<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
米沢に日帰りで
1コマ写真@米沢出張・前編


c0081462_21394755.jpg
「ご当地ゆかり武将と奥方がモデル」


「山形県米沢」に出張してきました。
1泊ぐらいしたかったですが、残念ながら日帰り。
「米沢牛」が食べたかったのに~!(笑)

で、こちらは駅西口に掲げられていた「米沢市」のマスコットキャラクターたち。
「けーじろー」(=前田慶次郎)、「かねたん」(=直江兼続)、「かげっちさま」(=上杉景勝)、
そして「おせんちゃん」(=お船の方・直江兼続の正室)の4人組です。
2009年に放映された「大河ドラマ」の放映決定に合わせ、「かねたん」が2008年6月に登場したとのこと。
そしてゆかりある3人の仲間たちが加わったようですね。


iPhone5S



by sampo_katze | 2017-11-30 22:15 | 東北
北園のアメリカゾーンの動物たち
新望遠レンズで動物園訪問!@東山動植物園編・最終回


c0081462_21091848.jpg
「狛犬のごとく」


「両生類」「は虫類」を展示している「自然博物館」に入ったのが14時頃。
そこで「ワニ」「トカゲ」「ヘビ」を見学&撮っていたらすっかりはまってしまいました。
気づけば15時40分過ぎで、閉館まであと1時間と少ししかありません。
しかも出口まで比較的距離がある上、その途中にある「アメリカゾーン」が残っています。
しかたなく「カメ」「カエル」「サンショウウオ」はあきらめて先に進むことにしました。

そういえば「東武ワールドスクウェア」を訪ねたときに同じような状況になったことがありました。
園内の半分強をめぐったところで時間切れ。
そのときは、幸い地元から比較的近かったこともあったので翌日に再訪問しました。
でもここではそういうわけにはいきません。
次にこちらに来る機会を見つけて再訪問することにしましょう。


表紙の写真は、「自然博物館」から下ったところにいる「ヤブイヌ」です。
「イヌ科」の中の「ヤブイヌ属」の仲間で、はじめは1839年に「化石種」のみで構成される「属」とされました。
その後の1842年に現生種が発見されたことで、「ヤブイヌ属」を構成する唯一の種となっています。
やや短めの四肢と小さな耳が特徴的。
ちょうど2頭が並んでいるところだったので、動かないでよ~と念じながらシャッターを切りました。
結構薄暗い場所だったので余計に(^^;

「ヤブイヌ  食肉目イヌ科
 英名 Bush dog  学名 Speothos venaticus
 生息地 南アメリカ

 もっとも原始的なイヌ科の動物の一種で、森林や林縁(りんえん)の沼地に家族単位で生息する。
 胴長短足の体、小さな耳は狭い巣穴の中での生活やヤブをくぐりぬけるのに適している。
 肉食に適応した頑丈な歯をもち、10頭くらいの群で協力して小型哺乳類などを捕食するが、
 しばしば大型げっ歯類などの自分より大きな獲物を襲う。指と指の間に薄い皮膚の膜があり泳ぎが得意なので、
 水に逃げ込んだ獲物も追いかけることができる。
 食べ物をめぐっての子供同士の争いが少ないのは、家族で協力して狩りをすることに関係していると考えられる。
 ひんぱんに鳴き声を交わしあうことで、見通しの悪い森林でも群を維持する。
 オスは片足を上げて、メスは逆立ちでさかんに尿によるにおいづけをする。」

※説明板より引用、以下同じ


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





再び哺乳類を・・・
by sampo_katze | 2017-11-28 21:00 | 動物園 | Comments(0)
自然動物館のヘビの仲間たち(閲覧注意?)
新望遠レンズで動物園訪問!@東山動植物園編・第10回


c0081462_20504585.jpg
「ヘビのオブジェ?」


「自然博物館」の3種目は「ヘビ」です。
分類では「爬虫網有隣目ヘビ亜目」に属します。
「有隣目」(ゆうりんもく)には「トカゲ」の仲間も含まれているんです。
これはちょっと意外でした。

さて「ヘビ」というと、あまりいいイメージを持たれていないですよね。
やっぱりあのニョロニョロとした外見が原因でしょうか。
また「毒」を持った種も多く、全体の25%ほどもいるんだそう。
その反対に信仰の対象にもなっていたり、生命の象徴としているところもあるんですよね。
まぁでも、いいイメージの割合は少ないのかな(^^;
ちなみに「東山動植物園」では「毒ヘビ」は飼育していません。
ご安心を?


表紙の写真は、天井からつり下げられたホースです。
左奥の構造物から伸びてきていますが、右端にはふたがされているので換気や空調ではなさそう。
また場所が場所だけに「ヘビ」をモチーフにしたオブジェかとも思ったんですが、ほかのエリアにもありました。
謎の物体ですね(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





苦手な人はクリックしないでね・・・
by sampo_katze | 2017-11-26 21:00 | 動物園 | Comments(0)
自然動物館のトカゲの仲間たち
新望遠レンズで動物園訪問!@東山動植物園編・第9回


c0081462_20453021.jpg
「意外と広い2階ホール」


「自然動物館」の2回目は「トカゲ」の仲間たちを紹介します。
わたしは2階のプロムナードから「ワニ」たちを見た後にこちらに入りましたが、
入口を入って右手にある階段を上がると直接こちらに来ることもできます。
プロムナードは温室ドームのようなところだったので暑かったですが、こちらは涼しい!
入ってからしばし、体をクーリングしてから見学へと進みました。

このフロアにはほかに「ヘビ」「カメ」「カエル」「イモリ&サンショウウオ」の仲間たちが展示されています。
軽い気分で見学を始めたんですが、予想以上に多くの種類が展示されていてビックリ!
涼しかったのもあって2時間弱ほどいましたが「ワニ」、「ヘビ」、「トカゲ」を撮って終了。
正直、侮ってましたね~。
本気で撮るとなったら半日コースになりそうな感じです・・・・・(^^;


表紙の写真は、2階にあるホールの様子です。
ここから大きく4つのエリアに分けられています。
このホールでは毎週日曜の15:30から「は虫類」とふれあえるイベントもやっているそう。
「は虫類」とふれあえる機会って意外とないですからね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





いかつい顔もまたかわいい・・・
by sampo_katze | 2017-11-24 21:00 | 動物園 | Comments(0)
自然動物館のワニの仲間たち
新望遠レンズで動物園訪問!@東山動植物園編・第8回


c0081462_20391153.jpg
「2階のプロムナードをパノラマで」


「世界四大珍獣」の1つの「コビトカバ」を見た後は、「東山スカイタワー」の方へと上ります。
タワーはすでに昼前に上ったので2度目は当然ありません(笑)
ただその登頂前に向かいにあった「自然動物館」はすごく気になってました。
なので、そこは訪ねてみようと思ったわけです。
屋内施設なので、この暑さをしのげるんじゃないの?というのが実は最大の理由なんですが(^^;

そんなちょっと安易な気分と、建物を外から見た感じではそんなに滞在することもないかな?と思ってました。
でも入ってみると、すっかりはまり込んでしまいました。
こんなにたくさんの種類が展示されていたとは!
あまりに種類が多かったためにとっ散らかってしまうので、3種にしぼって紹介します。
まず最初は「ワニ」の仲間から。


表紙の写真は、2階のプロムナードに出たところの様子です。
ここの通路からは「カメ」や「ワニ」の仲間たちを上から眺めることができます。
通路の途中には東屋がありました。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン





いろいろなワニを撮るのは今回が初・・・
by sampo_katze | 2017-11-22 23:20 | 動物園 | Comments(0)
富山市内はレンタサイクルでGO!
1コマ写真@富山&魚津遠征・その5e


c0081462_21533030.jpg
「市内めぐりの強い味方」


遅い昼ごはんを駅ナカで食べた後、今度は駅の南側へと散策に出かけます。
帰りの「北陸新幹線」は16時過ぎ発にしていたので。

「富山城」から「展望台」のある「富山市役所」へと移動。
すると正面入り口近くに青い自転車が並んでいました。
一見すると「駐輪場」のようですが、同じ自転車がこれだけ並ぶことはないですよね(^^;

実はこれ、「シクロシティ富山」という「レンタサイクル」の1種。
事前登録が必要ですが、キャッチにあるように「24時間365日、いつでもどこでも」利用できるところがポイント。
市内に20か所ほどある「ステーション」のどこからでも借りられて、どこにでも返すことができるとのこと。
「富岩運河環水公園」や「富山城」、「富山市役所」は駅から歩くとちょっと距離があります。
でもこれを利用すればあっという間です。
このことを知っていればもう少しラクに回れたんでしょうけどね~。
もっともこの滞在中はそこそこ(かなり?)食べていたので、歩いて回ってカロリー消費するにはちょうどよかったのかも?(笑)

シクロシティ富山


D700+24-120mmF4G/VR


※次回から東山動植物園編を再開します。

by sampo_katze | 2017-11-20 21:15 | 北陸
世界一美しいといわれる?スタバが富山にあった
1コマ写真@富山&魚津遠征・その4


c0081462_21492065.jpg
「豊かな水をたたえる公園の中に」


2日目の11月12日(日)。
朝は「滑川市」にある「ほたるいかミュージアム」を訪ね、昼前に「富山市」に戻ってきました。
とあるお店で昼ご飯を食べるつもりでしたが、ちょうどお昼どきでかなり待ちそう。
そこで市内を散策して時間をつぶすことにしました。

とはいえ市内についてはまったく下調べしていなかったので、どこに行こうか駅前にあるマップを確認。
すると駅の北側に「富岩運河環水公園」(ふがんうんがかんすいこうえん)という公園があることを発見。
歩いて10分ほどなのでちょうどいい感じですし、行ってみることに。

前日は朝から雨で「魚津水族館」にいたときに「あられ」が降ってきたりしましたが、この日は一転していい天気。
広々とした公園はとても気持ちよかったです。

そしてその園内にあったのが左下にある「スターバックスコーヒー」「富山環水公園店」
2008年にオープンした同店は「世界で最も美しいスタバ」とされているんだとか。
これはその年に「ストアデザインアワード」で最優秀賞を取ったことも大きいようですね。
公式サイトを見ても、「世界で~」というようなことは書かれてませんでしたから(^^;
とはいえ、ここでお気に入りを買って景色を眺めながら飲むとひと味ちがいそうです。
さらに「立山連峰」がきれいに見えたらもう言うことなし!?


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2017-11-18 21:00 | 北陸
国内で現存する最も歴史のある水族館
1コマ写真@富山&魚津遠征・その3


c0081462_21464361.jpg
「建物は三代目」


今回の「富山」訪問の最大の目的は「魚津水族館」に行くこと。
あまり知られていないと思いますが、ここは現存する中ではもっとも歴史のある水族館なんです。
創立されたのは1913年(大正2年)で、そのときは現在より北東に約2kmほどのところにありました。
今から100年以上前なんですね!
「太平洋戦争」の影響により1944年(昭和19年)3月に一時閉館され、1954年(同29年)4月に二代目が初代跡地近くで開館。
1980年(同56年)10月に老朽化のため二代目が閉館となり、翌年4月10日に現在の三代目が開館しました。

今ではたいていの水族館で見ることができる「アクリル製水中トンネル」を世界で初めて導入したのもここ。
また少々マニアックなところでは、「マツカサウオ」が発光する様子が発見されたのもここなんです。
期間限定ですが、ご当地名物の「ホタルイカ」の発光も見られるようですね。
時期が真逆なので今回は見られませんでしたが(^^;
また来て発光の様子を見てみたいものです。


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2017-11-16 21:00 | 北陸
富山湾の宝石を味わう
1コマ写真@富山&魚津遠征・その2


c0081462_20385303.jpg
「ご当地ならではのぜいたくな食べ方」


移動日の11月10日(金)の夕食は「白えび」を頂きます。
生きているときは透明で美しく、「富山湾の宝石」とも呼ばれます。
旬、というか漁は4月から11月と長いのも特徴。
「天丼」もありましたが、せっかくなので「刺身丼」をチョイスして「天ぷら」単品を追加。
丼は醤油なしかほんの少したらす程度で、「天ぷら」は塩で。
どちらもおいしかった~!(^^)
これだけでも来た甲斐があったというものです。


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-11-14 21:45 | 北陸
10年ぶりの富山訪問
1コマ写真@富山&魚津遠征・その1


c0081462_20382358.jpg
「富山湾の幸がそろい踏み」


この週末は「富山県」へと出かけてきました。
過去ログを見ると2007年の記事が出てきたので、それ以来なんと10年ぶり。
そのときは「北陸新幹線」は開通しておらず、「上越新幹線」「ほくほく線」経由でアクセスしました。
どれくらい時間がかかったかは忘れましたが、今は「東京駅」から「富山駅」まで2時間15分ほどで到着。
便利になったものです。

「富山駅」に降りたち、改札口の方へと下りていくと左手に「寿司」のオブジェが置かれていました。
「天然の生け簀」とも呼ばれる「富山湾」から上がった旬の地魚をつかったもので、名付けて「富山湾鮨」
県内各地のお店で味わえるようです。

富山ならではの天然の極上寿司 富山湾鮨


iPhone5S




by sampo_katze | 2017-11-12 21:00 | 北陸