湯」で朝風呂を楽しむべき歩いているお客さんの姿がちらほらみられました。
寒いときは温泉につかってあったまるのが一番ですからね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21251549.jpg
4階にある「温泉フロアー」からの眺め。
「露天風呂」では手すりのところまで出られるので、石畳の道まで眺めることができます。
曇っているので向こうの山並みは見えないですが。


c0081462_21252615.jpg
朝ご飯のあと、「ロビー」に置かれた「コーヒーマシン」を使って一服します。
そういえば建物の外観を撮っていなかった、と思い出しまずは玄関の格子戸越しに1枚。


c0081462_21253662.jpg
入口左手にある大きな一枚板の看板。


c0081462_2125468.jpg
入口外観。
建物全体は新しくなっていますが、玄関付近は昔ながらの構造を保っているように見えますね。


c0081462_21255964.jpg
部屋に戻り、明るくなった温泉街をもう1度。
湯気の量が多くなっていました。

表に出たらせっかく夜明け前に「朝風呂」につかってあったまってた体がすっかり冷えてしまいました(当たり前)。
なので、出発前にもう一風呂浴びておきます。
ここのお湯は体が芯から温まるので、こういうときはほんとにありがたいです。

さて、天気がよければ帰りも駅まで歩いていくところ。
ですが仲居さんの話によれば、温泉街周辺は熱で融けているがほかの道は圧雪されたりしているところも多いとのこと。
なので安全を考えて、送迎してもらうことにしました。
「湯田中駅」を10:11に出発する特急「スノーモンキー6号」に合わせて宿を09:40過ぎに出発。
5分ほどで駅に到着しました。
お世話になりました!


c0081462_21272943.jpg
「自動券売機」「特急乗車券」を購入し、改札開始までしばし待ちます。
列車は09:53に入線しますが、折り返し運転のため車内点検を行いますからね。
その合間に駅舎の外観を。
前日は青空で駅前広場にも雪が全くない状態でしたが、一晩で一変してしまいました(^^;
確かにこれなら送ってもらって正解でしたね。


c0081462_21274185.jpg
左に目を向けると「高社山」(こうしゃさん)が見えるんですが、こちらも当然のように見えません。


c0081462_21275015.jpg
入場し、ホームの先端に行ってみます。
線路が雪に覆われているのは前日と同じですが、ホーム上にうっすらと積もっているところがちがいます。


c0081462_2128099.jpg
で、帰りはこの「2100系スノーモンキー」を利用。
元は「成田エクスプレス」として活躍していた車両で、2011年2月からこちらで運用されています。

この車両の「湯田中駅」寄りの先頭車、1号車に1室のみですが「4人用個室」が設けられています。
利用には人数分の特急料金のほか、個室料金1000円が必要です。
1室しかないですし事前予約もできないので、取れるかどうかは運次第?

長野電鉄2100系電車@Wiki

「スノーモンキー」の個室乗車時のプチレポートはこちら
2012年1月13日の記事 ニューフェイスに乗って湯田中へ


c0081462_21292065.jpg
車両が白くもやっていますが、これは線路に温泉が引かれているため。
駅構内の線路はこのおかげで雪が積もっていません。


c0081462_21292942.jpg
車端部にある銘版。
元となる車両が1991年に製造されたことがわかります。

ちなみにここにはもう1編成、「E2」が在籍しています。
両先頭車の外観の色が異なっていてこちらの「E1」は窓のまわりがグレーになっていますが、
「E2」は側面全体が白くなっているのでパッと見ですぐ判別することができるんですよ。
今回で3回目の乗車になるんですが、振り返ってみるといずれも「E1」でした。
共通運用のはずなので出会える確率は50%なんですけどね~(笑)


c0081462_21294042.jpg
1号車の車内。
「回転式リクライニングシート」が並びます。
これまで2号車と3号車は利用したことがないんですが、どうやら「リクライニング」も回転もできないらしい?
ということで、少しでも快適に過ごすのでしたら1号車のご利用をオススメします。
あと、車内には「トイレ」の設備はないのでご注意を!


c0081462_21294975.jpg
車窓の風景は一面の銀世界。
前日は青空だっただけに、この変化にはオドロキでした。


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、善光寺をお参りします。
by sampo_katze | 2015-01-08 21:30 | 温泉 | Comments(0)


<< 山門も拝観できた雪の善光寺参り ご当地ブランド付の夕食 >>