美しき、白い虎たち
新望遠レンズで動物園訪問!@東武動物公園編・第9回


c0081462_08254074.jpg
「朝一番は閑散」


最初に戻って、「ホワイトタイガー」です。
「東武動物公園」に来ると、決まって最初に訪ねるのがこの場所。
駅寄りにある「正門」からもっとも近いからというのありますが、人気の場所なので人が少ないうちにという思惑も。
一通り回った後にまた戻ってきたりすることも多々ありますね。
それはここに限ったことではないですが。


表紙の写真は、「ホワイトタイガー舎」の全景です。
大きく2つのエリアに分かれていて向かって右はガラス越しに、左は柵越しに見ることができます。
右側は水が張られている場所があって水を飲むのはもちろん、中に入って水浴びすることも。
暑い時期に来ると頻繁に見られるかもしれませんね。
残念ながらわたしは夏に来たことがないので、見たことはありません(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン










c0081462_08254553.jpg
近くにあったこのポスター。
ほっぺに赤い丸がついていて、「くまモン」みたい。
昨年4月に発生した「熊本地震」の被害に対する募金箱のポスターでした。


c0081462_08254961.jpg
こちらは「ホワイトタイガー」を模した白い「ダルマ」
中央の大きな「ダルマ」は「大願成就」で、目は青く塗られています。
左の2つは「開運」「合格」、右は「金運」で、こちらの目は白。
ちいさな方は園内にある売店「わとと」で購入することができるそうですよ。


c0081462_08255286.jpg
向かって右のエリアをのぞいてみます。
すると2頭が寄り添うようにしてまどろんでいました。
ここで生まれた子供たちですが、名前がわかりません。
というか、よほど大きな特徴があれば見分けられますけど(^^;
それにしてもずいぶん大きくなったな~!

「ホワイトタイガー  英名 White Tiger  学名 Panthera tigris tigris
 分類 ネコ目ネコ科  分布 インド・スリランカ
 現在、野生では見られず、動物園でしか見られません。
 世界で約250頭、国内で約30頭が飼育されています。
 正式名称は『ベンガルトラの白変種』といい、ホワイトタイガーと言えば、
 このベンガルトラを指すことがほとんどです。

 なるほど!!Zoo
  とても賢い動物で、飼育係を見つめて顔を覚えるんだ。
  あと、声や足音もわかるから、静かに近づいてもわかるんだ。」


「ベンガルトラ  英名 Bengal Tiger  学名 Panthera tigris tigris
 分類 ネコ目ネコ科  分布 アジアの中部の熱帯雨林や乾燥した森
 種の中では中型の体格で、全長約180~310cm、体重約120~260kgくらいです。
 1日に30kg近い肉を食べる事もありますが、通常は10kg未満です。
 絶滅の危機に瀕しており、特に、ここ100年で個体数が激減しており、様々な保護プログラムが実施されています。

 なるほど!!Zoo
  野生のもうじゅうさん達は、毎日えものをつかまえているわけじゃないんだ。
  動物園でもエサを食べない日があるんだよ。」

※説明板より引用、以下同じ


c0081462_08255668.jpg
カメラ目線をいただきました。
すっかりリラックスしています。


c0081462_08255948.jpg
ちなみに2頭がいるのはこの「擬岩」の上。
以前どこかで、この中に「ヒーター」が仕込まれているということを聞いたことがあります。
この日も朝は少々冷えてましたから。

ちなみにこちらは先に書いた通りガラス越しに見られます。
ということは自分や他のお客さん、背景が写りこんでしまうこともあるんです。
ここでの撮影の最大のネックですね(^^;


c0081462_08260323.jpg
「擬岩」から下りて「バックヤード」との出入口?の近くへやってきました。
日差しがまぶしいのか、目を細めています。


c0081462_08260708.gif
しばらく見ていると、突然この大あくび!
あまりにとっさのことだったので最初がちょっと中途半端になってしましましたが連続写真で。
顔全体が口になってしまうような勢いでした。


c0081462_08261151.gif
大あくびの後は顔を洗います。
その様子も連続写真で。
「ネコ」そのものですね。


c0081462_08261406.jpg
左のエリアは、柵越しに撮れます。
柵に重ならないように注意が必要ですが、ガラスへの映り込みに比べるとこちらのほうがラクですね。


c0081462_08261830.jpg
後ろ顔。
耳の後ろに白い大きな模様が入っています。
これは「虎耳状斑」(こじじょうはん)と呼ばれるもので、野生種にのみ見られる特徴とのこと。
どういう役割をしているのかは、はっきりしていないようです。


c0081462_08262200.jpg
お約束の?肉球。
テレ端の280mmでもこれくらいにしかなりませんが。
また、いまさらですが縞模様は黒ではなく褐色なのがわかります。


c0081462_08262580.jpg
柵のエリアも、向かって左はガラスになっています。
午後は曇ってきましたが、おかげで天井の柵の影なども気にならずにきれいに撮ることができました。


1~6枚目 D700+24-120mmF4G/VR
7~9枚目 D700+70-200mmF2.8E FL VR
10~13枚目 D700+70-200mmF2.8E FL VR+TC-14EⅢ


次回は最終回、ライオンたちなどです。
by sampo_katze | 2017-10-03 21:00 | 動物園 | Comments(0)


<< PRIDE OF LION 西園の猛禽類たち >>