人気ブログランキング |
桜撮り歩く?
2009桜撮り+α編・第1回。


c0081462_2152979.jpg
「春の夜の夢の如し」


今年の東京近郊の桜は、暖冬の影響からか開花は早かったですが
その後は結構寒い日があったりして満開までは大分かかりましたね。
開花して満開が予想される頃は、出かけるには都合が悪くやきもきしていたものですが(^^;

月が変わった最初の週末、桜は見頃で天気はまずまず。
これはチャンスですね☆
というわけで、カメラを担いで上野公園へ出向きました。

ただ、都内有数の桜の名所だけに相当の人出が予想されます。
というか人が少ないわけがない!
なので早めに出かけることにしました。
上野なら桜がダメでも動物園や博物館もあるし、いざとなったら水族館へ~と逃げ道も考えて。
もっとも、どこも混んでるでしょうけどね(^^;


で、当日。
上野駅公園口に向かう段階で大混雑がすでに予見される状態でした( ̄Д ̄;
世界遺産登録を目指す「国立西洋美術館」は開館前というのにすでに行列ができているし、
上野動物園の入り口手前、東照宮のあたりで左に曲がると桜のトンネルがあるんですが人波がすごい!
とても桜を眺めているどころではありません。
気持ちの余裕がない、ということでもあるんですけどね(^^;
流れ流れて、不忍池の弁天堂を通り抜けた先でようやくカメラを取り出しました。


表紙の写真は、不忍池沿いの桜。
AiAF20mmF2.8Dの開放、ビネットコントロール(150%)で周辺光量不足を修正してあります。
周辺の画質は相当甘いですが、そんな描写が結構気に入ってます(^^)










c0081462_21283212.jpg
水上音楽堂の近くから池の西側を望みます。
これはAiAF20mmF2.8の開放。
こちらはビネットコントロールをかけていません。
四隅のケラレはレンズではなく、保護フィルタの影響のようですね。
広角用の薄枠タイプではないので・・・・・(^^;


c0081462_21283850.jpg
同じ場所から今度はAiAF35mmF2Dの開放。

2枚ともNX2で露出補正(+)、コントラスト(-)、彩度(+)の補正をかけ、ヒストグラムが同じになるよう調整しています。
比べてみると20mmはやや青みがかかっていてクールな感じ、35mmはウォームトーン。
こんなにもちがうんですね~!
実際に近いイメージなのは20mmのほうかな?


c0081462_21284365.jpg
左のやや赤みがかっているのは「ソメイヨシノ」、右の白いのは・・・・・???
白い桜といえば「オオシマザクラ」が思い浮かびますが、あれはもう少し花が大きいはず。
う~~ん???


c0081462_21284990.jpg
こちらは札がかかっていてわかりました。
「ベニユタカ」という桜です。
赤みが強い八重咲きでとても見栄えがしますね。
個人的にはソメイヨシノよりこの手の色がはっきりしている桜が好きです。
といいつつ、白いオオシマザクラも好きなんですけどね(^^;


c0081462_21285477.jpg
ソメイヨシノより時期がやや遅れるようで、このときはまだ5分咲きといったところでしょうか。
それでも花自体にボリュームがあり、とても華やかな色をしていますから目を引きますね。


c0081462_21325013.jpg
曇りがちになってきたので、丸ボケもちょっと明るさが足りません(^^;
もっとキラキラした感じがほしかったところです。
といってあんまりピーカンだとコントラストが強くなりすぎてしまいますが。


c0081462_21325223.jpg
望遠ズームで花をややアップ気味にしてみました。
意外と高いところに咲いている上に風があるので、マクロ風に撮るのは無理がありましたので(^^;

こうしてみてみると、つぼみやほころび始めの花の色はかなり濃いのがわかります。
花びらが広がるにつれて少しずつ色が淡くなっていくんですね。
まるで「薄墨桜」(うすずみざくら)のような感じです。


薄墨桜@Wiki


c0081462_21325474.jpg
池に目を向けると冬鳥の「キンクロハジロ」(金黒羽白)がいました。
毛づくろいのために水にもぐってはくちばしでカキカキ、羽をバタバタ・・・・・。
とてもせわしない動きをしていました(^^;

いつやめてしまうかと少々不安を感じつつ、望遠を取り出して撮影。
こういうときって、たいてい取り出して構えた瞬間にやめてしまうものなんですが(笑)
今回はたまたま運がよかったということですね♪


キンクロハジロ@Yachoo!オンライン野鳥図鑑
キンクロハジロ@Wiki


c0081462_21325669.jpg
こちらはまどろみモード。
春の風を感じながらウトウトしていました。

ところで、この鳥の大きな特徴として頭の後ろにある冠羽があります。
まるでねぐせみたいですよね(^^;
このことから俗に「ネグセドリ」なんて呼ばれることもあるそうです(笑)


c0081462_21325892.jpg
春風に吹かれるユリカモメ。
後ろの桜は満開ですが、風はまだまだ冷たいです。

冬羽はご覧のようにとても美しいですが、夏羽になると頭が暗褐色になるんです。
そうなるとちょっと・・・・・(^^;
一時期とても暖かい日が続いたこともあって、すでに夏羽になっている個体もいましたね。
いくらなんでもちと早すぎだと思うんですが。


ユリカモメ@Yachoo!オンライン野鳥図鑑


c0081462_2133996.jpg
風がやんで、ちょっとほっとしたような表情に。


1、2枚目 D700+AiAF20mmF2.8D
3、4枚目 D700+AiAF35mmF2D
5枚目 D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D
6~12枚目 D300+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


次回は、湯島天神から旧岩崎邸へと歩きます。
by sampo_katze | 2009-04-27 20:30 | 散歩 | Comments(0)


<< "三菱"発祥の地 遊びながら学ぶ”生きる術” >>