タグ:AiAF35mmF2D ( 65 ) タグの人気記事
のんびり客車&ディーゼルカー
鉄道博物館編・第4回。


c0081462_1039650.jpg
「顔」


かつて、日本の鉄道の旅は客車が主流でした。
鉄道の黎明期から蒸気機関車が客車を牽引するスタイルに始まり、
超特急「つばめ」に代表されるような高速列車も誕生しました。
客車は自走機能が必要ないため軽量で構造も簡単だったことや
電化のあるなしにかかわらず、機関車を付け替えるだけでどこでも走れることも一因かと。

反面、折り返しなどの方向転換には機関車の付け替えが必要であったり
機関車と客車とでは重量が大きく異なるため、線路への負担も大きいデメリットがありました。
乗り心地の面では、発車と停車の際に牽引力が伝わり「衝撃」が発生することもあります。
貨物列車が駅を出るとき、先頭から順番に「ガガガガガ」と大きな音が伝わってくるのが一例ですね。

輸送人員や運用効率の面から客車列車は電車やディーゼルカーに代わり
定期普通列車は2002年(平成14年)11月30日快速「海峡」(青森~函館間)の廃止と共に消滅。
優等列車でも「カシオペア」をはじめとする寝台特急7列車が残るのみとなっています。
昔ながらの「ブルートレイン」の姿を残している列車がほとんどなので、願わくば長く走り続けてほしいものです。


表紙の写真は、客車とディーゼルカーだけでは足りないのでおまけ(^^;
ヒストリーゾーン2階から車両を眺めていて目に入ったものです。
わたしにはこれがどうしても顔にしか見えませんでした。
よくみると、上のほうにもアメフト用メットをかぶっているような顔もありますね。
さて、これは一体なんでしょう??


客車@Wiki

普通は見られない・・・
by sampo_katze | 2009-09-20 21:50 | 博物館・美術館 | Comments(0)
憧れの蒸気機関車
鉄道博物館編・第2回。


c0081462_10292344.jpg
「日本の鉄道の夜明け」


江戸末期、黒船来航にあたって詠まれる。
「泰平の眠りをさます上喜撰 たった四はいで夜も寝られず」
江戸時代の間続いていた鎖国は、ペリー率いる艦隊4隻(うち「蒸気船」は2隻だった)によってその幕を下ろします。
「上喜撰」とは緑茶の銘柄のことで、上等なお茶を4杯飲んだら(カフェインの効果で?)眠れなくなったというのと
突然4杯の蒸気船がやってきて対応に追われて夜も眠れないというのをかけています。

それから約20年後の1872年(明治5年)。
日本の鉄道も「蒸気」によってその幕を開けました。
旧暦(天保暦)の9月12日(グレゴリオ暦の10月14日)、新橋(後の汐留・現在は廃止)~横浜間で正式開業したのが始まりです。
実際にはそれより前の5月17日(グ暦6月12日)に品川~横浜(現在の桜木町)間が仮開業していたそうですが。

新橋~横浜間の所要時間は53分で、表定速度32.8km/h。
当時の感覚からするとそれこそ「あっという間」だったんでしょうね。
何しろ交通機関といえば「かご」や人力車だったんですから。
余談ですが、現在の新橋~桜木町間を京浜東北線だけで移動すると37分かかります。
もっとも途中の停車駅の数が多いですから、単純比較はできませんけどね(^^;


表紙の写真は、日本に最初にやってきた通称「1号蒸気機関車」
鉄道開業にあたっては5形式10両の機関車がイギリスに発注されましたが、
この車両は日本に到着したのが一番早かったのでトップナンバーの「1」が付記されたんだそう。
動輪が2軸のこじんまりとした車体です(^^)


日本の鉄道開業
国鉄150形蒸気機関車
いずれも@Wiki

生きている黒鉄・・・
by sampo_katze | 2009-09-16 19:20 | 博物館・美術館 | Comments(0)
鉄道を学ぼう!
鉄道博物館編・第1回。


c0081462_1021779.jpg
「新幹線高架が目前!」


7月16日、原市沼の蓮撮影のあとはニューシャトルに乗って大成町へ移動します。
2007年(平成19年)10月14日鉄道の日にオープンした「鉄道博物館」を訪ねるためです。
意外に思われるかもしれませんが、実は今回が初訪問(^^ゞ

またその前身とも言うべき神田須田町の「交通博物館」も小さい頃に行ったっきり、
再訪問することなく2006年5月14日に閉館してしまいました。
なくなるとわかってから行くにしても、混雑してそうでしたから(汗)
今考えればもったいないことをしたなとも思うんですけどね。

この「てっぱく」にしても、オープン後しばらくは結構混むだろうと思って避けていましたが
気がつけばオープンからもうすぐ2年。
いくらなんでもだいぶ下火になったでしょうし、何よりこの日は夏休み前の平日です。
蓮の撮影も午前中早い時間が勝負となりますから、時間配分もぴったり。
となればこんなチャンスを逃す手はないですよね☆

アクセスは言うまでもなく、JRおよび東武野田線の大宮駅からニューシャトルに乗り換えて1駅、
「鉄道博物館駅」(改称前は大成・おおなり)下車、徒歩1分です。
駅改札口と博物館はほぼ直結しているといってもいいでしょう。
駅名もそのまんまですし、間違いようがないですね(^^)


表紙の写真は、高さ25mの屋上展望台「パノラマデッキ」です。
向かって左側に新幹線とニューシャトルの高架、右側地上は高崎線・川越線が走っています。
新幹線高架よりやや高いところに位置しているので、目の前を比較的ゆっくり通過する新幹線を眺めることができます。
通常ダイヤで運転される列車に限られますが「てっぱく」付近を通過する列車と車両の組み合わせ、
通過予定時刻がイラスト付きで掲示されているのがありがたいですね。
欲を言えば、空港の展望デッキのようにレンズが通るくらいの小さい穴が開いているといいんですが(^^;


鉄道博物館公式HP
鉄道博物館@Wiki

まずはラーニングゾーンから・・・
by sampo_katze | 2009-09-14 19:15 | 博物館・美術館 | Comments(0)
湯けむり美術館
江戸東京たてもの園編・最終回。


c0081462_2152649.jpg
「下町の社交場」


久しぶりに長期連載になった本編もようやく最終回。
歩きつかれた体を癒すためにお風呂に入ってさっぱりして、そのあとは居酒屋で一杯。
なんちゃって(^^ゞ


表紙の写真は、足立区千住元町にあった銭湯「子宝湯」です。
建築年1929年(昭和4年)、復元年1993年(平成5年)。
施主は石川県七尾市出身の小林東衛門(こばやしとうえもん)氏。
千住のほか町屋と西新井に同名の銭湯を建築、ほかに2件の銭湯とともに経営をしていました。
この千住の子宝湯には4~5万円の経費をかけ、石川県から気に入った大工を連れてくるほどの熱の入れよう。
当時の一般的な銭湯建築費用が約2万円ということを考えると、まさに破格ですね。

ここでは取り上げていませんが、入り口の唐破風屋根の下には「七福神の宝船」があります。
この彫刻だけでも2階建ての家が建つほどの費用がかけられているんだとか。
まさに贅沢を極めたつくりになっているんですね。

戦後に小林氏が銭湯経営を縮小するにあたり、平岡家が千住の子宝湯を買い取りました。
そして1988年(昭和63年)に廃業。
各家庭に風呂があるのが一般的になってきたことが大きな理由で、これも時代の流れですね。

なお建物の外観は創建当時のものを、内部は昭和30年代の様子を再現しています。


東京都浴場組合(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)
銭湯@Wiki

大きなお風呂は気持ちいい☆
by sampo_katze | 2009-08-25 21:10 | 博物館・美術館 | Comments(0)
再現された下町
江戸東京たてもの園編・第7回。


c0081462_21273163.jpg
「下町の夏・1961」


都電6系統にゆられることしばし、新橋の手前にある「南佐久間町」電停で途中下車しましょう。
電車を見送ったら、往来する車に気をつけつつホームを下ります。
その目の前に伸びる路地の両側には昭和初期に建てられた店が並んで、ちょっとした商店街が展開します。

西ゾーンでは、江戸末期から昭和にかけて建てられた商店が主に並んでいます。
そのためこの「下町中通り」は商店街のような雰囲気になっているんですね。
建物の中は当時のお店の状況なども再現されているので、店の奥から主人が出てきて
「いらっしゃ~い」なんて声をかけてくれそうな感じです。
たてもの園に来ていることを一瞬忘れてしまいますよ。


表紙の写真は、通りの真ん中あたりから撮ったもの。
縁日のようなものが出ていて、ちょっとした夏祭りのような状況になっていました。
古いカメラで撮ったような雰囲気を出したくて、モノクロにぼかしを加えてあります。

プチ・タイムスリップ・・・
by sampo_katze | 2009-08-23 21:30 | 博物館・美術館 | Comments(0)
ようやく折り返し
江戸東京たてもの園編・第5回。


c0081462_20384117.jpg
「江戸の霊廟建築」


ようやく2つ目のエリア「センターゾーン」に入りました。
この時点で時刻は13:00をとっくに過ぎています。
西ゾーンではなんでもかんでもじっくり見るという悪いクセが出て、進みが遅くなったわけで(^^;
そんなこともあり、後半はちょっとラフな展開になります。
センターゾーンの建物の紹介は今回1回限りですし(苦笑)
まぁ、どちらにしてもまた機会を改めて再訪したいと思ってはいるんですけど。


表紙の写真は、エントランス広場右手前方にある「旧自証院霊屋」(きゅうじしょういんおたまや)です。
建築年1652年(慶安5年)、復元年1995年(平成7年)。

この建物は徳川三代将軍・家光の側室「お振りの方」の霊廟(れいびょう)です。
娘の「千代姫」は母を弔うため新宿区富久町に「自証寺」を開基しました。
霊廟も同時に建てられたものと思われ。
さすがに日光東照宮ほどの煌びやかさはありませんが、側室の霊廟としてはかなり豪華な造りといえ
当時の徳川家の隆盛を伝える建物の1つといえるでしょう。

建築に携わったのは江戸幕府作事方大棟梁の家系である甲良氏の3代目「甲良宗賀」(こうらむねよし)。
初代将軍・徳川家康を祀る「日光東照宮」の建立に携わった初代「甲良宗広」(むねひろ)の一族です。
宗賀はこのほかに、日光東照宮や東京タワーそばに建つ増上寺の修繕などに携わっていますが
特に東照宮の修繕に際しては褒美として切米100俵と市ヶ谷の土地を拝領したそう。
ただし本人は拝領地には居住せず、千住に屋敷を設けていたようですが・・・・・。
拝領地となった場所は、現在「市谷甲良町」(いちがやこうらちょう)として名を残しています。


甲良氏@Wiki

鎮魂の建物・・・
by sampo_katze | 2009-08-19 20:40 | 博物館・美術館 | Comments(0)
ふたりの建築家
江戸東京たてもの園編・第3回。


c0081462_2229152.jpg
「宝形造りのある家」


エントランス広場から向かって左手に伸びる広い通りを「山の手通り」と呼んでいます。
この通りの南側に先に紹介した「常盤台写真場」と「三井邸」があり
通りの先には農家の「綱島家」「吉野家」など、江戸時代の建物が並びます。
時計回りにこれらを巡ったあと、通りの北側に並ぶ戦前に建築された3棟を訪ねました。
今回はそのうちの2棟を紹介します。


表紙の写真は、現在の文京区西片2丁目にあった「小出邸」です。
建築年は1925年(大正14年)、復元年は1998年(平成10年)。
設計した「堀口捨己」(ほりぐちすてみ)は東京帝国大学(現在の東京大学)建築学科の出身で
1920年(大正9年)に日本最初の近代建築運動となった「分離派建築会」のメンバーのひとり。
1923年(大正12年)7月から翌年1月までヨーロッパに留学し、帰国後に著書「現代オランダ建築」を発表。
同年にこの建物を設計し、翌1926年6月に竣工しました。
このため堀口にとっての最初の作品とされています。

この家の外観の最大の特徴は、写真左手のちょうど木で隠れているあたりの屋根の形。
ここがピラミッドのような形をした屋根(宝形造り)になっているんです。
このときはそんなことはつゆ知らず、何の変哲もない写真になってますが・・・・・(--;



分離派建築博物館
※分離派、そのメンバーと建築物などについて詳しく紹介されています。

堀口捨己
前川國男
いずれも@Wiki

創建当時のまま・・・
by sampo_katze | 2009-08-15 22:30 | 博物館・美術館 | Comments(0)
落ち着かない蓮撮影
さいたまの古代蓮編・読切(笑)


c0081462_2039399.jpg
「背景が気になって・・・」


7月16日(木)、ちょうど仕事の谷間だったので急遽休みを取って
伊奈町と上尾市の間にある古代蓮の隠れた(?)名所「原市沼」(はらいちぬま)と「鉄道博物館」を訪ねました。

先日、伊奈バラ園訪問でニューシャトルに乗りましたが途中に「原市」(はらいち)という駅があります。
この地名、どこかで聞いた覚えが・・・・・?
しばらく考えて(3.5秒)「そうだ、古代蓮の沼があるところだ!」と思い出しました。

これまで蓮は2回撮りに行ったことがあるんですが1回目は千葉公園の大賀ハス、2回目は神奈川の大船植物園。
どちらも結構遠くて、朝早い時間帯が見頃のハスを撮るにはかなり不便でした(^^;
でも、ここなら比較的近いですからそれほど苦労することはありません。
おまけにニューシャトルでの帰路の途中には、開館以来まだ訪ねていない「鉄道博物館」があるので
朝のハス撮影が終わったら、そちらに移動することで時間を有効に使うことができます。
平日なので空いているでしょうし☆


表紙の写真は、ハスの池の道からの一コマ。
沼のはるか上を越えるように、東北・上越新幹線とそれに寄り添うように造られたニューシャトルの高架があります。
両新幹線が合流する場所にあるため、JR東日本所有の新幹線車両全部(200、400、E1~4)がここを通ります。
ただでさえ本数が多くなる上に、列車によって組み合わせが変わるのでバラエティは豊富。
おまけにこの時期は、夏休みに合わせて「ポケモン」のキャラをあしらった車両も走る!
となると、列車が近づく気配がするとついつい「今度はどんなのかな?」と思わずファインダーを外して見てしまいます(^^;
おかげで、中盤くらいまではハスに集中できませんでした(笑)


今回は、前半の古代蓮をご覧ください。
後半の鉄道博物館については、また日を改めてお届けします。
8月後半以降、下手すると来月・・・・・かなぁ(^^;



埼玉県行田市 古代蓮の里
神奈川県立フラワーセンター 大船植物園
ポケットモンスターオフィシャルサイト

なんとか集中する・・・
by sampo_katze | 2009-08-07 20:50 | マクロ | Comments(4)
梅雨時を彩る
梅雨の晴れ間にD70 in 花と緑の散歩道・後編



c0081462_20532527.jpg
「たまには上から眺めてみよう」


「花と緑の散歩道」の終点は「別所沼公園」です。
約2kmあるのですが、意外なほどあっさりと踏破してしまいました。
これなら折り返してまた武蔵浦和駅に戻ってもいいな、と。
もし途中で天気が悪くなったり、体力が持たなかったら(オイオイ・^^;)中浦和駅に行ってしまうという手もありましたが(笑)
この散歩道に途中にはベンチもありますからマイペースで歩いて、疲れたらベンチで一休みできます。
何より車道と歩道が完全に分離されているので、路肩に座って間近で花を愛でながら休むのも一興かと。
もちろんアジサイや桜が咲いている地面を踏んづけないようにしないといけませんけどね!(^^)

別所沼はあとから知ったんですが、100万年前(!)に湧出した水が低地たまってできた沼なんだそう。
途中経過は省いて、2003年(平成15年)さいたま市(当時は旧浦和・大宮・与野の3市)が政令指定都市になったことをきっかけに
別所沼公園はさいたま市の管理下に置かれることになりました。
現在は沼では釣りが可能、散歩やジョギング向けのコースがあったり子供用の遊具が整備されていたりと
多目的に利用できる公園になっているようです。
でも、今回はアジサイのことしか考えてなかったので公園の探索はしませんでした(^^;;


表紙の写真は、散歩道の終点付近で県道40号線と交差する歩道橋の上から撮ったものです。
アジサイの並木は県道まで続いているんですが、公園へ行くには東西にちょっと離れた横断歩道を渡るか
もしくはスロープのある歩道橋を渡る必要があるんです。
県道は結構な交通量があるので、安全に渡るなら歩道橋の利用がオススメ!
ついでといっては何ですが、こうして上からアジサイを眺めることはめったにないことなので。

ちょこっと公園をのぞいてみる・・・
by sampo_katze | 2009-07-16 21:00 | マクロ | Comments(0)
高架沿いに
梅雨の晴れ間にD70 in 花と緑の散歩道・前編


c0081462_20433735.jpg
「葉っぱもまたよし」



桜の咲く季節、武蔵野線または埼京線に乗って武蔵浦和駅近辺を通るとき
窓の外に駅から北に向かって桜並木が伸びているのが目に入ります。
毎年気になってはいたんですが、いつも車窓から眺めるだけでシーズンが終わってしまいます。
それは今年も例外ではなく、気がつけば梅雨に入っておりました(^^;
でもその桜並木の道がこの時期はアジサイが見頃ということを聞き、出かけてみることに。

その道は「花と緑の散歩道」と呼ばれています。
元々は北にある「別所沼」(べっしょぬま)から笹目川に至る灌漑用水路(別所排水路)でしたが
これを暗渠化(あんきょか)して遊歩道になりました。

南はJR武蔵浦和駅から大宮寄りに出てすぐ、北は中浦和駅まで200mほどとアクセスは抜群。
散歩道自体も2kmと手ごろな距離の上、歩道と車道が完全に分かれている(交差部はのぞく)ので安心して歩けます。
春は桜、梅雨の時期はアジサイ、秋には紅葉と四季折々の風景が楽しめるようですね。

ただ、アジサイの頃は意外と静かな感じ。
これだけたくさんアジサイが咲いているので、知られていないとは思えないんですが・・・・・(^^;
実際、この日写真を撮っていたのはわたしのほかには家族連れ1組のみ。
あとは普通に駅に向かう人、散布する人、ジョギングをする人・・・・・。
確かに桜と比べればアジサイは地味な花ですけどね~(^^;


表紙の写真は、アジサイの葉っぱだけを撮ってみたもの。
花やガクに目が行きがちですが、葉っぱもご覧のようにつやつやと輝いていてなかなか素敵です☆
もうしばらくすると中心から花が顔を出してくるんでしょうね。

※撮影日は6月13日です。


別所排水路
別所沼
いずれも@Wiki

曇り空の下で・・・
by sampo_katze | 2009-07-14 20:50 | マクロ | Comments(0)