人気ブログランキング |
人の気配のない遊園地
サンヨン強化週間 ・Day3 in 東武動物公園編・第1回。


c0081462_2026262.jpg
「初代園長へのオマージュ」


5月の連休から約1ヶ月たちましたが、当ブログはまだ連休真っ只中です(^^;
このシリーズで連休編がようやく終わりますけどね。

途中順番を換えまして今回がDay3(5/2)、東武動物公園に行ってみました。
この前日のひたち海浜公園同様、ここもカレンダー上では平日になっているのを見計らっての訪問です。
休日だとやはり混み方がちがうと思いましたし。
で、一番近くにある動物園なのに初訪問は昨年の5月4日。
同じような時期に行ってたんですね~(^^;


東武動物公園は1981年(昭和56年)3月18日に開園しました。
名前は動物園ですが敷地の約3分の2は遊園地になっていて、夏季のみ営業ですがプールもあります。
また園内には大きな池が多く、この立地を生かしたアトラクションが遊園地の目玉になっています。
世界初の"水上"木製コースター「レジーナ」や新滑空水上コースター「カワセミ」などがそうですね。
特に「レジーナ」は鉄骨の代わりに組まれた木の支柱がとてもきれいで、なかなか見ごたえがあるんですよ(^^)
乗るほうはちょっと遠慮したいですが(笑)


表紙の写真は、駅に近い方の東ゲートを入ってすぐのところにあるカバの親子の像。
「カバ園長」こと西山登志雄さんが初代園長に就任したことにちなんだものです。
ここに来る前の西山さんは約20年もの間、上野動物園でカバの飼育係をされていました。
カバの口を大きく開けさせるなどの特技があったことから、当時は「カバのおじさん」として親しまれていたそう。
ここの園長になったときもその愛称を引き継いで「カバ園長」と呼ばれるようになったんでしょうね。
TVCFでも「サイ、サイ、埼玉県に、カバ、カバ、カバ園長がやってきた~♪」と流れていましたし。


東武動物公園公式HP
東武動物公園@Wiki
西山 登志雄@Wiki









c0081462_20282463.jpg
東ゲートから動物園エリアまでは約1kmほど歩きます。
駅から東ゲートまでより長い・・・・・!( ̄Д ̄;
なんせ東ゲートから西ゲートまで直線距離で約1.5kmありますからね~。

そんな広い園内ですので、東ゲートから園の中心を結ぶ鉄道「太陽の恵み鉄道パークライン」が走っています。
ここは運営主体が鉄道会社だからではないと思いますが、かなり本格的な運行体勢をとってるんですよ。
平日は40分間隔、休日は20分間隔で運転しています。


c0081462_2028365.jpg
木製コースター「レジーナ」のシルエット。
「レジーナ」とはイタリア語で「女王」の意味。
場所柄、地上から全景を撮ることはできませんが、まさにその名にふさわしい美しさを持っています(^^)
木製ということで、普通のジェットコースターとはちがった乗り味を楽しめるらしいですし。
シンプルなコースなので、スリルを味わいたい方にはちょっと物足りないかもしれませんけどね!


c0081462_2028502.jpg
「パークライン」の踏み切りは警報機と遮断機がついた本格派!
いえ、パークラインがアトラクションではなくれっきとした「鉄道」として運用されている証しです。
信号機や速度制限表示、始終点駅には転車台まであるんですよ~!


c0081462_202958.jpg
遊園地エリアのほぼ中央。
開門直後に動物園に向かって歩いていたので、お客さんはまだいません。
静かに、じっとお客さんを待つアトラクションたち。

春の日差しがさんさんと降り注ぐ中、色鮮やかな遊具が動きを止めている。
とても不思議な、そしてちょっぴりだけ怖い気持ちになりました。


c0081462_20294197.jpg
空中散歩を楽しめる「スカイラブ」のレール。
ゴンドラがないレールだけの風景が見られるはこの時間だけ?


c0081462_20295565.jpg
消火栓の看板。
本来なら赤字に白抜き文字でないといけないような(^^;
それはともかく、いかにも動物園らしいイラストが添えられているのがいいですね♪
ちゃんと防火帽子をかぶっているところにも注目!


c0081462_20301143.jpg
表紙の写真を撮ってから、動物園エリアで最初のこのカットを撮るまで18分かかってます。
ペースは比較的ゆっくりで途中寄り道撮影をしながらでこれですから、いかに広いかが少しだけお分かりいただけるかな?
でも東ゲート始発の1番バスは9時30分発ですから、時間はかかるけど歩いたほうが早いんですよ(^^;
その分、平日ということも相まってお客さんも少なくゆっくり撮影できるのはありがたいです☆

これは「キャットワールド」のライオンです。
2004年(平成16年)6月1日生まれの4歳の兄妹で、こちらはオスの「シン」
金網と鉄柵がかなり太いので、全身を撮るのはあきらめ顔のどアップを狙ってみることに。

もっとも、こうしてみようと思ったのは自分のアイデアではありません(^^;
ちょうど4月下旬に発売された月刊「デジタルフォト」の5月号の連載でここが掲載されていて
カメラマンの内山昂さんがこうして撮影されていたのを真似てみたんです。


c0081462_20305635.jpg
こちらはメスの「ココ」です。
どちらも横構図で撮ったものですが、余分な部分をなくすため5×4にトリミングしてあります。

じっと動かないように見えますが、いつも同じところを見てるわけではないので意外と動くんですよ。
当たり前ですけどね(^^;
なので、いい表情が見えてしかもAFが来たとき思わず「動かないでね~」ってつぶやいてました(笑)


余談ですが、こうしてクローズアップしてみるとちょっとした発見があったりします。
ライオンもネコ科の動物なんですが、イエネコと瞳孔の形がちょっぴりちがいますね。
わたしもイエネコの目をよく観察しているわけではないので、感覚的なものなんですが(^^;
この状況だとイエネコならもっと縦に長く幅が細くなりますが、ライオンは縦方向の長さも短くなってます。
これは元々の生育環境での光の強さが影響しているのかもしれませんね。


ネコ@Wiki


c0081462_20311119.jpg
「アメリカバイソン」のオスです。
地上最大級の哺乳類の一種ですね。
少々暑かったせいか、じっと動きませんでした。
かつて食用のほか防寒目的で毛皮を取るために狩猟が行われていたそうですが。
確かにこの毛皮では暑くて動くのが億劫になりますね~(^^;

彼の目の前に柱が立っていたので全身はあきらめ、思い切って顔をアップにしてみました。


アメリカバイソン@Wiki


c0081462_2031291.jpg
当動物園の顔の「カバ」です。
皮膚がとても分厚く、おまけにニンゲンとちがって汗をかけないため体温の調節ができません。
そのため昼間は水中にいることが多いようです。

ただ最近の研究では、カバは遺伝的にクジラにもっとも近い地上動物と考えられているようです。
カバが水中にいることが多いのは体重も影響しているのかな、と思っていたんですが(^^;


カバ
鯨偶蹄目
いずれも@Wiki


c0081462_20314743.jpg
目と鼻だけを水上に出しているその姿はワニのようにも見えますね(^^;
でも鈍重でおとなしそうな見た目とは裏腹に、意外と神経質で獰猛な気性なので侮れません。

カバ園長こと西山さんが「カバのおじさん」と呼ばれた背景には、カバとの強い信頼関係があったことはいうまでもありませんね。


c0081462_2032060.jpg
最後は木の上で眠る「レッサーパンダ」です。
漢字で書くと「小熊猫」。
パンダといえば本来はこの子達をさしていたはずが、あとからジャイアントパンダが見つかったことで
便宜上「小さいパンダ」とされてしまいました(^^;
もっとも生物学上ではこの2種に共通点は名前以外にないようですけどね。


これを撮ったとき、ほんとに「サンヨンを持っててよかったー!」って思いました(^^)
70-200+テレコンでは眠ってる表情を切り取るにはちょっと物足りなかったですから。


パンダ
レッサーパンダ
いずれも@Wiki


1~7枚目 D300+DX18-70mmF3.5-4.5G
8、9枚目 D300+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ
10~13枚目 D300+AiAF-S300mmF4D+TC-14EⅡ


次回は、カナダからやって来た白くてかわいい兄妹をご紹介します。
by sampo_katze | 2009-06-04 20:30 | 動物園 | Comments(4)
Commented by ironsky at 2009-06-04 20:47
東武動物公園は、子どもが小さい頃に何度か行きました。
もう10年以上も前です。
私の知っている東武動物公園となんか違っています。
Commented by sampo_katze at 2009-06-05 20:17
ironさん、こんばんは♪

東武動物公園の最近のコンセプトは「来るたび、何か新しい」だそうです。
改札を出てから西口までの長い通路に動物公園の歴史がパネル表示されているんですが
毎年エポックメイキング的な「何か」があるようですね。
これが10年と積み重なると、やはり大きくちがいが出てきますよね(^^)
わたしもこまめに訪ねてみようかなって思いました。

今、キャットワールドの大改装が行われているようなので
その完成も楽しみです☆
Commented by xharadax at 2009-06-06 07:15
おはようございます(^_^)

ここは行ったことがないです。。。
鉄道の写真が、、、すごくカワイイですね!
これは是非乗りたいです、子供のころに戻れそう、、、

カバの皮膚がすごく印象的です、
怖いですけどできれば触ってみたいですね、、、

サンヨン快調ですね(^_^)
Commented by sampo_katze at 2009-06-07 13:05
haradaさん、こんにちは♪

そちらからだと、埼玉の南東部は遠いですよね(^^;
ここは近くに葛飾という地名はありますが、東京のそれとはちがいますし。

鉄道は見た目はかわいいですが、正式な鉄道として申請してもよさそうなくらい
よくできてましたね。
転車台も効率よく運用できるよう、工夫されているんですよ☆
さすがに人気があるようで、この日は長い列ができていましたが
朝一番の列車は確実に乗れそうですね。

カバは見た目はごついけど、皮膚は意外と繊細でやわらかかったりして♪

サンヨンは絶好調です(^^)v


<< 双白虎見参☆ 薔薇と藤棚 >>