人気ブログランキング |
雲の多いフライトでレアな現象に遭遇
1コマ写真@旭川遠征編・その2


c0081462_22593743.jpg
「雲に映る機影を囲む虹」


行きの14:00発「JL555」は使用機材の到着遅れのため、出発時刻が14:15に変更となりました。
さらにオーバーブッキング?による座席調整が入り、出発がさらに遅れてスポットを離れたのは14:50。
ただ満席だった機内はまったくの平静でざわつくこともなし。
「RWY16L」から15:08にテイクオフしました。
その後の道中はほとんど揺れませんでしたが、何しろ雲が多い!
せっかく窓側の席にしたのに・・・・・とちょっと残念な気持ちに。

でもよく見るとその雲の上に丸い虹のようなものが見えます。
あれ、これって「ブロッケン現象」じゃないの!?

「ブロッケン現象」とは、
「太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、
見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象。
山岳の気象現象として有名で、尾根の日陰側かつ風上側の急勾配の谷で山肌に沿って雲(霧)がゆっくり這い上がり、
稜線で日光にあたって消える場合によく観察される。
その他にも航空機から見下ろす雲や、平地の川霧等に現れることがある。
航空機からブロッケン現象を撮影・観察しようとする場合は、席は太陽の逆の席を取るほうがいい。」

※Wikipediaより抜粋引用

雲の上を飛んでいるときは虹だけが見えていましたが、降下を開始し雲の中へ入る直前に機影も入りました。
ピントはやや甘いですが、合わせるのが雲だけにAFでは難しい・・・・・(^^;
出発が遅れたり雲が多くて見えなかったりでしたが、このレアな現象が見られたのはラッキーでしたね。


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2019-11-10 21:00 | 北海道
北海道のまん中・旭川空港へ・・・の前に
1コマ写真@旭川遠征編・その1


c0081462_22593444.jpg
「一目でわかる個性的な外観」


10月19日(土)から21日(月)にかけて、「旭川」に行ってきました。
「北海道」「東北」にある「JAL」が就航している空港を訪ねるというのが今年の修行?で、
これで残るは「網走郡大空町」、旧「網走郡女満別町」にある「女満別空港」を残すのみとなりました。
当初は18日(金)の夕方に出発する行程を考えていましたが、あいにく満席。
幸い21日(月)は休みになっていたため、1日シフトしました。
その翌日も今年限定の祝日となっていたため、いろいろ余裕ができることもありまして。

行きは「羽田空港」を14時に出発する「JL555」を利用。
「旭川」へは午前と午後にそれぞれ2便ずつ飛んでいます。
初便が最安だった(と思う・・・)んですが、出発時刻が午前8時前と早朝だったのでパス。
これに乗るには前泊が必要となるので、結局高くなってしまいます。
少々無理すれば乗れなくはないですけど、駆け込み搭乗はやりたくないですからね(^^;

さて、今年の9月1日から「JAL」の最新鋭機「エアバス A350-900」が就航しました。
3号機までは特別塗装が施され、すでに3機とも「羽田」~「福岡」間で営業運航についています。
冬ダイヤに切り替わる10月27日(日)からは「新千歳」線が、来年2月からは「那覇」線へも投入。
これまで国際線のみだった「ボーイングB787」も、ついに国内線に投入されました。
いよいよ「B777」「B767」の置き換えが本格化していきそうな感じです。

その「A350」、見た目の大きな特徴が2つあります。
1つはコクピットの窓周りが黒く縁どられていること。
なんだか「アイマスク」をしているような感じですね。
これは何か効果があるからというのではなく、単なるデザインなんだそう。
もう1つは主翼の先端がカーブを描いて上を向いているところ。
ほかの機種では直角になっていたり、矢じりのようなものがついているものもありますが
このようなゆるいカーブを描いているのは「A350」だけ。
どちらも独特な外観なのですぐわかりますね。

ちなみにこの日、「福岡」行きの3号機が「D滑走路」直前でスポットに引きかえすというハプニングが発生。
再出発のため滑走路に向かうとき、同じく出発するためにトーイングされた1号機とフレームイン。
さらにその右からは2号機がトーイングされてきて、スポットの空き待ちをするというレアな事象が!
もしかすると、「展望デッキ」からは誘導路上に勢ぞろいした3機を同時に見ることができたかもしれませんね。
場所が離れていたので同時に撮ることは難しいでしょうけど。


D700+24-120mmF4G/VR




# by sampo_katze | 2019-11-08 21:00 | 北海道
三沢駅から八戸駅へ
三沢空港~八戸遠征2018冬・後編


c0081462_22354857.jpg
「青い森鉄道の顔はめパネル」


「羽田空港」から「三沢空港」へのフライトは1時間遅れの出発となりましたが、無事に到着。
2018年のフライト納めをすることができました。
そのあとの「台湾」へのフライトは仕事でのことなので別枠ということで・・・・・。

帰りは「東北新幹線」を利用します。
といっても「三沢駅」では乗れないので、「青い森鉄道」に乗って「八戸駅」へと移動。
そこから「はやぶさ」へと乗り換えます。
これまで「JR東日本」「E5系」ばかりだったので、そろそろ「JR北海道」「H5系」に乗りたいところ。
実は「H5系」は、停車しているところすら見たことがありません。
でもその数は「E5系」が40編成に対し、「H5系」は4編成しかなくかなりのレアキャラ(2018年12月現在)。
乗れる可能性はかなり低いですね(^^;
それはさておき、「青い森鉄道」に乗り込むことにします。


表紙の写真は、「三沢駅」改札内にある顔はめパネルです。
近くに「米軍三沢基地」があるからか、前面に国旗が描かれています。
また、上の方には英語のメッセージも添えられています。




帰りは地上移動・・・
# by sampo_katze | 2019-11-06 21:00 | 東北 | Comments(0)
2018年のフライト納めで三沢へ
三沢空港~八戸遠征2018冬・前編


c0081462_22325688.jpg
「大雪による遅れでスタート」


12月7日(土)。
この日は2018年のフライト納めとして、「羽田空港」から「三沢空港」へと飛びました。
本来はフライト納めのはずでしたが・・・・・。
その2週間後の17日から、急遽「台湾」へ出張することに!
まさかフライトのおかわりが追加になるとは(^^;
まぁ、プライベートではフライト納めなんですけどね。

「羽田」~「三沢」間は1日3便、朝・昼・夕とまんべんなく飛んでいます。
わたしが搭乗したのは第1便で、「羽田」を08:20に出発。
ところがこの前日の雪の影響で使用機材繰りがつかなかったようで、09:20に繰り下げに!
欠航にならなかっただけよかったですが、波乱のスタートとなりそうです。


表紙の写真は、搭乗ゲート前にある出発案内表示です。
出発前に必ず記録しているものですが、今回はご覧の通り遅れの表示つき。
とはいえ雪の状況によっては欠航になる可能性もあったので、飛んでくれるだけでもありがたいところ。
ちなみに現地の天気は雪で、気温は-3℃とかなり寒そうです。





遅れの影響はいかに・・・
# by sampo_katze | 2019-11-04 21:00 | 東北 | Comments(0)
首里城正殿の中へ
沖縄遠征2018秋編・最終回



c0081462_22250101.jpg
「御庭とお色直し中の正殿」


「首里城」訪問の最後は、「正殿」内部の見学です。
数年前に訪れたときは、「正殿」左側にある「北殿」の内部は入れました。
ですが「正殿」に入った記憶はありません。
修復工事か何かをしていたのかもしれないのですが・・・・・(^^;
ともかく中に入ってみることにします。


表紙の写真は、「正殿」とその前に広がる「御庭」(うなー)です。
「正殿」は前回も紹介した通り外観の再塗装を行っていて、正面に工事用の幕が張られています。
手前の「御庭」は中央に赤い道があり、その両側は赤と白に規則正しく塗り分けられています。
この赤と白のラインは、儀式の際に諸官たちが並ぶ位置を示す役割もしているんだそう。
単なる装飾ではなかったんですね。

「正殿
 正殿は、国の重要な政治や諸儀式が執り行われたところで、首里城の最も中心的な建物です。
 木造で本格的に復元された城内最大規模のこの建物は、日本や中国などの影響を受けた
 琉球建築の特質を良く備えています。」

※説明板より引用、以下同じ





豪華な外観の正殿の中へ・・・
# by sampo_katze | 2019-11-02 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
首里城に入城
沖縄遠征2018秋編・第9回



c0081462_21250642.jpg
「急な階段の奥に」


「首里城」の最初の正門「歓会門」(かんかいもん)をくぐり、いよいよ城郭内へと入ります。
「ゆいレール」「首里駅」から歩いて来たんですが、ここまでゆるゆると上り坂が続きます。
それもそのはず、「首里城」あたりの標高は120~130mほどあるんだそう。
そのため、めぐるには結構体力がいります。
この日は11月半ばだったんですが、結構暑かったですし(^^;
でもせっかくここまで来たんですから、がんばって最後まで見ていきます。


表紙の写真は、「瑞泉門」(ずいせんもん)とそこに至る階段の様子です。
「瑞泉」の名は、門の近くにある泉が由来。
門の構造は、両側にある石垣の上に櫓が乗る形になっています。
「歓会門」が石のアーチの上に乗っていて、形が異なっているんですね。
門への道は急な階段になっていて、ここが城内でもっともキツイ場所になっています。
ちなみにスロープのあるバリアフリールートもあるので、一部の門は通りませんが
脚に自信のない方はそちらを通るといいかもしれません。

「龍樋・冊封七碑と瑞泉門(りゅうひ・さっぽうもん と ずいせんもん)
  石段途中の右手に泉があります。龍の口から水が湧き出ていることから、龍樋(りゅうひ)という名があります。
 龍の石彫刻は、王宮の飲み水として使われました。また、中国からの使者「冊封師」(さっぽうし)が
 琉球を訪れたとき、那覇港近くにあった宿舎「天使館」(てんしかん)まで毎日この水が運ばれたといいます。
  この周辺の石碑は、龍樋の水の清らかさを称賛した冊封使たちの書を刻んだもので、
 冊封七碑(さっぽうしちひ)を呼ばれています。沖縄戦でほとんどが破壊されましたが、拓本をもとに
 1996(平成8)年に復元されました。
  石段上の門は瑞泉門(ずいせんもん)で、その名は龍樋の水が瑞泉(りっぱな、めでたい泉の意味)と
 讃えられたことに由来します。別名「ひかわ御門(うじょう)」ともいいます。「ひ」は樋(とい)のことで、
 「かわ(川)」は沖縄では井戸や泉のことをさします。さきほどの歓会門(かんかいもん)とちがい、
 双璧の石門の上に櫓(やぐら)がのっています。この形式は日本本土の主な城の門と共通しています。
  創建は1470年頃。沖縄戦で焼失し、1992(平成4)年に復元されました。」
※説明板より引用、以下同じ


※「首里城」で火災が発生しましたが、
 以前の様子を少しでも記録に残せればと思いアップします。
 なお、取材日は2018年11月10日です。




階段を上った先に・・・
# by sampo_katze | 2019-10-31 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海から世界遺産・首里城へ
沖縄遠征2018秋編・第8回



c0081462_21175092.jpg
「やや武骨な外観がカッコイイ!」


「美ら海水族館」を訪問したのは今回で3回目となります。
最初にここを訪ねたときは、わたしにとって初めての「沖縄」訪問でもありました。
そのため、ここは外せないけれどここだけというわけにはいかない!ということで、サラッと見て終わりに。
2回目はじっくりと見て回るつもりだったものの、夕方到着の翌朝になって体調不良に。
ちょっと無理をして足を運んではみましたが、とても見て回れる状況になく途中で断念。
今回は3度目の正直ということで?ようやく満足することができました。
いや~、長かった!

とはいえ、まだ時刻は12時半ばを過ぎたところ。
まだまだ時間は早いです。
もう1度見て回るのもいいんですが、昼ごはんのためにすでに1度出ています。
そうなると3回目の入場となり、さすがにマンネリかな?と。
そこで「那覇」の市内へと戻り、「首里城」を見に行くことにしました。
「首里城」も初回訪問時に行ってはいますが、やはりもう1度行ってみたいところだったので。
また、次の訪問場所のリサーチ不足だったこともありますが(^^;


表紙の写真は、「美ら海」の建物を海側から眺めたところです。
左側に見える三角形の屋根は、入口にあり「美ら海」の象徴の1つの「海人ゲート」
入場するときにここを通ると、その向こうに見える海や「伊江島」(いえじま)に目が向きます。
そして帰るとき、改めて見てみると結構な高低差があることにビックリ!
そういえば、館内をめぐるルートは常に下へ下へと向かっていましたね。





那覇市内行きのバス停を目指して・・・
# by sampo_katze | 2019-10-29 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・黒潮への旅~サメ博士の部屋
沖縄遠征2018秋編・第7回



c0081462_21143182.jpg
「ちょっとコワイ入口だけど・・・・・」


「黒潮への旅」ゾーンの最大の見どころは、「ジンベエザメ」「ナンヨウマンタ」がいる大水槽。
国内最大級の水槽の大きさだけでなく、その中を悠然と泳ぐ巨大な魚たちの姿に圧倒されます。
このゾーンに入ると大水槽の方に目が向いて、引き寄せられるようにそちらへと進んでしまいます。

そこでスロープを下りずに奥へと進むと、「サメ博士の部屋」があります。
その名の通り、「サメ」に特化した展示がされているんですよ。
「サメ」というと、某映画の影響もあって「人食いザメ」のイメージがついていますね。
ですがそのような種類は数えられるほどしかなく、ほとんどはおとなしい性質をしています。
また、繁殖方法もほかの魚とはちがった一面があります。
魚の中ではちょっと変わった生態を持つ「サメ」たちの世界。
コワモテに臆することなく、その世界に飛び込んでみましょう。


表紙の写真は、「サメ博士の部屋」の入口上にある看板です。
「サメ」の側面をかたどった木のオブジェと、あごの骨格が飾られています。
あごのサイズはそれほど大きくありませんが、鋭い歯がたくさん並んでいて迫力がありますね。





サメの興味深い生態を知る・・・
# by sampo_katze | 2019-10-27 21:00 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・黒潮への旅~黒潮の海の大水槽
沖縄遠征2018秋編・第6回



c0081462_21114211.jpg
「沖縄の海がまるごとやってきた!」


いよいよ「美ら海水族館」の最大の見どころ、「黒潮への旅」ゾーンへと入ります。
ここには館内最大、国内でも最大級となる大水槽「黒潮の海」がありますからね。
いずれも駆け足で巡ることになった過去2回の訪問でも、ここだけは外しませんでした。
この水槽を見ずして「美ら海」を語るなかれ、なんてことは言いませんが(^^;
でも、この大迫力のパノラマ水槽は一見の価値がありますよ。

ほかにも「サメ」に特化したコーナーや、ここの主役である「ジンベエザメ」「マンタ」について
詳しく説明するコーナーがあります。
このゾーンをより深く知るのであれば、こちらも見逃せません。

「黒潮への旅
 ここからは「黒潮への旅」ゾーンに入ります。
 ここは大水槽「黒潮の海」があり、沖縄の外洋に住む魚を観察することができます。
 「サメ博士の部屋」では古代のサメから色々な種類のサメまで、
 「ジンベエ・マンタコーナー」ではジンベエザメとマンタについて詳しく知ることができます。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、大水槽「黒潮の海」の様子です。
ガラスのすぐ向こうを、2匹の「ジンベエザメ」が悠然と泳ぎまわります。
そのたびに歓声が上がり、人々が思い思いにカメラやスマホを向けています。
水槽の前は広場になっていて、少し離れたところからも見ることができますよ。
さらにそこまではゆるやかなスロープが続いているので、人垣ができていても安心。
この写真も、スロープの中段付近から撮っています。





大水槽の大きな魚たちに圧倒される・・・
# by sampo_katze | 2019-10-25 21:30 | 沖縄 | Comments(0)
美ら海・サンゴ礁への旅~サンゴ礁の小型生物
沖縄遠征2018秋編・第5回



c0081462_21085519.jpg
「シルエットではありません」


「サンゴ礁への旅」ゾーンの最後は、「サンゴ礁の小型生物」です。
この前段は、淡水域の川から河口付近の「マングローブ」にかけての生きものたちでした。
今回はいよいよ海へと入り、浅い海に広がる「サンゴ礁」へと進みます。
「サンゴ礁」にはさまざまな生きものたちが集まってくるところ。
その中から、ちょっと個性的な生きものたちを見ていきます。


表紙の写真は、「ツバメウオ」の仲間である「アカククリ」の幼魚です。
黒っぽい体色で、胸びれをのぞく各ひれがオレンジ色に縁どられます。
これは説明にあるように、毒を持つ「ヒラムシ」という小動物に擬態しているとのこと。
「ヒラムシ」の中には、「フグ」と同じ「テトロドトキシン」を持つものがいるんだそうですね。
それを利用して捕食者から身を守っていると考えられています。

若魚になるとオレンジの縁取りはなくなり、代わりに体の中央付近に白いラインが現れます。
この子もうっすらとその傾向が見られますね。
さらに成魚になると体形は丸みを帯び、「スペード」を横向きにしたようなシルエットに変わります。
でも上下に長~く伸びるひれの部分を隠してみると、体形自体は丸みを帯びた三角形をしているのがわかります。
ということは、背びれと腹びれ、尻びれが成長とともに短くなっていく感じなのかな?

「赤い縁取り  アカククリ
 学名 Platax pinnatus  英名 Dusky batfish
 幼魚は黒い体色で、体の周縁が橙色で縁どられており、
 これは毒のあるヒラムシの仲間に擬態していると考えられています。
 成長につれて体色や体型は大きく変化していきます。」







個性的な面々・・・
# by sampo_katze | 2019-10-23 21:00 | 沖縄 | Comments(0)