カテゴリ:北陸( 10 )
NX
北陸散策編・番外編。


このブログを作成するときに使用しているソフトは、ニコン純正の現像ソフト「CaptureNX」(以下、NXと略す)です。
D70を購入した2005年1月から今年3月までは「Nikon Capture4」(現在は販売中止、NC4と略す)を使っていましたが
D40を導入後はRawデータを読み込めないことから切り替えました。

新しいソフトというのはインターフェイスなどが全く別になることもあって、なかなか使いづらいと思うことが多いです。
NXも例外ではなかったんですが、慣れるにつれて使用頻度は高くなり
今ではNC4になかった機能を使えるということもあって、NXで現像~レタッチをしています。
さすが「フォトフィニッシングソフトウェア」というだけはあるな~って。

もちろん、不満がないわけではなく・・・(^^;
NC4に比べて動作が重かったり、もう少しウィンドウを大きくしたいのにできなかったり。

とかいいながらも、やっぱりこのソフトに頼ることが多いんですよね☆


CaptureNX@Nikon Imaging(ニコン公式HP)

新機能で遊んでみよう☆
by sampo_katze | 2007-09-30 16:30 | 北陸 | Comments(12)
茶屋
北陸散策編・最終回。


金沢の町で人気の散策スポット・ベスト3を選ぶとしたら
今回訪ねる「ひがし茶屋街」は入るでしょう。
江戸時代から花街として栄えてきた一画であり、現在もその雰囲気を色濃く残していて
「北陸の小京都」と呼ばれる所以のひとつなのではと思うので。
実際この地域周辺には観光客と思しき人が多かったですし、駐車場にも観光バスが多く停まってましたからね(^^;

でも、今回はこの茶屋街のメインストリートだけじゃなく裏通りにも足を運んでみました。
そこには東京の下町のような、どこか懐かしさを感じる路地裏のような。
ちょっと意外な一面を見ることができたような気がします。

時間にとらわれないマイペースな旅だから。
デジタルカメラをはじめて、視野が広がったから。
そんなことも理由のひとつだったかもしれません・・・。

京都より「京」らしい・・・?
by sampo_katze | 2007-09-28 21:00 | 北陸 | Comments(10)
主計
北陸散策編・第8回。


今回のタイトルの読み方、わかりますか?
一般には「しゅけい」と読みますが、今回は土地の名前なので「かずえ」と読みます。
難読ですね(^^;


金沢には犀川(さいがわ)と浅野川と2つの大きな川が流れています。
今回訪ねた「主計町」は浅野川沿いにある茶屋街の一つ。
沿道にあった案内によると
「大阪夏冬の両役に功をたてた加賀藩士富田主計の邸地があった」
ことが町の名前の由来になったのだそう。

「昭和45年に住居表示の実施により尾張二丁目に町名変更したが、
平成11年(1999年)10月1日、主計町の町名を復活させた。」
ともあります。
これは全国で初の旧町名復活だったようです。
2006年には重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。


主計町@ウィキペディア

川沿いの道を歩く・・・
by sampo_katze | 2007-09-26 20:00 | 北陸 | Comments(4)
椅子
北陸散策編・第7回。


市内の移動は北陸鉄道のバスを使いました。
駅前にある営業所で一日乗車券を買うと、観光マップもつけてくれます。
尾山神社からどこに行こうかと地図を眺めていたら、歩いていける距離のところに
「金沢21世紀美術館」というのを見つけました。
六本木にある「国立新美術館」のようなちょっと面白い建物なんじゃないかなぁ?
なんて思ったので行ってみることにしました。


で・・・。
建物の外観は期待していたほど奇妙(?)なものではなく、比較的普通の外観でした。
ちょっとがっかりしたんですが、せっかく来たので中に入ってみることにしました。

内部はフリースペースのアトリウムといくつかの展示室などがあり
展示の内容によっては無料で閲覧できるようになっています。
これは国立新美術館と同じですね。
そのフリースペースにおかれていたオブジェがなかなか面白かったです。
現金なものでその時点で「来てよかった♪」なんて思ってしまいました(^^ゞ


金沢21世紀美術館・公式HP
金沢21世紀美術館@ウィキペディア

芸術にふれてみる・・・
by sampo_katze | 2007-09-24 17:00 | 北陸 | Comments(8)
又左
北陸散策編・第6回。


7月16日(月)晴れ。
本当ならもっと早く起きて富山駅7時46分発の「しらさぎ4号」に乗り、金沢に向かうつもりだったが不覚にも寝坊。
でも、丸一日使えるので特に慌てる必要もない。
ということでゆっくり宿を出て駅に向かい、9時46分発「しらさぎ6号」に乗ることに決める。
金沢駅に着くのは10時半近く(正確には10時24分)になるけど仕方ない。

しらさぎは車両がリニューアルされてから初めて乗るので、ちょっとワクワクしていた。
「サンダーバード」とほとんど同じなんだけど、やっぱり新しい車両というのはうれしい。
出発時刻よりずいぶん前に駅に到着したので、自由席乗車位置には誰もいない。
荷物を置いて順番確保しておいた。

富山から金沢までは約40分。
とても乗り心地がよく、快適な旅だった。


しかし・・・もうすぐ金沢に着くなぁ、と思い始めたところで列車のスピードがなぜか落ちた。
やたらのろのろと進んでいく。
前の列車が遅れていてつまってるんだろうな。
そのときはそう思っていたのだけど・・・。

新潟県中越沖地震@ウィキペディア

金沢駅に着き、市内バスのフリーキップを買おうと駅前広場に出てみると何やら人だかりが。
「みんな何を見上げてるんだろう?」とわたしも視線を追ってみると、大きなディスプレイに地震速報が流れていた。
しばし、わたしもその画面に釘付けになった。

でも、そのときの金沢は近くで大きな地震が起きていたとは思えないほど平穏だった。
なのでわたしは旅の続きをすることにした。

時計を富山駅まで巻き戻します・・・
by sampo_katze | 2007-09-22 22:00 | 北陸 | Comments(6)
岩瀬
北陸散策編・第5回。


氷見から慌しく富山に戻ってきたのには、実はもう一つ理由がありました。
ライトレールの終点「岩瀬浜駅」近くにある「シーフードレストラン」にどうしても行きたかったから。
そこにはたまゆうさんご夫妻が撮られた写真が飾られているんだそうです。
R2さんの個展を拝見してから「写真は紙出力が一番!」と思っていたので
どうしてもこの目で確かめたかったからなんです(^^)

しかし・・・。
事前に「おおよその」場所を調べて「駅のすぐそばだから、降りてからでもわかるよね♪」と思ってしまったのが運の尽き(?)
駅に着いて辺りを見回し「キョロキョロ σ(・皿・? 三 ;・△・) アレレ!?何もないよ~!?」
しばし呆然としてしまいました・・・(^^;

その後、海岸までぶらぶら歩いて駅前に戻ってきて駅前にあった地図を再確認。
富山寄りにそれらしき施設の案内が・・・(^^;
岩瀬浜電停から線路沿いに富山駅方向に歩くと、その場所はすぐ見つかりました☆

時間が時間だったので少々空いていたシーフードレストラン「サンタフェ」
ほんとならテーブル席に着きたかったんですが、一人なのでカウンター席へ。
シーフードカレーがおいしかったぁ☆☆
そして、遠巻きながら写真も見ることができました。
ほんとならもう少し近くで見たかったんですけど、真下の席に別のお客さんがいたので(^^;

今度来たときはちゃんと見たいですね!

岩瀬の町をぶらり・・・
by sampo_katze | 2007-09-20 20:30 | 北陸 | Comments(2)
軽路
北陸散策編・第4回。


台風が進路から外れているとはいえ、風が一向に収まらず。
まさかとは思いつつも氷見線がここで止まってしまっては、富山に戻れなくなる・・・かもしれない(--;
今日はライトレールも訪ねておきたいし、なんとしても戻らねば!

というわけで、少々時間は早かったのですが昼前に富山に戻ってまいりました。
車窓は前回ご覧いただいたとおりの荒海でしたが、もしかすると真冬はもっとすごいのかな??(゜□゜;


さて、今回は昨年4月に富山に新しく開業した「ライトレール」を訪ねます。
この鉄道はもともと国鉄(転換時は当然JR西日本)の「富山港線」という路線でした。
しかし、(中略)合理化の波に押され2006年2月28日に廃止。
その後2006年4月29日、第3セクターによる「富山ライトレール」として生まれ変わりました。

今までの移管はたいてい翌日で、バス路線に変換されるか第3セクターの鉄道となっていました。
しかし、ここは2ヶ月という短いような長いような休止期間を経て移管するという
ちょっと変わった変化を遂げています。



参考HP
富山ライトレール・公式HP
富山ライトレール富山港線@ウィキペディア

ニューフェイスに乗ってみよう☆
by sampo_katze | 2007-09-18 22:00 | 北陸 | Comments(6)
荒海
北陸散策編・第3回。


潮風どおりは歩道部分にアーケードがついた商店街(豪雪対策か?)なのですが
このときは台風接近もあってか、3連休とはいえひっそりとしていました。
氷見を訪ねたこの日は雨は降っていませんでしたが、風が結構強かったです。
ただ、普段はどんな雰囲気かまではわかりませんが・・・。

話変わって。
氷見の町にはお魚のほか、藤子不二雄(A)先生お気に入りのキャラクター
「忍者ハットリくん」のオブジェやからくり時計があります。
今回、からくり時計には寄らなかったのがちょっと失敗・・・近くにあるのに(^^;。


参考HP
忍者ハットリくん

風が強いのなんのって・・・
by sampo_katze | 2007-09-16 23:00 | 北陸 | Comments(4)
魚像
北陸散策編・第2回。


高岡から来た列車は氷見で数分停車した後、折り返し高岡駅に戻っていきます。
まさにトンボ帰りですね。
ただ氷見線に乗るだけなら、そのまま折り返してもいいのですが
カメラを始めてからは次、またはその次の列車が来るまでの間に町を歩いてみるようになりました。
せっかく知らない町に来たのだから、そのまま素通りで帰るのはもったいないですからね♪
でも、これって貧乏性だからなのかも?(^^;


そういえば氷見の町を初めて訪れたのはいつだろう?
と、過去の写真データ(デジカメしかないので・^^;)を探してみました。
すると2003年1月10~13日の間に訪ねていました。

上野駅23時過ぎに出る寝台夜行列車に乗って、翌朝早く高岡に到着。
そのまま氷見に向かっていました。
冬の日本海側といえば雪が多いのでは?と心配だったのですが
このときはずっといい天気が続いていて、ほっと安心した反面ちょっと物足りないかも?なんて・・・(汗)
観光客視点だからこんなことが言えるんですよね~。



前置きが長くなりましたが、氷見の町に出かけてみましょう☆

サカナ紳士録・・・
by sampo_katze | 2007-09-14 21:30 | 北陸 | Comments(14)
緑車
北陸散策編・第1回。


時計の針を約2ヶ月前にまた戻します・・・(--;
ここの時計はいつも遅れ気味。
ちゃんとあわせていても、気がつくといつの間にか遅れてます。

「まだこんな時間か~、余裕じゃ~ん♪」
なんてのんきに構えていたら・・・・・いつの間にかこんなことに(゜□゜;
ま、いつものことですけどね(苦笑)


------------------------------


7月後半に富山に出張する機会がありました。
その直前は「海の日」につながる3連休。
これを逃がす手はないですよね!
というわけで、一足先に現地入りすることにしました(^^)

と・・・計画段階ではルンルン気分だったのですtが、いざ移動日(7月14日)となると
ちょうど台風4号が日本列島に接近しているところでした。
幸い移動中は台風の影響は全くなかったのでよかったです(ほっと一安心)

ちょいと贅沢な旅・・・
by sampo_katze | 2007-09-12 22:20 | 北陸 | Comments(6)