タグ:VR70-200mmF2.8 ( 193 ) タグの人気記事
艶色インコ part1+水鳥エリア
けだま詣で2009夏 in 掛川花鳥園編・第8回。


c0081462_2041784.jpg
「マスコットバード☆」


掛川花鳥園で鳥とふれあえるエリアはいくつかのエリアに分かれています。
入り口のある「長屋門」と温室の間のスペースには「水鳥の池」があり、入り口から向かって左は主にペンギンが
右にはさまざまな種類のカモやペリカンなどがいます。

温室に入って右に進むと鳥たちのいるスペースがあり、最初の区画はフクロウたちのシッティングエリア。
「アフリカオオコノハズク」の「ポポちゃん」もここにいます。

仕切りの奥は、園内最大のスペースでもある「スイレンのプール」があるエリア。
規模がどれくらいあるか、実は今でもよくわかってませんが(^^;
ここはとにかく広くてふれあえる鳥の種類も数もほんとに多く、プールには色とりどりのスイレンが咲き誇ります。
まさに「花鳥園」の名の通り、園内でもっとも華やかな空間が展開するんですね。
さらにその奥のやや小さな区画には中型のインコやクジャクがいます。

温室の隣には「水辺の鳥たち」がいるエリアで、浅く水が張られたスペースに
たくさんのシギの仲間、フラミンゴ、トキの仲間がいます。
ウォークエリアには「カンムリバト」「オニオオハシ」などがいます。
そして温室から屋外に出るとコブハクチョウやコクチョウたちがいる大きな池や飛行ショーの行われる広場、
奥には「エミュー牧場」があります。

今回の訪問では、それらの施設を入り口から撮っておこうと思っていたんですが
いざ行ってみると「けだまぁズ☆」のことが気になってしまって、すっかり忘れてしまいました(汗)
これまた次回の訪問の課題ですね~(^^ゞ



表紙の写真は、「水辺の鳥たち」のエリアにいる「オニオオハシ」です。
黒い体とアンバランスなほど大きいくちばしがとても目立ちますね。
見た目のインパクトでいったら園内の鳥では1、2を争うといってもいいでしょう。


数年前になりますが、初めてここのパンフレットを見たとき表紙に女性の肩にオニオオハシが乗っている様子が出ていてほんとにびっくりしました。
「目を疑った」といってもいいくらい。
そのインパクトがわたしを掛川へと導くきっかけとなって、それ以降ことあるごとに訪ねるようになりました(^^)

まとめて見られる・・・
by sampo_katze | 2009-09-10 20:45 | 花鳥園 | Comments(2)
クジャクバト&エボシドリ~ず☆
けだま詣で2009夏 in 掛川花鳥園編・第7回。


c0081462_20233942.jpg
「仲良きことは・・・・・」


今年の春、スイレンのプールがさらに華やかになりました。
前身真っ白で、花びらのような尾羽を持った鳥が大勢加わったためです。
その名も「クジャクバト」

「カワラバト」(通称ドバト)を愛玩用に改良したもので、尾羽の数が多いのが特徴です。
ただでさえ白い体が目立ちますが、尾羽を広げるとまるでクジャクのように見えるので
賑やかに飛び交う色鮮やかなインコたちに負けず目を引く存在になってます。

元々繁殖力が旺盛なハトの仲間のためか、頻繁にヒナが生まれているようです。
なんせハトの仲間は自然界では天敵が多い存在ですからね~。


表紙の写真は、とあるクジャクバトの2羽。
仲睦まじい姿を見せて(見せつけて?)くれました(^^;


カワラバト@Wiki

そんな2羽にアテレコしてみる・・・
by sampo_katze | 2009-09-08 20:30 | 花鳥園 | Comments(0)
見どころ満載の飛行ショー
けだま詣で2009夏 in 掛川花鳥園編・第2回。


c0081462_20362572.jpg
「風を感じるほど接近☆」


花鳥園では1日3回(10時30分、13時、15時)、屋外にあるエミュー牧場前で飛行ショーが行われます。
登場するのはフクロウ(ベンガルワシミミズク)やタカ、最近はコンゴウインコとヘビクイワシもメンバーに加わって
バラエティに富んだショーが展開されます。
残念ながら雨の日や強風などの悪天候のときは屋内でのフクロウの飛行ショーのみになってしまいますが
それでも普段は見られない鳥たちの飛ぶ姿を間近で見られるのですから、一見の価値あり!

担当するのは花鳥園のバードスタッフと、イギリスから鳥たちと一緒に「飛んできた」(!)鷹匠の「ギャリー」さん。
ヘビクイワシとハクトウワシは今のところギャリーさんが不在のときは見ることができません。
また、鳥たちの体調などによっては見られないこともあるので注意が必要です。
花鳥園公式HPの「バードスタッフブログ」に情報が出ているので、お出かけ前にチェックしておくといいですよ。
人気者のアフリカオオコノハズクの「ポポちゃん」も、番組収録などのため出張することがありますからね。


表紙の写真は、3回ある飛行ショーのうち午後の部2回に登場する「ハリスホーク」(モモアカノスリ)です。
単独行動が基本の猛禽類の中にあって、群れで狩りをするちょっとめずらしいタイプ。
そのためか人にも馴れやすく、鷹匠の入門鳥としても使われることもあるよう。
もちろん、人の頭の真上を通過することも簡単。
今回初めて頭上ギリギリを通過していきましたが、その瞬間には結構な「風」を感じました。

とんだ"珍客"も・・・
by sampo_katze | 2009-08-29 20:40 | 花鳥園 | Comments(2)
プチ☆すわろ~ず
けだまぁず☆2009 SeasonⅢ編・読切(再び)


c0081462_2184827.jpg
「まだ半人前」


ここ最近、どこかつたないつばめの鳴き声がどこからともなく聞こえてきていました。
今日もすぐ近くで聞こえていたので、ちょっと期待しつつそ~っと窓を開けてみました。
すると・・・・・。

「♪電線に、ツバメがぁ~~、3羽とまってたっ!」


こんなとき、あわてて機材を取りにいくとセッティングしている間に逃げられるのがオチ。
わたしもそれで何度泣いたことか(苦笑)
とはいえ、努めて冷静にと思っても・・・・・やっぱりどこかで心がはやってしまうわけで。
「あと1分だけでいいからそのままで~!」
そう念じながら機材を用意!
今回は、なんとか間に合いました(^^;


表紙の写真は、今回のファーストショットです。
直近の鳴き声の感じからすると巣立ってから1週間足らずのようですが、もう立派に飛び回ることができています。
でも頭はふわふわでくちばしも黄色くて、まだヒナなんだなって感じですね。

まだ自分ではえさをとることができないようです。
電線にとまってあたりをキョロキョロ見回して、親鳥が来ないか探しているようでした。

おなかすいたよぉ・・・
by sampo_katze | 2009-08-09 22:00 | 散歩 | Comments(4)
落ち着かない蓮撮影
さいたまの古代蓮編・読切(笑)


c0081462_2039399.jpg
「背景が気になって・・・」


7月16日(木)、ちょうど仕事の谷間だったので急遽休みを取って
伊奈町と上尾市の間にある古代蓮の隠れた(?)名所「原市沼」(はらいちぬま)と「鉄道博物館」を訪ねました。

先日、伊奈バラ園訪問でニューシャトルに乗りましたが途中に「原市」(はらいち)という駅があります。
この地名、どこかで聞いた覚えが・・・・・?
しばらく考えて(3.5秒)「そうだ、古代蓮の沼があるところだ!」と思い出しました。

これまで蓮は2回撮りに行ったことがあるんですが1回目は千葉公園の大賀ハス、2回目は神奈川の大船植物園。
どちらも結構遠くて、朝早い時間帯が見頃のハスを撮るにはかなり不便でした(^^;
でも、ここなら比較的近いですからそれほど苦労することはありません。
おまけにニューシャトルでの帰路の途中には、開館以来まだ訪ねていない「鉄道博物館」があるので
朝のハス撮影が終わったら、そちらに移動することで時間を有効に使うことができます。
平日なので空いているでしょうし☆


表紙の写真は、ハスの池の道からの一コマ。
沼のはるか上を越えるように、東北・上越新幹線とそれに寄り添うように造られたニューシャトルの高架があります。
両新幹線が合流する場所にあるため、JR東日本所有の新幹線車両全部(200、400、E1~4)がここを通ります。
ただでさえ本数が多くなる上に、列車によって組み合わせが変わるのでバラエティは豊富。
おまけにこの時期は、夏休みに合わせて「ポケモン」のキャラをあしらった車両も走る!
となると、列車が近づく気配がするとついつい「今度はどんなのかな?」と思わずファインダーを外して見てしまいます(^^;
おかげで、中盤くらいまではハスに集中できませんでした(笑)


今回は、前半の古代蓮をご覧ください。
後半の鉄道博物館については、また日を改めてお届けします。
8月後半以降、下手すると来月・・・・・かなぁ(^^;



埼玉県行田市 古代蓮の里
神奈川県立フラワーセンター 大船植物園
ポケットモンスターオフィシャルサイト

なんとか集中する・・・
by sampo_katze | 2009-08-07 20:50 | マクロ | Comments(4)
和の紫陽花
梅雨の晴れ間にD70 in 向島百花園・前編。


c0081462_2152729.jpg
「紫陽花の親子」


今回は、わたしにとって手近な散歩スポットの「向島百花園」を訪ねます。
メインは和のアジサイ。
関東地方が九州南部に続いて「梅雨明けしたとみられる」と発表されたのは7月14日。
それから約2週間が経過していますので、ここでアジサイというのもどうかな?
って感じですけどね(^^;


向島百花園は1805年(文化2年)、骨董商の「佐原鞠塢」(さはらきくう)によって開園しました。
園内には360本もの梅が植えられ、当時亀戸にあった「梅屋敷」に対し「新梅屋敷」と呼ばれていたそうです。
現在は春の花といえば桜ですが、当時は梅のほうが人気が高かったからでしょうか。
文人墨客に愛されサロンとしても利用されていた園内ですが、梅だけではちと物足りない。
園主や文人たちがそう考えたのか、詩経や古典などに登場する草花を集め四季折々の花が楽しめるようにしました。
また巧みな地割りのおかげで、ほかの庭園と比べると規模は小さいながらもボリュームを感じるようになっています。


最寄り駅は東武伊勢崎線の「東向島駅」で徒歩約8分。
JR利用なら下記の各駅から都営バスに乗り換え「百花園前」バス停下車、徒歩約3分です。
・南千住駅東口 「南千48」系統亀戸駅行き
・日暮里駅   「里22」系統亀戸駅行き
・亀戸駅    「南千48」系統南千住駅東口行き、または「里22」系統日暮里駅行き


表紙の写真は、ごく普通の「ガクアジサイ」
つぼみを子どもに、開花したガクを親に見立ててみました。


向島百花園@公園へ行こう!
向島百花園@Wiki

落ち着いた雰囲気の・・・
by sampo_katze | 2009-07-26 21:10 | マクロ | Comments(2)
けだまぁズ☆2009・オヤスミ編
初夏の掛川花鳥園編・最終回。


c0081462_2027257.jpg
「転げ落ちそう・・・」


ニンゲンをはじめとして動物の子どもはよく眠ります。
ここ、掛川花鳥園で生まれたコブハクチョウのヒナも例外でありません。
そのかわいい寝顔を撮りたくて、昨年に続き今年も訪問したわけで(^^ゞ
しかも今年はなんと6羽の大所帯!
どの子を撮ろうか迷ってしまいます(笑)


表紙の写真は、水鳥池の右手奥にあるコブハクチョウの住みかでオヤスミ中のヒナたち。
斜面になっているのでおしりを下にして寝ているんですが・・・・・。
頭のほうが重いので後ろに下がっちゃってます(^^;
そのまま転がって池にボッチャン☆
なんてことにはならないんですが、見ているとちょっと心配になりますね(笑)

寝る子は育つ・・・
by sampo_katze | 2009-07-04 20:40 | 花鳥園 | Comments(8)
けだまぁズ☆2009・おすまし編
初夏の掛川花鳥園編・第4回。


c0081462_20395497.jpg
「やうやうしろくなりゆく・・・」


ハクチョウのイメージというと「上品」「優雅」「優美」なんて言葉が浮かんできます。
ヒナたちを見ていると、そのイメージを持って生まれてきたんだなと感じますね。
なりは小さいから風格は足りないですが・・・・・って、あったらある意味コワイ(笑)

今回はコブハクチョウ中編として、ちょっとすました感じのヒナたちの写真を集めてみました。
かわいらしさの中に秘められた上品な雰囲気を感じられるといいのですが(^^;


表紙の写真は、岸に上がって一休みしている6羽のヒナの中で一番白い美人な子です。
ほかのヒナは結構グレーが濃いんですが、なぜかこの子だけは白が際立っていました。
もしかして最初に生まれた子なのかな?

名門一家・・・
by sampo_katze | 2009-07-02 20:50 | 花鳥園 | Comments(0)
けだまぁズ☆2009・活動編
初夏の掛川花鳥園編・第3回。


c0081462_2019558.jpg
「第一小隊」


お待たせいたしました。
今回からコブハクチョウのヒナ、通称「けだまぁズ☆」(と勝手に命名)の登場です!

昨年もほぼ同じ頃(5月中旬)に生まれ、約1ヵ月後に訪問しました。
そのときは全部で5羽生まれたのですが、残念ながら2羽が落鳥。
残った3羽は順調に大きくなって、生後3ヶ月頃には親鳥と見分けがつかないくらい立派になっていました(^^)
今回の訪問でもたぶんいたと思うんですが・・・・・すでに見分けがつかなくなっています。
まぁ1年経ってますから当たり前ですけどね(笑)


さて、第1回のときにも書きましたが今年も同じつがいが卵を産み
5月9日~11日にかけてヒナが誕生しました。
昨年は生まれてから訪問するまで1ヶ月と時間があいてしまいましたが、今回は2週間足らず!
できれば1週間以内に行きたかったところですが、ぜいたくは言えませんね。
そんなわけで、今回はほとんどの時間をコブハクチョウに費やしました(^^ゞ
ここは何度も訪ねていますし、このヒナが撮れるのはまさに今だけですから!


表紙の写真は、コブハクチョウの親子の後姿。
水鳥池に造られた遊歩道を進むと、これまでは行けなかった池の奥にまで入ることができるんですが
その遊歩道の上から撮ったものです。
ここには母鳥とヒナ3羽がいますが、果たして今年は何羽生まれたのでしょうか。
そして、父鳥はどこにいるのかな??


↓昨年訪問したときの記事です。
9月21日 けだまぁズ☆
9月23日 けだまぁズ☆その後

コブハクチョウファミリー・・・
by sampo_katze | 2009-06-30 20:30 | 花鳥園 | Comments(4)
バードセラピー
初夏の掛川花鳥園編・第2回。


c0081462_2073074.jpg
「射抜く!!」


花の次は鳥です。
といっても、今回の訪問のメインは別のところにあるのでちょっとボリュームは少なめですが(^^;

前回紹介したスイレンのプールですが、実は色とりどりの鳥たちがた~くさんいるんです。
大所帯の「コガネメキシコインコ」をはじめ、鳥たちが自由に飛び回る空間に入って
手や頭に乗せたりえさを上げたりと、普段味わえない距離感で鳥たちとふれあうことができます。
別のエリアではフラミンゴやオニオオハシ、屋外では地上最大級の鳥類エミューも!
どの子も信じられないくらい人に慣れていて、下手をすると「人懐こい」を通り越してしまうくらい☆

そしてここの目玉は屋外のエリアで行われる飛行ショーです。
従来のフクロウやタカに加え、今年からコンゴウインコの飛行ショーやヘビクイワシが加わり
普通は見られない迫力のあるシーンを、まさに目前で見ることができるんですよ!


表紙の写真は、飛行ショーに登場する「ベンガルワシミミズク」です。
もともとフクロウが好きだったこともあり、3年前の秋にここを訪れたのがきっかけなんですが
そのとき初めて出会ったのがこのベンガルワシミミズクでした。
羽毛の模様と目の美しさにすっかり魅了されてしまい、それ以降年に何度か訪ねるように。
まさにこの鋭い視線に心を「射抜かれて」しまったわけで(^^ゞ

動物園では味わえない距離感☆
by sampo_katze | 2009-06-28 20:15 | 花鳥園 | Comments(0)