2017年 05月 16日 ( 1 )
珍しい魚たちのゾーン
2017年初撮り in しながわ水族館編・第6回


c0081462_13511871.jpg
「めでたい紅白のエビ!」


照明の少ない「世界の大河から」のゾーンを抜けて、明るい「珍しい魚たち」のゾーンへ。
通路の両側に比較的小型の水槽が並びます。
どちらから見てもOKですが、一通り見たらまた戻る必要があるんですよね。
なのでわたしはほかのお客さんの状況を見ながら、右を見たり左を見たりと移動します。
ちょっと大変ですけど、その方が効率がいいので。


表紙の写真は、小型のエビの「シロボシアカモエビ」です。
体全体は赤で小さな白い斑点が入り、「歩脚」「触角」は白く鮮やかなコントラスト。
なんだかおめでたい雰囲気ですね。

「和名 シロボシアカモエビ
 分類 十脚目モエビ科ヒゲナガモエビ属
 英名 White-socks shrimp
 学名 Lysmata debelius
 飼育水温 25~27 ℃
 棲息環境 サンゴ礁域、水深20m前後のサンゴ礁斜面や水路斜面にある岩礁の岩穴などに生息しています。
 食性 魚の体表についた寄生虫など
 産卵 不明
 全長 8cm
 生態など 体は鮮やかな赤色で複数の白色点があります。赤い体によく映える白い脚を持っているため、
      ホワイトソックスともよばれます。ウツボなどほかの魚の体表についた寄生虫を食べ掃除することから、
      クリーナーシュリンプとしても有名です。」

※説明帳より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





形態もすむところもいろいろ・・・
by sampo_katze | 2017-05-16 21:00 | 水族館 | Comments(0)