とっとり"雪"回廊
冬の山陰で雪だるまオフ編・第9回。


c0081462_1649471.jpg
「ひげ男爵?」


白鳥をたっぷり堪能した後は「とっとり花回廊」に向かいます。

途中、米子自動車道の大山PAで遅い昼食を。
大山の名産を使ったメニューがそろってるんですね。
み~さんは「大山白ネギらーめん」、わたしは「大山鶏親子丼」をチョイス。
白ネギがこれでもかとばかり山盛りになっていたラーメンはおいしそうだったなぁ(^¬^)
親子丼には宍道湖名物のしじみの味噌汁がついていてお得&美味でした♪

ただ、食事ができるようなコーナーは上り線(米子→岡山方面行き)にしかないんですね。
下り線からだと車を停めて、本線をくぐりぬけてテクテク移動する必要があるんだそう。
しかも、出雲から来るときはSA・PAがあるのは宍道湖とここだけ。
ちょっと不便ですねぇ(汗)


話を元に戻しましょう。
花回廊は四季折々の花が楽しめるところなんですが・・・・・。
大山に連なる山々に囲まれた土地柄もあって、真冬は雪で覆われてしまいます。
温室以外で花が見られるのは雪の下で健気に咲くパンジーやビオラがあるくらい。
園内の通路も、屋根のある回廊以外は雪で埋まるのでフラワートレインも運休に。
そのためか、12月から翌年3月までは冬料金で入れます。

でも花がほとんどないからか、園内はガラガラでした。
この日は正月明け早々というタイミングもあってか、わたしら以外には2組くらいしかお客さんがいなかったような?(^^;
おかげでゆっくり雪化粧した園内を歩くことができたんですけどね♪


表紙の写真は、新雪の積もったガラガラの駐車場にできたタイヤ跡。
立派なひげをたくわえた男2人が並んでいるように見えました。
単にタイヤの跡だけだったら、そんなこと考えもしなかったでしょうが
タイヤハウスから偶然落ちた(と思われる)雪の塊がちょうど目の位置にあったので(^^ゞ



米子自動車道@Wiki
大山パーキングエリア@西日本高速道路サービル・ホールディングス









c0081462_1650794.jpg
この日はとても穏やかな一日。
白鳥ロードまでの道中や白鳥撮影中にやや吹雪きましたが、花回廊ではごらんのように青空も☆
入口そばのフラワーポットが雪をまとって、大きなケーキのようになっていました(^^)


c0081462_16501237.jpg
すっかり葉を落とした木に雪がつもり、まるで樹氷のような姿です。


c0081462_16501736.jpg
青々とした葉っぱに赤い実をつけた木。
何の木でしょう?


c0081462_16502299.jpg
突き抜けるような青空をバックに。
日の光をたっぷり浴びて、とても気持ちよさそうです(^^)


c0081462_16502628.jpg
池に浮かぶ花壇もご覧の通り。
ふわふわのマシュマロのようです。
左に小さく写っている人影はみ~さんです(^^ゞ
結構広いのがなんとなくおわかりいただける・・・・・かな?(笑)


c0081462_16503147.jpg
樹氷もどきを下から見上げて。

「AiAF Nikkor 20mm F2.8D」の開放です。
薄枠のフィルタではないので四隅にケラレが出てますね(^^;
おまけににじんだようなボヤーッとした感じも。
絞るとこれがなくなってスッキリするんですよね。
でも、何でもスッキリすればいいってわけじゃないですからあえてこのままで。


c0081462_16503614.jpg
小さな滝から飛び散る水滴が枝に降りかかります。
それが凍ってツララ状になっていました。
きれいな光景だったんですが、どうもうまく切り取れなかったので遠景のみです(^^;


c0081462_16504020.jpg
屋根のある回廊を歩きます。
少し雲が出てきましたが、かえってちょうどいい感じ。

雪景色の中にたたずむ巨大なドーム。
近未来の冬景色のイメージでしょうか。


c0081462_16504563.jpg
小川にかかる橋。


c0081462_16505032.jpg
雪の渓谷@20mm。
また雪がちらついてきました。


c0081462_16505498.jpg
花の丘の横を走る道@20mm。
園内スタッフの車が行き来するので除雪されていました。
S字カーブがきれいに見えるように意識して。


c0081462_1815306.jpg
春はポピー、秋はサルビアが埋めつくしていた丘。
たくさんの人が大山を背景にした美しい花畑を楽しんでいました。
今は雪に閉ざされ、木が1本立ちつくすだけです。


春の様子2008年5月16日の記事 山花あり
秋の様子2008年10月9日の記事 誘惑の赤


c0081462_1651390.jpg
桜の木が並ぶ広場。
1羽のウソがまだかたいつぼみをついばんでいました。
雪が結構降っていたので、望遠に付け替えられなかったのがおしい!(A^_^;

実物のウソを見たのはこれが初めてだったんですけどね~。
まぁこんなことはよくあることですから。
でも、次回会ったら絶対撮れるように準備しておかないと!p(^皿^)q


7、11、12枚目 D700+AiAF20mmF2.8D
ほかはすべて D700+AiAF28-105mm


次回は、根雨のオシドリに会いに行きます。
by sampo_katze | 2009-02-06 20:00 | 山陰・山陽 | Comments(2)
Commented by xharadax at 2009-02-08 03:14
おはようございます(^_^)

青空の雪景色が気持ちイイですね(^_^)
D700も絶好調!ですね。

で、下の白鳥では、
すばらしい写真がたくさんですが
私は最後の4羽の飛ぶ姿の写真が
一番のお気に入りです(^_^)
Commented by sampo_katze at 2009-02-08 21:10
haradaさん、こんばんは♪

青空の下で広がった雪景色はほんの小1時間ほどだったんですが
それでもこちらでは滅多に見られない景色でしたからね。
感動でした☆

白鳥の写真は・・・・・やっぱり山をバックにして飛び去る風景ですね。
わたしもお気に入りになってます。
今は、会社のPCの壁紙にもしてますから(^^;

つい、鳥を見つけるとアップで撮りたくなっちゃいますが
周りの風景も絡めて撮るのも必要なんだなって、改めて思いました!


<< 雪鴛鴦 冬の白鳥の湖 >>