人気ブログランキング |
薔薇と藤棚
サンヨン強化週間 ・Day4 in 神代植物公園編・最終回。



c0081462_2021443.jpg
「涼しげ☆」


神代植物公園を初めて訪ねたのは、まだコンデジ「Coolpix5000」をバリバリ使い倒していた頃です。
確か2002年の春だったと思うのですが、ちょうどバラフェスタの時期で色とりどりのバラの花に魅せられました。
ボタン園も大温室も魅力的な花々がたくさんあって、1日たっぷり楽しめた記憶があります。


話は変わりますが、この「Coolpix5000」はニコンが初めて(だと思う・^^;)フリーアングル液晶を搭載したコンデジでした。
28mmという広角からの3倍ズームとともに、わたしがめずらしく「即買い!」と決断した機種でもあります。
過去のレビューを見ると賛否両論のようでしたが(^^;

そして今年4月14日、ついにフリーアングル液晶を搭載した一眼レフ「D5000」が発表になりました。
発売は発表から2週間後の5月1日と異例の早さだったのですが、今年が「ニコンFマウント50周年」にあたることもあり
5にこだわったことが想像できますね。
「5000」という番号が共通しているところもちょっと狙っているなって感じも(笑)

で、この日(5/3)の帰りに実機をさわってきたんですが、なかなか感触はよかったですね~。
肝心のフリーアングル液晶を使ってのライブビュー(モニタを見ながら撮影すること)ですが
AFが泣きたくなるほど遅いのが唯一の難点。
Coolpix5000のときのほうが早かったと思うのですが、レンズのサイズを考えたら当然ですね(^^;
それ以外は上位機種のD90譲りのしっかりした作りで、液晶部も意外と頑丈そうなので好印象。
もしD40を持ってなかったら、Coolpix5000のときのように「即買い!」だったかもしれません(笑)


表紙の写真は、大温室を出て正面に広がるバラ園の中央にある噴水です。
この周囲を取り囲むようにバラのエリアがあるんですね。
温室の中は結構暑かったので、外に出たときの風はとても心地よかったです☆


バラ@Wiki
ニュースリリース Coolpix5000発売@Nikon Imaging









c0081462_20211845.jpg
やはりフェスタがまだ先ということで、花の数は少なめでした。
その中からいくつかご紹介します。
これは「チャールストン」(1963年フランス作出、系統F)。
上からのぞきこむようにして、花の真正面から撮ってみました。
横からのぞいているつぼみとのバランスも考えて。

ただ、そうすると左側に地面の色が入ってしまうのがちょっと残念。
なので正方形トリミングをするつもりだったんですが、すっかり忘れてました(^^ゞ


c0081462_20212674.jpg
「サマーサンシャイン」(1962年アメリカ作出、系統HT)。
黄色地に赤が混じっている花は結構好きなんですが、見事につぼみだけ!( ̄△ ̄;;
満開になっている様子をこのつぼみの列から想像してください(笑)


c0081462_20213822.jpg
「ソリドール」(1985年フランス作出、系統HT)。
開きかけのこの状態はお気に入り☆

花びらの先端が赤くなっていますが、この部分が手を合わせてるように見えました。
「もうちょっと待ってネ、ゴメンネ~!」

でも丹念に探せば、いい状態の花が見つかるので気にしないのだ~♪(笑)


c0081462_20215598.jpg
こんな風に外側の花びらが開きかけてくると、とたんにバランスを取るのが難しくなります(--;
この写真も手前に花びら一ひらが手前に来ているので、どうしようか迷うところ。
おまけに手持ちなので、どこで切れるかが「出たとこ勝負」になってしまうんですね~(苦笑)


c0081462_2022569.jpg
「モナリザ」(1980年ドイツ作出、系統F)。
オレンジがかったクリーム色とでもいうのでしょうか。
この手の色もなかなかやさしい雰囲気がして好きですね☆


c0081462_20221368.jpg
バラ園の北側にちいさいながら藤棚があります。
葉っぱが日差しをさえぎってくれる上に心地いい風が吹き抜けてくれたので、初夏を思わせるような暑さをしのぐには最適の場所。
さらに藤の花からとてもいい香りがして、ちょっとしたアロマテラピーのような感覚♪
ベンチに座ってのんびり過ごしたくなります(^^)
※SB-600使用


フジ属@Wiki


c0081462_20222522.jpg
藤というと紫系一色というイメージがあったんですが、この花は白と紫のツートーン。
あ、足利フラワーパークに白い藤があったっけ(^^ゞ

それにしても2色が混在した花があるなんて知りませんでした。
園芸種なのかな?
※SB-600使用


c0081462_20223480.jpg
棚からせり出した花を空抜きで。
残念ながら雲が出ていなかったので、バラ園の奥にある林を入れてバランスを取ってみました。


c0081462_20224354.jpg
一通り園内を巡り歩いたので、隣にある深大寺をのぞいてみることに。
こちらは意外にも初訪問だったりする(^^;
実は植物園を初めて訪ねたときも行ってみたんですが、修繕工事中だったので入らなかったんですね。
また公園には「深大寺口」があるんですが、それを知らずに正門から出て遠回りしてしまいましたorz

境内には白い花をつけた大木が悠然と立っていました。
「ヒトツバタゴ」(一つ葉タゴ)というのですが・・・・・この名を聞いてピンと来る方は少ないかな?
わたしもそうですが(笑)

別名は「ナンジャモンジャノキ」
こちらのほうが有名でしょうね。
ただ、この名前は「ヒトツバタゴ」のみを指しているわけではなく
「見慣れない立派な樹木に対して地元の人々が付けた愛称のようなもの」
だそうです。


ヒトツバタゴ@Wiki


c0081462_20225482.jpg
青紅葉の間から。
赤いのも1本だけあったので、アクセントにしてみました。


c0081462_20232664.jpg
盛春まっさかり。
新緑が目にまぶしい境内でした。


1、12枚目 D40+DX12-24mmF4G
2、3枚目 D70+DX18-70mmF3.5-4.5G
4~6枚目 D70+AiAF-S300mmF4D
7枚目 D40+DX12-24mmF4G+SB-600
8枚目 D70+DX18-70mmF3.5-4.5G+SB-600
9枚目 D70+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ
10、11枚目 D70+AiAF35mmF2D


今回は魚眼から望遠まで幅広く使ったシリーズになりました。
使用機材リストがこんなにバラエティに富んだのは初めてかもしれません。
持ってこなかったレンズは20mmと28-105mmの2本だけでしたからね~(^^;
でも、おかげでD70もD40もまだまだ現役最前線で使っていけることがわかりました。
特にD70は記録不良が原因で引退の危機もあっただけに、なおさら愛着がわきますね。

余談ですが、ここのバラはご覧の通りタイミングが合わず今ひとつ楽しめなかったので
後日さいたま市の北にある「伊奈ばら園」を訪ねました。
さすがにバラ専門だけあって品種も多く、ちょうど見頃だったこともあってとても楽しめました(^^)
このときもD70が大活躍!
その様子はまた別の機会に(今月下旬頃になる予定・・・・・^^;;)


次回からサンヨン強化週間の最終章、Day3・東武動物公園編です。
by sampo_katze | 2009-06-02 20:30 | マクロ | Comments(6)
Commented by senkokk at 2009-06-03 12:31
猫さん、お久しぶりです(^_^

バラ、綺麗ですね。
バラの蕾が入るとうっとおしいなと思うのですが、
こうやってみるとボケになっていいかも。また、それが本来の姿ですしね。

ちょっと写りが違う感じと思ったら、D70でしたか。
言われてみれば、D70らしい?写りかなと思いますね(笑)
まだまだ現役で使ってもらえてD70も幸せでしょうね。
僕の、D70は今ごろどうしてるのかな(..;)
Commented by xharadax at 2009-06-03 17:55
こんにちは(^_^)

バラ、きれいですね、、、
D70の色合いに懐かしさを感じました。
猫さんのD70、D40は
現役バリバリに使ってもらって幸せものです、、、
私は新しいカメラを買うたびに下取りに出しちゃうので、、、
今使っているD300は末永く使おうって思いました。
Commented by sampo_katze at 2009-06-04 07:54
せんこ~さん、おはようございます♪
こちらこそご無沙汰しております(^^ゞ

バラは花が少なかったのは残念でしたが、
数少ない中でもきれいな個体が見られたのはうれしかったですね☆

つぼみの処理もなかなか難しいです。
形と位置がよければうまく組み合わせることができるんですが、
中途半端なところにあるとちょっと・・・・・ね(^^;
そんなときは見る方向を変えて花に隠してしまったりもします。
それもできないときはそのまま撮っちゃうこともあるんですけどね(笑)

そうそう、今回はD70とD40の6MP-CCDコンビなんですよ!
それほど高精細さは必要ないですし、連写もすることもないですからね。
改めて見比べたことはないですが、どことなく透明感というかすっきりした雰囲気があるのかな?って。

データもボディも軽いので、お気軽散歩用には最適です(^^)
Commented by sampo_katze at 2009-06-04 07:59
haradaさん、おはようございます♪

D70の設定はほぼデフォなので、元データは「地味でアンダー」と揶揄されたあの感じです(^^;
でも、レタッチすると見違えるようになるのがすごいなと。
D100ほどではないにしても、現行機種と比べると素材重視寄りだったのかもしれません。
ってか、D40以降ニコンも撮って出しを重視する傾向になったのかな?(^^;

そういえばデジ一デビューしてからは、買い増しばかりですね~。
手放したのはシグマ50mmマクロとオリE-510レンズキットだけ。
純正品は増える一方です(笑)

D300はフラッグシップですからね。
末永くお付き合いしてもらえると思いますよ☆
わたしもD300を持ってますが、いいカメラですもんね~(^^)
Commented by RIO at 2009-06-04 19:11 x
猫さん、こんばんは。

バラはまだ早かったようですが、伊奈のバラを楽しみにしてますね。
それより、藤!
ここに藤棚があるのは知ってたのですが、なにせ開花時期がバラやダリアなど見所の花に比べて短いので一度も見たことがありませんでした。
こんなモコモコした藤が咲くなんて!!
藤ってずらーっと長いものばかりだと思ってましたし、ツートンで咲くものがあるなんて知りませんでした。
藤というよりもつるバラのようですね。
来年は藤を目当てに行ってみたいなぁ…
Commented by sampo_katze at 2009-06-04 20:52
RIOさん、こんばんは♪

フェスタはまだ先とはいえ、気の早いバラが見られるかなって思ってたんですが
甘かったようですね~(^^;
でも、そのおかげで教えてもらった伊奈のバラ園を訪ねて大満足できましたから。
かえってこちらで満腹にならなくてよかったかも?(笑)
で、今のペースで行くと伊奈のバラ編が来月にずれ込む可能性がでてきました(汗)
でも、かならず掲載しますのでお待ちくださいね☆

で、藤棚ですね。
わたしも今回初めてまともに開花しているときに遭遇したような気がします(^^;
普通の紫系の藤もあったんですが、ツートーンのほうがめずらしく感じて
そればっかり撮ってました。
たしかにつるバラのようにも見えますね☆
公式HPでこの開花情報が出てくれるとありがたいですね(^^)


<< 人の気配のない遊園地 薔薇の前に・・・ >>