エコアクアローム・外房の海 沖合の深場
鴨川シーワールド編・第8回


c0081462_216136.jpg
「水槽の端に集合!」


「エコアクアローム」の次のエリアは「外房の海 沖合の深場」です。
通路を挟んで「外房の海 沖合」の反対側の1段高いところにあります。
具体的な説明はなかったのですが、おおむね200m以上の深い海に住んでいる生きものたちを展示していると思われ。
また水槽内の水温もかなり低いようで、ガラス面に結露が生じていました。
しかもその水滴の一部が水槽前の段差にもたまっていて、知らずに座ったりすると大変なことに!
結構暗いですからブレないようにひざをつけたりもするので、撮影のときは結構気をつかいましたね(^^;


表紙の写真は、「沖合の深場」の水槽の一部を切り取ったものです。
複数の種類の生きものが一緒に集まっていました。
同種の魚たちが集まっているのはめずらしくありませんが、こういうシチュエーションは初めて撮ったかも?


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21649100.jpg
全身にトゲトゲをまとっているのはその名もズバリ「イガグリガニ」です。
常にトゲが立った状態なので「ハリセンボン」もビックリって感じでしょうか。
初めて見たのは3年前の2013年2月に訪ねた「鳥羽水族館」でしたが、そのときのインパクトは強烈でしたね~。
ちなみに「カニ」ではなく「ヤドカリ」の仲間です。


c0081462_2165996.jpg
今回はお腹側も見ることができました。
お腹のふた?にもトゲがびっしりとついていてまったくスキがありません。
ここが幅広いことからメスかな?とも思うんですが、どうなんでしょうね?


c0081462_2171024.jpg
岩の上でじっとたたずんでいるのは「ユメカサゴ」
体色は赤っぽいらしいのですが、たいていは照明の影響で褐色のように見えることがほとんど。
でもこちらでは赤っぽい色で撮ることができました。
照明がやや明るめなのかもしれません。


c0081462_2172161.jpg
そして最大の「甲殻類」「タカアシガニ」
甲羅幅の何倍にもなる長い「歩脚」が特徴で、その存在感は圧倒的です。
また「鋏脚」の長さでオスメスの区別ができ、オスは「歩脚」と同じくらいかそれ以上に長くなります。
この写真でも先端の「鋏」部分が見えなければ、本来4対ある「歩脚」が5対あるようにも見えてしまいそうですね。


c0081462_2173127.jpg
垂直になった岩壁に横向きになって張りついている子がいました。
「鋏脚」は小さいようで、陰に隠れていて見えません。
ということはメスのようですね。


c0081462_2174144.jpg
別のメスを正面から。
「鋏脚」の太さは「歩脚」の半分ほどで、「鋏」自体もかなり小さいです。
お腹のふたは丸みを帯びた「おにぎり」のような形をしています。
これがオスだと幅が小さく、縦長の「二等辺三角形」のような形になります。
あいにく資料がないですが(^^;


c0081462_2175117.jpg
奥の方の岩の上にいた「ユメカサゴ」かな?
大きな目に広げた胸びれがかわいいですね。
光の加減で目が青く輝いているのもいい感じです。


c0081462_218120.jpg
こちらは「ホウボウ」
胸びれのつけ根あたりに脚のようなものが3本あり、これで底を歩くように移動します。
またたたまれていてわかりませんが、泳ぐときに胸びれを広げるととてもきれいなんですよ。
ただ、これまでこの系統(深い、冷たい)の水槽では見かけたことがなかったのでちょっと意外でした。


c0081462_218103.jpg
底でのんびりしている上を「タカアシガニ」のメスが移動していきます。
踏まれないかと心配で見ていると・・・・・。


c0081462_2181996.jpg
顔の近くに脚が下りてきました!
おっと、危ない!という感じでよけています。
まぁ胸びれをちょっと動かしたくらいですけどね(^^;


c0081462_21942.jpg
岩に張りつくようにしている「カレイ」の一種。
特徴がとらえづらいので同定が難しいです(汗)


c0081462_2191452.jpg
砂地の上でじっとしていることも多いですが、今回は元気よく泳ぐ姿を見せてくれました。
「カレイ」だけに・・・・・いえ、なんでもありません(^^;


c0081462_2192310.jpg
少し奥まったところにいたのは「フサカサゴ」かな?
顔や体の中ほどにちいさな房が並んでいます。


c0081462_2193281.jpg
最後はもう1度、別の場所でのそろい踏み。
表紙の写真にもいましたが、1番下にいるのは「イヌザメ」かな??


すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、Kurage Lifeのエリアです。
by sampo_katze | 2016-11-04 21:15 | 水族館 | Comments(0)


<< "Kurage Li... エコアクアローム・外房の海 沖合 >>