2018年 01月 04日 ( 1 )
両生爬虫類館の常設展示
年賀状素材探し@晩秋の上野動物園編・第2回


c0081462_08563557.jpg
「巨大トカゲの像がお出迎え」


入園してまずは「ハシビロコウ」に行くのは定番。
この日は貴重な狩りのシーンも見ることができたのでいい気分です。
そのあとは「キリン」「オカピ」のエリアから見始め、そのまま屋外エリアをめぐり歩くとなります。
でも今回はいつも入らなかった、もとい入るのを忘れていた「両生爬虫類館」に入ってみることにしました。
建物の存在にすら気づいていなかったのかもしれませんが(^^;

今回初めて知ったのはここは「温室」になっているということ。
エントランス入ってすぐのエリアは通常の室内温度ですが、奥は蒸し暑い空間になっています。
でも訪問したのは12月2日の寒い日。
当然のことながら冬装備なので、温室内に入ったら暑い!!
これはちょっと誤算でしたね~。
昼になれば暖かくなる予報だったので、少し装備を軽くしていった方がよかったかもしれません。


表紙の写真は、「両生爬虫類館」の前に置かれている「コモドオオトカゲ」の像です。
最大全長こそ4.5mを超える(ただし平均体長は約2.5m)「ハナブトオオトカゲ」に譲るものの、
「トカゲ」の仲間の中では最大級の体躯の持ち主。
それでいて走る速さは時速18kmにも達するというのですからオドロキ。
さらに「毒」まで持っているというのですから、まさに最強の「トカゲ」ですね!



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





カエル、ヘビもいるので閲覧注意かも・・・
by sampo_katze | 2018-01-04 21:00 | 動物園 | Comments(0)