会津名物のソースかつ丼を食べ歩く
会津出張でのオフタイム編・第5回


c0081462_2038368.jpg
「にわか雨、のちきれいな夕焼け」


出張の楽しみの1つが夕食。
滞在中にはできるだけ同じ店には行かないようにしているので、店を探すのはちょっと大変。
ネットのおかげでずいぶんラクにはなりましたが、情報量が多すぎてかえって選ぶのが難しくなったりしますからね(^^;

さて、今回の出張ではテーマ?を「ソースかつ丼」にしぼりました。
関東で「かつ丼」というとだしで煮た「かつ」を卵とじにするスタイルが一般的。
でもこの地域では卵とじではなく、ソースにつけたものが提供されます。
どこで知ったか忘れましたがご当地の名物の1つになっていて、「伝統会津ソースカツ丼の会」なるものもあるんですよ。
公式サイトをのぞいてみると市内にあるお店のマップが載っていたのでお店探しはこれを参考にしました。
まず初日は「県道64号線」、通称「千石通り」沿いにある「とんかつ 番番」を目指します。


表紙の写真は、店に向かう道すがらで見られた夕焼けです。
宿を出て歩いているうちにパラパラと降ってきてたんですがしばらくするとやみ、西の空がきれいに焼けました。
こんなにきれいな夕焼け空を見たのは久しぶりです。
ただ、視界が開ける場所を見つけるのにちょっと苦労しました(^^;
デジ一ではなく「iPhone」なので、露出あわせも難しかったですし。

「伝統会津ソースカツ丼の会」


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20422091.jpg
1軒目の「とんかつ 番番」は「東千石二丁目」にあります。
「県道64号線」から少し入ったところですが、道沿いに大きな看板があるのでわかりやすいかと。
のれんにはキャラクターが描かれていますが、モデルは誰なんでしょうね。

店内はかなり広くてカウンター席にテーブル席、座敷席とバラエティに富んでいます。
カウンター席はLの字型で「厨房」を囲むようにありました。
まるでかぶりつき席ですね。

とんかつ番番


c0081462_204230100.jpg
お初にお目にかかります、ご当地の「ソースかつ丼」!
「かつ」の下に千切りの「キャベツ」を敷くのがご当地スタイルです。
こちらのお店の「かつ」は2つ切りと、かなり大きめにカットしてあるので存在感がありますね。
みそ汁、漬物と小鉢として「茄子の揚げびたし」がついてきました。
ちなみに左手前の小鉢は「生ビール」についてきたものです。


c0081462_20423983.jpg
2軒目は「上町2丁目」にある「なかじま」
「元祖煮込みソースカツ丼」のお店です。
駅から離れていますが、この辺りが町の中心地になっているんですよ。

「醤油味のカツ丼ではありません!
 特製ソース味の煮込みカツ丼です!
 日本中探しても味わえないここだけの『煮込みソースカツ丼』です!」

※メニューより引用、以下同じ


c0081462_20425029.jpg
メニューを見ると期間限定の「朝採りアスパラ」を使ったメニューが出ていました。
「アスパラ」好きなのでこれは外せないぞ!

「元祖煮込みソースカツ丼の店「なかじま」の新作メニューはアスパラの美味しさを閉じ込めた
 アスパラフリッターとヒレカツのキャベツソースカツ丼です
 6月末迄!期間限定!一日10食の特別なカツ丼です
 この機会に新食感の会津特産、アスパラフリッターをご賞味下さい」



c0081462_2043017.jpg
で、まずは「フリッター」をオーダー。
長さ20cmはあろうかという長い「アスパラ」が出てきました。
並べてある箸と比べていただくと、その長さがイメージできるのではないかな?

塩味がついているとのことなのでそのままいただきます。
これだけ長いと根元の方は固いんじゃないかな?と思いましたが、いざ食べてみるとみずみずしくてやわらかい!
「生ビール」ともよく合って、思わずもう1皿!といきたくなりました(笑)


c0081462_20431184.jpg
そしてメインの「元祖煮込みソースカツ丼」のお出まし。
見た目には普通の卵とじタイプですが、ベースの味が「ソースカツ丼」なのでちょっと不思議な感覚?
卵のおかげで少しまろやかな風味になってました。


c0081462_20432114.jpg
3軒目はご当地の「ソースかつ丼」発祥の店とされる「大町2丁目」「若松食堂」へ。
「会津若松駅」前の交差点を右に折れてそのまま直進して約700m、歩いて10分足らずです。
余談ですが、この外観の写真は別の日に撮ったものです。


c0081462_20433149.jpg
中はこじんまりとしていて、なんだか懐かしい気分にさせてくれます。
入口のこの引き戸もいい感じですね~。
こちらでは「生ビール」はないので「瓶ビール」をオーダー。
「瓶ビール」なんて久しぶりだな~。
でもこのお店の雰囲気だとこちらのほうがあっているような気がします。


c0081462_20434264.jpg
そして本命の「ソースかつ丼」。
「カツ」の下には「キャベツ」がたっぷり入ってました☆
これはありがたかったです(^^)


c0081462_20435031.jpg
中1日開けての4軒目は駅からほど近い「中央3丁目」にある「とんかつ かつ一」へ。
「会津若松ワシントンホテル」の南東角にある信号を駅から見て右に曲がるとすぐにあります。
お店は結構狭いですが、どうも裏の「居酒屋」?とつながってるような感じでしたね。
こちらはわたしひとりだったんですが、いかにもな賑やかさが聞こえてきてましたから。


c0081462_2044256.jpg
こちらの「ソースカツ丼」はソースにつけるのではなく、かけるタイプ。
肉の量も結構多い感じがしましたね。


c0081462_20441198.jpg
5軒目は「日新町14丁目」にある「ハトヤ食堂」
こちらは「本店」で、「鶴ヶ城」のすぐ北の「北出丸交差点」近くにある「城前店」など支店があるようです。

メニューに「ビール」などが見当たらなかったので、めずらしく?この日もなし。
でも後から入ってきた常連さんと店員さんとのやり取りを聞いていたら、どうやらあるみたいですね(^^;
聞いておけばよかったかな。


c0081462_20442462.jpg
こちらのお店はこれまでのとちがって衣が細かいのがポイント。
個人的にはこれまでの中で一番でした(^^)


すべて iPhone5S


次回は、会津での食事の続きです。
by sampo_katze | 2016-09-09 21:00 | 東北 | Comments(0)


<< 居酒屋の会津メニューと老舗鰻屋... 浜松土産の定番の高級版 >>