<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
第1室 明日に向かって~リニアモーターカー
大阪の交通科学博物館を訪ねよう!編・第1回


c0081462_20223733.jpg
「往年の名車が並びます」


7月27日(土)、「大阪」訪問の2日目です。
この日は「大阪市港区」にある「交通科学博物館」を訪ねました。
かつて「千代田区神田須田町」にあった「交通博物館」(2006年5月閉館)と双璧をなしていた施設です。
「交通博物館」は2007年4月に「さいたま市」「鉄道博物館」に生まれ変わりましたね。

で、「交通科学博物館」も2014年4月をもって閉館することが7月24日に発表されました。
そして2016年春には「梅小路蒸気機関車館」を拡張する形で新しい「鉄道博物館」として生まれ変わることに。
実は「交通博物館」は閉館が発表されて以降、結局訪ねずじまいになってしまって後悔しました。
こちらはまだ1度も訪ねていないので、急遽「海遊館」と合わせて訪ねることに決定。
閉館が近づけば混雑することは必至ですので、「夏休み」に入ったとはいえチャンスは今!とばかりに(^^;

最寄り駅は「JR大阪環状線」および「地下鉄中央線」「弁天町駅」です。
「JR」駅の東側に隣接するように作られていますので。
それぞれ出口が2つありますが「JR」は「天王寺駅」寄りの「南口」を、「地下鉄」「本町駅」寄りの「東口」を利用します。
かつては「JR」の「北口」も連絡していたようですが、訪問時には閉鎖されていましたのでご注意を。


表紙の写真は、「南口」から続く通路から屋外展示車両を眺めたところです。
左は手前から「230形蒸気機関車」「ナシ20形食堂車」、中央は「マロネフ50形寝台車」、右は「80系電車」です。
あれ?「80系電車」ってたしか2枚窓だったはずだけど・・・・・?
と思ったら製造初期はこのような3枚窓だったんだそう。
展示されているのはトップナンバーなので当然3枚なわけですね。

交通科学博物館


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

訪問はお早めに・・・
by sampo_katze | 2013-09-29 20:25 | 博物館・美術館 | Comments(0)
ただいま名古屋
c0081462_18281163.jpg

出張が無事終わり、まったりしてます
iPhone初使用でしたが、友人のiPadを使わせてもらったこともあり
使い方にはほとんど迷わずにすみました
でも、この小さなキーだけはやや苦戦しますね〜
かなりの確率で隣のをタッチしてしまいます(^^;
初日に比べれば大分マシになりましたが

そしてLTEは速いですね
ちと心が動きます(笑)
by sampo_katze | 2013-09-27 18:28 | カメラ・自転車の機材
iPhoneになった~自前ではありませんが
Intermission


c0081462_2031716.jpg
「初めてのスマホ」


9月20日(金)。
「iPhone5s」「5c」が発売されました。
上位機種となる「5s」は事前予約ができなかったため、発売前の行列という「日本」らしい?光景も見られましたね。
って、実際に見たわけではありませんが(^^;
また3色展開している「5s」は「ゴールド」「シルバー」が早くも品切れ、入荷未定に。
発売開始時点で「スペースグレイ」(黒)のみという店舗もあったとか。
せっかく並んだのに色が選べないというのはキツイですね。

そして「5s」&「5c」発売に合わせて「NTTドコモ」もいよいよ「iPhone」を導入。
先行の「Softbank」「KDDI」と同じ土俵に上がりました。
待ちに待った「ドコモ」ユーザーも多いでしょうね。
ちなみに一応わたしもそのうちの1人だったんですが、まだしばらくは「ガラケー」のままでいいかな?と。
バッテリーの持ちが怪しくなってきたら考えようかと思っています。

そんな新機種発売にわく日、出張に使う会社の共有ケータイが「iPhone5」に切り替わりました。
もちろん新機種ではなく先代の「無印」です。
「ガラケー」のときは「ウェブ」接続できなかったので、乗り換えや地図などを調べるのに自前のケータイを使っていました。
ですが今後はアプリを活用し、かつ大きな画面で調べることができるのでラクになりそうです。
だったら自前のも「スマホ」にしたら?と言われそうですが、それはそれということで(^^;

Apple(日本語サイト)
TeachMe iPhone ※このサイトはAppleとは無関係です。



Coolpix3100
by sampo_katze | 2013-09-25 20:05 | カメラ・自転車の機材
14年ぶりの再会~E3系L51編成
Intermission


c0081462_20454081.jpg
「延伸開業3週間前@山形駅」


先週は「山形」に出張でした。
移動には往復とも「山形新幹線」を利用、2000年7月以来13年ぶりです(^^;

行きは2008年(平成20年)に登場した「E3系2000番台」
背もたれのリクライニングと座面スライドがある「JR東日本」ではおなじみの装備。
「ドリンクホルダ」や窓側と車端に「コンセント」があるのもいいですね。

で、帰りは1999年(同11年)12月「新庄駅」への延伸に備えて登場した「1000番台」
しかも「トップナンバー」でした。
仕事も無事終わったことだし、これはなんだか縁起がいい!
登場した時代のちがいのため、座席のリクライニングのみだったのがちょっと残念。
それでも車両の割合としては1:4とややレアですし、まして「トップナンバー」なのでヨシということで?
で、ふと14年前に「角館」を旅行した帰りのことを思い出しました。

1999年11月のこと。
すでに「秋田新幹線」は開業していたのですが、寝台特急「はくつる」「盛岡」へ。
そこから「花輪線」「奥羽本線」「秋田内陸縦貫鉄道」を経由して「角館」に到着。
紅葉に染まる「武家屋敷」などを散策しました。
帰りも逆方向の「大曲」へ出てから「奥羽本線」を南下し、「山形」から「山形新幹線」という遠回りで。
そのとき2番線ホームにいたのが試運転中の「E3系L51編成」でした。
撮影情報がなぜか読み取れないので何時かはわかりませんが、最終1本前だったかな?
旅の最後にいいものが見られてうれしかったですね。
で、今回の出張ではこのとき以来の再会となったわけです。

さて、先代の「400系」から続く「新幹線」としては斬新な「グレー」を基調としたこのカラー。
来年春から新しいものに順次変わっていくんだそうです。
完了は2016年予定なので余裕はありますが。
まだそのデザインは明らかになっていませんが、どんなものになるんでしょうね?
楽しみです。

JR東日本 E3系2000番台 山形新幹線「つばさ」@座席探訪
新幹線E3電車@Wiki


Coolpix900
by sampo_katze | 2013-09-23 20:50 | 東北
氷の浮かぶ海・北極圏のエリア
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・最終回


c0081462_223140100.jpg
「北極の海の下を行く」


「ふあふあクラゲ館」を出ると「海遊館」めぐりも終盤。
次のエリアは「北極圏」です。
ここは2つのフロアに分かれていて2階が「海中」、3階が「海上」となっています。

「北極圏
 北極圏とは、少なくとも1年に1日、太陽が昇らない日や沈まない日が訪れる極地と定義すると、
 北緯66.5度以北の地域をいい、そのほとんどを北極海が占める。
 その中心である北極点付近は年平均気温-18℃、最低気温-30℃で、海の表面は常に海水が凍結してできた
 海氷(かいひょう)に覆われる極寒の世界である。
 しかし、その海氷の下に広がる海は、水温が-1.9℃(海水の氷点)より高く、陸上よりはるかに暖かい。
 海中には、低水温に適応したウニ、ヒトデ、イソギンチャクなどの無脊椎動物やタラ、カジカ、サケなどの
 魚類が多く見られ、それらを捕食するクジラやアザラシなどの哺乳類も生息する。
 北極圏の陸地は北極海の周辺にあり、ユーラシア大陸や北アメリカ大陸などと陸続きのため、周囲を海に囲まれる
 南極大陸よりも豊かな生物が存在し、ホッキョクヤナギやホッキョックヒナゲシ、ホッキョクギツネ、レミング、
 トガリネズミ、カリブー、ジャコウウシ、ホッキョクグマなど多様な動植物が生息する。
 人類との関わりにおいては、南極圏での人類の活動が200年程前に始まったのに対し、北極圏では1,000年以上も前から
 活動しており、現在も、狩猟民族のイヌイットやヤクート、サミーと呼ばれる人々が生活をしている。」



表紙の写真は、「ふあふあクラゲ館」から「北極圏」エリアへと続く通路です。
天井には「北極海」の海面を再現したようなディスプレイがされていて、海中にいるような雰囲気を醸しています。
また両側は鏡張りになっています。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

冷たい海の世界へ・・・
by sampo_katze | 2013-09-21 22:35 | 水族館 | Comments(0)
幻想的空間・ふあふあクラゲ館
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・第10回


c0081462_20192210.jpg
「クラゲコレクション in 海遊館」


「日本海溝」のエリアを抜け、「太平洋」「大水槽」の下層部を右手に見ながら進みます。
そして突きあたりを右に進むと「大水槽」の広大なエリアの片隅に造られた「隠れ家」のような場所がありました。
広々としたエリアを悠然と泳ぐのは大きな魚や群れをなす魚たち。
でも岩場などがあれば天敵から身を隠したりゆったりまどろんだりできるので、さらに様々な魚たちが集まるようになります。
ここにはそんな魚たちを観察することができます。
「深海」エリアより条件が厳しいようだったのでチラッと見ただけでしたが(^^;

で、再び突きあたりに戻ると3階へと下りる「エスカレータ」があります。
ここを進むと再入場をしないと階上へ戻ることはできません。
「エスカレータ」入口にその旨は掲示されていますが、再入場もできますのでわざわざ順路を逆に進むことはないでしょうが。

そして「エスカレータ」で下りた先の3階にあるのが「ふあふあクラゲ館」
ここには12基の水槽が置かれ、展示替えがありますが常に12種の「クラゲ」を見ることができます。
水中を優雅にただようその姿を見ているとなんだかいやされるんですよね~。


表紙の写真は、エリアに展示されている「クラゲ」たちのパネルです。
9種類の個性的な「クラゲ」が並んでいます。
ほんとにいろんな姿かたちのものがいるんですね~。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

国内外のクラゲがいろいろ・・・
by sampo_katze | 2013-09-19 20:25 | 水族館 | Comments(0)
深海と日本海溝のエリア
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・第9回


c0081462_20154688.jpg
「深き青の世界」


出張で変更していましたが、本日より「海遊館」編を再開します。


「国立科学博物館」(かはく)で開催されている特別展「深海 挑戦の歩みと驚異の生きものたち 」が大盛況のようですね。
わたしも行ってみたいと思っているんですが、なかなか都合が合わず・・・・・。
もうすぐ閉幕ですからね。

ちなみに「かはく」のサイトを見ると、10月20日から始まる次の特別展は「恐竜展」になっていました。
例年ですと「夏休み」に開催されるようなイメージがあるんですが、今年は「ダイオウイカ」撮影の一件があったからなのかも?
いずれにしても会期は10月6日までなのでお早めに!
閉幕が近づくとまた混雑するでしょうから(^^;

さてそのような特別展でなくても、たいていの「水族館」なら「深海」に関する展示を見ることができます。
でも元々光が届かないような空間なので、展示しているエリアもかなり暗い設定。
普通ならとてもじゃないけど撮影は困難でしたが、ここ数年は超高感度が当たり前になってきてますから
難易度はだいぶ下がってきてますね。

「深海の世界  深海の環境と生物
 海は地球表面のおよそ71%を占め、水深は平均で3,800m、最も深い場所はマリアナ海溝で10,911mに達する。
 そして、一般的に水深が200mよりも深い場所のことを深海と呼ぶ。
 水深200mでは、わずかに青い光が届く程度で、水深1,000mでは、ほとんど光が届かない暗黒の世界になる。
 そのため、光の届かない深海では光合成をする植物プランクトンなどが増殖できず、海の表層域に比べて
 餌となる有機物や生物が極端に少ない。
 そこで深海の生物たちは、沈んでくる生物の死がいやフンなどを食べたり、その生物を食べたり、
 餌をとるために水面近くまで浮上したりして栄養分を補っている。
 特殊なものとしては、人間には有毒な硫化水素と酸素で増殖するバクテリアを食べる生物もいる。
 また、深くなればなるほど水圧がかかり、水深200mでの圧力は、地上の約20倍、水深1,000mでは約100倍、
 水深10,000mでは約1,000倍にもなる。
 仮に地上で暮らす生物が、その環境におかれたとすると、細胞やタンパク質の構造まで押しつぶされて、
 神経の伝達までくるってしまう。
 深海の生物はこういった水圧による過酷な環境にも耐えうる能力も兼ね備えているのだ。」

※説明文より引用、以下同じ


表紙の写真は、入口にいた「オオクチイシナギ」です。
大きいものでは2m近くにもなる巨大魚です。
説明では「肝臓」は中毒の危険があると書かれてますが、肉自体は問題なく美味とのこと。

このエリアはどの水槽も「深海」の実環境に合わせてか、青みがかった照明になっています。
画面の中に無彩色の部分があればそれを基にして「ホワイトバランス」を補正し、本来の色にできるんですが
この写真だけはどうにもなりませんでした(^^;
ちなみに撮影時の「ホワイトバランス」は「オート」です。

「九州以北の各地、北太平洋の水深約400~600mの岩礁域に生息。
 肉食性で、大きくなると肝臓に多量のビタミンAをもち、中毒の危険がある。」

※説明文より引用、以下同じ

オオクチイシナギ@Private Aquarium


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

ここからはホワイトバランス補正済み・・・
by sampo_katze | 2013-09-17 20:30 | 水族館 | Comments(0)
宿にて
c0081462_20392793.jpg

今夜、帰ってきました
台風の影響がなくてよかったですが、明日は心配ですね


さて、宿のトイレ
ウォシュレットなんですが、水量設定にビックリ!
「ターボ」って何!?(汗)


で、別掲の説明に
「最弱では水が出ないこともあります」
との記載が・・・

要は、一段階表現がずれてる(語弊ありますが)
ということみたいです(--;
それにしてもインパクトありな表現ですね〜
by sampo_katze | 2013-09-15 20:39 | 散歩 | Comments(0)
ただいま山形
明日から3連休ですが、
プライベートではなく仕事です
そして明日も・・・(^O^;
by sampo_katze | 2013-09-13 21:34 | 季節ものなど | Comments(0)
ニュージーランド中央部のエリア
世界最大級の水族館~海遊館へ行こう!編・第8回


c0081462_2062861.jpg
「青い魚の群れ」


今回は「クック海峡」のエリアです。
それってどこなの?というのが最初の率直な感想でしたが(^^;
で、どこにあるかというと「ニュージーランド」の主要な国土を形成する「北島」「南島」の間です。
海峡の名前はここを発見・通過した「ジェームズ・クック」が由来。
もっとも狭いところの幅は23kmで、「津軽海峡」より少し長い(東西とも20km弱)くらいです。

「クック海峡

 "アオ・テア・ロア"(長く白い雲の国)
  13、4世紀ごろ、南太平洋の島からカヌーで渡ってきたマオリ族は、ニュージーランドを見て、
  「アオ・テア・ロア」(長く白い雲の国)と呼びました。
  ニュージーランドは、クック海峡によって北島と南島に隔てられ、南島は3,000メートルを越える山々や氷河があり、
  北島は大部分が丘陵で活火山が多くあります。

 ニュージーランドのマオマオ
  クック海峡には、それぞれブルーマオマオ、ピンクマオマオと呼ばれる魚がすんでいます。
  これらの魚は同じ種類のようですが、ブルーマオマオはイスズミ科、ピンクマオマオはハタ科の魚です。
  実は、ニュージーランドの現地語ではマオマオとは魚のことを意味し、ブルーやピンクの美しい姿を見て、
  人々がこう名付けたそうです。」

※説明文より引用


表紙の写真は、「クック海峡」エリアの1コマです。
大部分が「ブルーマオマオ」によって占められていました。
もちろんたまたまその部分を切り取っただけで、実際にはいろいろな種類の魚たちがいます。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

紹介できる種類は少なめですが・・・
by sampo_katze | 2013-09-11 20:10 | 水族館 | Comments(0)