<   2009年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
"三菱"発祥の地
2009桜撮り+α編・第2回。


c0081462_21541265.jpg
「わたしの本当の名前は?」


だんだん人も増えてきて、ゆっくり撮影することもままならなくなってきました。
元々多くの人が桜を求めてやってくるわけですから当然ですけどね。
上野公園の桜のトンネルの下で花見をしていた人々の中には、前の夜から飲んでいてたと思しきグループもありましたし(^^;
では、どこへ行こうかと散歩用の地図を開きます。
もっとも発行が2001年1月という古い地図なので、情報が大幅に変わっているところも多いんですけど(笑)

すると、ここから目と鼻の先に「湯島天神」「旧岩崎邸」があることがわかりました。
そういえば昔、湯島と上野がこんなに近いとは知らずJR・地下鉄と乗り継いで湯島駅まで行ったこともあったっけ・・・・・(汗)

それはさておき、手元の地図には「旧岩崎邸の見学には事前申し込みが必要」とあります。
でも、ふと目に入った立て看板にはそのようなことは書いてありませんでした。
もしかして入れるようになったのかな?
まぁ入れなくても外観くらいは見られるだろうと思い、そちらに向かうことにしました。


「旧岩崎邸」は三菱財閥創業者である岩崎家の本邸として1896年(明治29年)に完成しました。
邸主は「岩崎久弥」(ひさや)、設計は日本の西欧建築の父とも称される「ジョサイア・コンドル」です。
当時は約1万5000坪の敷地に20棟もの建物が並んでおり、関東大震災の折には避難所として近隣住民に解放されました。

1945年(昭和20年)にはGHQに接収され建物は諜報機関の本部となったため、岩崎家は和館の一部に身を寄せました。
2年後には国有財産化され、さらに1953年(昭和28年)に日本政府に返還されました。
その後司法研修所~文化庁所管を経て2001年(平成13年)に東京都に移管、都立公園となります。
このときはまだ内部は公開されていなかったため、わたしの地図では事前申し込みが必要ということになっていたのでしょう(^^;

2003年(平成15年)には洋館内部の改修が完了し、通年公開を開始しました。
なお洋館は地上2階地下1階の構成ですが見学は地上部に限られます。
また、内部撮影OKなのはうれしいポイントですね☆


表紙の写真は、庭園に入ってすぐのところに群生する「ムラサキハナナ」です。
淡い紫の花と淡い緑の葉っぱの組み合わせがいいですね。
ところで、この花の呼び方はやたらたくさんあるそうで。
わたしは「ムラサキハナナ」と呼びますが、ほかに「ショカツサイ」(諸葛菜)・「オオアラセイトウ」・「ハナダイコン」とも。
ただ「ハナダイコン」は「ムラサキハナナ」とはちがう種類に属する花も存在するので、使わないほうが無難かも?

・ムラサキハナナ アブラナ科オオアラセイトウ属
・ハナダイコン   アブラナ科ハナダイコン属


旧岩崎邸庭園@公園へ行こう!

旧岩崎邸庭園
オオアラセイトウ
ハナダイコン
以上3件は@Wiki

都内有数の明治洋風建築・・・
by sampo_katze | 2009-04-29 21:00 | 散歩 | Comments(4)
桜撮り歩く?
2009桜撮り+α編・第1回。


c0081462_2152979.jpg
「春の夜の夢の如し」


今年の東京近郊の桜は、暖冬の影響からか開花は早かったですが
その後は結構寒い日があったりして満開までは大分かかりましたね。
開花して満開が予想される頃は、出かけるには都合が悪くやきもきしていたものですが(^^;

月が変わった最初の週末、桜は見頃で天気はまずまず。
これはチャンスですね☆
というわけで、カメラを担いで上野公園へ出向きました。

ただ、都内有数の桜の名所だけに相当の人出が予想されます。
というか人が少ないわけがない!
なので早めに出かけることにしました。
上野なら桜がダメでも動物園や博物館もあるし、いざとなったら水族館へ~と逃げ道も考えて。
もっとも、どこも混んでるでしょうけどね(^^;


で、当日。
上野駅公園口に向かう段階で大混雑がすでに予見される状態でした( ̄Д ̄;
世界遺産登録を目指す「国立西洋美術館」は開館前というのにすでに行列ができているし、
上野動物園の入り口手前、東照宮のあたりで左に曲がると桜のトンネルがあるんですが人波がすごい!
とても桜を眺めているどころではありません。
気持ちの余裕がない、ということでもあるんですけどね(^^;
流れ流れて、不忍池の弁天堂を通り抜けた先でようやくカメラを取り出しました。


表紙の写真は、不忍池沿いの桜。
AiAF20mmF2.8Dの開放、ビネットコントロール(150%)で周辺光量不足を修正してあります。
周辺の画質は相当甘いですが、そんな描写が結構気に入ってます(^^)

花よ、"鳥"よ・・・
by sampo_katze | 2009-04-27 20:30 | 散歩 | Comments(0)
遊びながら学ぶ”生きる術”
広島でオフじゃけ編・最終回。


c0081462_21564583.jpg
「美しき横顔」


アムールヒョウの親子編。
前回が「静」とすれば今回は「動」です。
ニンゲンの子もそうですが、ほんとによく動き回ります☆
動きの予想がつかないので撮るのはほんと大変!
でもその一つ一つの仕草がまたかわいいわけで、見ているだけでも楽しくて♪
さらに運のいいことに、開園時間目一杯まで見られるタイミングだったというのもよかったです。
もちょっと早かったら「お預け」になってたかもしれませんからね~。


表紙の写真は、母ヒョウの「チャイム」のポートレート。
一番気に入っている一枚です。
前回大あくびをしているところをアップしたので、せめてもの罪滅ぼしにというのもありますが・・・・・(^^;
こうしてみるとほんと美人ですね~。

実はチャイムもパートナーのベルもドイツの動物園の出身なんだそう。
ベルはベルリン、チャイムはフランクフルト。
ベルの名前の由来は「ベルリン」なのかも!?

かわいさ爆発!!
by sampo_katze | 2009-04-25 20:00 | 動物園 | Comments(4)
やっぱり"猫"
広島でオフじゃけ編・第11回。


c0081462_1213866.jpg
「身だしなみは大事☆」


今回、安佐動物公園を訪ねることができて本当によかった☆
そう思えたのはこの「アムールヒョウ」のおかげです。


名前に「アムール」とつくことからピンときた方もいらっしゃると思いますが、
日本から見ると北海道の北東、中国とロシアの国境付近を流れるアムール川付近に生息しているヒョウです。

「ヒョウ」という種全体ではここから中国・インド・アラビア半島、そして砂漠地域を除くアフリカ大陸へとかなり広く分布しています。
これはネコ科の仲間の中ではもっとも広い範囲にわたっているんだそう。
もちろん、飼い猫(イエネコ)は除きますけどね(^^;

その広範囲な生息範囲と比べてみれば、このアムールヒョウはとても限定された地域にのみ生息している希少種だということがわかります。
「レッドリストカテゴリ」の「Critically Endangered」(近絶滅種、絶滅危惧種より深刻なレベル)になっていますし。

でも、そんな貴重な動物に出会えたことがうれしいわけではありません。
フィールドで偶然出会ったとなれば話は別ですが、ここは動物園ですからね。
おまけに希少種のアムールヒョウと普通のヒョウの区別ができてませんでしたし・・・・・(大汗)


表紙の写真は、アムールヒョウのメスで名前は「チャイム」です。
ネコ科らしく毛づくろいをしているところを失礼して1枚。
なりが大きく存在感もあって迫力なんですが、しぐさ一つ一つを見ているとやっぱり猫なんだな~って(^^ゞ
ちなみに「ベル」というパートナーのオスがいるんですが、今回の訪問ではお目にかかれませんでした。
できればツーショット・・・・・いや「家族写真」を撮ってみたかったですね☆


アムールヒョウ
ヒョウ
いずれも@Wiki

オフショット編・・・
by sampo_katze | 2009-04-23 21:00 | 動物園 | Comments(2)
真・青い鳥
広島でオフじゃけ編・第10回。


c0081462_21493592.jpg
「野生の装いそのままに」


「ぴーちくパーク」の中には「ことりの家」というのがあります。
大きくて見栄えのする鳥もいいですが、やっぱり小鳥がいいです♪
花鳥園でインコたちと間近で触れ合っていたことも影響しているかもしれませんが(^^;

残念ながらここの鳥たちはそれほど人懐こいわけではないようで、肩に乗ったりすることはありません。
でも柵も網もないので、まさに目の前で観察できるのがうれしいところです。
適度に木が植えてあるので隠れる場所もあるし、水場もあるので水浴びの様子を見られることも。
隠れる場所があるのは鳥にとっては好都合なんでしょうけど、撮るほうにとってはちょっとネックですね(笑)
まぁ、自然とちがって必ずここにいるというのが確実になるのがいいのかな?


表紙の写真は、一番の大所帯である「ジュウシマツ」(手前)と「カナリア」です。
ジュウシマツは小さい頃に近くの人が飼っていたのですぐわかりましたが、カナリアのほうは「???」状態。
なんせ「カナリアイエロー」という言葉があるくらい黄色というイメージが強いじゃないですか。
なのにこのくすんだ感じの緑色はなんだ?
「野鳥のマヒワの類?」と、鳥に詳しい方々の頭も悩ませてしまいました(汗)
ちなみに無知なわたしは「アオジ」と思っておりました(^^;

その後「ローラーカナリア」という野生種に近い外観の種類と確定しました。
カナリアもマヒワも、スズメ目アトリ科に属する鳥ですのでよく似ているんですね。
ましてこの子は野生種に色なので余計紛らわしく見えたようです。

ご協力いただいた方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!


カナリア
ジュウシマツ
いずれも@Wiki

まさかの出会いがここでも・・・
by sampo_katze | 2009-04-21 21:00 | 動物園
大きい鳥たち
広島でオフじゃけ編・第9回。


c0081462_2126729.jpg
「とにかく鮮やか」


動物園というと4つ足の哺乳類ばかりと思ってしまいますが、意外と鳥の数も多いですね。
もちろん哺乳類のほうが人気が高いんでしょうけど、最近鳥撮りに目覚めてしまったこともあってか
ついつい鳥がいるとそちらに足が向いてしまいます(^^;


今回は撮れなかったんですが、ホンドフクロウとトビが一緒になっている飼育舎がありました。
上野動物園でもフクロウとタカが同居しているのが一つありましたが、あちらは展示の一環として。
こちらのは案内板によれば「保護された個体」なんだそう。
幼鳥で保護されると狩りの仕方を覚えることができないため、自然界に返せないんだとか。
またこんなときは近くで親鳥が見ていることもあるので、安易に近づかないでともありました。

わたしの住んでるところではまず見ることはないと思いますが。
あってもせいぜいスズメくらいかな(^^;


表紙の写真は、「ぴーちくパーク」というエリアにいた「コンゴウインコ」
目の周りに赤いラインが見られませんから「ベニコンゴウ」とはちがいます。
くちばしの上の部分がちょっと盛り上がっていて、リーゼントみたいになってますね。
それと思った以上にくちばしがするどいこと・・・・・(汗)
止まり木がぼろぼろになっているのもこのためなんですね~(^^;

ちなみに同じところに青一色でなかなかきれいだった「スミレコンゴウ」もいたんですが、
これまたうまく撮れませんで・・・・・残念でした。


「コンゴウインコ@Wiki」

大きい鳥は撮りやすい・・・?
by sampo_katze | 2009-04-19 20:00 | 動物園 | Comments(0)
あの子の元祖はここ
広島でオフじゃけ編・第8回。


c0081462_22111392.jpg
「眼光鋭く」


今回から2日目と最終日の午前中に訪ねた「広島市安佐動物公園」の様子をお届けします。
思った以上に魅力的な被写体に恵まれたので、かなりのボリュームになる予定・・・・・(^^;

安佐動物公園は1971年(昭和46年)9月1日に全国で62番目の動物園として開園しました。
場所は広島市街から北北西に直線距離で約12kmの山の中にあります。
とはいえ、広島駅から乗り換えなしで行けるバスがありますし(所要約1時間)
アストラムラインの最寄り駅から出ているバスで10分弱と比較的アクセスは良好です。
今回はみ~さんの車で行きましたが(^^;

園内は山の中にあるということもあってか、結構なアップダウンがあります。
以前、上野動物園を訪ねたときも意外と歩きがいがあって驚きましたが、ここはそれ以上!(汗)
今回わたしは初訪問、み~さんも久しぶりということで全園ほぼくまなく回りましたが結構なエネルギーを必要とします。
歩きながら休憩ポイントをチェックしておくとよかったかもしれませんね(^^;


表紙の写真は、「ケープハイラックス」
見た目は大型のネズミですが、「イワダヌキ科」に属していることからネズミとは縁がなさそうです。
どちらかというとゾウやウマ、ウシなどの先祖に近いようで。
体温調整は一般の哺乳類のように上手ではないため朝夕は日向ぼっこ、日中は日陰で過ごすとか。
このときも日差しは暖かでしたが気温はちょっと低かったので、群れで固まってお互いを暖めつつ日向ぼっこ。
でもこの1頭だけは幹に乗って周囲を警戒しているようでした。


ケープハイラックス@Wiki



広島市安佐動物公園公式HP
広島市安佐動物公園@Wiki

「立った」からなんだってんだ☆
by sampo_katze | 2009-04-17 21:25 | 動物園 | Comments(4)
超速いの、ちょっと遅いの
広島でオフじゃけ編・第7回。


c0081462_223828.jpg
「青空を真っ二つ!」



今回はちょっと番外編的(^^;
広電の車両と、帰りに撮った新幹線です。
ほかに紛れ込ませるにしても中途半端になるので、まとめてしまいました。


初日を除いて、み~さんとの待ち合わせは市電の駅のそばにしました。
広島駅にすると入るのも出るのも大変ですからね。

で・・・・・連休中の比較的朝早い時間帯は交通量が少ないので、道路の真ん中を走る市電の車両を撮るには好都合。
待っている間に頻繁にやってくる列車を見ているだけでも結構あきません。
何せ市電は別名「動く電車の博物館」と呼ばれるくらい車両のラインアップが豊富ですからね。
それに、路線バスも頻繁に通過するんですが行き先が豊富。
たまに急行や特急バスも通ったりして、「一見さんお断り」ではありませんが目的のバスを捉まえるのは一苦労?(^^;
でも、方向幕や側面表示に出ている行き先や途中経路を見ているのもなかなか面白かったです。
どこに行くのかまでは具体的に想像できませんけどね!


表紙の写真は、ふと見上げた青空に描かれた飛行機雲です。
地上はおだやかな快晴でしたが上空は風がかなり強かったようで
この2~3分後には吹き流されて、形はかなり保っていましたが位置は大きく移動していました。



広電グループ公式HP

種類は豊富・・・
by sampo_katze | 2009-04-15 22:30 | 山陰・山陽
船で世界遺産めぐり
広島でオフじゃけ編・第6回。



c0081462_22251568.jpg
「水上から」


こんちゅう館から市内に戻り、次は宮島に向かいます。
幸い雨もやみましたからね。

オフ初日にドームを訪ねたとき、元安川にある船の乗り場が目に入りました。
ここから宮島まで約40分の船旅で直接行くことができるんです。
広島の陸と海の世界遺産を直接結ぶ船なんですね。

だいたい1時間おきで1日12本が運行されるんですが、毎日全便が運行されるわけではありません。
経由する元安川と本川の水位は潮位によって大きく変わります。
このため、大潮の日の干潮のときは水位が低くなりすぎて船が走れなくなってしまうんです。
ご利用になる際は、下記HPにある時刻表だけでなく各月の「運行予定表」を見てください。
またこの日は天候のせいか空いていましたが、混雑時には満席になることもあるので注意が必要です。


表紙の写真は、その船からドームを眺めたもの。
一段低いところから見ることができるのも船ならではですね。

乗り場のある元安川を下ることもできますが、上流に進んでドームの前を経由していくところがミソ。
原爆投下の目標となった相生橋から本川に入り、平和公園をぐるりと回って河口へ向かいます。
出発してから河口近くまでは船のデッキに出ることができるのもうれしいですね。
途中、えさを求めてゆりかもめがやってきたりもします。
沿岸にカキをむき身にする作業場(打ち場)があるのも広島らしいところです(^^)


アクアネット広島
宮島観光公式サイト

高速艇で一気に・・・
by sampo_katze | 2009-04-13 20:00 | 山陰・山陽 | Comments(4)
蝶とたわむれる
広島でオフじゃけ編・第5回。


c0081462_21513264.jpg
「奥義!木の葉隠れの術」


順番を変えて3日目。
この日の天気は雨模様で、ところにより一時強く降るかも。
となると屋外での撮影はちょっと大変ということで、屋内で撮影ができる「こんちゅう館」を訪ねます。

場所は広島市内から北東に約10km、鷹の条山の山頂近くです。
車ですと市内から広島高速道経由で約30分、バスは最寄の停留所から歩いて60分!
まさに山の中ですからアクセスは車がいいようですね(^^;
み~さんが一緒じゃなかったらバス利用になりますが、絶対途中で挫折してしまったことでしょう!

高速を降りて森林公園につながる山道を上っていきます。
標高が高くなるにつれ周りがだんだん霧につつまれていき(低層の雲だったかも)視界が悪く・・・・・。
一本道なので迷う心配はないんですが、ちょっと不安になるような展開ですよね。
まぁ、わたしは信じてましたから平気でしたが(笑)

果たして、駐車場のゲートに無事到着。
すぐ目の前にある第1駐車場に停めると、また長い距離を歩かなくてはいけないそうです。
「すんごい大変だった!」とはみ~さんの談。
なので、もうひとつ先にある第2駐車場まで進みました。
幸い雨は小降りになっていましたが、地図がないのでこんちゅう館までどれくらい距離があるかわかりません。
また雨がいつ降り出すかもしれませんから傘を持って、坂道をてくてく下っていきます。

しばらく歩き坂を下りきったところで広場のようなところに出ました。
そのちょっと先にようやく周辺地図が登場、どうやら方向は間違ってなかったようです。
駐車場に「こんちゅう館はこちら⇒」みたいな看板を出してほしいなって(^^;


表紙の写真は、「コノハムシ」です。
説明板に「幼虫、成虫ともグァバやカカオなどの葉を食べます」とありました。
ここには3匹写ってますが、すぐわかりますよね?

コノハムシ@クワショップChamp



広島市森林公園昆虫館公式HP

昆虫観察はひさしぶり・・・
by sampo_katze | 2009-04-11 20:00 | 山陰・山陽 | Comments(2)