2017年 03月 25日 ( 1 )
オオハシとトキの水辺のエリア
年賀状2017の絵柄探しに掛川花鳥園へ!・第7回


c0081462_11342560.jpg
「スラッと長い脚!」


前回の「エボシドリとヘラサギの広場」は屋内のもっとも南側にあります。
この先には進めませんので、1度「インコのスイレンプール」のエリアに戻ります。
そしてプールを反時計方向に進むと西側のエリアに通じる出入口が。
そこをくぐり抜けると屋内エリア最後の「オオハシとトキの水辺のエリア」があります。
ここの主役は「オニオオハシ」とさまざまな種類の「トキ」たち。
またこのエリアの大部分には浅く水が張られていて、水辺にいる鳥たちも見ることができますよ。
ちなみに「年賀状」の絵柄となったあの鳥もこのエリアにいます。


表紙の写真は、このエリアで2番目に大きい「オオフラミンゴ」です。
別名は「ヨーロッパフラミンゴ」で、単に「フラミンゴ」といったときはこの種をイメージしますね。
全体が淡いピンク色で、くちばしの先は黒のワンポイント。
脚も首も長く、首は体長とほぼ同じで脚はその1.5倍くらいはありそうです。
彼らにもごはんをあげることができますが、その大きさに圧倒されてちょっと躊躇しちゃいますね(^^;

「オオフラミンゴ
 英名 Greater Flamingo  学名 Phoenicopterus ruber
 分布 地中海沿岸、カスピ海周辺、シベリア西部、インド北西部およびアフリカ
 食物 水中の藍藻類や小動物
 美しい見た目に似合わず、ガチョウのような声で鳴きます。
 体は大きいですが、くちばしは丸く、手のひらからやさしくごはんを食べます。
 <ご注意>フラミンゴは咬むことがあります。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





鳴き声がにぎやか・・・
by sampo_katze | 2017-03-25 21:00 | 花鳥園 | Comments(0)