片瀬江ノ島駅からえのすいへ
新江ノ島水族館に行こう!編・第1回


c0081462_2161083.jpg
「竜宮城への入口?」


9月26日(土)。
この日は「神奈川県藤沢市」にある「新江ノ島水族館」、通称「えのすい」を訪ねました。
ここを訪ねるのは3回目で、2009年12月以来なんと5年半ぶりです。
え、そんなに間があいてたのか!?と我ながら驚いてしまいましたが、移動距離を考えると仕方ないかも?
最速ルートでも2時間以上かかってしまうので、どうしても足が遠のいてしまうんですよね。

まぁそんなことはさておき。
初めて訪ねたときは久しぶりに「江ノ電」に乗りたくて、「藤沢駅」から「江ノ島駅」へ。
でもこの駅からだと徒歩10分と少々遠いんです。
大したちがいではないんですけど、天気もイマイチだったし乗り気になれなかったし・・・・・(苦笑)
なのでそれ以降は「小田急江ノ島線」の終点「片瀬江ノ島駅」を利用しました。
こちらも「藤沢駅」からの乗り換えになるので同じですし、駅からは徒歩3分と至近なので。
もっともそこまでに至る経路に時間がかかるんですが(^^;


表紙の写真は、「片瀬江ノ島駅」の駅舎です。
まるで「竜宮城」のような外観をしているのが特徴で、1929年(昭和4年)に開業したときのままだそう。
それにしても大胆なデザインを考えたものですね~。
ちなみにホームは頭端式、行き止まりタイプで改札口は進行方向前方にあります。
ですが「江ノ島線」は「藤沢駅」でスイッチバックするため、そこより手前の駅から利用する際は後部寄りに乗車したほうがラクです。
そんなに長いホームではないですけどね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_2192013.jpg
ちょっと戻って、改札を出た先にあった「コインロッカー」を。
扉には海の生きものたちの顔写真がありました。
わたしもこういうのが見られることがあれば撮るんですが、なかなか見られないし撮れないんですよね~。

さて、ここに書かれているように駅を出たらすぐ右手に進むと「えのすい」へと行けます。
ですが、行く前に駅舎の外観を撮っておこうと正面に回ってしまったのが運のつき?
まちがって駅正面にある「境川」に架かる橋を渡ってしまいました。
こちらに進むと「江ノ島」へと行けるのですが、思わずそちらの方へと進んでいたんですね。
しかも橋を渡り終わろうかというところで方向がちがうということに気づいてしまうという。
う~ん、ブランクが長いとはいえこんなミスをするとは(苦笑)


c0081462_2193478.jpg
そんなこんなでちょっと遠回りになってしまいましたが、無事「えのすい」へと到着。
前の広場にはうずまきのような白いラインが引かれていました。
波をイメージしたものかな?と思うんですが、よくわかりません。


c0081462_2194471.jpg
入り口ゲートの上にはこんな装飾が。
館内にある「クラゲファンタジーホール」から飛び出してきた?「クラゲ」たちですね。
「えのすい」は展示されている「クラゲ」の種類が豊富なところがお気に入り。


c0081462_2195742.jpg
入場口を入ったところではモザイクでできた生きものたちが出迎えてくれます。


c0081462_2110886.jpg
「えのすい」は今年で開園11周年。
頭に「新」とついているのは、1954年(昭和29年)に開館した「江の島水族館」が前身だからです。
その50年後の2004年4月に「えのすい」が開館したんですね。


c0081462_21101950.jpg
館内には「えのすい」とその周辺の歴史を写真で展示されていました。
さらっと見ただけで終わりにしちゃいましたが、もう少し時間をかけて見た方がよかったかな?
でも久しぶりの訪問で舞い上がっていたこともあり、とにかく先に進みたくて・・・・・。


c0081462_21102848.jpg
館内から「江の島」が見えました。
「サーフィン」を楽しむ人も多かったですね。
砂浜にはテントらしきものも張られていたので、何かの大会があったのかもしれません。


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、相模湾のゾーンです。
by sampo_katze | 2015-10-27 21:15 | 水族館 | Comments(0)


<< 相模湾ゾーン~浅い海のエリア 中1日でBBQ >>