人気ブログランキング |
名所2か所だけ歩く
ちょっぴり北海道へ・後編。


c0081462_12294791.jpg
「北の玄関口」


札沼線を踏破して札幌に戻ったのは午後12時過ぎ。
飛行機の出発時刻は午後3時半過ぎ。
空港への移動などを考えると使えるのは約2時間しかありません。
こうなるとそうそう遠くへ行くことなどできませんから、市内を歩くことになります。
あと1日あれば札幌市営地下鉄と市電を踏破して、北海道完全踏破といきたかったところですが(^^;

でもって、頭に浮かんだのは「時計台」
そして案内看板で目についたのが「北海道庁旧本庁舎」の赤レンガです。
どちらも駅から徒歩5分程度の圏内なので、余裕を持って訪ねることができそうです。

時計台は言うまでもなく札幌の、いえ北海道のシンボルの一つですよね。
にもかかわらず、実はまだ1度も見たことがなかったんです(汗)
また、旧本庁舎はわたしが赤レンガの建物が好きということで(^^ゞ


表紙はJR札幌駅南口の外観です。
右側に見えるのは「JRタワー」で、2003年(平成15年)3月6日にオープンしました。
駅ビルの外観もおそらくこの頃に改装されたものと思われ。
タイトルでは「玄関口」と書きましたが、現在の輸送人員は航空機が鉄道を上回っていますので
「かつての~」というべきかもしれませんね。



※今回のシリーズは、すべてタイトルに「2」を組み込んでみました。


札幌市時計台公式HP
北海道庁旧本庁舎@Wiki
JRタワー@Wiki









c0081462_1230227.jpg
札幌駅南口から通称・時計台通りを南に進むと時計台が見えてきます。

この建物、正式には「旧札幌農学校演武場」(きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう)といいます。
旧札幌農学校は北海道大学の前身にあたります。
もともとは農学校の体育館といった役割をしていたんですね。

公式HPの歴史を見てみると、時計設置に際しても紆余曲折があったようです。
ひょっとすると、この演武場ではなくほかの建物に取り付けられてしまっていたかも?と。
もし時計がここに設置されなかったら、札幌に時計台はなかったかもしれないですね。


c0081462_1242454.jpg
ちょっとひねくれて(?)後ろ側から撮ってみたりして。
内部を見学することもできるんですが、今回は時間がないのでパスです。


c0081462_1242105.jpg
時計部分をアップに。
青空をバックにすると、まるで北海道の広大な台地のど真ん中に建ってるように見えますよね。


c0081462_12421636.jpg
でも、同じ場所で18mm(27mm)に引いてみるとこんな感じ。
ビルの谷間にひっそりと建ってる雰囲気なんですよ(^^;
そのためか、「日本三大がっかり名所」の一つに挙げられることもあるそう。

でもここの時計は設置された1881(明治14)年以降、一時的に(大正末期~昭和初期の数年間?)停止していた以外は
ごく一部の部品を交換しただけで、今でも元気に時を刻み続けているんだそうです。
そして建物も1995年(平成7年)から4年かけて行われた「平成の大改修」で、地震に強く
かつ建設当時に限りなく近い状態に復元されたとか。

見た目だけで「がっかり」しちゃうのはもったいないかもしれませんね!
って・・・・・自分も内部は見てないので、えらそうなことは言えないんですが(^^ゞ


c0081462_12422262.jpg
続いて、旧本庁舎です。
北2西4交差点の横断歩道から撮影。
イチョウ並木の向こうに見える赤レンガの建物がとても印象的だったので、車に気をつけながら撮りました(^^;
もっとイチョウがきれいに色づいていたら最高だったんですけどね!


c0081462_12422787.jpg
正面に立つと背景のビルが気になったので、少しずつ回り込みながらいい位置を探しました。
ただ、時間もよくなかったようで建物正面が陰ってしまって。
ここは午前中のほうがよさそうですね。


c0081462_12423349.jpg
この建物は1888年(明治21年)に完成しました。
しかし1909年(明治42年)に煙突の不備から火災にあってしまったそうです。
ですから、現在の建物は2代目ということですね。


c0081462_12423938.jpg
デザインは「アメリカ風のネオ・バロック様式」なんだとか。
建物自体は重要文化財に指定されていますが、内部は無料で公開されています。
資料展示室のほか、多目的ホールとして使われている部屋もあるようです。

う~~ん、重ね重ね時間がなかったのがうらめしい・・・・・(--;


バロック建築@Wiki


c0081462_12424513.jpg
これはおまけ(笑)
北4西3交差点で撮った西武百貨店の外装も赤レンガ風になっていました(^^ゞ








ここで、ちょっとタイムスリップ!!





・・・・・・・・・・





約15年前の夏、サークルのツーリングbyちゃりんこ☆で北海道を巡った最終日のこと。
当時は札幌から函館まで夜行快速「ミッドナイト」が走っていました。
メンバーのほとんどはこれを利用し、翌早朝の函館に移動する計画です。

札幌23:30頃発 → 函館06:30頃着

この後はそのまま列車を乗りついで直帰 or 「後走」(こうそう:ある程度また自転車で走ってから別途交通手段を使って帰る)は自由。
どちらにしても昼過ぎには駅に着いてしまったので、列車が出るまでとにかく時間をつぶさねばなりません。

当時はどうやって時間をつぶしたのか、ぜんぜん覚えてません。
少なくとも時計台に行ってはいないんですね~(^^;
しかし、今でも強烈に記憶に残っているキーワードが一つあるんです・・・・・。


「雪印パーラー」の巨大パフェ「I am a No.1」


当時は若気の至りもあって「全員で『I am a No.1』って注文してみようか!!」
なんて話で盛り上がるくらい(もちろん冗談などではなく、80%本気だったと思う)でした。
しかし・・・このあと東京方面に普通列車を乗り継ぎ続けて帰らねばならないなど、それぞれ過酷な運命(?)を感じたのか?
はたまた、長距離のちゃりんこツーリングの果てゆえに体力と財力の限界を感じたのか?
そのまま誰も挑戦することなく終わったのでした。





そして2008年秋。

「時は万人に容赦なし」

よもや、あの巨大パフェを「はるかに」上回るサイズのものが現れるとは・・・・・!!





c0081462_12425031.jpg
で・・・・・でかすぎっ!!( ̄□ ̄;;;

青い値札の左にちょこんと見えるのが通常サイズのアイスクリームで、
巨大パフェの2段目にあるイチゴの向こうに見えるグラスが通常サイズのパフェと思われ・・・・・。
いったい、いつからこんな(アホみたいに・失礼!)巨大なパフェが登場したんだろう!?
しかも「日本最大級!?」と書いてあるのに、特に予約も必要そうじゃないし・・・・・。
ググって見ると、さすがにこの巨大さゆえに「注文から1時間程度」待つようなんですけどね~(^^;


雪印パーラー


c0081462_12425676.jpg
そのとなりに見えたのがこれ。
「Big!!に新登場」って書いてあるけど、「ドリーム~」に比べてちっちゃいじゃ~ん?
大きさだけならそうなんですが、タワーの部分が全部アイスクリームでできてるとなれば話は別!!
さすがにこちらは「予約制」と書かれてましたね。


いずれも公式HPのメニューには出ていません。
でもこれだけインパクトがあるわけですから、ネットで話題にならないわけはないですよね。
果たして年間どれくらいの量が出ているんでしょうか?
ちょっと気になるところです。
それと、これが立て続けに出たとしたらお店は大丈夫なのかなぁ・・・なんて余計な心配も(^^;

なお、面白半分や興味本位だけで食べに行ったりしないようにお願いします(汗)
甘く見てると痛い目にあいますからね~。
検索かけてみると挑戦記みたいなのが出てきますが、「8人くらいは必要」なんてコメントもあるくらいですし(苦笑)


すべて D300+DX18-70mm



最後に全くの余談。
泊まった宿のすぐそばにヨドバシがありました。
夕食後、やめときゃいいのに店に入ってD700を触ってしまいました。

ご丁寧なことにD3とD300が一緒に並んでいて。
レンズはAF-S14-24mmF2.8Gが「わたしを試して☆」とばかりに着いてるし。
えぇ、もちろんいじってみましたよ~。
その誘惑に耐えられるわけないんだから(^^;

その結果は・・・・・もう言うまでもありませんね(笑)
幸か不幸か(?)ボディだけで済みましたが、もしこれがビックだったらほんとに危なかったですね~。
帰りの荷物が「確実に2つ」増えていたでしょうから・・・・・。



次回は、久しぶりにD70の登場です。
by sampo_katze | 2008-11-20 22:30 | 北海道 | Comments(2)
Commented by xharadax at 2008-11-24 09:16
こんにちは(^_^)
をを!っと、D700!
早く結果を!
楽しみにしていますよ(^o^)/
Commented by sampo_katze at 2008-11-28 07:56
haradaさん、おはようございます♪

えへへ・・・。
D700初登場は、日曜の夜になる予定です(^^;
ただいま、鋭意編集中ですので今しばらくお待ちください。

ただ、超高感度以外でのちがいが
わたしにはよくわからないのが現実です(苦笑)


<< 未だ現役☆ 2つの十津川 >>