2018年 01月 02日 ( 1 )
池之端門から入り不動鳥を見る
年賀状素材探し@晩秋の上野動物園編・第1回


c0081462_08535078.jpg
「秋色に染まる池之端門」


昨年12月2日(土)。
この日はタイトルのとおり、「年賀状」の素材探しのため「上野動物園」を訪ねました。

今年の「干支」「戌」(いぬ)。
12種の中ではもっとも身近でありふれているはずなのに、実は一番難しいんじゃないかな?と思ってます。
もっとも「辰」(たつ)は実在しませんので論外。
「巳」(み、ヘビ)はいわずもがな、相手によっては怒られちゃいますよね(^^;

で、「イヌ」に話を戻しますと。
自分で飼っているのであればモデルにということも考えられますが、あいにく飼ってません。
また「ドッグショー」というのがありますが、そのときは頭に浮かばず。
さまざまな競技もあるようですが、これまたいいショットを撮るのは難しそうです。
次回ならありかもしれませんけどね~。

ともかくあまり当てのないまま「上野動物園」へと出かけてみることにしました。
晩秋の青空が広がる穏やかな日だったので、お出かけには最適でしたし。


表紙の写真は、西側にある「池之端門」(いけのはたもん)の開園前の様子です。
今回も「東京メトロ千代田線」「根津駅」(ねづ)から歩いて、「裏門」ともいえるこちらから。
定番は「上野駅」側にある「正門」ですが、「池之端門」はこのように開園直前でも人が少ないです。
時期的にもお客さんが少なくなっていることもありそうですが。
「ジャイアントパンダ」の赤ちゃんが公開されたことで「正門」側はさらに混みそうですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





気持ちのいい秋晴れの下で・・・
by sampo_katze | 2018-01-02 21:00 | 動物園 | Comments(0)