展勝地への架け橋
1コマ写真@北上出張編・その4


c0081462_12063010.jpg
「黄色い橋」


日が長くなってきたこともあり、「北上駅」にはまだ明るい時間に到着。
宿に荷物を置き、初めての場所なので少し周囲を歩くことに。
こういうときは、ただやみくもに歩くのもいいんですけど何か見どころというか目的があると気分がちがいます。
幸い15分くらいのところに「北上展勝地」という桜の見どころがあったので、そちらに向かうことに。
さすがにこの時期は何も咲いてませんが、そこに至る道の途中に「珊瑚橋」(さんごばし)というきれいな橋が架かっているよう。

ここは見ておきたいな~と思って歩き始めたら、パラパラと雨が。
上を見上げると雨が降るような雲じゃないんだけどな~。
とはいえ傘をさすほどじゃない雨なので気にせず歩いていきます。

この橋、着いてみると車道と歩道は分離されていて別の橋になっていました。
車道は1933年(昭和8年)に架けられましたが、歩道は1971年(同46年)に添架されたそう。
帰りに「新幹線」の上りホーム(13番線)の窓からも、チラッとですがその姿を見ることができました。


iPhone5S



by sampo_katze | 2017-04-04 21:00 | 東北


<< 展勝地の桜はまだだけど 北上の伝統芸能のオブジェ >>