カテゴリ:未分類( 8 )
エボシドリとヘラサギの広場にいる仲間たち
年賀状2017の絵柄探しに掛川花鳥園へ!・第6回


c0081462_21092135.jpg
「純白のクジャク」


「エボシドリとヘラサギの広場」のエリアの後編です。
前回はここのタイトルともなっている「エボシドリ」「クロツラヘラサギ」を紹介しました。
でも、このエリアにはほかにも多種多様な鳥たちがいてにぎやかなんですよ。
一部の鳥たちは手や肩に乗せたりごはんをあげたりと、ふれあいを楽しむことができます。
結構種類が多く見きれない&撮りきれないので、全部を紹介するわけにはいきませんが(^^;


表紙の写真は、高い止まり木にたたずむ「シロクジャク」です。
「クジャク」というと青を基調として飾り羽がとても鮮やかな鳥を想像しますが、こちらはその名の通り白一色。
ただ分類上は「インドクジャク」「白変種」(はくへんしゅ)とされます。
白い体色をした「ホワイトタイガー」などと同じなんですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





大きな鳥から小さな鳥まで・・・
by sampo_katze | 2017-03-23 21:30 | Comments(0)
エボシドリとヘラサギの広場
年賀状2017の絵柄探しに掛川花鳥園へ!・第5回


c0081462_21080599.jpg
「緑と白黒の共演」


「インコのスイレンプール」の奥にあるのが今回紹介する「エボシドリとヘラサギの広場」です。
文字通り、「エボシドリ」「ヘラサギ」を中心にふれあえるスペースになっています。
もちろんここでも鳥たちのカップ入りごはんが売られていますよ。
ほかにもいろいろな種類の鳥たちがいるんですが、今回はメインとなる2種をご紹介します。
2種といっても「エボシドリ」の仲間はいくつかあるんですけどね。


表紙の写真は、「スイレンプール」側に掲げられている看板です。
白い体に黒い大きなくちばしを持っているのが「ヘラサギ」、緑と紫の羽が「エボシドリ」。
「エボシドリ」は「スイレンプール」にもいたんですが、ほとんどがこちらに移ったようです。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





エリアは小さいけど種類は豊富・・・
by sampo_katze | 2017-03-21 21:30 | Comments(0)
インコが飛び交うスイレンプール
年賀状2017の絵柄探しに掛川花鳥園へ!・第4回


c0081462_14252537.jpg
「熱帯スイレンが彩りを添える」


「フクロウ」たちが出迎えてくれる「わくわくイベント会場」
その奥にある扉をくぐると、奥行きのあるエリアに入ります。
ここは「インコのスイレンプール」と名づけられている場所。
縦長のプールが2基並び、その水面には色とりどりの「熱帯性スイレン」が咲いています。
時期によっては人が乗ることもできる「オオオニバス」の花が咲いていたりすることもあるんですよ。

また、ときおり大きな鳴き声を上げながら黄色い体をした「インコ」たちが群れをなして飛んでくることも!
初めて見るとあまりの迫力にびっくりしてしまうかも?(^^;
でもエリア内で売っている彼らの「おやつ」を持ってると手や肩に乗ってきて、ふれあえることができます。
たまに何も持ってなくても乗ってきてくれたりしますけどね。
こわがらないで、ぜひふれあってみてくださいね!

「熱帯性スイレン
 科名:スイレン科  属名:スイレン属
 英名 Tropical Water Lily  学名 Nymphaea

 熱帯性スイレンは、熱帯圏に分布する原種と、それをもとに交配して作出した園芸種を「熱帯性スイレン」と呼びます。
 熱帯性スイレンの外に、温帯圏に分布する原種と、それをもとに交配して作出した園芸種を「温帯性(耐寒性)スイレン」があります。
 当園では主に熱帯性スイレンの展示を行っており、1年中花を咲かせるために、水温は常に28℃に保たれています。
 熱帯性スイレンの花には、日中に咲く昼咲き性と夜間咲く夜咲き性があり、両種とも花は3日間ほど開閉を繰り返ししぼみます。
 英名のLilyはユリを意味し、ユリの花の匂いのように甘い香りを放つ品種が多いです。
 よくスイレンは、ハスのようなレンコンが出来ると思われがちだが、大きく異なります。
 熱帯性スイレンは球根のような地下茎(根茎)を作り、温帯性スイレンはワサビの根に似たような地下茎を作ります。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「インコのスイレンプール」のほぼ全景です。
屋内エリアの中ではもっとも広く、鳥だけでなく魚とふれあえるスペースもあります。
鳥たちもよ~く探してみると、さまざまな仲間たちが見つかりますよ。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン






冬でもあたたかい・・・
by sampo_katze | 2017-03-19 21:10 | Comments(0)
小柄なフクロウたち+2
年賀状2017の絵柄探しに掛川花鳥園へ!・第2回


c0081462_21055040.jpg
「いつでも満開!」


「大温室」「レストラン」などのあるエリアからは3つのゾーンへと進むことができます。
順路はないのでどのゾーンへ進んでもいいんですが、もっとも入口が近い「フクロウ」たちがいるゾーンが定番かと。
このゾーンは「わくわくイベント会場」で、「フクロウ」の飛行ショーや手に乗せたりするイベントが開催されます。
基本的に1日3回ありますが、時間によって内容が変わるので要チェック。
「ペンギン」たちがいるエリアから入って右手に進むとありますよ。


表紙の写真は、「ペンギン」たちのエリアから「大温室」に入ったところの様子です。
「ベゴニア」をはじめとした様々な花々があふれんばかりに咲いています。
季節を問わず、いつきてもこのように色鮮やかな光景が広がっているんですよ。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン




目の前にフクロウたちが・・・
by sampo_katze | 2017-03-15 21:30 | Comments(0)
掛川駅から掛川花鳥園へ
年賀状2017の絵柄探しに掛川花鳥園へ!・第1回


c0081462_21294685.jpg
「雪化粧の美しき富士!」


昨年の11月12日(土)。
この日は「静岡県掛川市」にある「掛川花鳥園」に行ってきました。
目的はシリーズ名にもなっている「年賀状」の絵柄を探すためです。
今年は「酉年」なので、モチーフはやっぱり「鳥」
となれば、何度か通っているやっぱりここしかない!ということで。

最寄り駅は「東海道新幹線」「東海道本線」「掛川駅」で、そこから歩いて10分ほどのところです。
駅からは近いですが「花鳥園」の開園時間は午前9時。
「動物園」にしても「水族館」にしても開園時間前に着くのが基本ですが、地元「埼玉」からは距離がありますからね。
結構朝早くでなくてはなりません(^^;
ちなみに「東京駅」06:56発の「こだま633号」に乗ると「掛川駅」には08:43に到着するのでちょうどいいです。


表紙の写真は、車内から撮影した「富士山」です。
この日は朝からいい天気で空気も澄んでいたことから、雪をまとったとても美しい姿を見ることができました。
朝早く出るのは大変でしたが、この景色でその苦労が報われた感じがしていい気分です(^^)
ちなみに帰りはしっかり雲の中に隠れてしまっていました。
やはり朝の比較的早い時間帯がいいようですね。
ただ、今回はちょっといじりすぎたかな(笑)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





掛川駅からの道のりは・・・
by sampo_katze | 2017-03-13 22:00 | Comments(0)
マンボウとサメ・その2と冷たい海のエリア

アクアワールド茨城県大洗水族館へ行こう!編・最終回



c0081462_17464010.jpg
「横向きにもなるよ」



「オーストラリア」近海の水槽群を見た後は、ここのもう1つの目玉である「マンボウ」の水槽へと移動します。
ここの「マンボウ」の水槽は270トンもあり、専用水槽としては日本最大!
その中を8匹が悠然と泳ぐ様子を見ることができます。
これだけの数が泳いでいるのはほかにはないので、なかなか迫力がありますよ。


表紙の写真は、横向きになって泳ぐ「マンボウ」の様子です。
説明にあるように、海面ぎりぎりに浮かび上がって体を横に向けることはしばしば見られるよう。
でも飼育下でこのような姿勢になっているのを見るのは今回が初めてです。
これは日光浴をしているなどいろいろな説があるようですが、はっきりしたことはわかってないようですね。

「マンボウ
 マンボウ科  英名:Ocean Sunfish  学名:Mola mola
 体長3m  分布:世界中の温帯・熱帯域
 沖の表層から中層をゆったり泳いでいますが、海面に横になっていることもあります。
 皮ふは厚く、ざらざらしていて、尾びれがなく変わった形をしています。
 クラゲや小型の魚などを食べます。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





もう1つの見どころ・・・
by sampo_katze | 2017-03-01 21:00
オーストラリア付近の海の水槽
アクアワールド茨城県大洗水族館へ行こう!編・第9回

c0081462_10251896.jpg
「超巨大な巻貝!」


「沖縄の海」の水槽に続いては「オーストラリア」付近の海の水槽群です。
まずは「アラフラ海」の水槽から。
「アラフラ海」は「オーストラリア」北岸や「ニューギニア島」南西岸などに囲まれる海域です。
って説明板の地図にあったのでわかりましたが、それ以上のことはよくわかりません(笑)


表紙の写真は、世界最大の「巻貝」とされる「アラフラオオニシ」の貝殻です。
長さはなんと60cmもあるんだそう!
「サザエ」のざっと5~6倍ってところでしょうか。
残念ながら水槽の中なのでその大きさを実感することはできませんでしたが。
この複製を作って、水槽のそばに展示してさわれるようにしたら楽しそうですね(^^)

「「世界最大の巻貝」アラフラオオニシの貝殻展示中!
 アラフラオオニシ  テングニシ科
 学名 Syrinx aruanus  英名 Australian trumpet shell
 殻高 60cm  分布 オーストラリア東岸~アラフラ海~インドネシア東部」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン



3つの水槽・・・
by sampo_katze | 2017-02-27 21:00 | Comments(0)
健康管理、はじめました
Intermission


c0081462_20401535.jpg
「スマホ連動体重計」


昨年の初夏に受けた会社の「定期健康診断」の結果があまりに芳しくなかったため、2月に「健康指導」を受けることに。
今までは特に意識してきませんでしたが、こんな指導を受けるようではマズイ!

ということで、指導後の2月半ばに「Smart Body Analyzer WS-50」という体重計を導入しました。
「体重」「体脂肪率」「心拍数」「CO2濃度」が測定でき、測定結果は自動的に「スマホ」に転送されてきます。
乗るだけなので本当に簡単ですよ。
詳しいことはググってみていただければ。

で、あわせて「iPhone5s」「iOS8.2」に上げたことで出てきた「歩数計」
標準の「ヘルスケア」では当日の歩数は表示されるものの、日付が変わると何歩歩いたかが読めません。
ですが「Smart~」と連動したアプリを導入したことにより、上の測定結果とともに記録されるようになりました。
そこで会社の行き帰り、それぞれ1駅分歩くことを始めました。
だいたい25~30分くらいの道のりです。

始めてから1か月半経ちますが、結果は上々。
「体重」、「体脂肪」ともに見事な右肩下がりのカーブを描いています(^^)
「歩数計」では1日に歩いた歩数と累計歩行距離に応じて「バッジ」が表示されるようになるんですが、
これもまたモチベーションアップにつながっています。
今のところ1日2万歩の「バッジ」は入手しましたが、その次はなんと3万歩!
累計距離の方は簡単ですが、1日3万歩はかなりハードルが高いですね~(^^;


Coolpix3100
by sampo_katze | 2015-03-31 20:40