<   2017年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
新函館北斗駅のホームに
1コマ写真@夏の函館~青森・その3


c0081462_21204877.jpg
「熊出没注意!?」


「函館駅」から「新幹線」が発着する「新函館北斗駅」まで移動します。
時間が余ったので予定より1本早い「快速はこだてライナー」を利用。
おかげで駅の中をいろいろ見ることができました。

さて、「はこだてライナー」が到着するホームの向かい側の屋根下にアルファベットと動物のイラストが掲出されていました。
何かと思ったら「乗車口案内」なんですよ、これ。
この案内は番号で表示されることがほとんど、というかそれ以外見たことがありません。
でも番号だと「乗車口案内」と列車の「号車番号」を混同してわかりづらい、という声が「JR北海道」に寄せられたそう。
そこで「案内モニター」を追加し、同時にこのようなアルファベット表記に変えたとのこと。
ユニークなのはアルファベットを頭文字とする動物や植物などのイラストが添えられているところ。
特に「B」「熊出没注意」風のイラストになっていて思わず笑ってしまいました(^^)


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2017-07-31 21:45 | 北海道
函館に来たらやっぱり・・・
1コマ写真@夏の函館~青森・その2


c0081462_20052292.jpg
「函館朝市発祥の地の碑を発見!」


初日は「函館」の市内を散策しました。
9時頃に空港に着き、16時半過ぎに駅を出るのであまり広くは回れません。
なので坂をまったく上らず、「函館港」周りの見どころを歩くだけになりました。

そして、当然「函館朝市」に立ち寄って「海鮮丼」を頂きました。
市場内を歩きまわっていると、ひっそりポツンとたたずむ1つの石碑を発見。
そこには「函館朝市発祥の地」の文字が刻まれていますが、ほかにはなにもなし!
なにかいわれとか、何かしらが刻まれていると思ったんですけどね。
それにあまりに存在感がなさすぎのような気がします(^^;


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-07-29 21:00 | 北海道
ただいま青森
1コマ写真@夏の函館~青森・その1


c0081462_21271788.jpg
「大森浜沿いを函館へ」


ちょっと早い夏休みで、ただいま「青森」です。
今朝の飛行機で「函館空港」に飛び、市内を散策しました。
こっちに来たのはいつ以来かな~?

その後、「北海道新幹線」「青函トンネル」をくぐって到着。
両方とも駅が市内から離れているので乗り換えが必要ですが、ずいぶん早くなりました。


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-07-27 21:45 | 北海道
小牧からの帰りに
1コマ写真@小牧出張・その4e


c0081462_21141745.jpg
「名古屋駅お気に入りの駅弁」


出張で「名古屋駅」経由で帰るとき、時間によってはホームで「駅弁」を買って車中で食事とすることもしばしば。
で、今回は(も、かな?)こちらをチョイスしました。

以前は「みそかつ&えびふりゃ〜」という名前で出ていたんですが、ここ2年くらい?見かけません。
リニューアルしたのかな?と勝手に思ってるんですが・・・・・。

「エビフライ」用に「タルタルソース」もついているんですよ。
すでに味噌味がついているのにもかかわらず!
でも、つい手が伸びてしまいます(^^;


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-07-25 21:30 | 東海・中部
小牧駅の西側に
1コマ写真@小牧出張・その3


c0081462_11565143.jpg
「名古屋圏でニワトリといえば?」


「小牧駅」は地下を南北に「名鉄小牧線」が通っています。
東側には「バスターミナル」があり、西側には一般車と「タクシー」が通るロータリーがあります。
「名古屋駅」から「小牧駅」まで列車を使うと2回ほど乗り換えがありますが、「高速バス」を使えば乗り換えなし!
前回初めて使いましたが、「名古屋駅」での乗り場にちょっと迷うくらいでそれ以外はラクラクでした。
荷物が多いときはこちらの方がいい感じですね。

さて、「小牧駅」で地下の改札口を出て左に進むと「タクシー」乗り場方面に出ます。
乗り場の手前には2羽の「ニワトリ」をモチーフにした銅像が立っていました。
このあたりで「ニワトリ」となると、もしや?と思ったんですが。

なんと、この像はご当地発祥の「名古屋コーチン」のをモチーフにしたものなんだそう!
像は雄鳥と雌鳥のペアに加え、卵も添えられていました。
せっかくなので、もう少し発祥の地をアピールして行けばいいのにと思うんですけどね(^^;

「小牧発祥の地 「名古屋コーチン」
 名古屋コーチンは尾張藩の元藩士、海部壮平・正秀兄弟によって作出されました。
 兄の壮平は、明治4年に小牧市池之内に移り住んだのち養鶏を開始し、試行錯誤の結果、
 明治15年頃に、中国産九斤(バフコーチン)と地鶏を交配して理想に近い一鶏種を作り出し
 小牧発祥の「名古屋コーチン」が誕生しました。
 壮平の死後は名古屋での弟の正秀らを中心に改良が重ねられ、明治38年、日本家禽協会により
 「国産実用品種第一号」の鶏として認定されました。」

※説明板より引用


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-07-23 21:00 | 東海・中部
小牧駅の南側に
1コマ写真@小牧出張・その2


c0081462_10025136.jpg
「謎の?ループ」


「小牧駅」の北側には「高架橋」が伸びています。
その上には「架線」がないので「道路」かと思いきや、その割には「街路灯」もありません。
これはいったい何だろう?と。
で、あるとき南側にこのようなループを描いている様子を見つけました。
あれ?これってずいぶん前に見たことがあるような・・・・・。

実はこれ、「桃花台新交通桃花台線」という「新交通システム」の廃線跡(!)なんです。
「小牧駅」と「桃花台ニュータウン」にある「桃花台東駅」を結んでいた路線で、1991年3月25日に開業。
ところが諸々の問題(多すぎるので省略)を抱えていたことから利用者はまったくといっていいほど伸びず。
結局、開業から15年目の2006年10月1日で廃止となりました。
ちなみにわたしも廃止が決まった2006年のどこかで乗ってるんですよね。
記憶がほとんどありませんが(^^;

それからも廃線跡の撤去や再利用が検討されましたが、いずれもコストがかかりすぎることなどから断念。
そして2015年に全線撤去の方針が決定し、15年をかけて撤去していくことになったそうです。
「小牧駅」の周辺も今年度中に着工される予定とのことらしいです。
この奇妙なループもいずれ見られなくなるんですね。


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-07-21 21:00 | 東海・中部
小牧への移動で
1コマ写真@小牧出張・その1


c0081462_20100661.jpg
「雨に煙る東京駅」


昨日の午後は出張の移動でした。
手持ちの「iPhone」には「Yahoo!天気」アプリを入れているんですが、なにやら雲行きが怪しいのでこまめにチェック。
すると「雨雲レーダー」に強い雨の区域が出てきました。
そこで予定より20分ほど早く出発。
駅に向かう間にポツポツ降り始めてましたが、ホームに着くと結構強くなってきました。
さらに「東京駅」へと向かう車窓には黒い雲が広がり、たまに稲妻がきらめき雷鳴が轟きます!
走行中の車中でも聞こえてきましたから相当なものでしたね(^^;
「東京駅」に着くとそれほどでもなく、列車も正常に運行されていました。
夕方に停電のため、「東海道新幹線」が運転を見合わせたようですが10分ほどで運転再開。
わたしの乗った列車には影響がなく、ラッキーでした。


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-07-19 21:00 | 東海・中部
干潟 育むうみ&深海 未知のうみゾーン
仙台うみの杜水族館に行こう!編・第7回


c0081462_11452369.jpg
「生物界最強のハードパンチャー!」


今回は「干潟」「深海」ゾーンを取り上げます。
ほぼ水面付近の「干潟」と「深海」は両極端ですが、ゾーンとして続いているので(^^;

説明にもあるとおり、ここ「仙台うみの杜水族館」から東に約3kmのところに「蒲生干潟」(がもうひがた)があります。
「東日本大震災」の津波によって大きな被害を受けましたが、徐々に生態系も戻っているそう。
またこの「干潟」には「日和山」(ひよりやま)があり、「日本で最も低い山」に認定されています。
その標高はなんと3m!
2階ほどの高さなんですね。

「干潟 育むうみ
 一面に砂や泥が堆積し、一見、生きものなどいないと思える干潟。じつは干潟の表面には、珪藻(けいそう)など
 栄養豊富な微生物が多くいて、それを食べるカニや魚が集まり、またそれを食べる鳥が集まるといった、
 多くの生きものが育まれる生きものの楽園なのです。そんな干潟が、自然災害や、生産性の高い耕地に干拓されるなど、
 日本各地で減ってきています。仙台うみの杜水族館の近くにも蒲生干潟がありますが、
 これら生きものを育む楽園を未来に残したいものです。」


「干潟ってよく見ると、おもしろい
 干潟とは、「潮が引いたら陸地になり、潮が満ちたら浅い海になる」場所を言います。
 ここには川からの栄養が流れ込みそれを餌とする生きものが集まります。
 さらにそれを食べる鳥たちも集まります。干潟の泥をよく見ると、生きものたちの暮らしの様子を見ることができます。
 目を凝らせば凝らすほど、たくさんの生きものたちが見えてきます。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、巣穴に入っている「シャコ」です。
透明感のある真っ白な体がとてもきれいですね。
でも見た目とは裏腹に前脚、正確には「捕脚」(ほきゃく)の持つパワーは生物界最強と言われるほど。
「カニ」の甲羅や「貝殻」を割ったり、飼育下では水槽のガラスにヒビが入ることもあるんだそう!
体長は20cmに満たない小さな体なんですが、どうしてそんなパワーを生み出せるんでしょうね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





干潟の甲殻類・・・
by sampo_katze | 2017-07-17 21:00 | 水族館 | Comments(0)
アマモ うみの揺りかごのゾーン
仙台うみの杜水族館に行こう!編・第6回


c0081462_13294045.jpg
「海草がつくるもり」


今回は「アマモ うみの揺りかご」ゾーンです。
先に紹介した「彩り 海藻のうみ」と同じように海中で森を形成している「アマモ場」を紹介しています。

でも、「アマモ」は「海藻」ではなく「種子植物」です。
陸上で見られる「植物」同様に「花」を咲かせ、「種子」で増えていきます。
「海藻」と区別するために「海草」(かいそう、うみくさ)と呼ばれることも。
ちなみに「海藻」は「胞子」で増えます。

「07 アマモ うみの揺りかご
 生きものたちにとって大切な海である、アマモ場。
 ここは魚たちの繁殖、産卵の場であったり、小さな生きものの隠れ家であったり、水をきれいにしたり、
 海中の酸素を補給したりと、生きものが育つために大切な、まさに'うみの揺りかご'なのです。
 このアマモ場が、環境の変化によって減少してきています。アマモ場の大切さを知っている水産関係者や市民によって、
 この海を守る活動が各地で行われています。」


「うみのゆりかご
 アマモは、内湾のごく浅い場所に群落をつくり「アマモ場」を形成します。
 アマモ場は潮の流れを和らげるため、魚を初めてとする多くの生きものの産卵場となります。
 また、外敵からの格好の隠れ家となり、生まれたばかりの生きものたちの大切な生育場になります。
 光合成により酸素を供給し、また水質浄化の役割を果たす、まさに生きものたちが育ちやすい環境をつくっています。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、「アマモ うみの揺りかご」の水槽のほぼ全景です。
生きものたちは「アマモ」にまぎれているのでよく見えません。
そのこともあって、まるで風になびく「草原」のようにも見えますね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





水中の草原をのぞいてみると・・・
by sampo_katze | 2017-07-15 21:00 | 水族館 | Comments(0)
大漁 宝のうみ&内湾 恵みのうみゾーン
仙台うみの杜水族館に行こう!編・第5回


c0081462_21074179.jpg
「猫の島グッズの数々」


今回は「大漁 宝のうみ」「内湾 恵みのうみ」ゾーンです。
前半は「三陸」の海の沖合をテーマに、「世界三大漁場」の1つに数えられる豊かな海を紹介しています。

「05 大漁 宝のうみ
 総延長で約600km続く三陸海岸の沖合に広がる青い海。
 そこは、海からの恩恵があふれる宝の海です。夏には暖流に乗って南の魚が、冬には寒流に乗って北の魚が来遊します。
 そのため、漁獲される種類、数ともに多く、世界三大漁場のひとつとして、その恩恵を受けています。
 漁法も定置網漁(ていちあみりょう)、巻き網漁、底引き網漁、延縄漁(はえなわりょう)、一本釣り漁、刺し網漁、
 籠漁(かごりょう)と、季節や獲る種類によって様々な漁を見ることができます。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、展示されていた「田代島にゃんこ共和国」(たしろじま)のグッズと思われます。
「缶バッジ」「ステッカー」「てぬぐい」などがありました。
「猫の島」として知られているだけにモチーフは「ネコ」がメインですが、ほかのキャラも豊富ですね。

「田代島にゃんこ共和国
 一般社団法人田代島にゃんこ共和国とは、東日本大震災の津波により漁業、観光資源に大打撃を受けた
 田代島の復興・観光促進を目的として地元かき養殖者と有志が立ち上げた団体です。」


「田代島
 田代島は周囲11.5km、面積3.14㎢、現在の島民は約80人と小さな島です。
 ヒトよりネコの方が多い島として有名ですが、島民のほとんどが何らかの形で漁業に携わっている漁師の島でもあります。

 犬の持ち込みはタブー?!「猫の島」
 いつの頃から田代島が猫の島になったのかは明らかではありませんが、島で養蚕(ようさん)が営まれていた頃、
 カイコを食べるネズミを退治するために持ち込まれたのではないかと、言われています。
 養蚕はいつしか廃れてしまいましたが、漁師さんたちの間でも猫は「大漁を招く」とされ大切にされてきました。
 また、猫たちの行動を見て天候を予想したりもしていたようです。」



blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





外海の魚たちと内湾のカキ・・・
by sampo_katze | 2017-07-13 21:30 | 水族館 | Comments(0)