<   2013年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
赤道近辺のエリア
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・第3回


c0081462_2018558.jpg
「アライグマの仲間です」


3つ目のエリアは「アメリカ西海岸」にある「モンタレー湾」のエリア。
こちらには「カリフォルニアアシカ」「ゴマフアザラシ」がいます。
前者は単に「アシカ」と呼ばれることも多く、国内の「動物園」「水族館」では普通に見られ「ショー」もよく行われています。
後者は「少年アシベ」の主要人物(?)として登場したこともあって人気がありますね。
ですが、どちらもいい写真がないので省略します(^^;

4つ目は「パナマ湾」のエリア。
「運河」で知られる「パナマ共和国」の南側に広がる湾です。
ちなみに「パナマ」の北側には「カリブ海」があります。

ここのメインはなぜか陸の「哺乳類」「アカハナグマ」
「水族館」であることを一瞬忘れてしまいそうです。


表紙の写真は、その「アカハナグマ」です。
やや長めの鼻としま模様のしっぽが特徴。

「和名:アカハナグマ
 英名:Ringtailed coati
 学名:Nasua nasua

 赤褐色の毛をしたハナグマで、アライグマの仲間にあたり、木登りがとても上手。
 地上と樹上の両方で生活し、夜は巣穴で休む。
 長い尾を立てて歩き、樹上ではこの尾を使ってバランスをとる。
 長く突き出た鼻はよく動き、常に辺りの匂いをかいでいる。
 鋭く長いツメのある前あしや鼻先を使って土を掘り、エサを探す。雑食性で昆虫や果物などを食べる。
 おとなのオスは、繁殖期以外は単独で暮らすが、メスとこどもは群れで暮らし、協力して子育てをする。
 頭から尾の先までの長さは約130cmになり、そのうちの半分以上を尾が占める。体重や約5kgになる。
 ハナグマの仲間は、中南米の森林地帯や草原に生息する。」

※説明文より引用


カリフォルニアアシカ
ゴマフアザラシ
ハナグマ(アカハナグマ)
いずれも@動物図鑑(PrivateZooGarden)

カリブ海@葛西臨海水族園の様子はこちら
2013年5月20日の記事 カリブ海のエリア


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

水とは無関係ですが・・・
by sampo_katze | 2013-08-30 20:30 | 水族館 | Comments(0)
水鳥とカワウソ
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・第2回


c0081462_2029225.jpg
「仲睦まじく」


最初の「日本の森エリア」の後半は7階へと下りて館内へと移ります。
8階はおそらく屋上で、「温室」のような感じなのでこの時期は暑いですが、7階からはようやく涼しくなります。
といってもすぐに汗がひかないので、冷房の吹き出し口の下にしばらくとどまってしまいましたが(^^;

さて、室内エリアには数種の「水鳥」がいます。
「水槽」には魚たち(種類は忘れた・・・・・)もいて、公園の池のような感じ?
たまに潜って追いかけまわしていたので、餌も兼ねているのかもしれませんが。


表紙の写真は、「オシドリ」です。
もはや説明不要の仲睦まじい鳥ですが、実はパートナーを毎年変えるということはあまり知られていません。
これは「カモ」の仲間ではよくあることらしいですね。
写真が少々不鮮明ですが、これはガラス面が曇っているため。
お見苦しいかもしれませんがご容赦を(^^;


オシドリ@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

水鳥たちを水中からも・・・
by sampo_katze | 2013-08-28 20:40 | 水族館 | Comments(0)
日本三大水族館の1つ
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・第1回


c0081462_20363766.jpg
「虹色の観覧車」


7月26日(金)。
この日は「大阪港」にある「水族館」「海遊館」を訪ねました。

「大阪港」界隈を訪ねるのは2010年7月以来3年ぶりで、そのときは「海の日」にからんだ3連休を利用しての訪問。
初日は「梅田」での写真展を見学&プチオフをし、残りの2日間は「大阪市内」「Brompton」でめぐりました。
当時は梅雨明けしたばかりだったのでかなりしんどかった(^^;

で、今回もそのときとほぼ同じくらいの暑さ。
でも幸いなことに(?)今回は電車移動なので問題はなさそうです、たぶん・・・・・。
「海遊館」の最寄り駅は「大阪市営地下鉄中央線」「コスモスクエア」方面で終点の1つ手前にある「大阪港駅」
ここを下りて徒歩5分ほどです。

また「大阪市バス」ですと「天保山」バス停下車すぐ。
ここへは「大阪駅」からの「88系」「なんば駅」からの「60系」が「天保山」行きになっているとのこと。
2大ターミナル駅から直通で行けるので便利ですね。
ん~、こっちにすればよかったかな?


表紙の写真は、手前の「天保山マーケットプレイス」にある「大観覧車」です。
高さは世界最大級の112.5mで「ゴンドラ」は7色のグラデーションになっています。
中には白いのが混じっていますが、これはなんと側面と底面が透明になっているんだそう!
椅子まで透明になっているようなので、結構スリルがありそうですね(^^;
また夜には「イルミネーション」が輝き、翌日の天気予報に合わせて色が変わるんだとか。
確か「通天閣」でも同じようなサービス(?)をしていましたが、なかなか面白いアイデアですね。


世界最大級の水族館 海遊館
天保山ハーバービレッジ

前回、大阪港界隈を訪ねたときの記事はこちら
2010年9月6日の記事 大阪ベイエリアと日本一低い山


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

港にある水族館・・・
by sampo_katze | 2013-08-26 20:40 | 水族館 | Comments(0)
今年も”秋”が来た☆
Intermisson


c0081462_2037610.jpg
「23年目の”秋”の味覚」


前日の8月23日は「二十四節季」の1つ「処暑」
古来「暑さも峠を越えるころ」とされていましたが、昨今は9月になっても油断できませんね。
それより「夏休みの宿題」のできはどうなの?
と心配になるころかもしれません。
今年は9月1日が日曜なので2日間だけとはいえ余裕があるのかな?(^^;

それはさておき。
今年も8月20日から期間限定で、「キリンビール」「秋味」がリリースされました。
このニュースを聞くと、個人的にですが「秋だな~」って感じます。

とはいえ、まだしばらくは暑さが残りそう。
秋の味覚とともに味わうのはまだ先になるのかな?


Coolpix3100
by sampo_katze | 2013-08-24 21:00 | 季節ものなど
BDレコーダー更新
Intermission


c0081462_2053957.jpg
「新しいリモコンに少々とまどう」


ちょうど1か月前に「BDが読めなくなって」という記事を出しました。
そのときは専用の「レンズクリーナ」を導入し、その直後は問題ありませんでした。
が、それも長くは続かず「Blu-ray Disc」は新品も過去に録画したのもダメ。
「DVD-RAM」だけ大丈夫という状況に陥りました。
結構使い込んでいますし、クリーニングもやっていなかったのが原因かも?

ということで新しいのを購入し、入れ替わりに調子の悪い方を修理に出すことにしました。
新しい方は機能が増えている割に小さく軽くなっていてビックリ!
「外箱」からしてだいぶ小さかったですからね~(^^;

当然、微妙に使い勝手が「リモコン」も含めてちがうのでまだ少々とまどっています。
慣れてくると見なくても「このボタンはこの位置」というのがわかりますが、それが微妙に変わりますからね(笑)
使いこなしにはもう少し時間がかかりそうです。



Coolpix3100
by sampo_katze | 2013-08-22 21:10 | 季節ものなど
屋内だけどペンギンがいっぱい
すみだ水族館へ行こう!最終回


c0081462_20332373.jpg
「周囲どこからでも」


「すみだ水族館」の最後のエリアは館内最大の面積を占める「ペンギン」のエリアです。
ここにいるのは「マゼランペンギン」という種類。
一見すると「フンボルトペンギン」にそっくりで、最初はわたしも先入観で「フンボルト~」と思ってました(^^;
生息地も「フンボルト~」が「南米大陸」の西海岸に対し「マゼラン~」は同大陸の南端付近と近く、一部重なっているようです。
これらに「アフリカ大陸」の南端付近に生息する「ケープペンギン」を加えた3種を同種とする説もありますが
それほどよく似ています。
「マゼラン~」と「フンボルト~」を比べると、くちばしの付け根の色がそれぞれ黒とピンクとで比較的区別しやすそう。
ただ様々な個体を見比べたわけではないので、もう少し観察が必要ですけどね。

「7 水といのちのたわむれ ~ペンギン~
 日本は世界的なペンギン大国。
 世界中で飼育されているペンギンの25%以上が日本にいるといわれている。
 そんなペンギンの和名は「人鳥=人のような鳥」。
 事実、ペンギンには人のような特性がある。
 多くのペンギンが生涯パートナーを変えず、ペアが協力して育児をする。
 そんなペンギンの姿を見つめ、人も自然の一部であることを感じたい。」


「マゼランペンギンは南米大陸に生息する。
 体長は50~60cm。
 陸上では最高で時速2km程度でしか歩けないが、水中では最高で時速12kmで泳ぎ、
 移動距離は時には数千kmにおよぶ。
 ペンギンは「水中を飛ぶ」つまり泳ぐために、翼をヒレ=フリッパーに、体型を紡錘形(ぼうすいけい)に
 進化させてきた。
 ユーモラスなようで、海という環境にしっかりと順応した賢い鳥なのである。」



表紙の写真は、6階から5階へと下りる階段の途中から眺めた「ペンギンエリア」の全景です。
プールの周囲を取り囲むようにして「スロープ」が設けられていて、どこからでも見ることができるようになっています。
しかも吹き抜けになっているので、1つ上の6階からも見られます。
このように上から眺められるのは屋内施設ならではといえるでしょう。

ペンギンの達人
マゼランペンギン@Wiki
フンボルトペンギン@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

意外と広大な空間におどろく・・・
by sampo_katze | 2013-08-20 20:35 | 水族館 | Comments(0)
北斎が描く魚たち@すみだ水族館特別展
すみだ水族館へ行こう!第5回


c0081462_2016048.jpg
「北斎と水族館のコラボ」


今回「すみだ水族館」を訪ねたのは7月13日(土)。
「葛飾北斎」をテーマにした企画展が始まる日です。
当初はこの1週間前に訪問しようと考えていたんですが、この企画展があるので延期したんです。

「北斎」といえば「富嶽三十六景」などで知られる「江戸時代」後期に活躍した画家で、発表した作品は3万点超という巨匠です。
「浮世絵」のほか「挿絵」なども手掛けていたようです。
そしてモチーフは少々乱暴な言い方をすれば「何でもアリ」
「風景画」「美人画」はもちろんのこと、だいぶ前ですが「妖怪」の画を掲載していた本を見たことがあります。

とにかく幅広い分野をテーマに絵を描いていた「北斎」。
その中には今日「水族館」で見られる「水の生き物たち」も含まれていました。
さすがに本物の画はありませんでしたが、それを転写(?)したものが展示されています。
「本物」を期待されている方には残念かもしれませんが(いないかな?)、
「水族館」のような場所では展示は難しいでしょうからね(^^;

「すみだと北斎
 引越しした回数は多かれど、ほぼ一生「すみだ」で暮らした北斎。
 むかえる2015年には、すみだ北斎美術館が開館する。
 天才が描き残した、すみだの、江戸の生物たちには、
 すみだを愛し続けた画家だからこそのリアリティがある。
 そんな「すみだの北斎」をすみだ水族館は浮彫りにする。」

※案内板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「特別展」入口に掲げられていた垂れ幕です。
「北斎」の絵と「すみだ水族館」のシンボルマークが並んでいました。
会場では絵に描かれた生き物たちが合わせて展示されています。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

巨匠の作品のほんの端っこにふれる・・・
by sampo_katze | 2013-08-18 20:30 | 水族館 | Comments(0)
海のゆりかご ~ サンゴ礁
すみだ水族館へ行こう!第4回


c0081462_19211769.jpg
「どこからでも見られます」


「アクアギャラリー」のエリアを抜けると5階と6階が吹き抜けになったエリアに出ます。
その右手には2階分の高さがある「東京大水槽」が、左手には1層下の5階にある「ペンギン」のエリアがあります。
急に開放的になるのでちょっとびっくりしますね。
さらに進むと4つ目の「サンゴ礁」のエリアがあります。

「光と水のはぐくみ ~サンゴ礁~
 サンゴには植物と動物の顔がある。
 まず、昼のサンゴは体内に共生する褐虫藻(かっちゅうそう)が光合成して作る栄養分によって植物のように成長する。
 一方、夜のサンゴは動物のように他の生物を食べる。
 そして、サンゴの集まりであるサンゴ礁は、『海のゆりかご』と呼ばれている。
 サンゴ礁は動物の隠れ家や産卵場所であり、生物多様性の宝庫である。」

※案内板より引用


表紙の写真は、4本の細長い水槽が並ぶ「サンゴ礁」のエリアです。
複数の水槽が横並びになっているのはよくありますが、このように平行に並ぶというのは初めてのような気が?
これですとどの面からも水槽内が眺められるので、混んでいるときなどはありがたいです。
また反対側に立ってもらうと簡易的な「水中写真」も撮れそうですね。
「水族館」での人物撮影って水槽内は明るいけど人物は真っ暗というパターンが多いですが、
ここなら魚たちと一緒に写すこともできるでしょう。

サンゴ礁@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

目新しい展示方法・・・
by sampo_katze | 2013-08-16 19:30 | 水族館 | Comments(0)
テーマいろいろ・アクアギャラリー
すみだ水族館に行こう!編・第3回


c0081462_20264465.jpg
「元祖イクメン?」


「クラゲ」のエリアの次は「アクアギャラリー」です。
小さな水槽12本が並んでいて個性的な生き物たちが展示されています。
ちなみに展示のテーマはすべての水槽に共通ではなく、いくつかのユニット(?)に分かれているようです。
ただ随時展示内容は変わるようなので、こまめに訪ねてみるのも面白そうですね。
「年間パスポート」があれば2回分の料金で何度でも入り放題ですし(購入時に写真撮影あり)。

「3 ゆりかごの連なり Part2 小さな仲間たち ~アクアギャラリー~
 地球は色とりどりの生き物にあふれている。
 多種多様な環境に適応し、時にしたたかに生きる姿は、躍動感にあふれ美しい。
 それは、まさに命の輝きそのものである。
 そうした生き物の生態と美を、テーマによってセレクトして展示するのが、このアクアギャラリーである。
 ここに並ぶ水槽を通じて、ふだん見過ごしてしまいがちな、命の美しさが間近で感じられる。」

※案内板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「タツノオトシゴ」の一種「オオウミウマ」です。
大きいものは30cmにも達するという大型種で、「日本近海」に生息する種としては最大。
ですが、こちらのはそれほど大きくはありません。
また、この個体のお腹はでこぼこしているのでどうやら「メス」のよう。
「オス」「育児曩」があるため表面が滑らかになっているはずなので。

「これもイクメン
 オスのお腹で子育てします。」


タツノオトシゴ@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

バラエティーに富んだ展示・・・
by sampo_katze | 2013-08-14 20:30 | 水族館 | Comments(0)
ふわふわ「クラゲ」とカチカチ「エビ」&「カニ」
すみだ水族館に行こう!編・第2回


c0081462_20281052.jpg
「涼やかにただよう」


2つ目のエリアは「ゆりかごの連なり Part1 水の記憶 ~クラゲ~」です。
展示されている種類はそれほど多くなさそうですが、併設されている「ラボ」は必見!
常駐するスタッフに質問したりもできるようなので、「自由研究」にもいいかもしれません。
って、「自由研究」って課題は今もあるんですかね?(^^;

「2 ゆりかごの連なり Part1 水の記憶 ~クラゲ~
 「くらげなすただよへるときに」と、日本最古の歴史書・古事記に記述があるクラゲ。
 日本人にはなじみ深いが、たとえば水中での暮らし方や、
 数億年前とされるクラゲの祖先の明確な出現の時期も、よくわかっていない。
 太古から姿をほとんど変えていない謎多きクラゲの生態には、
 時を越えた生命の神秘が隠されているのかもしれない。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、もっとも一般的な「ミズクラゲ」です。
単に「クラゲ」といえばこれを指すといってもいいくらいですね。
たいていどこの「水族館」でも見られますし。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

潮の流れに身をまかせ・・・
by sampo_katze | 2013-08-12 20:35 | 水族館 | Comments(0)