東京都の東端にある水族館へ
夏は涼しい水族館へ!葛西臨海水族園に行こう!編・第1回


c0081462_20375185.jpg
「湾岸にあるクリスタルドームが目印」


8月22日(土)。
この日は「江戸川区」にある「葛西臨海水族園」を訪ねました。
前回の訪問が2013年3月終わりだったので、約2年半ぶりです。
まだまだ暑くて屋外での撮影はつらいんですが、そういうときはやっぱり「水族館」が一番。

さて、ここは「デジカメ」を持って初めて訪ねた思い出の(?)場所です。
それは2008年10月のこと。
当時使っていたのは発売から約1年の「D300」だったんですが、高感度での撮影はお世辞にも強いとは言えず。
しかもできるだけ明るいレンズということで持ち込んだのが「AiAF35mmF2D」
「超音波モータ」がないタイプだったのでピント合わせに大苦戦。
ほとんどの水槽で撃沈し、最後の方の日光が差し込むエリアでなんとか撮れるという体たらく。
デビュー戦は完全KOで終わりました。

その惨敗ぶり(笑)はこちら
2009年2月20日の記事 初潜り!

その後、現在も使っている「D700」に交代してからは一変。
早い段階でリベンジに行ったのは言うまでもありません(^^;


表紙の写真は、最寄りの「葛西臨海公園駅」のホームから眺めた「水族園」のシンボルドームです。
林の向こうにぷかりと浮かんでいるようです。
それほど高さはありませんが、海沿いにあるので「京葉線」の車窓からもよく見えるんですよ。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20382678.jpg
駅の壁には「葛西臨海水族園 下車駅」と書かれたパネルが3枚あります。
これは後部車両側にある「マグロ」が描かれたもの。
目玉展示の1つでしたが、あの出来事のために別な点から有名になってしまいましたね。
ただこのときは展示数がある程度回復していたので、見られるのが楽しみです。


c0081462_20383512.jpg
中間部は「フンボルトペンギン」
水中を華麗に泳ぐ姿が描かれています。
地上ではよちよちと頼りなさげに歩いてますが、もともと水中生活に適用した体形ですからね。


c0081462_20384555.jpg
3枚目は先頭車側にあるカラフルなパネル。
「アカシュモクザメ」を中心に全部で14種の生きものが描かれています。
ぜんぶ列記してもいいんですが、長くなるので省略(^^;


c0081462_20385598.jpg
高架ホームからコンコースに下ります。
改札口の横には「ようこそ 海の世界へ」と書かれたこんな展示が。
中には「クラゲ」「タコ」のオブジェが置かれています。
あれ、前来たときにもあったかな??


c0081462_2039435.jpg
この日は朝からいい天気で日差しが強い!
一時期の猛暑、いや酷暑に比べればずいぶんマシですけどね。
駅前にある噴水が涼しさを演出してくれて、ちょっと気分がスッキリ!
その向こうに公園のシンボルとなっている「ダイヤと花の大観覧車」が見えます。
「回転輪」の直径は111m、地上高は117mで稼働中のものとしては国内最大を誇ります。
1周17分の空中散歩を楽しむのも一興ですね。


c0081462_20391469.jpg
入場口を入った先には階段があります。
その前にはこんな記念撮影用のオブジェが置かれていました。
「マグロ」と「オウサマペンギン」のようなんですが、「マグロ」はひれの形から「トビウオ」のようにも見えます。


c0081462_20392443.jpg
階段を上りきると右手に海が!
まさに「臨海水族園」ですね(^^)
ちなみに手前の水面は海でなく、池です。


c0081462_20393591.jpg
そして正面にはあの「シンボルドーム」がそびえます。
内部は単なる空洞?で、特に何があるわけでもないよう。
その内側にある八角形の小さな建物があり、ここが「水族園」の館内の入り口になっています。


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、サメとエイのエリアです。
by sampo_katze | 2015-09-23 21:00 | 水族館 | Comments(0)


<< 大洋の航海者:サメ(とエイ)のエリア 国勢調査オンラインやってみた >>