大水槽のいろいろな魚たち
京都訪問 in 2014秋編・第4回


c0081462_20363695.jpg
「海底からの眺め」


「ペンギンゾーン」は1階と2階の2つのエリアに分かれています。
1階から2階へのアプローチはスロープだったかな?になっており、「ケープペンギン」の足下から徐々に目線が上がって
最後は彼らの立つ場所と同じ高さに至るようになっています。
コの字型になっている通路には透明な板があるので、運がよければすぐ目の前で見ることもできますよ。
そしてここを抜けると気づけば2階にいるという感じ。

で、その「ペンギンゾーン」1階を抜けると館内展示の目玉の1つである「大水槽」があります。
2フロアにまたがった高さのある水槽で、大小さまざまな魚たちが泳ぎまわっています。
まぁたいていどこの水族館でもあるものではありますけどね。
ただここが海から遠く離れた内陸という立地条件を考えればかなりの大きさといえそうです。


表紙の写真は、「大水槽」の中でもっとも見晴らし(?)のいい場所の様子です。
大型ガラスを使用しているのでとても開放的な気分に。
水槽前のフロアは広くとってあり、角柱状のクッションも置かれているので座って魚を眺めながらまったりもできます。
館内を歩き回ってつかれたときなどにはうれしいですね。
お客さんが多いとき、人波が途切れるのを待ったりするのにもちょうどいいですし。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20371161.jpg
まずは群れを成して泳ぐ「ニザダイ」
「尾びれ」のつけ根に楕円状の黒点が4つあるのが特徴ですが、4つ目はやや小さく目立ちにくいです。
黒点の中央に白いラインがありますが、この部分には大き目の「トゲ」があります。
また背中側にも小さな黒点が目の後ろから「尾びれ」の方につながっているのもポイントですね。


c0081462_20371937.jpg
これは「イシガキフグ」
ちょっと「ハリセンボン」に似たシルエットをしていますが、近縁種なので当然?
でも「トゲ」は短く動かせませんし、数もずいぶん少ないです。
黒っぽい小さな斑点がお腹をのぞく全体にちりばめられていてなかなかかわいいですね。


c0081462_20373071.jpg
「マダイ」
水槽が青っぽいこともあってか、体に散らばる小さな青い斑点が目立ちにくくなっています。
おかげで最初は別種?と勘違いしていました(^^;


c0081462_20375048.jpg
「フエフキダイ」の仲間の「ハマフエフキ」と思われ。
鼻先がぐっと伸び口はとがっているという独特のシルエットの持ち主です。


c0081462_2038445.jpg
顔のアップ。
意外とぽってりとしたくちびるをしています。
目も真ん丸ではなく、ややだ円状になってますね。


c0081462_20381438.jpg
正面顔!
「胸びれ」を広げてポーズも決めてくれました。
そういえば「背びれ」がほとんど見えませんね。


c0081462_20382561.jpg
見た目が鮮やかな「シマフグ」
背中側には名前の由来となったしま模様が不規則に入っています。
また目の周りや口、各ヒレが黄色味を帯びているので余計に派手に見えるようです。
左下に見える別のしま模様の魚は「タカノハダイ」かな。
体に対して斜めに入ってますからね。


c0081462_2038349.jpg
ダイナミックな動きが目を引く「エイ」の仲間たちが見られるのも「大水槽」ならでは。
こちらは「マダラトビエイ」
背中に小さな白い斑点がちりばめられているんですが、このタイミングではわかりませんね(^^;
また下あごがつき出しているのも特徴的です。


c0081462_2038454.jpg
で、こちらは「ウシバナトビエイ」
横から見ると鼻先は短く、目の下に切れ込みのような1本のラインが入っているのがわかります。
長らくこの部分が口なのかと思っていたんですが、ひだ状になっていてるようです。
通常はこのように顔にぴったりとくっつけて泳ぎの妨げにならないようにしていますが、
砂の中にいるえさをとるときは、このひだで砂をかき分けるようにするんだとか。


c0081462_20385838.jpg
またも正面顔!
大きな翼を広げて飛んでいる鳥のようです。


c0081462_2039822.jpg
この日は金曜日だったからか、「小学生」の団体さんが多く来ていました。
おそらく「遠足」でしょう。
グループに分かれてスケッチブックにメモをしたり絵を描いたりしている子たちもいましたね。


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、イルカショーの様子です。
by sampo_katze | 2015-02-25 20:40 | 水族館 | Comments(0)


<< イルカスタジアムでのショー~イ... 福知山のシンボル >>