2017年 05月 18日 ( 1 )
海の楽園のゾーンとシャークホールのシロワニ
2017年初撮り in しながわ水族館編・最終回


c0081462_13573868.jpg
「南国の海の縮図」


「しながわ水族館」最後のエリアです。
「海の楽園」「企画展示」、そして「シャークホール」と続きます。
まずは「海の楽園」の水槽を見ていきましょう。

「海の楽園
 北緯30度から南緯30度の間には、熱帯・亜熱帯の海が広がっています。
 この海域には、北赤道海流・南赤道海流・赤道反流などの暖流が流れ、これら暖流の影響で、
 水温が25~30℃と一年中暖かい環境になっています。
 水の透明度も良く、コバルトブルーの輝きを放ちます。水深50~100m位の深さでも太陽光線が海底まで充分に降り注ぎ、
 色とりどりのサンゴの仲間が成育しています。栄養にも富んでいて、餌も豊富にあるため、様々な生物に出会える場所です。
 ここは、もっとも美しく、最も多様な命の宝庫。まさに、「楽園」の名にふさわしい海域なのです。」
※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「海の楽園」の水槽のほぼ全景です。
小さな水槽ながらも色とりどりの魚たちが泳ぎ回っています。
先の「海の宝石箱」ほどではありませんが、なかなか華やかな感じですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





潜ってみたい楽園の海・・・
by sampo_katze | 2017-05-18 21:00 | 水族館 | Comments(0)