The day after ... 64years passed
広島でオフじゃけ編・第3回。


c0081462_13524491.jpg
「悲劇の証言者」


広島に来たとき、必ず訪れる場所のひとつがここ。
人類史上最大の悲劇を現在に伝える通称「原爆ドーム」がある「広島平和記念公園」です。
投下前後の経緯などについては後述のリンクに詳しくあるのでここでは省きます。


原爆による被害の大きさは言わずもがな。
意外と知られていないかもしれませんが(わたしもこの記事を書くまで知りませんでした)
その約1ヵ月後に上陸した「枕崎台風」も被害を深刻化させた要因の一つといえるでしょう。

1959年(昭和34年)の「伊勢湾台風」、1934年(昭和9年)の「室戸台風」と合わせ
「昭和の三大台風」のひとつに数えられるこの大型台風は
1945年9月17日未明から18日にかけて広島付近を直撃しました。

戦後直後の混乱で観測も災害対策もままならない状況ということもあり、
広島県内だけで2012人もの死者・行方不明者を出しています。
全体の死者・行方不明者が3756人であることと比べると、いかに大きな被害を受けたかがわかりますね。
しかも、復興に向けての第一歩を踏み出したばかりのときに・・・・・。
当時疎開先から戻ってきた人々の中には、そのあまりの惨状に
泣く泣く元の場所に戻るという選択をせざるを得なかった方も多かったようです。


しかし、それでも人々は決してあきらめませんでした。
その苦労は並大抵なことではなかったと思いますが、着実に復興に向けての歩みをはじめ
「75年は草木も生えぬ」と呼ばれた場所を人々が生活できる環境へと変えていきます。
そして復興から12年半が経った1958年(昭和33年)4月15日には「広島復興大博覧会」が開幕。
広島が完全に復興したことを内外にアピールすることとなりました。


現在では中国四国地方の拠点としてさらに発展。
直近の話題では、3月のダイヤ改正で新幹線「のぞみ」が1時間に1本は広島始発になりました。
さらには新広島市民球場のオープンももうすぐ(4月10日の対ドラゴンズ戦)。
ホームチームも開幕からいいスタートを切っています。
今年は広島から目が離せない!?


表紙の写真は、すでに足場はなくなり元の姿を見せていたドームです。
期待していたシーンでなかったのは残念でしたが、もし残っていても印象に残るようなのは撮れなかっただろうな、と。
また、最近明るい話題が続いている広島ですが
過去にはこんな歴史があったということを忘れないように。
そんな意味も込めて・・・・・。


広島市@Wiki
広島平和記念資料館WebSite
広島市への原子爆弾投下@Wiki
枕崎台風@Wiki









c0081462_13531667.jpg
この日は晴れていましたが、少し雲が多い天気。
なので雲がかかったタイミングで撮ったものをモノクロにしてみました。


c0081462_13532185.jpg
ドームの守護者たち。


c0081462_13532773.jpg
前回訪ねたときは紅葉真っ盛りでしたが、この日は落葉していました。


c0081462_13533298.jpg
意外にも1枚も撮ってなかった広角での全景。


c0081462_13533797.jpg
「相生橋」と街並みを借景にしてトイカメラ風。


c0081462_13534271.jpg
「原爆の子の像」
平和への祈りを折鶴に乗せて・・・・・。


c0081462_13534728.jpg
平和記念公園にはこの日も、外国の方も含めたくさんの人が訪れていました。


c0081462_13535487.jpg
「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」にある時計のモニュメント。
刻まれた時は「8時15分」、原爆が投下された時刻。
実際に炸裂したのはこの約1分後の午前8時16分だった模様。



c0081462_1354024.jpg
3日目に再び。
この日はここから出ている宮島行きの船に乗るために訪れました。
船が出るまで時間があったので、ぐるりと一回り。


c0081462_1354663.jpg
雨上がりで建物がしっとりとした感じになっていて、いつもとはちがった感傷に。


2回目に訪れたこの日は折りしも広島市民球場の公式戦最後の試合の日(広島vs阪神のオープン戦)。
ここの周辺を歩いている間にも、スタンドから湧き上がる歓声が聞こえてきました。
残念ながらドームがこの歓声を間近で聞くこともこの日が最後です。
ちょっとさみしいな、って思うかもしれません
でも新たな球場が発する情熱がきっと伝わることでしょう。

ちなみに前回訪ねたときの様子は2008年1月3日の記事をご覧ください。
今回とはえらく雰囲気がちがっていますが(^^;
もう一つの世界遺産


5、6、8枚目 D700+AiAF20mmF2.8D
7枚目 D700+AiAF35mmF2D
9枚目 D700+VR70-200mmF2.8G
ほかはすべて D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D


次回は、広島城方面を歩きます。
by sampo_katze | 2009-04-07 21:00 | 山陰・山陽 | Comments(2)
Commented by み~ at 2009-04-08 17:21 x
こんにちわ!
今日久し振りにPCの画面で見てます。
そうしてよかったなぁ~って見てすぐ思いましたよ。
携帯の小さい画面からは最初の5枚の雰囲気は分からないですもの。
今回は前回よりぐっと心に深く染み入る印象です。
ケヤキとドームのは再生と破壊を印象付ける一場面として特に気になるものです。
昨年のオフのコメントレスに、4月に訪ねてみたいってありましたね!
ちょっとずれてますがあの連休にここに来る予兆みたいだったんだ~って驚きました。

私、今日ついにカールツァイスちゃんポチりましたぁ~~!!
猫さんも思い切って逝っちゃえ~~~!!(爆)

Commented by sampo_katze at 2009-04-09 07:38
み~さん、おはようございます♪

大分回復してきたみたいですね(^^)
このオフの直後だっただけに心配Maxでしたが、よかったです☆

前回は天気もよかったので悲劇性を完全に消して、
明るい雰囲気に仕上げてましたからね。
今回は逆にストレートに仕上げてみました。

モノクロ化はみ~さんの写真がきっかけなんですよ(^^)
で、オリンパスに最近導入された「ラフモノクローム」を参考にして
「ノイズ・粒状感を追加」で粒状感をのせてみました。
古い写真のようなイメージになるように。

ケヤキとドームは何枚も撮りましたね~。
この時季でないと撮れないものですし。
引いたのもあったんですが、やっぱり切り出したほうが建物とケヤキのつながりが強調できますね。
4月に来たい、というのは桜との組み合わせを連想していたのかもしれません。

お~、ついにツァイスデビューですね!
おめでとうございます☆
わたしも昨晩サンヨンのボタンを目の前に逡巡してました。
結局押せなかったけど(苦笑)
やっぱ一脚を買おうかな~?


<< カープ発祥の地 まもなく北帰行 >>