カテゴリ:水族館( 228 )
竜宮城へ
D700 de 水族館@サンシャイン国際水族館編・第2回。


c0081462_14371867.jpg
「かめに~つれられて~」


サンシャイン国際水族館は1978年(昭和53年)10月に開館した日本初の屋上にある水族館です。
サンシャインシティは大きく5つのエリアに分けられ、水族館はそのうちのひとつ「ワールドインポートマート」にあります。
ほかに「プラネタリウム"満天"」「ナムコ・ナンジャタウン」もここにあります。
わたしも実際現地に行くまで勘違いしていたんですが、サンシャイン60とは別のエリアなんですよね~(^^;
幸い地下鉄の乗り換え案内とはちがって、突然案内がなくなるということはないので安心でしたが(笑)

最寄り駅は東京メトロ有楽町線の東池袋駅、または都電荒川線の東池袋四丁目駅で徒歩3~4分です。
もっとも、一般的には池袋駅を利用される方が多いでしょうね(徒歩8分)。
ただサンシャインシティと池袋駅の間は時間帯によっては大変混雑するので、お子様連れだとちょっと大変かも。

でも、地図を見てみると山手線の大塚駅からも距離はほとんど変わりません。
サンシャインシティの裏側にあたるので、休日でもそれほど混雑しないですみそうですし。
ただし、道中に案内などはないので地図を頼りに歩くのはちょっと不安。
そんなときは大塚駅から都電に乗りましょう。
2駅目が東池袋四丁目駅、ここからならサンシャイン60が見えるので道に迷うことはないかと思いますので。
ちょっと回り道になってしまうかもしれませんが、こんなアクセスもできるということで紹介しておきます。

ちなみにわたしは行きは大塚駅から歩いてみました。
都電の駅や信号のある交差点が目印になるので、それほど複雑な道ではありませんでしたよ(^^)
帰りは気分を変えて池袋駅に向かいましたが、途中にビックカメラがあったのは盲点でした!(爆)


表紙の写真は、「沖縄の海 ~白保~」エリアにいる「アオウミガメ」です。
まだ小亀なので、前足を一生懸命動かして泳いでいました。
背中から照明が当たっているので、逆光気味になっちゃいましたけどね。


アオウミガメ@Wiki

絵心ないから描けない・・・
by sampo_katze | 2009-03-14 20:30 | 水族館 | Comments(2)
水流撮
D700 de 水族館@サンシャイン国際水族館編・第1回。



c0081462_9344762.jpg
「高まる期待☆」


D700を持って初めて訪ねたのは、実は池袋の「サンシャイン国際水族館」でした。
連載では「しながわ水族館」が先に登場してしまいましたけどね。
D300での訪問とのつながりを考えて、順番を入れ替えたんです(^^;


ここで、昨年からの水族館訪問履歴を振り返ってみます。

2008年
10月12日 葛西臨海水族園
10月18日 しながわ水族館
(11月5日 D700購入)
11月22日 サンシャイン国際水族館
11月23日 しながわ水族館、エプソン品川アクアスタジアム
12月28日 エプソン品川アクアスタジアム

2009年
1月10日 しまね海洋館アクアス
2月7日 新江ノ島水族館(えのすい)


改めて思ったのは、都区内にある水族館の多いこと。
なんと4か所もあるんですね!
また、年間パスポートがあるのは葛西臨海公園、アクアス、えのすいの3か所。
特にえのすいは「2回分の料金で1年有効」ととってもおトクになっているんです☆
わたしのところからは遠いんですけど、思わず作っちゃいました(^^;



さて、D700を持って初の水族館。
どこにしようと考えたとき、ちょうどいいタイミングで「デジタルフォト」に「サンシャイン国際水族館」が紹介されていました。
サンシャインは東京タワーと同じで、都内にある名所のひとつなのになかなか足の向かない場所のひとつ(笑)
久しぶりに行ってみようと思い立ちました。


表紙の写真は、入り口にある大きなパネル。
描かれているキャラクターは、1998年生まれのここのメインキャラクターです。
左が「パクパクさかな」、右が「オウオウあしか」というそう。
ショップにはちゃんと彼らのぬいぐるみも置いてあるようです。
よく見てなかったんだけど・・・・・(A-v-;

このパネルを前にして、ほんとに気持ちが昂っていました。
いろんな魚を撮れるんだ~☆
って、年甲斐もなくワクワクしていたんですよ(^^;


サンシャインシティ
サンシャイン国際水族館

スローSSを逆手に・・・
by sampo_katze | 2009-03-12 21:00 | 水族館 | Comments(4)
地上に降りた"龍"
D700 de 水族館@しながわ水族館編・後編。


c0081462_21334421.jpg
「龍の如く」


初めてここを訪ねたとき、とても気に入ったのが「ビッグベリー・シーホース」
オーストラリアに生息するタツノオトシゴの仲間です。

英名では「Seahorse」で、直訳すると海に住む馬。
魚なので足がありませんが、立ち泳ぎする姿に足があることを想像してみると・・・・・。
「イタリアの跳ね馬」を彷彿とさせなくもない??
日本では、よろいのような体表の凸凹と長い顔から龍の姿を想像したんでしょうね。
「辰年」の干支引継ぎでは、架空の生物である「龍」の代わりに登場しますし。

見た目はおっとり系。
ところが食に関してはかなり食い意地が張ってるタイプのようですね。
あの細い口で、まるで某社の掃除機のごとく強力に吸い込んで捕食するんだとか。
どんな感じで食べるのか一度見てみたいものです(^^)


ところで、前回D300で撮ったときはまともに撮ることができずじまいでした。
でも今回は感度アップは青天井!とはいきませんが、1600~3200でも平気であげてしまいます(^^ゞ
いくら相手の動きがゆっくりしているといっても、決して明るくない環境で撮るのは大変ですからね。


表紙の写真は、おじぎをするような感じで頭をこちらに向けているところを撮ったもの。
直立不動の姿勢ばかりでなく、たまにこんな風に動いてくれます。
派手な動きはありませんが、見ていてほんとにあきません。


タツノオトシゴ@Wiki

まさに癒し系・・・
by sampo_katze | 2009-03-10 20:40 | 水族館 | Comments(6)
ちょっとコワモテな魚たち
D700 de 水族館@しながわ水族館編・中編。


c0081462_21215962.jpg
「"ニモ"はいません」


今回はちょっと見た目がコワイ魚に登場してもらいます。

コワイ魚というと、真っ先に「サメ」が思い浮かびますよね。
スピルバーグ監督の出世作「Jaws」(ジョーズ、英語で"あご"の意味)のインパクトがあまりに大きく
それ以降に作られた映画などの影響もあってか、そのイメージが定着してしまいました。
ただ、映画に出てきた「ホホジロザメ」は普段はアザラシなどを食べていて
海中から泳いでいる人間を見上げたときにその動きがアザラシに似ているから、というのが原因としてあるそうです。
そもそもニンゲンは海洋生物ではないですから、積極的に人を襲うというのは考えづらいですもんね(^^;
余談ですが、人を襲う危険性があるサメは全体の1割未満の2~30種類だとか。

でも、海水浴場にサメが出たとなったら指示に従ってすぐに避難してくださいね。
いくら人を襲わない種類があるといっても、刺激を与えれば防御のために反撃される恐れがあるんですから。

と、ここまで御託を並べときながら実は今回サメは一切出てきません(笑)
「シャークホール」というサメのエリアもちゃんとあるんですけどね。


表紙の写真は、「東京湾に棲む生物たち」エリアのイソギンチャクたち。
かつて「汚れた海」の代名詞だった東京湾も、最近はずいぶんきれいになり干潟も造られるようになりました。
そこには野鳥も集まってきて、江戸前で潮干狩りなんてこともできるように。
そんな東京湾に住んでいる生物を展示してあるところで見つけた色とりどりのイソギンチャクです。
残念ながらここにはクマノミはいませんが、本編の前にちょっと一息ということで(^^ゞ


ジョーズ
ホホジロザメ
いずれも@Wiki

見た目はコワイけど・・・
by sampo_katze | 2009-03-08 20:30 | 水族館 | Comments(2)
新兵器で
D700 de 水族館@しながわ水族館編・前編。


c0081462_2111980.jpg
「グテ~・・・」


今回からD300に代わり、D700がメインになります(^^ゞ

D300で葛西臨海公園としながわ水族館の2か所を回りましたが、自らの腕のなさを実感しました・・・・・orz
わかっていたとはいえ、実際に行ってみると非常に厳しい照明環境。
予想外に早い魚の動き。
そして、その動きにまったくついていけない わたしの動体視力・運動能力!


動物園ではこんなことはなかったのに・・・・・。

って 比べるなよ (冷笑)



そんなこんなでD300では・・・・・くどいですが

「わたしには!」

無理だと痛感しました。



そんな折。
まるで心を見透かしていたかのようにニコンから「D700キャッシュバックキャンペーン」のお知らせが!
しかもマップカメラさんに行ってみたら、安いとは聞いていたけど予想以上の安さ!!
あっさりKOされましたね~(^^;
これで躊躇なくISO感度を上げて撮れるぞ☆

見た目はD300そっくりなので、操作感もまったく同じ。
ややボディが大柄かな?という程度のちがいです。
なので取説にさわることなく、すんなりと使えてしまいました。
D300とD700を同時に使っていると、たまにどっちだったかわからなくなることがあるくらいで(^^;
今はだいぶ慣れましたけどね。


表紙の写真は、「アザラシ館」の地上エリアからアザラシのプールを見下ろした様子です。
ここには「ゴマフアザラシ」が6頭(オス1頭、メス5頭)がいるんですが、
そのうちの1頭が岩場に上がって休憩中。
名前の由来となったごま塩模様が体に出ているのがわかりますね。
頭の色がやや白っぽいので、メスの「あすか」かな?
さすがに一見しただけでは区別できませんので、なんとなく・・・・・(^^;

高感度はまだ不要だけど・・・
by sampo_katze | 2009-03-06 21:00 | 水族館 | Comments(6)
海驢劇
D300 de 水族館・後編。



c0081462_2102916.gif
「ごあいさつ」


D300で水族館編の最後です。
屋内での撮影に行き詰りかけていたとき、アシカショー開催の案内放送がありました。
ここでちょっと気分を変えてみようということで屋外プールに出向きます。

登場するのは「カリフォルニアアシカ」「オタリア」の2種類。
でも写真だけではどっちがどっちか、まるっきりわかりません(^^;
ちゃんと名前もついているんですけどね。

アシカたちについては、公式サイトの中で見られますのでそちらをご覧ください。
下記トップページの右上にある「水族館の人気者たち」「アシカ紹介」 と進むと出てきます。

しながわ水族館


表紙の写真は、観客に向かってごあいさつするところです。
マイクに向かって「ゥオ~!」
意外と大きな声を出すことがあるので、ちょっとビックリするかも(^^;

海獣ショーのはじまり~・・・
by sampo_katze | 2009-02-24 21:00 | 水族館 | Comments(0)
河岸を変えて
D300 de 水族館・中編。


c0081462_2134660.jpg
「Code Name "NIMO"」


前回の葛西臨海公園訪問の翌週、羽田での撮影の後に「しながわ水族館」を訪ねました。
(羽田での様子は過去記事 いまだ現役☆飛行機を追う)

東京モノレールの大井競馬場前駅で下車、歩いて20分くらいでしょうか(^^;
もっとも本来の最寄り駅は京浜急行の大森海岸駅。
JR京浜東北線大井町駅からは送迎バスが出ていますので、そちらを利用するのが普通です。
でも、飛行機撮りをした場所の最寄り駅がモノレールの昭和島駅だったのでこのルートになったわけで。

しながわ水族館に行くことにしたのは、デジタルフォトの記事で紹介されていたからという単純な理由です(^^;
葛西臨海水族園はほとんどリサーチしないで行ったのですが、
こちらは館内の様子が詳しく載っていたので少しはマシになるんじゃないかという考えです(笑)
まぁ世の中そんなに甘くはないでしょうけど、帰る方向の途中にありますからね。
一度足を運んでおくのも悪くないと思ったわけです。


表紙の写真は、展示水槽のひとつ「共生水槽」にいる「カクレクマノミ」です。
何種類かあるクマノミの中でも一番知られている種類。
オレンジ色のきれいな姿も人気の理由のひとつでしょうか。
いまさらいうまでもないでしょうが、映画「ファインディング・ニモ」で一躍有名になった魚ですね。
そのためか、みなさんこの子たちを見て「ニモ」と呼びますけどちゃんとした名前も覚えてくださいね(笑)



しながわ水族館
クマノミ@Wiki

今度はどうか・・・
by sampo_katze | 2009-02-22 19:30 | 水族館 | Comments(4)
初潜り!
D300 de 水族館・前編。


c0081462_21104865.jpg
「マウナ・ケアもどき?」


カメラを始めてからというもの、一度も行ったことがなかったのが水族館
猫が行くと魚が怖がるからつまみ出されるから、ではなく
一人で行くのってどうよ?という思いがあったのが理由のひとつ。
そしてもうひとつ(これが重要)、館内はフラッシュ禁止なのでまともに撮れないんじゃない?ということ。
いくらデジ一が暗いところに強くなった、何度でも撮りなおせるとはいえ限度がありますからね。

その考えが変わったのは、定期購読している月刊「デジタルフォト」で昨年始まったひとつの連載がきっかけ。
タイトルは「デジタル一眼レフで愉しむ動物園・水族館」で、使用ボディはニコンのD3とD300です。
おぉ、うちにはD300がある!
さすがに内山先生の足元にも及ばないけど(当たり前!)挑戦してみようじゃないの!
水族館なら天気に関係なく訪ねられるし、撮影場所の引き出しも増やせるかも!!

てなわけで、早速訪問先をリサーチ。
そこでカワセミが出現するポイントがあるという話を耳にしたので、葛西臨海公園に出向くことにしました。

八丁堀駅から京葉線の各駅停車に乗り換え、ディズニーリゾートに向かう人の群れと共に移動です。
最寄の葛西臨海公園駅は舞浜駅の一つ手前、降りるのは一苦労でした・・・・・(--;

そして、いざカワセミに会えるかも?と思っていた緑地に歩いていったものの

あまりに広すぎ!!( ̄Д ̄;

早々にあきらめて水族園へ向かうことにしました(苦笑)


表紙の写真は、水族園の建物を横から撮ったもの。
ドーム状の建物が印象的ですね。
手前の木と組み合わせると、ハワイ・マウナケア天文台を彷彿とさせ・・・・・ませんかね(苦笑)


葛西臨海水族園公式サイト@東京ズーネット
葛西臨海公園@公園へ行こう!
マウナ・ケア山@Wiki

水族館に初潜入・・・
by sampo_katze | 2009-02-20 20:00 | 水族館 | Comments(4)