<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
海の楽園のエリアとシャークホール
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・最終回


c0081462_1385385.jpg
「フランス皇帝の名を持つ魚」


「珍しい魚たち」のエリアを抜けると「アシカ“海のライオン”」、そして「共生水槽」があります。
でも、今回はどちらもスルーしてしまったのでなし(^^;
その先はやや広いスペースになっていて、「イルカ」たちがいるプールの中の様子を見ることができます。
ショーの間、あえて水中でどんな動きをしているのかを見てみるのも一興かと。
もちろんショーが行われていないときのほうがこちらに興味を示していろいろ見せてくれるかもしれませんね。

ここまで来ると出口まであと少し。
最後は「海の楽園」のエリアと「シャークホール」の様子です。

「海の楽園
 北緯30度から南緯30度の間には、熱帯・亜熱帯の海が広がっています。
 この海域には、北赤道海流・南赤道海流・赤道反流などの暖流が流れ、これら暖流の影響で、
 水温が25~30℃と一年中暖かい環境になっています。
 水の透明度も良く、コバルトブルーの輝きを放ちます。水深50~100m位の深さでも太陽光線が海底まで充分に降り注ぎ、
 色とりどりのサンゴの仲間が成育しています。栄養にも富んでいて、餌も豊富にあるため、様々な生物に出会える場所です。
 ここは、もっとも美しく、最も多様な命の宝庫。まさに、「楽園」の名にふさわしい海域なのです。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、この水槽でもっとも大型の「メガネモチノウオ」です。
通称は「ナポレオンフィッシュ」
成長するにつれ頭のコブが大きくなり、その様子が「ナポレオン」の帽子に似ていることからつけられています。
ただこの個体はコブがふくらんではいますが、それほど大きくはなっていません。

「和名 メガネモチノウオ
 分類 スズキ目ベラ科モチノウオ属
 英名 Humphead wrasse
 学名 Cheilinus undulatus
 飼育水温 25~27 ℃
 棲息環境 サンゴ礁、岩礁域
 食性 小魚や貝類など
 産卵 通常は単独で生活していますが、繁殖期になると群れをつくります。
 全長 2m
 生態など 世界最大のベラの仲間。若いとき眼の後ろに黒い線があり、それが和名の由来です。
      別名ナポレオンフィッシュともよばれ、成長するとおでこがコブ状につきだし、
      その形がフランスの皇帝ナポレオンがかぶっていた帽子(軍隊帽)に見えることが由来です。」



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

小さな楽園・・・
by sampo_katze | 2014-12-30 21:00 | 水族館 | Comments(0)
変わった姿と生態~珍しい魚たちのエリア
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第7回


c0081462_1716570.jpg
「大開脚!」


「世界の大河から」の次は「珍しい魚たち」のエリアです。
通路の左右に小さな水槽が並んでおり、変わった姿や生態をもつ生き物たちが展示されています。

今回は撮ってませんが、エリアの一番奥には「デンキウナギ」がいます。
発電する魚として知られ、今どれくらいの電気を発生させているかをメーターと音で表現しています。
最大電圧は600~800Vですが、平静なときは低い電圧(いくらかは覚えてませんが^^;)にとどまります。
何しろ発電するには自分自身のエネルギー(体力?)を必要としますからね。
ちなみに「クリスマス」になるとツリーに施したイルミネーションを点灯させるというアルバイト(?)をすることも。
でも、さすがに発生させる電気だけでは点灯させることはできません。
本気でそんなことさせたらすぐに弱ってしまいますね、たぶん(^^;


表紙の写真は、世界最大の「タコ」の仲間の「ミズダコ」です。
通路の左側にある1つ目の水槽にいます。
底の方でじっとしていることが多いですが、このときは活発に動き回ってくれていました。
しかもこんなに大きく足を広げて伸ばしているところを撮れた!
惜しむらくは66mmとやや望遠寄りになっていたところですね~。
あまりのとっさだったとはいえ、ちょっともったいなかったかも。

「ミズダコ
 タコの仲間では大型で、最大3mにもなります。本州中部以北の100~200mの深い海底にすみ、
 トロール網でよく捕獲されています。正月用のタコの太い腕はこのミズダコが多く、
 その吸盤は、大変感覚器官が発達していて、ものの識別や味がわかるようになっています。
 産卵は春から初夏にかけて行われ、およそ200日ぐらいでふ化します。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

個性的な魚たち・・・
by sampo_katze | 2014-12-28 21:00 | 水族館 | Comments(0)
世界の大河からのエリア
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第6回


c0081462_20572230.jpg
「ヘビー級の魚が勢ぞろい!」


「海の宝石箱」の水槽の反対側には水中のハンター「テッポウウオ」の水槽があります。
口から水を射出し、虫などを射落として捕えるという唯一無二の特技を持っています。
これにもフィーディングタイムがあり、「海の宝石箱」に引き続いて行われます。
スタッフがエサを張りつけたボードを掲げると、それを狙ってショット!
めったに見られないショーなので、ぜひ時間を合わせて見てみてください(^^)

さて、「海の宝石箱」の次は「世界の大河から」のエリアです。
左側にある大型水槽には、これまた巨大な魚たちがたくさん集まっているんですよ。
また右側には小さな水槽があり、小型の生きものたちが展示されています。

「世界の大河から
 はるか彼方の山々に降った雨は、やがて一つになり、あらゆる生物を優しく包み、時には激しく拒む大河になります。
 この水槽に展示されているおおきな魚たちは、世界中の大河、湖から集められたもので、
 彼らを育んだ自然のスケールの大きさを感じさせてくれます。
 また水槽では光・スコール・霧を使って、熱帯雨林の一日の情景を演出しています。
 フィーディングタイム:毎週火・木・土曜日、15:10から
 水温:24.0℃ / 水量:22トン / 淡水」

※解説帳より引用、以下同じ


表紙の写真は、「世界の大河から」の水槽の一部を切り取ったところです。
当たり前ですが、いるのは大型魚ばかりなので迫力満点!
かなり暗いですが、スポット的に照明が当たる中央付近は比較的撮りやすくてオススメかと。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

ヘビー&スロー・・・
by sampo_katze | 2014-12-26 21:05 | 水族館 | Comments(0)
光あふれる海の宝石箱のエリア
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第5回


c0081462_20223664.jpg
「ブーメランのような魚」


「クラゲたちの世界」のエリアには「ふれあい水槽」があります。
「ウニ」「ヒトデ」などに直接ふれたり、間近で観察することができるんですよ。
今年6月からは「ドクターフィッシュ」の名で知られる「ガラ・ルファ」も仲間入り。
手を入れてじっとしていると向こうから寄ってきて、手の表面とツンツンしてくれます。


その先はお待ちかね?の「海の宝石箱」のエリアがあります。
ここは「サンゴ礁」にすむ魚を展示しているところ。
館内では屋外の施設をのぞいてもっとも明るい場所でもあります。
これだけ明るければ高感度に弱いカメラでも安心~♪
なんて思っていると、意外と手ごわいんですよね。
見た目の明るさとは裏腹に、思ったよりシャッタースピードが上がらず感度を上げることになるという(^^;
それでも他と比べたら雲泥の差なんですけどね。

まぁともかく、美しい魚たちが舞い踊る「海の宝石箱」の水槽を眺めてみることにしましょう。
なおこの水槽では毎日14:15から、エサをあげる「フィーディングタイム」があります。
普段はのんびりと泳いでいる魚たちも目の色変えて泳ぎまわったりするそうなので、普段見られない光景が楽しめそう。
同時にスタッフによる説明もあるので、さすがに全種とはいきませんがここの魚をより詳しく知りたい向きにもオススメですよ。


表紙の写真は、縦に長いシルエットを持つ「ツバメウオ」です。
よく似た魚に「アカククリ」がいますが、こちらは口、正しくは「吻」(ふん)といいますが
それが突き出ていないので「ツバメウオ」とわかります。

「和名 ツバメウオ
 分類 スズキ目マンジュウダイ科ツバメウオ属
 英名 Longfin batfish
 学名 Platax teira
 飼育水温 26~27 ℃
 棲息環境 沖合の中層域
 食性 雑食性
 産卵 不明
 全長 60cm
 生態など 背鰭と臀鰭(しりびれ)が上下に広がっている様子が、ツバメが羽を広げた姿に似ていることが
      名前の由来のようです。」

※解説帳より引用、以下同じ

「和名 アカククリ
 分類 スズキ目マンジュウダイ科ツバメウオ属
 英名 Dusky batfish
 学名 Platax pinnatus
 飼育水温 25~27 ℃
 棲息環境 サンゴ礁
 食性 雑食性
 産卵 不明
 全長 35cm
 生態など ツバメウオに似ていますが、口元が突出していることで区別できます。
      幼魚は全体が黒っぽく各鰭がオレンジ色に縁どられています。
      これは有毒のヒラムシ類に擬態していると考えられています。」



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

目移りする美しい魚たち・・・
by sampo_katze | 2014-12-24 20:30 | 水族館 | Comments(2)
冷たい海の魚たち+深海生物たち
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第4回


c0081462_9451287.jpg
「深い海の大型種」


「トンネル水槽」の出口を抜けて左手に進むと、それまで通ってきた水槽を横から見ることができます。
奥の方をよく見ると、それまで通ってきたトンネルをお客さんが通る様子もわかります。
トンネルの中と外で水槽越しにお互いを撮りあう、なんていうのも面白いかも?
ただ半円柱状のガラスなので歪むかもしれませんけど(^^;

さて、「トンネル水槽」の次は「冷たい海の魚たち」のエリアです。
でもよく見ると、エリアの看板には「深海生物たち」が追加されていました。
以前に訪ねたときもそうなってたかな?
って、完全にノーチェックだったというわけですが(笑)
まぁ「解説帳」を見ると飼育環境は同じようなので、混在していても問題ないようですが。


表紙の写真は、「タカアシガニ」「オオクチイシナギ」のはく製です。
トンネルを出てすぐ右側にあるんですが、順路に従うと微妙に引っ込んだ場所にあたります。
見逃してしまうお客さんも意外と多いかもしれません。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

暗く冷たい海の中にも・・・
by sampo_katze | 2014-12-22 21:00 | 水族館 | Comments(0)
海底フロアのトンネル水槽
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第3回


c0081462_2015724.jpg
「おさかなツリー☆」


1階にある「海面ゾーン」「東京湾に棲む生物たち」のエリアで終わり。
次の地下1階へは階段またはエレベーターで下りていきます。
階段の壁は全面鏡張りになっているのでちょっとドキドキ(^^;
薄暗いことも相まって、注意していかないと転げ落ちてしまいそうです。

さて、無事B1階に下りるとその先には「トンネル水槽」があります。
ここは水量500tの大型水槽で1階からは水面上から、B1階ではトンネルのほか側面からも見ることができるんですよ。
でもやっぱり擬似海中散歩気分を味わえるこちらのほうが楽しいですけどね。


表紙の写真は、側面から観察していたときに見られた「おさかなツリー」(と勝手に命名)です。
上は赤系中心、下は黄色系中心とバランスよく分かれていますね。
偶然とはいえなかなか面白いものが見られました(^^)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

長さ22mの海中散策路を行く・・・
by sampo_katze | 2014-12-20 20:10 | 水族館 | Comments(0)
品川と海のエリア
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第2回


c0081462_19485100.jpg
「水中バス!」


「しながわ水族館」があるのは「品川区勝島」というところです。
「勝島」は人工島で1939年に埋め立てを開始、1943年に当時の情勢もあって「勝島」と命名されました。
1987年(昭和62年)に島の西側を通る「勝島運河」が埋め立てられ地続きとなりましたが、地名はそのまま残されています。
また、埋め立て部分は「水族館」を含む「しながわ区民公園」となりました。
島の北西側は運河が残っていますが、これは西側から「立合川」(たちあいがわ)が流れ込むためのようですね。

これ以外にも「品川」の海は様相を変えていますが、海の中ではさまざまな魚がいるんですよね。
ちょっと意外な感じ?

「品川と海
 江戸時代には、将軍家にシラウオ、クルマエビなどの鮮魚を納めるほど漁師町として賑わいを見せた品川。
 江戸時代初期の漁法は、効率が悪く、急速に発達する江戸の台所の需要に応じきれませんでした。
 そこで、上方(かみがた)から移住してきた漁師たちにより、進歩した漁法が伝えられ、品川の漁業は急速に発展しました。
 品川から羽田にかけては、海苔の養殖が盛んに行われ、品質の良い海苔の特産地として、その名を全国的に広めていました。
 また、潮干狩りが楽しめる海岸も多く残されており、花見と共に大衆的な娯楽として庶民に親しまれていました。

 しかし、現在では海岸のほとんどに護岸工事が施され、海上輸送の重要な基地としてその顔を変化させています。
 昔ほどの美しさは残っていませんが、コンクリートに囲まれてしまった現在の品川の海にも
 クロダイ、スズキ、ムラサキイガイ、フジツボなどの生物がたくましく暮らしています。」

※説明板より引用


表紙の写真は、「スズキ」です。
「シーバス」とも呼ばれ、海釣りでのターゲットとして人気があるものの1つです。
成長につれて呼び名が変わる「出世魚」としても知られ、「セイゴ」「フッコ」→「スズキ」となります。
解説では河口から約40kmほどさかのぼるとのことですが、これはだいたい「さいたま市桜区」「秋ヶ瀬公園」付近。
「水上バス」でもそこまで行かないんですけどね~(^^;

「和名 スズキ
 分類 スズキ目スズキ科スズキ属
 英名 Japanese seabass
 学名 Lateolabrax japonicus
 飼育水温 20℃~22 ℃
 棲息環境 汽水域~沿岸域、淡水域にも進出します
 食性 小魚、エビやカニなどの甲殻類
 産卵 11月~2月
 全長 90cm
 生態など 東京湾に生息する代表的な魚類で、近年はルアーフィッシングの対象としても人気があります。
      出世魚として知られており、全長が25cm程度までをセイゴ、35cm程度までをフッコ、
      60cm以上をスズキと呼んでいます。
      淡水域にも頻繁に進入し、荒川水系では河口から40kmほど離れた地点でも見られます。」

※解説帳より引用、以下同じ

勝島@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

東海道第一宿の海・・・
by sampo_katze | 2014-12-18 20:00 | 水族館 | Comments(0)
大森にある水族館へ
赤い電車に乗って水族館に行こう!しながわ水族館編・第1回


c0081462_1923116.jpg
「シンボルのイルカがお出迎え」


11月15日(土)。
この日は「品川区」にある「しながわ水族館」を訪ねました。
「京急」の沿線にある水族館を訪ねるシリーズの第3弾、最終編です。
ほんとは10月の「京都」「タイ」での出張オフ編を先にアップするところ。
ですが「京急油壺マリンパーク」「八景島シーパラダイス」と続けてきた流れがあるので、
こちらのシリーズを先にアップします(^^;

「しながわ水族館」の最寄駅は「京急」の「大森海岸駅」で、そこから徒歩で約8分。
「JR京浜東北線」「大井町駅」からは無料送迎バスも出ています。
こちらは時期によって運行本数が大きく変わるので注意が必要。
公式サイトのアクセスに時刻表が掲載されているので、事前にチェックしておくといいですよ。
ちなみに同線の「大森駅」からは徒歩15分です。
もちろんわたしは「京急」を利用しました。
そうでなければ「赤い電車で~」の意味がありませんからね(笑)


表紙の写真は、入り口入ってすぐの壁にある「しながわ水族館」のロゴ?です。
ここを訪ねるのは?回目なんですが、いつもこの「イルカ」に目が行きます。
おかげで(?)壁にうすく描かれている海の生きものたちのイラストが目に入りませんでした(^^;
しかも全景を撮っていないという失態のおまけつき。
いずれまた訪問するのでそのときに撮っておくことにしましょう(笑)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

川からスタート・・・
by sampo_katze | 2014-12-16 19:45 | 水族館 | Comments(0)
ただいま京都
Intermission

c0081462_19210660.jpg
「関ヶ原は雪だった」

明日から「京都」でお仕事なので、今日のうちに移動です。
雪が心配でしたが、幸い難所の「関ヶ原」付近でもうっすらと積もっている程度。
車窓から見ている限りはですけどね。
この区間では列車は徐行していましたが、遅れは発生せず。
この日は移動だけなので、とにかくたどり着ければOKです。
とはいえ、時間通りに行けるに越したことはありませんからね。
あとは、明日の天気さえ持ってくれさえすれば言うことなしです。
それ以降はなんとかなりますから(^^)

iPhone5s




by sampo_katze | 2014-12-14 19:45 | 関西
老舗駅弁からソロデビュー?
Intermission


c0081462_2237892.jpg
「ありそうでなかったおつまみ?」


今週のはじめ、「福島県」へ出張がありました。
「上野駅」で駅弁を買おうと店内で品定めしていたときに目に入ったのがこれ。
その名も「チキン弁当のからあげ」です。

「チキン弁当」とは1964年10月に発売され、現在も販売されているロングセラー駅弁。
「チキンライス」「から揚げ」という組み合わせなのですが、これは「から揚げ」だけの単品販売です。
いつから売られているのかわかりませんが、ありそうでなかった展開にちょっとオドロキ。
3個入りと5個入りの2種類がありますが、今回は初めてなので3個入りを購入。

味は正直、そんなにおいしいものではありません(^^;
でもこれが「チキン弁当」たるゆえんなんだとか?
実際「タモリ倶楽部」で販売元の「NRE大増」を取り上げたときに出てきた話題で
「チキンライス」と「から揚げ」をおいしくしようとしたら、「そんなことしてくれるな」という声が殺到したんだとか。
粉っぽい外観とちょっとかためなお肉ですが、これでも50年にわたって愛され続けているんですね~。

それにしてもいつまで販売は続けられるんでしょうか?
そちらのほうが気になります(^^;
どういうきっかけで出てきたのかも・・・・・。


iPhone5s
by sampo_katze | 2014-12-12 23:05 | 東北