勝浦乗り換えで鴨川へ
鴨川シーワールド編・第1回


c0081462_20474327.jpg
「愛称は”Boso Express”」


7月2日(土)。
この日は「千葉県鴨川市」にある「鴨川シーワールド」に行ってきました。
当日移動だと朝がかなり早くなるためスケジュール的にちょっとキツそう。
そこで前日の午後お休みして「安房鴨川」へ移動し、前泊としました。
ここにくるのは小学生の時以来なので、もはや記憶に残ってません(^^;
なのでほとんど初訪問といった感じですね。

さて、「東京駅」からは「特急わかしお」に乗って移動です。
でも残念ながら15時ちょうど発の11号は「安房鴨川駅」に直行せず、途中の「勝浦駅」止まり。
そこから「普通列車」へと乗り継ぎます。
1本前の9号は「安房鴨川」行きですが、13時ちょうど発なのでさすがに乗れませんので。
ちなみに「指定席」を取っておいたんですが、平日の午後発ということもあってか車内はかなり空いてました。
金曜なのでもう少し混んでるかな?と思いましたが。


表紙の写真は、「勝浦駅」に到着した「わかしお11号」です。
使用車両は「257系500番台」で、「中央線」を走る車両(0番台)と同系列です。
正面の太陽と菜の花をイメージした黄色と、側面の海をイメージした青が印象的。
でもそれにそぐわない?いかつい顔つきがどうもイマイチな感じがしちゃうんですよね(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20484451.jpg
「勝浦駅」での乗り換えはホームが変わります。
本数は多くないのですから、同じホームで乗り換えられるようにしてくれるといいんですけどね~。
それはさておき、乗り換えのために階段を上がるとこんなキャラクターがいました。
「勝浦」のマスコットキャラの「勝浦カッピー」で、「カツオ」がモチーフになっています。
「カツオ」は沿岸で獲れる特産の1つですが、「かつ」つながりもあるのかも?


c0081462_20485380.jpg
もう1つはこちらの「JR東日本千葉支社」のキャラクター「駅長犬」(えきちょうけん)。
後で出てくる「房総発見電」をまとめるリーダーということです。
でもこのボードには「発見電」の「は」の字もなかったのでわかりませんでしたね(^^;


c0081462_2049213.jpg
駅前ロータリーの右手にある「観光案内所」をホームから。
とんがり屋根がとても目立ちますね。
もちろん「カッピー」もしっかり入っています。


c0081462_20492650.jpg
この日の夕食は「房総美味いもの屋 藤よし」で。
「安房鴨川駅」から東へ徒歩5分ほどの「国道128号線」、通称「外房黒潮ライン」沿いにあります。


c0081462_20493665.jpg
メニューを見て、まずはメインをこの「おらが丼(房総三彩丼)」に決定。
こちらでは「金目鯛生姜焼き丼」「鯵のたたき丼」「地魚のしお天丼」の3種が味わえます。

「おらが丼」の「おらが」は我が家を意味するご当地の方言で、「おらが丼」はその店自慢の丼のこと。
決まったレシピはなくいろいろな種類がありますが、地元産の食材を使っているところがポイント。
町中で見つけたパンフレットには40を超えるお店が紹介されていますよ!


c0081462_20495387.jpg
まず前菜に「地魚のなめろう」をオーダー。
「房総産の新鮮な魚を味噌・ねぎ・生姜で叩いた郷土料理です」(メニューより引用)という定番。
お酒もいいですが、ご飯にも合いますね。


c0081462_2050852.jpg
続いて「あさりバター」
「房総と言えばあさり!定番のあさりバター」とこちらも定番。
でも材料が新鮮だからか、ものすごくおいしい!!
残ったスープもだしが出ていて、残らず飲み干してしまいました(^^)

実はオーダーした後、壁のメニューに「あさり串フライ」を発見!
う~~ん、それもおいしそうだな~。
このあとに丼を食べるので自主規制しましたが、それがなかったらあさりがかぶるけどオーダーしてたでしょうね。


c0081462_20502295.jpg
そしてメインの「おらが丼」の登場。
右下はだしで、「鯵のたたき丼」の残り半分にかけて「お茶漬け」にするためのもの。
初めて食べましたがなかなかおいしかったです。
個人的には「しお天丼」がお気に入りかな。

以上の3品をいただきましたが、どれもおいしかった~。
お腹もいっぱいになったし、大満足でした(^^)


c0081462_20503269.jpg
翌朝は「安房鴨川駅」から出ている無料送迎バスに乗って「シーワールド」へと向かいます。
その前に駅舎を撮っておきます。
2006年(平成18年)に改装されたそうで右側に「待合室」、左側にコンビニがあります。


c0081462_20504351.jpg
08:40の初便に乗りますがまだ時間があるので、駅舎に入ります。
改札のすぐ横には「南総里見八犬伝」にちなんだご当地キャラ「房総発見電」がいました。
「八犬電」と書かれていますが、公式サイトを見ると「発見電」が正しいみたい?(^^;

ここで紹介されているのは当駅に乗り入れている「内房線」「ウチ」「外房線」「ソト」
ほかに6人(6匹?)がいますが、まだ見たことはないんですよね~。


c0081462_20505564.jpg
「シーワールド」への送迎バスが出ているのは改札のある東口ではなく、東西自由通路を渡った反対側の西口です。
看板も出ていますが、間違えないように注意しましょう。


c0081462_2051494.jpg
自由通路のポスターに描かれていた「鴨川市」のマスコットキャラたち。
それぞれ市にちなむものがモチーフになっているんですね。


c0081462_20511441.jpg
「送迎バス」の外観。
「シーワールド」で見られるいきものたちの写真がラッピングされています。
右側面が撮れなかったのはちょっと残念(^^;


c0081462_20512594.jpg
駅からの乗車時間は約10分。
入場ゲートの東寄りにある駐車場の一角に到着します。
そこからゲートに向かうとすでに行列ができていました。
といってもそれほど長くはありませんが、夏休みともなるとかなりの長さになるんでしょうね~。


すべて iPhone5S


次回は、シーワールドに入場します。
by sampo_katze | 2016-10-23 21:00 | 水族館 | Comments(0)


<< 鴨川シーワールドに入園 今シーズンも"歩き&... >>