撮り初め2009
東京でお正月・縁起物で初撮り編・第1回。


c0081462_1324243.jpg
「2009年の1枚目」


今年の撮り初めは1月2日でした。
天気予報じゃないですが「平年より○日早い」という表現が頭についてきます(^^;
もちろんこんなに初動が早いのには理由があるんですが、それは次回に・・・・・。

出かけたのは汐留にある「浜離宮恩賜庭園」(はまりきゅう おんしていえん)。
コンデジを使っていたときからたびたび訪れているところで、わたしのお気に入りの場所の1つです。

名前に「離宮」とあるのは、明治時代以降は皇族の別邸(御用邸より規模の大きいもの)だったため。
「浜」は当時は海に面していたからではないかと思います。
現在は浜離宮の南東方面は埋め立てられているため、運河でつながっている状態ですが。

ただ、今でも海水を園内の池に引き込んでおり
潮の満ち干きにあわせて池の趣を変えるという「潮入りの池」を持っている貴重な公園です。
そのため「国指定特別名勝および特別史跡」に指定されているんですね。


表紙は今年最初に撮った1枚。
門の両側には門松が飾られ、「迎春」と書かれた横断幕とあわせて
正月らしい雰囲気を感じさせてくれました(^^)


浜離宮恩賜庭園@公園へ行こう!
浜離宮恩賜庭園@Wiki
離宮@Wiki









今回は撮り初めということもあって、わたしにとっての初デジ一「D70」をメインに使いました。
かつては

「ニコンのデジタル一眼レフ、最高の"入門機"」

といった感じで爆発的に売れた機種ですが
今となってはファインダーも液晶も小さいし、青みがかるし高感度は弱いし、ミラーショックは大きいし・・・・・。
正直言うと、機能面では魅力のないボディではあります(^^;

でも、愛着という面でいえばこれを上回るのはないんですね。
それに冬の晴れ間のような澄み切った空の下で撮ったときの色が、個人的には気に入っています。
未だこれを手放せない理由の一つです。


c0081462_13392690.jpg
入口からまっすぐ進み堀にかかる橋を渡ると、春は菜の花、秋はコスモスで埋めつくされるお花畑があります。
その橋の手前で巨大な松の木が出迎えてくれます。
「三百年の松」と呼ばれる巨木で、徳川第六代将軍「家宣」(いえのぶ)が庭園を大改修したとき
その偉業を讃えて植えられたものだそうです。
家宣の在位は1709年(宝永6年)~1712年(正徳2年)ですから、名実ともに300年になる(なった)ようですね。
超広角で撮ってるので、築山のように見えるかもしれませんが(^^;


徳川家宣@Wiki



c0081462_13494291.jpg
この時期は花も何もないので、ちょっとさみしい園内です。
いるのはカラス、ハトが多く、ヒヨドリやスズメも結構います。
たまにアオサギ、コサギやツグミなどを見かけるときもありますが。

なので、メインは青空と汐留の高層ビル群になります。


c0081462_13545973.jpg
「こも」が巻かれた松の木や雪吊りと、そのすぐ背後にそびえる高層ビル。
このギャップの大きさがこの庭園の魅力の一つです。
といっても、このビル群が竣工したのは2003年(平成15年)頃と比較的最近のことなんですよね。


c0081462_13574416.jpg
この庭園の見所のひとつ「中島の御茶屋」を中心に。
かつては東に東京湾、その向こうに房総半島を望むこともできる風光明媚な場所だったようです。
現在の建物は1983年(昭和58年)に再建されたもの。
中では抹茶とお菓子を頂くこともできます。


c0081462_13403462.jpg
お茶屋の東、汐入の池にかかる橋の上から東を望みます。
右手にある高層ビル2棟があるのが「豊洲」です。

この辺りは関東大震災の瓦礫を処理するために埋め立てられてできたんだとか。
地名の由来は「将来の発展を願い、豊かな土地になるように」との願いが込められています。
もし関東大震災がなかったら、この景色もまったく別のものになっていたんでしょうか。

豊洲@Wiki


c0081462_13403992.jpg
浜離宮には小高い山が3つあります。
お茶屋の南側にある「富士見山」、水上バス発着場の南側にある水門近くの「新樋の口山」
そして園のほぼ中央にあるこの「御亭山」(おちんやま)です。
汐入の池の向こうに東京タワーや六本木ヒルズを見ることができるんですよ。

余談ですが、富士見山はその名の通り頂上から富士山を見ることができたと思われますが
現在では富士山より高い高層ビルにさえぎられて見ることができません(^^;
新樋の口山は・・・・・登った記憶がありません(笑)


c0081462_13404430.jpg
入口駐車場付近から。
左の電通ビルに対抗するかのように、新しいビルが建設されつつあります。
菜の花が咲く頃には園から見える景色が変わっているかもしれませんね。


c0081462_1340494.jpg
新橋駅を出て大きくカーブしながら汐留駅に向かうゆりかもめ。
開業したばかりの頃は周りはまだ更地になっていて、
汐留駅もホームなんかは造られていましたがやたら殺風景な状態でしたっけ。
ほんの5~6年前の話なんですけどね~(^^;


c0081462_1340152.jpg
最後はおまけ、今年の「初鳥」です。
汐入の池にいた「カワウ」です。
まぁ、ごく普通に川で見かける鳥なので別段めずらしくはないですが(笑)

鵜飼いに使われれるのは「ウミウ」という別の種類ですので、お間違いなく☆


カワウ@Yachoo!オンライン野鳥図鑑


c0081462_13402082.jpg
毛づくろい中。
遊歩道から5mくらいとかなり近いところにいました。
しばらくここで一休みしていましたが、もう少しいてほしいと思ったところで池に泳ぎだしていきました。
残念!


1、3枚目 D70+DX18-70mm
2、4~9枚目 D70+DX12-24mm
10、11枚目 D300+VR70-200mm+TC-14EⅡ


次回は、諏訪流放鷹術の実演です。
by sampo_katze | 2009-01-13 20:00 | 散歩 | Comments(0)


<< 放鷹術 真田の郷 >>