<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
根津駅から上野動物園・池之端門へ
冬の動物園を訪ねよう!in 上野動物園編・第1回


c0081462_2148517.jpg
「6000系電車形図書館」


「ラーメンツアー」(2軒だけだけど)に出かけた翌日の1月4日(土)。
最初はどこか「水族館」に行こうかと思ったんですが、気が変わって「上野動物園」に行ってきました。
訪問は2011年1月22日以来、なんと3年ぶりです。

「上野動物園」の最寄駅は言わずと知れた「上野駅」ですね。
かつて「京成」には「博物館動物園駅」があり、その名の通りどこに行くにも便利だったんですが
残念ながら1997年(平成9年)4月に休止、2004年(同16年)4月に正式に廃止となりました。
駅の地上入口などはいまだに残ってますけどね。

そしてもう1つ、「動物園」をはさんで反対の西側にある「東京メトロ千代田線」「根津駅」(ねづ)も実は最寄り駅です。
「上野駅」があまりにも有名なので、こちらを知っている方は少ないと思いますが。
入るのはもちろん「表門」ではなく、「池之端門」(いけのはたもん)という小さな入口から。
このことは3年くらい前?に知ったんですが、利用したことはありませんでした。
ということで今回はこちらからアクセスしてみることにしました。

ちなみに「根津駅」はちょっと変わっていて
・ホームの両端寄りに改札がある。
「代々木上原駅」方面は地下1階、「綾瀬駅」方面は地下2階と2層に分かれている。

「動物園」に近いのは「代々木上原駅」寄りにある改札口なので、乗る車両に注意しましょう。
意外とホームは長いですからね。


表紙の写真は、改札のそばにある「根津メトロ文庫」です。
かつての主力車両「6000系」をモチーフにしたもので、中には本がギッシリ。
その蔵書数はなんと600冊にも及ぶんだとか!すごい!

ちなみに「メトロ文庫」とは自由に本が借りられる「エキナカ図書館」のようなもの。
ここのほかにもいくつかの駅にあるそうですが、返却されない本が多くなり閉鎖になったところもあるんだそう。
また蔵書は寄付によって賄われていて、寄付したい方は駅事務所までとのことです。

上野動物園公式サイト

ラーメンツアーの様子はこちら
2014年1月12日の記事 東京駅丸の内駅舎訪問+多摩ラーメンツアー(ただし2軒のみ)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

平坦な道をてくてくと・・・
by sampo_katze | 2014-02-27 21:55 | 動物園 | Comments(0)
レッサーパンダが立った!@東武動物公園
1コマ写真@東武動物公園


c0081462_21555095.jpg
「中に人はいない(当たり前)」


2月22日(土)、久しぶりに「東武動物公園」を訪ねました。
といっても昨年の5月以来なのでそれほど間があいてませんが(^^;
実は今年に入って「上野動物園」「多摩動物公園」、ここと3連続で「冬の動物園」をテーマにして訪ね歩いているんです。

で、今回の訪問では偶然にも「レッサーパンダ」が立ち上がる姿に遭遇しました!
運よくその姿をとらえることができたので先行アップです。
よく見ると、後ろに見えるしっぽも使って体を支えているのがわかりますね。

ちなみにこの様子が見られたのはたった10秒ほど。
ほんとにラッキーでした☆
なお「東武動物公園」本編のアップは、今のペースで行くと4月半ばになりそうです(^^;


D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ
by sampo_katze | 2014-02-25 21:55 | 動物園
2代目”波平”さん2週目
Intermission


c0081462_21433057.png
「エンディングテーマのラスト」


日曜日の18:30からの定番といえば、やっぱり「サザエさん」ですよね。
ここで長らく「磯野家」の大黒柱である「磯野波平」を演じていらした声優「永井一郎」さんが逝去。
先週から「茶風林」(ちゃふうりん)さんが担当に代わりました。

1969年10月からスタートしたこの番組。
今年で45周年を迎えるという長寿番組なんですよね。
それだけに主役級の声優さんが代わることも幾度かありました。
最初は「あれ?」と思いつつ、毎週のように見ているといつの間にかなじんでしまいます。
ほかのキャラクターの声優さんが同じなのも大きいのかも?

でも、今回は最初から意外なほど?すんなりとなじみました。
第一声からどなり声で入ってきたんですが、それが一瞬「・・・に、似ている」と。
それに続くセリフではやっぱりちょっとちがうなとは感じましたが、最初のインパクトが強かったんでしょうね。

そして今週は何やら思わせぶりなタイトルの話がありましたが、過去にも同じ設定があったような?
まぁこれはお約束みたいなもので、これ以外にも結構ありますからね(^^;

ちなみに同時間に放映されている「モヤモヤさまぁ~ず2」
放送時間がかぶっているので、「サザエさん」を見た後に録画しつつの追っかけ再生で視聴しています。
裏番組もこうして見ることができるなんて、今さらながらいい時代になったな~。


PC画面キャプチャ
by sampo_katze | 2014-02-23 21:55 | 季節ものなど
重量型の哺乳類~地球環境の変動と生物の進化・その4
国立科学博物館・地球館を訪ねよう!編・最終回


c0081462_20461934.jpg
「低身胴長のゾウ」


現在、生息している地上最大の動物は「ゾウ」の仲間です。
大きくどっしりとした体に、トレードマークでもある長い鼻。
「アフリカゾウ」に顕著にみられる長い牙も特徴ですね。

また古代の「ゾウ」というと頭に浮かぶのは国内でも多くの化石が発見された「ナウマンゾウ」
そして「愛・地球博」で冷凍状態の頭部が展示されて話題になった(ちょっと古い?)「マンモス」がいます。
昨年の夏には「シベリア」で発掘された「ユカ」と名付けられた「マンモス」の展示も国内で行われました。

「マンモス」は「原始時代」のアイコンの1つといってもいいくらい有名ですね。
では、それよりもさかのぼるとどのような姿だったんでしょうか。
ということで今回は「重量型の哺乳類」エリアに展示されている化石を紹介します。


表紙の写真は、「メリテリウム」です。
脚は短く胴長に見えるため大きな「ダックスフント」のようです(^^;
当時の「哺乳類」としては大型だったんでしょうけど、現在の「ゾウ」と比べるとずいぶん小さく感じます。

ゾウ目@Wiki

詳しい解説は下記リンクの左下にある「コンテンツ検索」に種名を入れることで見ることができます。
pepper 展示解説システム


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

徐々に巨大化していく体型・・・
by sampo_katze | 2014-02-21 20:50 | 博物館・美術館 | Comments(0)
陸上を支配した哺乳類~地球環境の変動と生物の進化・その3
国立科学博物館・地球館を訪ねよう!編・第9回


c0081462_20251053.jpg
「哺乳類の祖先」


「国立科学博物館」「地球館」、地下2階へと下ります。
このフロアのテーマは地下1階と同じ「地球環境の変動と生物の進化」です。
地下1階が「恐竜」に特化した展示に対し、こちらは「地球の誕生」から「人類の進化」と幅広い展示になっています。
そのためボリュームもおそらく館内随一かと。
で、ここではその中から「哺乳類」に関する展示をピックアップしていきます。


表紙の写真は、原始的な「単弓類」(たんきゅうるい)の1種の「エダフォサウルス」です。
あれ?これって「恐竜」でないの?
そう思われるのも無理はありませんし、わたしもまったく同じ感想を持ちました(^^;
見た目もそうですし、名前も「~サウルス」(=「ギリシャ語」「トカゲ」の意)とありますからね。
でも、「頭骨」の特徴が一致することから「哺乳類」の祖先と考えられているんだそうです。

「哺乳類と爬虫類はともに両生類から進化した姉妹である。
 両生類のあるグループを共通の祖先として、単弓類(たんきゅうるい)と爬虫類が石炭紀後期(3.2億年前)に進化した。
 初期の単弓類である盤竜類(ばんりゅうるい)は、哺乳類の祖先と考えられている。
 盤竜類の頭骨には、目の穴の後ろにもう一つの穴があり、哺乳類の特徴と一致するからである。
 時代とともに単弓類は進化し、やがて三畳紀後期(2.03億年前)になって真の哺乳類が誕生した。」


単弓類@Wiki

詳しい解説は下記リンクの左下にある「コンテンツ検索」に種名を入れることで見ることができます。
pepper 展示解説システム


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

陸上を支配した哺乳類・・・
by sampo_katze | 2014-02-19 20:30 | 博物館・美術館 | Comments(0)
いわきに日帰り出張
1コマ写真@いわき出張編


c0081462_2136511.jpg
「2代目・スーパーひたち」


今日は「福島県いわき市」に日帰り出張でした。
朝移動の午後一番にお客様のところに入って作業。
幸いなことに作業はスムーズに進み、サクッと終了しました。
場合によっては1泊もあり得るかも?と思ってたんですが、よかったです。

移動は往復とも「常磐線」の特急「スーパーひたち」を利用。
車両は2012年3月に登場した「E657系」です。
すべてこちらに置き換えられたのかと思いきや、「勝田電車区」に先代の「651系」が2編成(?)留まっているのを発見。
団体用とかに残しているのかな?と思っていたらこれまたちがい、期間限定で「フレッシュひたち」1往復に充当中。
また来月のダイヤ改正で「高崎線」系統の特急に投入されるんだそう!
これは楽しみです(^^)


JR東日本E657系@座席探訪
JR東日本E657系電車@Wiki


V2+1 NIKKOR VR 10- 30mm f/3.5-5.6
by sampo_katze | 2014-02-17 22:00 | 東北
恐竜の謎を探る~地球環境の変動と生物の進化・その2
国立科学博物館・地球館を訪ねよう!編・第8回


c0081462_1944772.jpg
「カモハシ竜の奥歯」


前回の後半では、胴体部分の構造に特徴のある「恐竜」を紹介しました。
彼らは「捕食者」から身を守るために巧みに体、というより「骨格」の形を変化させています。
そうなった理由というのが明確でわかりやすいですね。

で、今回の前半では頭部に特徴を持つ「恐竜」を取り上げます。
こちらはどうしてこうなったんだろう?という疑問が出るものが結構います(^^;
まぁそれは現在生息する「生き物」にもたくさんいるんですけどね。

「頭に装飾をもつ恐竜の登場
 白亜紀になると、鳥脚類(ちょうきゃくるい)ではカモハシ竜のように頭にとさか状の突起をもったもの、
 堅頭竜(けんとうりゅう)のようにヘルメットのような頭をもったもの、
 角竜(つのりゅう)のように角やフリルをもったものなどが登場する。
 このように、複数の系統で「おかしな形の頭」をもった恐竜たちが登場する。」

※説明文より引用、以下同じ


表紙の写真は、「カモハシ竜」の1種である「パラサウロロフス」「デンタルバッテリー」(左下顎)です。
「ひまわり」の種が並んでいるようにも見えますが、これは「歯」のかたまりだそう。
飲み込む前にこの「歯」をつかって十分に咀嚼(そしゃく)をしていたんでしょうかね。

「カモハシ竜のデンタルバッテリー
 カモハシ竜(カモノハシ竜ともいう)とは、白亜紀後期にアジアと北アメリカを中心に繁栄した
 ハドロサウルス科の植物食恐竜の総称である。
 カモのくちばしのような吻部(ふんぶ)をもつことから、その名がつけられたが、
 くちばしの奥には、デンタルバッテリーと呼ばれる歯の塊をもっていた。
 効率よく多量の植物を食べることができる歯の塊と顎がくちばしの奥に備わっていた。」


「カモハシ竜のデンタルバッテリーは、菱形をした歯が何十本もびっしりと並んでいる。
 一個体で200から600本の歯をものもいた。」

※説明板より引用、以下同じ

WEB恐竜図鑑

詳しい解説は下記リンクの左下にある「コンテンツ検索」に種名を入れることで見ることができます。
pepper 展示解説システム


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

不思議な形をした頭・・・
by sampo_katze | 2014-02-15 19:50 | 博物館・美術館 | Comments(0)
恐竜の謎を探る~地球環境の変動と生物の進化・その1
国立科学博物館・地球館を訪ねよう!編・第7回


c0081462_2040772.jpg
「ジャンプ!Jump!!」


「国立科学博物館」「地球館」、地下1階へと入ります。
このフロアは南側3分の2ほどが「特別展示室」になっているため、「常設展」のエリアは館内で最も小さいです。

展示内容は「恐竜の謎を探る」
「特別展」で見られるようなレアな展示はありませんが、「常設展」なのでいつでも見られるのがうれしいポイント。
「恐竜界」のスーパースター(?)、「ティラノサウルス」の全身骨格もありますからね。


表紙の写真は、小型恐竜「バンビラプトル」と「ヒト」の全身骨格です。
どちらもジャンプしている様子を表現しています。
この両者は一見すると何の関連性もないようですが、祖先は同じなんだとか。
なんだか不思議な気分になりますね。

「骨に注目!
 恐竜の形態学の基礎を勉強するには、ヒトの体を理解することからはじまるともいえる。
 バンビラプトルとヒトは、ここではジャンプしているがどちらも飛ぶことはできない(※)。
 爬虫類と哺乳類は、今から3億年以上も前に枝分かれし、それぞれ独自の進化をたどってきた。
 その結果、ヒトとバンビラプトルは、まったく異なった姿形をしている。
 しかし、骨の名前が共通することからも、共通の祖先をもつことがわかる。

 ※バンビラプトルは鳥類に近縁な恐竜だが、始祖鳥よりも7000万年前も後の種である。
  だから、バンビラプトルが進化を続けていても、鳥類になったわけではない。」


「"bambi"とはイタリア語で「幼い」、"raptor"とは「略奪者」を意味する。」
※説明文より引用、以下同じ

WEB恐竜図鑑

詳しい解説は下記リンクの左下にある「コンテンツ検索」に種名を入れることで見ることができます。
pepper 展示解説システム


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

いつでも会える恐竜たち・・・
by sampo_katze | 2014-02-13 20:45 | 博物館・美術館 | Comments(0)
栄養を求めて&サイズへの挑戦~自然を生き抜く工夫
国立科学博物館・地球館を訪ねよう!編・第6回


c0081462_2013932.jpg
「上野の子だくさんパンダ」


「国立科学博物館」「地球館」1階、最後のエリアは「自然を生き抜く工夫」です。
生きるためにはエネルギーが必要。
これは「生き物」すべてに共通します。
ですがそのエネルギーの元となる「栄養」をどのようにして手に入れるのかは種によってさまざまです。
このエリアでは「栄養」を獲得するための進化についてふれられています。
後半では、大型に進化した動物3種の骨格を紹介します。


表紙の写真は、「上野動物園」で1980年から飼育されていた「ジャイアントパンダ」「ホアンホアン」(歓歓)です。
「フェイフェイ」(飛飛)との間に3頭の子どもをもうけました。
1頭目は1985年に生まれた「チュチュ」(初初)でしたが、2日間という短い生涯を終えてしまっています。
2頭目が1986年生まれのメスの「トントン」(童童)、3頭目が1988年生まれのオスの「ユウユウ」(悠悠)。
この2頭は無事に成長し、国内初の繁殖に成功しました。
なお、ここの3階には「フェイフェイ」と「トントン」の親子が並んで展示されています。

「お母さんパンダ・ホアンホアン
 これは1980年から上野動物園で飼育されていたホアンホアンの剥製です。
 計3頭の子供を産み、子宝に恵まれた"お母さんパンダ"として人気者になりました。
 1997年に老衰で死亡し、国立科学博物館に寄贈されました。」


ジャイアントパンダ@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

生き抜くために絞り出した知恵・・・
by sampo_katze | 2014-02-11 20:10 | 博物館・美術館 | Comments(0)
多様化の実例・貝類といろいろな十脚類@系統広場
国立科学博物館・地球館を訪ねよう!編・第5回


c0081462_1730015.jpg
「身近な生き物の多様化」


1階にある「地球の多様な生き物」フロア一番奥にある「系統広場」
前回は「キノコ」を紹介しましたが、今回は「十脚目」(じっきゃくもく)です。
「十脚目」とは聞き慣れない言葉ですが、別名はストレートに「エビ目」
要するに「エビ」「カニ」「ヤドカリ」などです。
それとは別に「貝類」も少しプラスしています。

実は、初めはタイトルを「甲殻類」で考えていました。
でもこの分類はとても幅広く、「エビ」に姿が似ている「オキアミ」はもちろんのこと
「ミジンコ」「フジツボ」、果ては「ダンゴムシ」などもこのグループに含まれるんだそう!
てっきり海の生き物だけかと思ったら、陸上のものもいるなんて。
確かに堅い殻を持っているのが多いですけど、これは意外でしたね。

さてこのグループ、別角度から見ると「食」の対象ですよね。
なのでわたしが「キノコ」のエリアを見ているとき、左手にあるこちらのエリアから「おいしそう~☆」という声が。
若い男女2人連れで、彼女のほうが何度も言ってました。
その気持ちはわからないでもないですね~(笑)


表紙の写真は、「系統広場」の手前にある「多様性の由来」エリアに展示されていた「アサリ」です。
とても身近な食材ですが、こうして改めて見てみると「貝殻」の多様さに驚きます。
どうしてこんな変化がつけられるんでしょうね。

「アサリは日本各地の河口付近の干潟などにすみ、その貝殻の模様は千差万別である。
 食卓でも容易に種内変異を見ることができる。」



甲殻類@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

バラエティに富む外観・・・
by sampo_katze | 2014-02-09 17:35 | 博物館・美術館 | Comments(0)