<   2016年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
飯盛山の奇妙な木造建築・さざえ堂
会津出張でのオフタイム編・第4回


c0081462_21255031.jpg
「左上がりにねじれる木造建物」


「飯盛山」(いいもりやま)は言わずと知れた「白虎隊」の悲劇の舞台となった場所。
ですが、「隊士の墓」を後にして先に進むと世界でも例を見ないという奇妙な木造建築があります。
それは「旧正宗寺三匝堂」(きゅうしょうそうじ さんそうどう)で、その外観からか通称「さざえ堂」と呼ばれています。
建てられたのは「江戸時代」中期の1796年(寛政8年)のこと。
高さは16.5mとそれほど高くはないですが、中はちょっと奇妙な構造になっているんですよ。
まぁ、見た目にも斜めに窓がついているところがすでに奇妙ですけどね。

「国指定重要文化財  会津さざえ堂  旧正宗寺三匝堂
 さざえ堂は1796年に建てられたといわれる高さ16.5m、回廊の付いた六角三層の仏堂です。
 正面から螺旋状に右回りで上り、頂上の太鼓橋を越えると左回りの下りスロープになっていて背面出口に通じます。
 このような構造は木造建築として非常に珍しく、世界唯一の貴重な建物です。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、西側にある「宇賀神社」の前から眺めた「さざえ堂」の外観です。
もっとも上の部分は普通ですが、それ以外は「裳階」(もこし)も窓も左上がりにらせんを描くようになっています。
これが300年以上も前に建てられたというのですからすごい技術ですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

内部はまるでメビウスの輪・・・
by sampo_katze | 2016-07-31 21:30 | 東北 | Comments(0)
白虎隊自刃の地・飯盛山を訪ねる
会津出張でのオフタイム編・第3回


c0081462_2363625.jpg
「上り方はどちらかお好みで」


「鶴ヶ城」を後にして、つぎは「飯盛山」(いいもりやま)へと向かいます。
「裏磐梯」などへ足を延ばしてみれば?とすすめられましたが、何しろ半日しかありませんからね。
さて、「鶴ヶ城」と「飯盛山」との距離は約3.0kmあるので、歩こうと思えば歩けなくはありません。
でも結構暑いですし、雨が近いからか湿度もかなり高め。
おまけに「会津若松駅」~「鶴ヶ城」間に城内を歩き回ったのでそろそろ一息入れないとへばりそうです(^^;
そこで「北出丸」にある「鶴ヶ城入口」バス停から「まちなか周遊バス」「ハイカラさん」に乗車します。
このバスは1回乗車につき210円ですが、「1日フリー乗車券」が500円で販売されています。
ただし、「1日フリー乗車券」は車内では買えないので事前に購入しておく必要がありますよ。

そして「北出丸」からバスに揺られること約30分?(どれくらい乗ってたか記録してないので・汗)で「飯盛山下」バス停に到着。
バスを降りたら少し戻り、「飯盛山入口交差点」を渡ります。
さらにそこから少し左手に進んだところに山へと進む道があるのでちょっとややこしいですね(^^;


表紙の写真は、「飯盛山」の入口の様子です。
それほど長くはありませんが、階段はそこそこ急な感じなので上がっていくのはちょっと大変そう。
そんな方のために右側には「動く坂道」(スロープコンベア)があります。
大人250円、子ども150円で階段の大部分をカットできるのでオススメですよ。
ただし、最後は50段弱の階段を登らなければならないことをつけ加えておきます(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

悲劇の舞台に・・・
by sampo_katze | 2016-07-29 23:15 | 東北 | Comments(0)
鶴ヶ城を訪ねる
会津出張でのオフタイム編・第2回


c0081462_2335544.jpg
「お城のそばのドライブイン」


「会津若松駅」には定刻の11:50に到着しました。
宿は駅から歩いてすぐのところにありますが、この時間ではチェックインすることはできません。
とはいえ、6泊分の大荷物があるのでそのまま街歩きするのはさすがに無理。
そこで1度宿に入り、荷物を預けて身軽になってから出かけることにしました。
「コインロッカー」という手もありますが、また出して宿まで移動しないとなりませんからね。

さて、身軽になったところで街歩き開始。
まずはここのシンボルでもある「鶴ヶ城」に行くことにしました。
セオリーでは駅前から出ている「バス」を利用するところ。
でも地図を見てみると、ちょっと距離はあるものの歩いていくこともできそうです。
ちなみに「Googleマップ」で調べると道のりは3km弱、時間は30分前後と出ました。
ということで、時間もあるし明日以降は運動不足になるのが目に見えていたので歩いていくことにしました。

ルートはいくつかありますが、簡単なのは駅前から伸びている「国道118号線」を南下していくもの。
歩道も比較的広くて歩きやすそうですが、車道の交通量が多いのであまり散歩の環境としてはよくないかな?と。
そこで車通りが少なそうな東側にある道を南下していきます。


表紙の写真は、城の北側にある「鶴ヶ城会館」です。
城に付属する建物をイメージした建物で、館内にはお菓子や民芸品などのお土産物を取り扱うお店や飲食店が入っています。
建物前には大型バスが何台もとまっていましたが、「八重の桜」が放映されていたころはもっとすごかったんでしょうね。



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

大砲をもってしても落ちなかった城・・・
by sampo_katze | 2016-07-27 23:45 | 東北 | Comments(0)
会津へGO!
会津出張でのオフタイム編・第1回


c0081462_2115441.jpg
「こまち色E3系、健在です!」


5月の下旬に「福島県会津若松市」への出張がありました。
このエリアに出かけるのは2003年4月にプライベートで訪ねて以来なのでなんと13年ぶり!
でも仕事で出かけるのは今回が初めてです。
今回はいろいろな事情により日曜から木曜まで5日間の作業で、これに前後1日ずつ移動日が入ります。
完全に1週間がつぶれてしまいますが、仕事なので仕方ありませんね(^^;

移動はまず「大宮駅」から「やまびこ」「郡山駅」へ。
そこから「磐越西線」に乗り換えて「会津若松駅」へと移動します。
乗り換えは1回ですし、移動時間は2時間30分ほどなのでずいぶんラクな感じですね。
「磐越西線」は何本か「快速」が走っていて、それに時間を合わせたことも大きいですが。


表紙の写真は、「郡山駅」の11番線ホームに停車していた始発の「なすの272号」です。
「郡山駅」での待ち時間は30分以上あって急ぐ必要はないので、少し列車観察することに。
「E5系」「E3系」「こまち色」を組み合わせた16両編成。
時刻表の編成図を見れば充当列車が簡単に割り出せます。
実は帰りもこの列車に乗るつもりだったので、「E3系」が連結されていてほっとしました。
もっとも、車両の都合により当日は変更される可能性もゼロではないんですけど・・・・・。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

郡山駅構内をちょいと散策・・・
by sampo_katze | 2016-07-25 21:10 | 東北 | Comments(0)
豊岡での食事
豊岡出張でのオフタイム編・最終回


c0081462_2040063.jpg
「オムライスがおいしい洋食屋」


今回の出張は日曜に現地入りし、月曜から木曜までの4日間で作業。
木曜日の終わり時間がわかりませんし、何より「豊岡駅」から「東京駅」まで5時間もかかります。
なので木曜も泊まりで、翌金曜の朝から移動というスケジュールです。
金曜まで作業なら土曜に観光して日曜に帰るなんてことも考えられましたけどね(^^;

さて、期間の長さにかかわらず出張で頭を悩ますのが食事情。
初めての地だとどこに何があるのかがわからないので調べてから出かけます。
でも今回は宿に近隣の飲食店をすべて網羅した?と思うくらいの地図が置いてありました。
その件数はなんと50件超!
店名のほかに「居酒屋」「洋食」などのジャンルも添えられています。
おかげで店選びはけっこうラクになったのでありがたかったですね。


表紙の写真は、3日目に訪ねた「パインニードル」というお店の外観です。
駅前から東へと延びる「大開通り」を進み、「豊岡市役所」の先の「歩道橋」のある交差点を右折。
さらに1つ目の交差点を右折するとすぐ左手にあります。
緑色の特徴ある壁の色が目印。
ただわたしは駅のある西側から来たんですが、ちょっとわかりづらかったです(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

看板メニューをいただく・・・
by sampo_katze | 2016-07-23 21:00 | 関西 | Comments(0)
豊岡の街を歩く
豊岡出張でのオフタイム編・第3回


c0081462_20474949.jpg
「夏日まであと1℃!」


「東京駅」を11:20過ぎに出て「新大阪駅」で乗り換え。
目的地の「豊岡駅」に着いたのは16:50頃です。
所要時間は約5時間半という長丁場で、これはけっこうつかれます・・・・・(^^;
ちなみに乗換駅が1つ増えますが、「京都駅」経由にすると少し短くなります。
といっても30分程度なんですけどね。
なので、前回同様に「新大阪駅」経由としました。

またこの時期は日の入りが18:40頃とかなり遅め。
宿にチェックインしてから歩き始めたとしても、時間的にはかなり余裕があります。
前回はできませんでしたが、今回は街をひと歩きしてみることにしました。


表紙の写真は、「豊岡駅」到着時の駅前の様子です。
天気は晴れで、気温は24℃と「夏日」目前!
かなり強力な「低気圧」が通過したことも影響しているのかもしれませんが。
これだと歩き回ると汗をかきそうですね。
それにしても1か月前に来たときは午前9時ごろに2℃だったことを考えるとものすごい変化です。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

予想外の暖かさに驚いていたら・・・
by sampo_katze | 2016-07-21 21:00 | 関西 | Comments(0)
めまぐるしく変わる天気の下で豊岡へ
豊岡出張でのオフタイム編・第2回


c0081462_213683.jpg
「小さな”A”は改造車の証」


月が替わって4月の半ばに、再び「兵庫県豊岡市」を訪ねました。
前回同様に移動が日曜というちょっとかなしいスケジュール。
しかも前回が3泊だったのに対し、今回は6泊と倍になります。
その分、荷物も増えるので移動が大変でしかも予報は雨模様。
ところによって強く降るということなので、大荷物での移動はやだな~とテンションが下がります。
ただ幸いなことに最寄り駅までは降っていなかったので、あとは現地でどうなるかだけ。
せめて小ぶりになっていてほしいところですが果たして?


表紙の写真は、行きに乗車した「N700系」の側面に掲げられたロゴです。
「N700系」には2012年8月から「700系」の置き換えを目的として登場した「N700系1000番台」があります。
ブレーキの強化や乗り心地の改善などが施されていて、側面のロゴも大きく「A」をかたどったものに。
ロゴをのぞけば見た目は同じ車両ですが、気分的には新しい方がいいですよね。
でも残念ながら(というのは言い過ぎか?^^;)やってきたのは小さな「A」がついた車両。
これは従来車両を改造して「1000番台」と同等の性能をもつようになったものです。
ただ乗り心地に関する部分は省かれているんですよね。

ちなみに「JR東海」の車両では比率が8:3で、「A」タイプは全体の27%と少なめ。
レアではないですが、乗れたらちょっとうれしいって感じですね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

再びコウノトリの里へ・・・
by sampo_katze | 2016-07-19 21:10 | 関西 | Comments(0)
コウノトリの里へ出張
豊岡出張でのオフタイム編・第1回


c0081462_8153799.jpg
「その名も特急"こうのとり"」


3月中旬と4月中旬、「兵庫県豊岡市」に出張がありました。
こちら方面にくるのは「豊岡市」の南東にある「福知山市」を訪問した2015年2月以来です。

行程は「東海道新幹線」「新大阪駅」まで行き、「特急こうのとり」に乗りかえて「豊岡駅」へというもの。
これだとおおよそ5時間半かかり、なかなかの長丁場です。
では「飛行機」はどうかというと、近くに「コウノトリ但馬空港」があります。
「羽田空港」から「伊丹空港」経由で2時間10分程度とかなり早い!
ですが残念ながら「伊丹」から「但馬」への定期便は2便しかないためちょっと不便。
それに手荷物を預けたり、検査があったりと手続きが結構面倒・・・・・。
最近は月刊誌を買うようになるなど「飛行機」にもかなり興味が出てきているんですが、ここは「新幹線」利用の一択になりました。

「新幹線」を利用するルートも2つあって、「新大阪駅」経由のほかに「京都駅」経由もあります。
ですが、これですと途中「福知山駅」での乗り換えが発生します。
同一ホームで乗り換えられるので便利ではありますが、出張の大荷物を持ってということを考えると・・・・・。
できるだけ乗り換えは少ない方がいいんですよね(^^;
ということで、3月も4月も「新大阪」経由で行くことにしました。
では、まずは3月に訪問したときのオフタイムの様子から始めます。


表紙の写真は、「新大阪駅」で発車を待つ「特急こうのとり」です。
行先は「豊岡」の少し北にある「城崎温泉」(きのさきおんせん)。
「奈良時代」に開湯したという古い温泉地で、現在でも人気が高いところです。
でもこの日は日曜とあってか、車内はすいていましたね。
ちなみにこの車両は「287系」という特急車両なんですが、のっぺりとしていて特徴がありません。
しかも全先頭車がこの形というのは・・・・・(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

長丁場を乗り越えて・・・
by sampo_katze | 2016-07-17 21:00 | 関西 | Comments(0)
チャンギ空港から成田空港へ
シンガポール出張でのオフタイム編・最終回


c0081462_20471973.jpg
「ちょっとしたウォーキングコース?」


「シンガポール」からの帰路は06:30発の「ANA NH802便」です。
往路は「羽田」出発でしたが、帰路は「成田」着。
できれば「羽田」着がよかったんですが、春休みの時期なので仕方ないですね。

さて、「ターミナル」を歩き回るのもそろそろ飽きてきました。
この早朝便に合わせて03:50に起きたので疲れてきたのもあります。
なので「保安検査」を抜けて「搭乗ゲート」へと向かうことにしました。
明るければ「展望デッキ」からいろいろな飛行機を見て楽しめるんですけどね。
まぁ機材が「iPhone5S」しかないので、撮影には相当苦労するでしょうけど。


表紙の写真は、「保安検査場」を抜けたところにある案内看板です。
ここで左右に分かれていて右はFゲート方面、左はD・Eゲート方面となっています。
わたしが乗る便は「E8」からの出発。
この案内を見ると端まで歩くと15分かかることがわかります。
数字を見ると中間よりやや小さめなので端ではなさそうですが、はたして・・・・・?


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

現地滞在時間はたった48時間・・・
by sampo_katze | 2016-07-15 21:00 | 海外 | Comments(0)
明け方のシンガポール空港のターミナルを歩く
シンガポール出張でのオフタイム編・第4回


c0081462_2185942.jpg
「シンガポールといえばやはりこれ?」


「シンガポール」滞在の3日目は帰国の移動のみです。
しかもその出発時刻は06:30!
そのほかに空席があったのは同日の深夜発便だけだったそう。
できればそちらの方が余裕があってよかったんですが、自分で手配したわけではないので仕方ないですね。

で、起床時間は03:50!
我ながらよく起きられたものだと感心します(^^;
その後チェックアウトし、「フロント」「タクシー」を呼んでもらいます。
少し待つかと思ったら3分ほどで来てくれました(早!)
そして空港までは約20分ほど、04:30過ぎに到着しました。
帰路も「ANA」なので、利用するのは「ターミナル2」です。

さっそくチェックインし、大きな荷物を開放して身軽になります。
まだ時間があるので「ターミナル」の中を歩くことに。
でも早朝なのでどうなのかなぁ?とちょっと心配ではありましたが(^^;


表紙の写真は、「出発ロビー」にあったモニュメントです。
空港名が書かれたアーチの横には「シンガポール」の象徴である「マーライオン」が鎮座しています。
といってもここのは本家のように水は吹き出しませんが。

そういえば「マリーナベイ・サンズ」は車窓からとはいえ見ましたが、「マーライオン」が見られずじまい。
「世界三大ガッカリ」の1つに数えられているとはいえ、せっかく訪ねたのですから本家も見たかった(汗)
ちなみに「マーライオン」は本家も含めて5体あるんだそうですね。
そんなにあるとは知らなかったな~。
あ、もちろんここにあるのは含まれていません~(笑)


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン

24時間オープンしているターミナル・・・
by sampo_katze | 2016-07-13 21:15 | 海外 | Comments(0)