ベルーガがいるマリンシアター
鴨川シーワールド編・第10回


c0081462_218792.jpg
「海中のマシュマロマン?」


「エコアクアローム」から「マリンシアター」へと入ります。
ここでは「ベルーガ」(シロイルカ)のパフォーマンスを見ることができます。
ただわたしが入ったときはちょうど谷間の時間で、次の回までもかなりの間があります。
なので悠々と泳ぐ「ベルーガ」たちを眺めるだけになってしまいました。
まぁ好きなので、その姿が見られるのはうれしいんですけどね(^^;

ところで、ここ「鴨川シーワールド」といえば「シャチ」ですよね。
入口にも親子をかたどったモニュメントもありますし、マスコットとしても定着しています。
でも実は「シロイルカ」を国内で初めて展示したのもここなんだそうで、1976年(昭和51年)9月に一般公開されました。
また訪問したときは知らなかったんですが、どうも「しゃべるベルーガ」がいるらしい?
周りにあった説明にはそんなことは書いてなかったようなんですけど。
う~ん、いつになるかわかりませんが次回訪問時はそこもちゃんとチェックしておかなくては。

「ベルーガ(シロイルカ)
 英名 Beluga
 学名 Delphinapterus leucas
 最大体長 ♂6.0m ♀5.0m
 餌 自然界 魚、イカ
   水族館 ホッケ・シシャモ・チカ
   給餌量 30~50kg/日
 ☆柔らかな体をし、胸ビレや首をよく動かす。
 ☆よく鳴くことから「海のカナリヤ」とも呼ばれる。
 ☆日本での飼育例は少ない。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、カメラ目線をくれた「ベルーガ」の1頭です。
ここには2頭いて、反時計回りにゆったりと泳ぎ回っていました。
そこそこ薄暗いのに対し、体が白いので露出を決めるのにちょっと苦労しました。
光が当たるところがあると簡単に白く飛んでしまいますから(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_2185797.jpg
「ベルーガ」たちの動きは基本的にほぼ同じ。
手前側を通るときはこうしておなかを上にしています。
体の傾け方もだいたい同じですね。
なので同じような写真ばかりになるので、工夫するのが大変?(笑)


c0081462_219675.jpg
手前と奥ですれちがう瞬間が撮れました。
ただ向こうも背中を向けていたので、姿勢がちがってたらな~なんて思ったり。
まぁこういうのは運次第ですからね。


c0081462_2192098.jpg
しばらく眺めていると、手前を通るときに観客席の方を向いてくれるようになりました。
女性のお客さんが数人来たからなのかな~?なんて(^^;

「ベルーガ」は首回りがとても柔軟で、この体勢でも首を曲げてこちら側を見ることができます。
ほかの種だと前に向くことしかできないので、これは「ベルーガ」の特徴の1つですね。
また「鼻腔」から小さな泡が連なって出ているのがわかります。
何かつぶやいているように見えるのはわたしだけ?(^^;


c0081462_2193315.jpg
カメラを向けると目線が・・・・・あれれ?
見るのはこっちじゃないよ~!
なかなか思った方に向いてくれませんが、これはもうチャンスが来るまでねばるしかありません。
しんどいですけど(笑)


c0081462_2194499.jpg
正面から左側面へ移動。
ここは水面に上がって呼吸した後、下へと下りてくるポイントになっていました。
背中に光が当たるのでちょっと大変ですが。


c0081462_2195435.jpg
こちらに向かってくるような感じで撮ることもできました。
かなりトリミングしてますけどね~(^^;
なにせ急にチャンスが来たものですから・・・・・。


c0081462_2110651.jpg
再び正面側に戻ります。
相変わらず客席の方を見ながら泳いでいきました。
首もかなり曲がっていますね。


c0081462_21101725.jpg
がんばってもう少し寄ってみました。
85mmのノートリミングです。
我ながら奇跡に近いかも?(^^;


c0081462_21103752.jpg
上の方に上がったと思ったら、角に顔をこすりつけるようにしています。
顔を洗っている・・・・・なんてことはないか。


c0081462_21104719.jpg
今度は脇腹を角にあてています。
あるいは胸ビレをあててガイドにしているのかな?


c0081462_2110574.jpg
最後は同居している「ネズミイルカ」です。
国内ではここと「北海道小樽市」にある「おたる水族館」だけでしか見られない貴重な種でもちろん初見。
最大で1.7mとかなり小型の部類に入り、吻はあまり長くありません。
もうちょっといい写真が撮れたらよかったんですけどね(^^;

「ネズミイルカ
 英名 Harbour porpoise
 学名 Phocoena phocoena
 最大体長 ♂1.5m ♀1.7m
 餌 自然界 魚、イカ
   水族館 シシャモ・チカ・ホッケ・サバ・アジ
   給餌量 8kg/日
 ☆北海道や東北の沿岸で見られる。
 ☆2~5頭程度の小さな群れで生活する。
 ☆水族館での飼育例は少ない。」



すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、トロピカルアイランドの様子です。
by sampo_katze | 2016-11-08 21:30 | 水族館 | Comments(0)


<< トロピカルアイランドのゾーンへ "Kurage Li... >>