カテゴリ:Brompton+中部( 7 )
Day2-3・常滑からセントレアへ
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第12回


c0081462_210527.jpg
「タツノオトシゴ オスメスどっち?」


「知多半島」をめぐるポタの後編。
南端の「南知多町」「美浜町」を通り、西海岸をさらに北上していきます。

今回は、前日から続く強い北西寄りの風が吹いていている状況。
スタートした東海岸の「河和駅」(こうわ)から半島最南端の「師崎」(もろざき)までは追い風気味のため比較的ラクラク進行も
そこを過ぎると進行方向が変わって向かい風になり、途中でエスケープ輪行することも頭をよぎりました。
でも半島のかかとにあたる「野間崎灯台」を過ぎると、心なしか吹きつける風も穏やかに感じるようになり
踏み込むペダルも軽くなってきて、これなら最終目的地の「中部国際空港」まで行けるような気がしてきました。
風は相変わらず強いままですが、吹いてくる向きがちがうだけで気持ちにも余裕ができてくるんですね(^^;

そして海岸沿いの道を進んでいると、左手に「常滑市」(とこなめ)の看板が!
「美浜町」との市町境を過ぎると、それまで近くを通っていた「名鉄知多新線」は東へと離れて行ってしまいますが、
それでも目的地に近い「常滑駅」まではあと約10㎞ほどなのであと一息です。


表紙の写真は、市町境から500mほどのところにある「坂井海岸」入口にあった「タツノオトシゴ」のオブジェです。
「タツノオトシゴ」は好きなモチーフなので、つい撮ってしまいます。
真ん中に作者らしき名前と「2009」という数字が刻まれていますが、詳細は不明。

左右で微妙に形がちがいますが、左がメスで右がオスと思われ。
右は全長が左より長く、おなかの部分もやや大きめです。
おなかが大きいのは「メタボ」だからというわけではなくて(^^;
「タツノオトシゴ」のオスは「育児嚢」(いくじのう)という、卵から稚魚になるまで保護する袋を持っているから。
さらによく見ると、右は左に比べて頭上の飾りがやや大きめになっているにもかかわらず
顔が若干うつむき加減になっていて、頭が上がらないという感じになっているのは芸が細かいところでしょうか?
まぁ雌雄はわたしの勝手な解釈によるもので、実際のところは全くわかりませんけどね(笑)

焼き物と空と海の町 常滑市観光協会
タツノオトシゴ@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

ゴールは近い・・・
by sampo_katze | 2013-04-14 21:10 | Brompton+中部 | Comments(0)
Day2-2・知多半島の西海岸をBromptonで北上
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第11回


c0081462_21163961.jpg
「鯛が目印の市場」


「知多半島」(ちた)を時計回りに進むポタリングの中編。
半島の最南端にある「師崎」(もろざき)からは進路が西へ。
そして先に進むにつれてて徐々に北寄りへと変わっていきます。
この日の風は西から北にかけてかなり強めに吹いているため、ちょっとキツイ向かい風に。
ペダルを踏んでもあまり先に進んでいる気がしません(汗)

でも、この日の最終目的地としている「中部国際空港」にほど近い「常滑」(とこなめ)の町までは
「師崎」から「国道247号線」経由で30㎞以上あります。
そして最も近い駅は「名鉄知多新線」「内海駅」、およびスタートの「河和駅」でどちらも13㎞ほど。
いずれにしても向かい風に抗って進むしかないですし、今来た道を戻るのはつまらない。
ということで、いざとなったら「内海駅」で打ち切りということも視野に入れつつ西へ走っていくことにしました。
さて、どこまで持つことやら(^^;


表紙の写真は、「師崎港」から約5kmのところにある「魚ひろば」です。
建物の屋上に大きな「鯛かまぼこ」が乗っかっていて、インパクトがありますね。
中はそこそこ広く、お店の数も結構あって活気がありました。


知多半島ナビ
豊浜漁業協同組合
豊浜魚ひろば@じゃらん観光ガイド


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

向かい風が逆らって進む・・・
by sampo_katze | 2013-04-12 21:25 | Brompton+中部 | Comments(0)
Day2-1・知多半島の東海岸をBromptonで南下
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第10回


c0081462_20532238.jpg
「朝の知多湾」


2日目の2月10日(日)。
この日は「愛知県」の西部にある「知多半島」(ちた)を走りました。
参考にしたのは雑誌「自転車人 Vol.30」に掲載されていた「知多半島」を通って「常滑駅」(とこなめ)へ至るコース。
「愛知県」を走るのは意外にも今回が初めてです。

さかのぼること2年。
2011年1月発売の雑誌「自転車と旅 Vol.3」で南東部の「渥美半島」を走るコースが紹介されていました。
「遠州灘」沿いを西に進み、先端の「伊良湖」(いらご)から船で向かいの「鳥羽」へ移動。
「伊勢」「パールロード」などをめぐる2泊3日のコースです。
そのうち前半の「渥美半島」エリアだけでもなかなかよさげで、走りたいな~と思い続けて企画をあたためていました。
でも、どういうわけだかこれが実現できずじまい(^^;
結局「愛知県」は未踏破のまま時が過ぎ、最初の企画も今回の「知多半島」へと変更になったというわけ。
機会があれば「渥美半島」も走ってみたいですけどね。

さて、宿のある「名古屋駅」からは「名鉄」の特急を利用します。
07:11発の「河和駅」(こうわ)行きで、特別車両が連結されています。
追加料金はどこまで乗っても350円とお手ごろなのはうれしいですね☆

そしてスタートは終点の「河和駅」。
最初は「JR武豊線」("たけゆたか"ではなく"たけとよ")の終点「武豊駅」にしようかと思ったんですが、
距離が長くなる上、前日に引き続きこの日も風が相当強そうなので断念しました(笑)
駅からは「国道247号線」がメインルートですが、海沿いに細い道があるのでそちらを通ります。
できるだけ車が少ないほうがいいですからね。


表紙の写真は、「河和駅」から海沿いに3kmほど進んだところから眺めたところです。
普通ならスタートの駅外観をトップに持ってくるところなんですが、すっかり忘れていたので(^^;


知多半島ナビ

海風にはばまれつつも・・・
by sampo_katze | 2013-04-10 21:00 | Brompton+中部 | Comments(0)
Day1-4・伊勢神宮おはらい町から二見浦へ
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第5回


c0081462_21195194.jpg
「内宮の入口」


「内宮」を辞して、次は「二見浦」へと向かいます。
でもその前に、朝早く出てきたのでまだ朝ご飯を食べてない(^^;
「伊勢」といえば名物「伊勢うどん」「てこね寿司」がありますね。
参道にあたる「おはらい町」沿いにはたくさんのお店が並び、目移りしてしまいます。
ただ「駐輪場」に置いておけばよかったのに、つい一緒に連れて入ってしまったのでお店に入るのはちょっと大変。
人通りも多くなってきてますし、お店の前のスペースは限られていますし。
ということでテイクアウトできるものを買いこみ、近くの「五十鈴公園」で食べることにしました。


表紙の写真は、「内宮」入口付近の様子です。
左に見えるのが表玄関にあたる「宇治橋鳥居」「宇治橋」で、ここを渡って「内宮」へと入っていきます。
また右に見える建物は「参宮案内所」「衛士見張所」
公式サイト掲載の案内マップによれば、ここには「コインロッカー」が設置されているようです。
そして道路を挟んで手前のこのエリアが「駐輪場」というか「駐輪スペース」になっています。
となりに置かれている自転車はレンタサイクルでしょうかね?


伊勢神宮公式サイト
伊勢市観光協会ホームページ
伊勢内宮前 おかげ横丁


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

食の誘惑がたくさん・・・
by sampo_katze | 2013-03-29 21:30 | Brompton+中部 | Comments(0)
Day1-3・伊勢神宮の内宮へ
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第4回


c0081462_20363653.jpg
「内宮への入口」


レトロな「河崎」の町の次は「内宮」へ向かいます。
しばらくは「勢田川」右岸を川に沿って走れますが、行程のほぼ半分の2.5kmほど進むと「県道32号線」と合流します。
県道を渡って左岸へと進んでもいいんですが、道がやや入り組んでいる上に最後は県道に戻ることになるのでおとなしく県道へ。
この道には「御木本道路」という名称がついていますが、
これは真珠の「ミキモト」の創業者「御木本幸吉」「外宮」と「内宮」を結ぶ近道を造るべく
資金を提供したことによるそう。

道なりに進んで左手に「猿田彦神社」が見えてきたら「内宮」はもうすぐ。
徒歩なら「国道23号線」との「浦田交差点」を渡り、30mほど先から右に伸びる「おはらい町」をそぞろ歩きながら進むのがいいでしょう。
でも自転車は「浦田交差点」を右折して国道沿いに700mほど進み、「内宮」入口まで行ったほうがいいです。
手前に駐輪スペースがありますからね。
「おはらい町」はまだ道幅があるのでいいですが、「おかげ横丁」は自転車連れではちょっと無理です(^^;


表紙の写真は、「内宮」の入口にある「宇治橋鳥居」「宇治橋」です。
ここから先は「神域」ですので、一拝してから先へと進みます。


「皇大神宮(内宮) (こうたいじんぐう ないくう)
 御祭神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 御鎮座 垂仁天皇二十六年(すいにんてんのう)

 天照大御神は皇室の御祖神であり、歴代天皇が厚くご崇敬になられています。
 また私たちの総氏神(そううじがみ)でもあります。
 約二千年前の崇神天皇(すじん)の御代に皇居にお出になり、各地をめぐられたのち、この五十鈴川(いすずがわ)のほとりに
 お鎮まりになりました。
 二十年ごとに神殿をお建て替えする式年遷宮(しきねんせんぐう)千三百年余り続けられてきました。
 第六十二回神宮式年遷宮は平成二十五年に行われる予定です。」

※案内板より引用

伊勢神宮公式サイト
三重県道32号伊勢磯部線@Wiki
宇治橋(伊勢市)@Wiki



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

2000年の歴史・・・
by sampo_katze | 2013-03-25 20:40 | Brompton+中部 | Comments(0)
Day1-2・レトロな河崎の町をめぐる
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第2回


c0081462_20441035.jpg
「黒板塀が並ぶ路地にて」


「伊勢神宮」「外宮」の後は「内宮」へ向かいます。
もちろんどちらか片方だけお参りしても問題ありませんが、やはりご利益を得るには両方ともお参りするのがベターですからね。
ただ、この2か所は結構離れていて歩いていくと50分もかかってしまいます。
バスが運行されているのでそれを利用しましょう。
休日は手前までしか運行されませんが、大した距離の違いはありませんのでご安心を。

さて、もし時間があるなら、「外宮」の北にある「河崎」の町を訪ねてみましょう。
ここは「勢田川」(せたがわ)沿いに広がる町。
「伊勢湾」経由で「伊勢神宮」へ参拝する客が上陸する河岸があり、そこを中心に「室町時代」から「江戸時代」にかけて発達したそう。
人が集まるところに物資も流れるからでしょうかね。



表紙の写真は、「河崎」の町の北端近くにある「伊勢河崎商人館」あたりの路地です。
向かって道の左側にあるのがいろいろなお店が入った「商人蔵」、右は資料館にもなっている「商人館」
電柱や自動販売機などがなかったら、時代劇のセットみたいですね。

河崎(伊勢市)@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

伊勢版・太秦・・・?
by sampo_katze | 2013-03-23 20:50 | Brompton+中部 | Comments(0)
Day1-1・伊勢神宮の外宮へBromptonで出かけよう
伊勢・知多半島ポタ&掛川花鳥園編・第2回


c0081462_8131356.jpg
「伊勢神宮への最寄駅」


2月9日(土)。
この日は「伊勢神宮」「外宮」「内宮」をめぐり、さらに「鳥羽」へと足を伸ばす予定です。
実は「Brompton」が入って間もない3年前にも似たような計画を立てていたんですが、体調面で不安があったために断念。
その後すっかり忘れてしまっていました(^^;

今回はこれまで未走破だった「愛知県」を走るのにあわせ、となりの「三重県」も走ることに決定。
ではどこを走ろうかと考えたときに「伊勢神宮」が思い浮かびました。
そしてお参りしたあとは「夫婦岩」で知られる「二見浦」「鳥羽」へ。
これらはそれほど距離が離れていないので、ポタリングするにはちょうどいいです。
時間と体力があればさらに「パールロード」を南下していきたいところですが、さすがに自重します(笑)

さて、「名古屋駅」から最寄りの「伊勢市駅」までは「近鉄線」を利用しました。
乗り換えなしで行けますし、朝一番で到着するとなるとほかに選択肢がありません。
ちなみに始発は「近鉄名古屋駅」発05:30の急行「鳥羽駅」行きで、「伊勢市駅」には07:06に到着できます。
朝起きるのは大変ですが、3連休なのでできる限り早めに行動しないと混雑するだろうということで。


表紙の写真は、「伊勢市駅」南口の外観です。
この駅には「JR参宮線」「近鉄山田線」が乗り入れています。
出口は南北両方にあり、「伊勢神宮」へは「JR」が入線する南口が最寄り。
「近鉄」は下りた後に連絡橋を渡って移動する必要があります。
階段やエレベータは「名古屋駅」寄りにあるので、後方の車両の利用が便利ですね。


伊勢神宮公式サイト


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

Bromptonでお伊勢参り・・・
by sampo_katze | 2013-03-21 21:00 | Brompton+中部 | Comments(0)