カテゴリ:温泉( 45 )
仲見世商店街で看板プチめぐりと熱海駅でプチ鉄撮り
年末温泉旅行2016 in 熱海編・最終回


c0081462_22411524.jpg
「お米のキャラクター?」


「熱海駅」の駅前右手にある「仲見世商店街」「お食事処だるま」で昼ごはん。
食事後お店を出たのは12:30過ぎでした。
帰りの列車は14:29発の「踊り子108号」で、2時間ほど間があります。
ここからはメンバー4人個別行動とし、その後ホームで待ち合わせることとしました。
帰りのきっぷはすでに渡してあるので時間に遅れさえしなければ問題ありませんし。

とはいうものの、2時間という時間は意外と中途半端。
「バス」で出かけるにしても道路が渋滞してそうですし、歩いていくとなると最後は坂を上らなくてはなりません。
特に海沿いに出てしまうとこの日2度目の登坂になるのでさすがにキビシイ。
ということで、商店街を中心に適当にぶらつくことにしました。
そのあたりならそれほど坂もきつくないですから。


表紙の写真は、駅前に建つ複合ビル「ATAMIX」(アタミックス)地下にあったステッカーです。
だ円形をしたキャラが描かれていますが、特にここのキャラということはないよう。
お米のような感じではあるもののこのあたりは米どころでもないし・・・・・なんだか謎です(^^;

第一ビル商店街 ATAMIX


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

商店街の立看板をめぐる・・・
by sampo_katze | 2017-01-18 22:50 | 温泉 | Comments(0)
親水公園から熱海駅方面へ&昼食
年末温泉旅行2016 in 熱海編・第5回


c0081462_20583224.jpg
「赤い遊覧船」


「熱海城」から「アタミロープウェイ」を使って下りてきました。
けっこう上でのんびりしていたつもりなんですが、「サンレモ公園」の船着き場に着いたのは11時前。
思ったよりも時間が経っていませんでした(^^;
ただここから「熱海駅」まで歩くとだいだい30分くらいなので、昼ご飯にはちょうどいい感じ。
おみやげを買いたいというメンバーもいるので、ゆっくり駅まで歩いていくことにしました。
観光施設などにはあまり興味がないようですし、ほかに時間のつぶしようもないので(笑)


表紙の写真は、「親水公園」のデッキから出航している「遊覧船サンレモ」です。
港周辺の海上を30分ほどかけてめぐる船で、船底にある「海中展望室」で海中の様子を見ることもできます。
また船内では「えびせん」を売っていて、周辺を飛んでいる「カモメ」へのえさやりも可能。
そのため船のまわりには白い鳥たちがわんさかと飛び回る様子が見られますよ。
このときはそれほどでもないですが、赤い船体と白い鳥と青い海のコントラストが鮮やかです。


熱海遊覧船 SANREMO


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

穏やかな海沿いの道を熱海駅へ・・・
by sampo_katze | 2017-01-16 21:15 | 温泉 | Comments(0)
天守閣型観光施設・熱海城へ
年末温泉旅行2016 in 熱海編・第4回


c0081462_17315897.jpg
「サンレモ公園からの眺め」


今回お世話になった「玉の湯ホテル」を出たのは10時少し前で、帰りの列車は「熱海駅」14:29発。
昼ごはんを食べる時間を差し引いてもかなりの時間があります。
どこかで時間をつぶさなければなりませんが、「初島」まで行くにはちょっと時間が足りません。
そこで「熱海城」へとつながる「アタミロープウェイ」に乗ることにしました。
このあたりは海も近いですが、少し高い山もあって上からの眺めもなかなかですから。
それに冬晴れの突き抜けるような青空が広がるいい天気の日なので、何もしないで帰るのはもったいないですよね。


表紙の写真は、宿から300mほど海沿いに歩いたところにある「サンレモ公園」からの眺めです。
海岸線からそのまま稜線へとせり上がる地形に、多くの建物がはりつくように立ち並ぶ様子が見られます。
この狭い範囲にこれだけの建物が建てられたことにちょっと感心しちゃいます。
ちなみに「サンレモ」とは「イタリア」にある(国内でいうところの)「市」の1つ。
「熱海市」とは「都市提携」をしていて、それを記念して1982年に整備されたそう。
この一画から「初島」「伊豆大島」への船が発着しています。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

小田原北条氏の見果てぬ夢を実現・・・
by sampo_katze | 2017-01-14 21:00 | 温泉 | Comments(0)
海の眺めのいい宿で
年末温泉旅行2016 in 熱海編・第3回


c0081462_2214582.jpg
「海沿いの老舗ホテル」


これまでの「年末温泉旅行」は、往復の列車と宿を別々に手配していました。
このパターンですと選択肢が多くなり万が一のキャンセルなどもラクですが、その反面旅費が高くなってしまいます。
そこで今回は「JR東日本」のパックを利用しました。
往復の列車と宿がセットなので、予約・変更が一括でできる上に料金もややおトクです。
「えきねっと」ユーザーならポイントもつきますし。
今後も「旅行会社」のパックツアーなどでお安くお手軽に手配する方向にしようかと(^^;


表紙の写真は、今回お世話になった「玉の湯ホテル」の外観です。
「親水公園」の南端とは海岸沿いの道路を1本挟んだ場所にあります。
「遊覧船サンレモ」「初島」への高速船、「熱海城ロープウェイ」の乗り場もほど近くて観光に便利。
わたしたちは「熱海駅」から歩いていきましたが、向かいに「親水公園」のバス停があります。
なのでアクセスも良好ですよ。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

海沿いの宿でのんびり過ごす・・・
by sampo_katze | 2017-01-12 22:20 | 温泉 | Comments(0)
熱海サンビーチ~親水公園を散策
年末温泉旅行2016 in 熱海編・第2回


c0081462_219383.jpg
「熱海の名所をめぐる黄色いバス」


駅からほど近い「囲炉茶屋」(いろりちゃや)で昼ご飯を食べ、お店を出ると13時過ぎ。
宿のチェックイン時刻は15:00からなのでまだ2時間弱ほどあります。
例年だと昼前の列車に乗って車内で昼ご飯を食べて、現地に着いたら宿に直行というパターンなので今回はちょっと異色。
ただ、特にどこかをめぐるわけではないところは同じです。
どちらにしても時間的にちょっと中途半端な感じなので、腹ごなしも兼ねて海沿いの道を散策することにしました。


表紙の写真は、入店待ちをしているときに通りがかった「湯~遊~バス」です。
地元の「東海バス」が運行している観光名所をめぐるバスで、土日祝日は18便運行されています。
黄色をベースに名所や花のイラストが描かれていてとても目立ちますね。
運賃は1回250円、1日乗り放題の「フリーキップ」は車内で購入できて700円。
「フリーきっぷ」を見せると観光施設の料金がおおむね100円割引にもなりますよ。
今回のわたしたちは歩きメインなので利用しませんでしたが(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

年末温泉初の太平洋・・・
by sampo_katze | 2017-01-10 21:15 | 温泉 | Comments(0)
2016年の締めくくりは静岡県熱海市で
年末温泉旅行2016 in 熱海編・第1回


c0081462_10113862.jpg
「9年ぶりの在来線利用で」


昨年の12月30日(金)から1泊2日の行程で、恒例の「年末温泉旅行」に行ってきました。
これは2003年12月に端を発した第1回を皮切りに、2005年度を除き毎年実施していて今回で13回目です。
うち半分の7回は「長野県下高井郡山ノ内町」にある「渋温泉」を訪問。
初回に訪ねて以来、まるで憑かれたように訪れていました(^^;
でもちょっと遠いですけどほんとにいい場所で、わたしも含めてメンバーお気に入りの場所なんですよね。

でも今回は諸事情?あって、比較的近いところに行くことにしました。
その場所とは「静岡県熱海市」です。
それまではとあるメンバーが提唱したレギュレーション、「新幹線で1時間以上」だったかな?にのっとり
また個人的にも超メジャーなところは避けてきたところがあるんですが(^^;
そして今回は13回目にして初の南方面への移動。
今後あるとすればですが、こちら方面へ行くことが多くなりそうな気がします。


表紙の写真は、「東京駅」ホームでの「出発案内表示」です。
「東北・上越・北陸新幹線」のホームととなり合う9番線から乗車します。
乗る列車は10時ちょうど発の「踊り子107号」で、こちらは毎日運転の定期列車。
続行する10:30発の「同109号」は土休日運転の臨時列車です。
できれば「スーパービュー踊り子」に乗りたかったんですが、この1時間後の出発。
「熱海駅」到着が12時を過ぎることと、人気が高いので席を取れないかも?というリスクがあったので回避しました。
第3希望までできるのでチャレンジしてみてもよかったんですけどね(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

熱海へGO!
by sampo_katze | 2017-01-08 21:00 | 温泉 | Comments(0)
今年の年末温泉は
Intermission


c0081462_10483069.jpg
「初めての西行き」


今年の年末温泉は「熱海」です。
お湯にゆっくりつかって、まったりしています。

もうすぐ夕食。
すっかりお腹が空いてて、待ちきれません(笑)
楽しみだな〜^^


iPhone5S


今年の更新は今回で終わりです。
ではみなさま、よいお年をおむかえください!
by sampo_katze | 2016-12-30 18:45 | 温泉
村上・瀬波温泉から東京へ
年末温泉旅行2015 in 瀬波温泉編・最終回


c0081462_13292384.jpg
「みぞれ交じりの小雨」


翌12月31日(木)。
この日は大晦日ということもあり、どこにも寄らずに「東京駅」へと直行します。
帰路の行程は以下の通り。

村上10:12発 いなほ6号 → 新潟10:57着
新潟12:07発 Maxとき322号 → 東京14:20着


往路とは異なり、どちらの列車も定期列車です。
11:54発の臨時列車はありましたが、時間的余裕がほしかったのでこちらを選択。
さらにその後の「Maxとき」は15:07発までありませんので、必然的にこの行程となりました。
往復とも「Max」を使うというのも今回のコンセプトでしたから。

さて、前日は雲が多いながらも青空が見えていました。
ですがこの日は朝から予報通りの小雨で、かなり寒いです。
昨日から外も寒いんですけどね(^^;
それにこの日は先に書いた通り、直行なので天気は関係ありません。
列車さえ動いてくれさえすれば問題なしです。

ちなみに「村上駅」までは往路と同じく、無料送迎バスをお願いしてあります。
その出発時刻は帰りの列車に合わせた09:50なので、かなりのんびりできますね。


表紙の写真は、朝食に出かける前(07:30頃)の外の様子です。
頭上から水平線まで厚い雲で覆われ、日の光を感じることはできません。
その割には昨日は聞こえていた海鳴りは聞こえず、海は比較的穏やかな雰囲気でした。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

朝食はバイキングなので省略・・・
by sampo_katze | 2016-01-09 21:00 | 温泉 | Comments(0)
村上のブランド牛を夕食で堪能する
年末温泉旅行2015 in 瀬波温泉編・第3回


c0081462_21235969.jpg
「名物のイラスト入りお品書き」


この日、12月30日の日の入りは16:30過ぎで夕食の時間は18:30から。
夕日は残念ながら雲に隠れてしまったので、撮影は17時頃に切り上げて再び温泉につかることに。
部屋の中から様子を見ながら、たまにテラスに出て撮影していたとはいえ体が冷えてしまいましたから(^^;

露天風呂に行き、海鳴りを聞きながら湯につかっているといつの間にか独り占め状態に!
夕食の時間は3通りあって最初の回は18:00からなので、時間的に空いていたんでしょう。
また時計も設置されていたので、それを見ながら湯につかれたのもよかったです。
時間がわからないとかえって落ち着かないですからね。
で、余裕を持って18:00前に出てから館内を少し散策。
部屋に戻るとちょうど夕食の時間となりました。


表紙の写真は、料理に添えられた「お品書き」です。
3面に描かれている「鮭」はご当地名産の1つの「塩引鮭」
宿の軒先にも吊るされていましたね。
ちなみに今回は4つ(うち季節限定が1つ)あるプランの中から「越後村上の至宝 村上牛プラン」を選択。
うちの温泉メンバー(今回もわたし含めて4人)は肉好きぞろいですから。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

お楽しみの1つ・・・
by sampo_katze | 2016-01-07 21:30 | 温泉 | Comments(0)
瀬波海岸の夕焼けは見られたか?
年末温泉旅行2015 in 瀬波温泉編・第2回


c0081462_214384.jpg
「最上階からの瀬波海岸の眺め@14:49」


「村上駅」からは無料送迎バスを利用し、約10分ほどで宿まで移動します。
部屋に入ったのは14:45頃。
この日、12月30日の日没は16:30頃なので時間的にはかなり余裕があります。
そこで部屋に荷物を置いて周辺をぶらっとすることにしました。
そのままお風呂の直行!というのもいいんですけどね。


表紙の写真は、部屋のテラスから見える眺めです。
天気予報は曇りだったのでどうかな?と思ってたんですが、一部雲が切れていて青空が顔をのぞかせていました。
このままいけば絶好とまではいきませんが、夕日が見られるんじゃないかと期待してしまいます。
またそれほど波は高くなく穏やかなような感じに見えますね。
でも遠くからはドーンというような「海鳴り」が響いてきていて、冬の海を感じさせます。
これで風に吹かれた雪でも舞っていたら、まさに演歌の世界ですね~。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

海鳴りを聞きながら・・・
by sampo_katze | 2016-01-05 21:15 | 温泉 | Comments(0)